FC2ブログ

プロフィール

鈴音

Author:鈴音
モンハンにハマっています。
MH3Gでも引き続きへビィを担いで
頑張っていきますっ!

ドラゴンクエストⅩのベータテスト
にも参加しています♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
お世話になっている方・お気に入りサイト
最近のコメント
最近のトラックバック

お気に入りのヘビィを探して -王牙砲【山雷】-

こんばんは。^^

今日でブログが9000ヒットを突破したみたいです。

実際にブログをスタートしたのはもっと以前なのですけれど、しばらくの間休止していましたので、

実際には昨年12月に「MHP3rd」が出てからが本格始動という感じでしょうか?

大体6ヶ月半で8000ヒット位になると思います。

 

…って書いている間に思い出しました!

確か今年上旬(2月頃でしょうか)カウンターが巻戻った時がありましたので、+1000~1500位が

本当のカウント数だったりしますね。^^;

 

といっても、カウントは元に戻りませんので、今のカウントでいよいよ大台になる10000ヒット(!)

を目指して、また頑張っていきたいと思っています。

何度も書いている通り、更新頻度はやや落ちてしまっていますが、気が向いたときにでもご覧

頂ければ幸いです。^^

 

 

さて、ちょっと久しぶりになってしまいましたが、今回は3rdの記事です。

ヘビィボウガンの考察(?)シリーズですね。

今日のヘビィはこちらです。

 

 

王牙砲【山雷】

・攻撃力:220 要チェック!

・リロード:普通

・反動:中

・ブレ:なし

・その他:会心率10%

 

・使用できる弾丸

通常弾5/7/0

貫通弾3/3/0

散弾2/3/0

麻痺弾2/1

電撃弾5 要チェック!

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

硬化弾1

斬裂弾4 要チェック!

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

電撃弾(20発)

斬裂弾(5発)

Lv1麻痺弾(6発)

 

R0015048

 

今回3rdで初めて登場する看板モンスター、ジンオウガの素材を主に使用するヘビィです。

そして、見た目もものすごく特徴的ですよね。

詳しくは存じ上げないのですけれど、これはバイクのタイヤなどを除いた本体部分(?)が

モチーフになっている・・・という事で良いのでしょうか?

そう思うと、何だか抱えて武器として使うのがとっても大変な気がしてきますよね。^^;

 

最初の注目点は、攻撃力の高さです。

このシリーズでは、攻撃力の数値はブースとしていない素の状態で記載しています。

その状態で攻撃力が220あるのは、色々な弾丸に対応しているヘビィの中では、中々に

強力です。

(もちろん、他にも特化したヘビィでコレ以上の攻撃力を持つものもあります)

看板モンスターの武器という事で、やっぱりどの武器でも優遇されている感じがします。

 

続いては、属性弾でしょうか。

雷を操るモンスターということで、当然電撃弾が装填できるようになっています。

しかも、その装填数が5発と、電撃弾に対応しているヘビィでも最高の装填数です。

逆に、その他の属性弾にはまったく対応していませんから、雷属性に弱いモンスターへの

ピンポイントの活用がメインになるかもしれません。

 

あとは、斬裂弾も他よりも多めの装填数ですね。

でも、ちょっとはヘビィに慣れている私でも、斬裂弾を狙って尻尾部分に当てるのは以外と

難しいです。

さらに、尻尾の素材(“尻尾”自体も!)ほとんどの場合切断しなくても取れてしまう場合が

多かったりしますので、相対的に斬裂弾の出番が少なかったりするのも…。^^;

 

R0015046

 

一度見たら忘れない特徴的な見た目と、電撃弾に特化したヘビィ、いかがでしたでしょうか?

正直なところ、私はもう少しシャープな見た目のヘビィの方が好みだったりします。^^;

でも雷属性に弱いモンスターには効果てきめんですので、是非このヘビィを使ってみて

くださいね♪

関連記事

コメント

Secret

こんばんは~。 オウガヘヴィの斬裂弾ですが、実は尻尾切りではなく、普通に運用したほうが結構強いですよー。
(記事内で仰られたように、普通に尻尾出ますしね)

拘束しての斬裂しゃがみも一度お試し下さいませ。

Re: タイトルなし

>丼$魔さん
こんにちは。^^

なるほど、そういう使い方もあるのですね。
威力を見てみましたけれど、ちょっと弱い貫通弾Lv2くらいなのでしょうか?
何となく勿体無い気がして(苦笑)使っていませんでしたが、
今度試してみたいと思います。

ツイッター
ブログパーツあれこれ
ご覧になって下さった方々
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード