FC2ブログ

プロフィール

鈴音

Author:鈴音
モンハンにハマっています。
MH3Gでも引き続きへビィを担いで
頑張っていきますっ!

ドラゴンクエストⅩのベータテスト
にも参加しています♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
お世話になっている方・お気に入りサイト
最近のコメント
最近のトラックバック

お気に入りのヘビィを探して -パッチペッカー-

平日は毎日更新を心がけてブログを書いている訳ですが、たまに“前置きの文章”が中々

思い浮かばない事があります。^^;

まさに今日がそんな感じなのですけれど、他の方はどうしていらっしゃるのでしょうね?

何か関連したニュース記事などがあれば、それを取り上げたりもできるのですけれど、

半年以上経過した今では、それほど頻繁にニュースもありませんし…。

 

と、何だかお茶を濁した感じで始めて行きましょうか。^^;

(何か冒頭のネタになるような事、あったら教えて下さると嬉しいかもしれません。^^)

 

 

今日は、シリーズを通してヘビィを使ったことがある方ならお馴染みの、「ボーンシューター」

から派生するうちの1つ、パッチペッカーの紹介をしてみます。

 

 

パッチペッカー

・攻撃力:210

・リロード:普通

・反動:中

・ブレ:右/小 要チェック!

・その他:会心率15%

 

・使用できる弾丸

通常弾6/7/9

散弾5/6/6 要チェック!

拡散弾2/1/0

回復弾3/3 要チェック!

麻痺弾2/0

睡眠弾2/0

火炎弾4

電撃弾4

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

鬼人弾1

硬化弾1

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv1散弾(20発)

火炎弾(20発)

電撃弾(20発)

 

R0014922

 

クルペッコの素材を使った「トロペクルガン」を強化していくと、最終的にこのパッチペッカー

にたどり着きます。

クルペッコ亜種の素材を集めて作成できる「ペコキッシュサンダー」から強化したほうが、

もしかしたら速いかもしれませんね。

 

村クエから徐々に攻略していく中、一番手軽に用意できる“散弾”に特化したヘビィです。

これは、クルペッコのヘビィ全般に言えることですので、「散弾をメインで使いたいな」と

思ったなら、こちらを用意すると良いです。

ポイントに挙げたブレですが、散弾を使用する戦い方の場合には、特別気にする必要も

無い所は気楽ですね。

 

クルペッコ亜種の素材で「ペコキッシュサンダー」へと強化すると、いよいよLv3散弾が

解禁されます。

全てのレベルの散弾が使えるようになると、本領発揮ですね。

散弾は、特にモンスターの頭部などへ向けて撃つと、弾丸が集中する特性があります。

それを利用して、ジンオウガなど弱点や部位破壊できる箇所がまとまっているモンスター

に対して使用すると、面白いように攻撃が当たるはずです。

 

そうそう、クルペッコが体力の回復行動をするからでしょうか、このヘビィは回復弾のLv1,2

がそれぞれ3発も装填できたりします。

以前も少し記事にしましたけれど、接近戦をする味方ハンターさん、交戦中のモンスター、

その両方を見渡せる位置にいることが多いヘビィガンナーだからこそ、回復弾を使った

補助的な行動が取れると思うのです。

シリーズを通してほとんど日の目を見ることのない弾丸ですが、是非少しでも多くの方に

使って頂きたいと思っています。

モンスターに当たってしまっても微々たる量しか回復しません。

気にせず一緒に戦う仲間のフォローをしてあげてくださいね。^^

 

R0014926

極彩色の羽がとても鮮やかなヘビィボウガンですね

 

属性弾についても、火炎弾と電撃弾の2種類に対応しているのは便利ですね。

2種類の弱点属性が効果の無い相手には散弾、と使い分けることで、かなり多くの

モンスターをカバーできるのではないでしょうか。

 

 

最後に、念のため注意点を。

既に多くのハンターさんはご存じでしょうけれど、散弾はその名の通り撃った弾丸が散らばり

ながら飛ぶため、攻撃が広範囲に及びます。

もちろん、範囲内にいる味方にも当たり、行動を阻害してしまいますので、その点だけは

十分注意して運用して下さいね。

お気に入りのヘビィをさがして -妃竜砲【神撃】-

昨晩は、Sophi☆さんのお誘いを受け、ひと狩りしようと思ったのですけれど・・・。

思いのほか“kai”が手強くて、討伐(接続)できませんでした。(泣)

問題無くスムーズに接続できた時と同じ状態で繋いでいるのに、時と場合によって繋がる

時と繋がらない時がある、というのが、やっぱりkaiの最大の難点ですよね。

 

やっぱりPS3でアドパを使用した方が良いのでしょうね。

今は色々と不具合が起きていますが、なにより“公式”の環境ですし。

わたしとしては、年末に出る「PS Vita」(名前決まりましたね!)単体で、アドパの環境が

用意されないかな・・・、と密かに期待していたりします。^^;

 

 

上位で作成できる、最終派生のヘビィを紹介するシリーズも3回目です。

ですが、3回目で速くも私が3rdで一番気に入っているヘビィが登場しますよ。^^

どのヘビィかというと・・・

 

 

妃竜砲【神撃】

・攻撃力:220

・リロード:やや遅い

・反動:中

・ブレ:なし

・その他:空きスロット3 要チェック!

 

・使用できる弾丸

通常弾7/9/10 要チェック!

貫通弾3/0/0

散弾2/0/0

拡散弾1/1/0

回復弾2/0

毒弾4/2 要チェック!

減気弾2/0

火炎弾4

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

鬼人弾1

斬裂弾2

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv1貫通弾(20発)

火炎弾(20発)

Lv2毒弾(4発) 要チェック!

 

R0014916

 

リオレイアの素材を主に使用するヘビィです。

見た目はとてもスマートで、まさに“ライフル銃”といった印象ですね。

使用できる弾丸の傾向は、2ndGまでに登場していたイャンガルルガのヘビィ「カホウ」シリーズ

ととても似ているのではないでしょうか。

そんな訳で、2ndGで愛用していた「カホウ」に似た、このヘビィはすっかりお気に入りです。

 

一番のポイントは、「通常弾の装填数」ですね。

ほとんどのモンスターに対して、主力のダメージ源となるのは通常弾だと思います。

その通常弾がLv2で9発、Lv3で10発装填できるというのは、戦闘中のリロード回数が

それだけ少なくなりますので、より攻撃に集中できる訳です。

とても運用しやすいですので、多くの方にオススメしたいヘビィです。^^

 

続いての注目点は、やっぱり“毒弾”です。

熟練ハンターさんにはすっかりお馴染みな、リオレイアの“サマーソルト”攻撃。

攻撃を受けてしまうと毒状態になってしまいます。

その特徴を反映してでしょうか、妃竜砲【神撃】は、毒弾の運用に特化されていますね。

オススメの使用法は、モンスターの発見時にすぐさま“しゃがみ撃ち”して、戦闘を開始する

前から毒状態にしてしまう方法です。

特に、ソロプレイで有用ではないでしょうか。

 

3rdでは、状態異常攻撃全般がやや弱体化されてしまった感じがあります。

毒で与えるダメージ量なども以前よりは見劣りするかもしれませんけれど、それでも

全体としては貴重なダメージだと思いますので、是非活用して頂きたいです。^^

 

R0014917

 

細かい部分では、スロットが3つ空いている所も便利ですよね。

「発動まであとちょっと何だけど…」という場合にも使えますし、護石にスロットが2つ空いて

いるものを用意すれば、装飾珠5つで発動するスキルを追加することも。

考えられる使い方は色々とありますので、その選択肢が増えるというのも、使用するヘビィ

を選ぶ上で重要になるかもしれません。

 

 

今日まで連続で3回、最終派生ヘビィの紹介をしてみました。

実は、どれも初期から所持している“ユクモノ重弩”から強化・派生していたりします。

私は、今回紹介した妃竜砲系に強化したのですけれど、皆さんはどうでしたか?

どの武器でも同じですけれど、強化・派生先の選択は、各ハンターさんの個性が出る

部分だと思います。

アンケートを取って比べてみるのも、面白いかもしれませんね。^^

お気に入りのヘビィを探して -ペングルスカイザー-

そういえば、3rdでのメイン武器比率はどんな感じになっているのでしょうね?

公式のページなどでアンケートを行って、統計を取ってみてもらえたりすると、私個人的には

嬉しかったりします。

でも、その結果を見て、改めてヘビィガンナーの少なさを知ることにもなりそうで・・・。><

派手さもなく、テクニカルな印象が強すぎるのが不人気の要因なのかな・・・。

 

ガンランスの“フルバースト”のように、リロードした弾丸を全段発射したりすれば、もっと

使って貰えるでしょうか?^^;

 

 

そんなヘビィをピックアップする記事の第2回目です。

今回のヘビィは「ペングルスカイザー」です。

 

 

ペングルスカイザー

・攻撃力:190

・リロード:普通

・反動:中

・ブレ:無し

・その他:会心率20%

 

・使用できる弾丸

通常弾5/5/0

貫通弾5/5/6 要チェック!

回復弾2/0

睡眠弾2/1 要チェック!

水冷弾3

氷結弾5 要チェック!

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv2貫通弾(20発)

Lv3貫通弾(20発)

氷結弾(20発)

 

R0014914

 

凍土に棲むモンスター、ウルクススの素材を主に使用するヘビィですね。

「ペングルス~」と、“ペンギン”を思い起こすネーミングなのは、やっぱりウルクススがウサギ

+ペンギンがモチーフになっているからでしょうか?(笑)

 

攻撃力については、他の最終派生のヘビィより若干劣っていますね。

ですが、その反面(というのも大いにありそうだと思っています)睡眠弾に対応しています

ので、上位中盤にかけて睡眠爆破をしたい時には重宝します。

そのほか、装填できる段数・種類やしゃがみ撃ちできる弾丸を見てみれば、“貫通弾”での

戦いが得意なヘビィだと言えます。

 

属性弾については、水冷弾と氷結弾が撃てます。

特に、氷結弾が5発装填できるのは、ウルクススのヘビィならではですよね。

 

R0014911

 

その他、私が注目したいのは、リロードの速度が“普通”である点でしょうか。

リロードについては、本当に地味で目立たない要素なのですけれど、ヘビィに慣れていない

方や、そもそもボウガンに殆ど触れる機会が無い方などには、私は特に気にして欲しいと

思っています。

ヘビィを使い始める際、リロード速度が普通以上のものから慣れていくと、その後もスムーズ

に戦えるようになると思います。^^

 

 

貫通弾が得意なヘビィといえば、2ndGからは“ナルガのヘビィ”というイメージが強くなりました。

その会心率の高さからも、貫通弾=ナルガヘビィという方も多そうです。

ただし、3rdでもある程度の節目を乗り越えないと作成できないのは同様ですので、貫通弾

を主力にして戦いたい時には、こちらも思い出してみてください。

属性弾や睡眠弾も撃てるペングルスカイザーも、候補として十分な性能だと思いますよ。^^

お気に入りのヘビィを探して -青熊轟筒【川漁】-

「上位に上がって一通りクリアしたら、上位で作成できるヘビィのインプレッションを」という

 

ような事を、下位でオススメのヘビィ記事を書いた頃に言っていたような気がします。

そのまま今まで全然手を付けていなかったのですけれど、今回ちゃんと採り上げていこう

かな?と思い、記事にしてみました。

 

もっとも、発売後半年以上経過してしまったこと、そもそもヘビィガンナーが少ないことなど、

需要がなさそうではあるのですが・・・。><

それはこのブログにも言えますし、自分の印象・感想をまとめて書き留めておくことも兼ねて

書いて行きたいと思っています。

 

※対象になるヘビィは、“上位で作成できる最終派生のヘビィ”となっています。

私が特に注目して欲しいと思った箇所には「要チェック!」を入れて紹介していきます。

採り上げるのは、1つの記事につき1丁づつを予定しています。

 

では、第1回目を始めていきたいと思います。^^

最初に採り上げるのはこちらのヘビィです。

 

 

青熊轟筒【川漁】

・攻撃力:210

・リロード:やや遅い

・反動:中

・ブレ:右/小 要チェック!

 

R0014908

 

・使用できる弾丸

通常弾5/7/8

貫通弾2/0/0

散弾3/4/0 要チェック!

徹甲榴弾2/0/0

回復弾2/0

麻痺弾2/1

減気弾3/2

火炎弾3

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

鬼人弾1

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv1散弾(20発) 要チェック!

Lv1麻痺弾(6発)

Lv2減気弾(4発)

 

R0014907

 

主にアオアシラの素材を使用したヘビィですね。

上位に入ってからすぐにアオアシラのクエストへ挑戦できますので、いち早く強化できる

ヘビィの一つです。

戦国時代の「火縄銃」と「大筒」を足して2で割ったような見た目も、3rdの“和テイスト”に

マッチしていてカッコイイ感じです。

実は、オープニングムービーで女性のヘビィガンナーさんがこの武器を持って登場した時、

こっそり嬉しく思っていたりもしました。^^

性能は、“基本を押さえた”感じで、ソロプレイでも、マルチプレイでも使いやすいのでは

ないでしょうか。

(逆に器用貧乏でもあるかもしれませんけれど・・・^^;)

 

一つだけネックになるとすれば、“弾丸のブレ”が発生する点だと思います。

ただ、この点については、多くのハンターさんが攻略したと思われる「集団演習」が解決

してくれそうです。

まだ挑戦したことがない方向けに説明しますと、集団演習1戦目のVSアオアシラでは、

ヘビィにこの青熊筒シリーズが割り当てられています。

実際にブレのあるヘビィを使ってみて、「あれ?この程度のブレなら慣れれば大丈夫かな?」

と思われると思いますよ。^^

 

それに、Lv2まで対応し、しゃがみ撃ちもできる散弾を使う場合には、それほどブレを気に

する必要は無くなります。

散弾に特化したヘビィが登場するのは終盤になってしまいますので、そういった面も

このヘビィの利点だと思いますよ。^^

 

 

最終強化するには“ユニオン鉱石”の登場を待たないといけませんけれど、上位の序盤

から中盤まで、作成しやすさと弾種からオススメできるヘビィだと思います。

気になる方は、上記の通り集団演習で試し打ちしてみるのも良いですよ。^^

 

 

追伸

今回のタイトル、ドラクエの“ある所”からフレーズをちょっとお借りしてみました。

お解りになる方はいらっしゃる・・・かな?^^;

ツイッター
ブログパーツあれこれ
ご覧になって下さった方々
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード