FC2ブログ

プロフィール

鈴音

Author:鈴音
モンハンにハマっています。
MH3Gでも引き続きへビィを担いで
頑張っていきますっ!

ドラゴンクエストⅩのベータテスト
にも参加しています♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
お世話になっている方・お気に入りサイト
最近のコメント
最近のトラックバック

マキシマムアタックインフィニティに参加してみて その4

1ヶ月という長い間開催されていました「マキシマムアタックインフィニティ」も、今日でとうとう

終了してしまいました。

もっとも、イベント自体は今日の13時まで開催していましたけれど、やっぱり昨晩でラストという

方がほとんどだったと思います。

私はといえば、生活環境の変化からゲームをするほどの余裕と時間が無く、昨日も「最後の日

だしちょっと頑張ってみようかな?」と思いつつも、結局MAI4-∞ランクの最初のエリアを5回ほど

プレイしただけでお休みしてしまいました。^^;

 

それでも、この1月で大分プレイ状況が変化したのも事実です。

私の場合は、“サイコウォンド”と“キャラクターの育成”の2つが、最も大きかったかな?と

思います。

 

サイコウォンドは、昨日の記事でも書いた通り、フォース必携のロッドです。

今回、イベント中アイテムドロップ率も2.5倍という状況で、普段はテクニックをほとんど使用

しない方でもゲットできた方、多いのではないでしょうか?

もちろんフォースが使えばとても強力な武器なのですけれど、最大PPの低めなデューマン、

キャストや、それ以外の職業でも、「PP消費量を減らす」効果は絶大です。

回復テクニックの「レスタ」、補助の「シフタ」「デバンド」をサイコウォンドにセットしておけば、

軽減した分だけ攻撃や回避など他の行動がより多く行える訳です。

とってもレアな武器ですけれど、ちょっとだけ手が届きやすくなったのは嬉しいですよね。^^

 

キャラクターの育成は、メインのニューマン以外に、サブのキャストも成長させることができた

のがポイントです。

メインキャラは、Aランクばかりプレイしていましたが無事に(?)レベル200まで到達して

更に能力の底上げができました。

また、サブキャラのキャストは、レンジャーだけですけれど、タイプレベルが30を突破して一段落

した感じです。

 

 

そうそう、今日の更新で、イベントの報酬アイテムと交換できる「超お楽しみ券」が4枚、そして

撃破数を突破して貰える様になった他のアイテムなども色々と登場したようです。

(告知だけで実際にはまだ見ていないのです^^;)

私も、今度のお休みにでも色々貰いに行ってみようと思います。^^

 

 

あ、忘れるところでした。

実は、前作から通して初めてマルチプレイをしてみたのも、このイベントミッション中でした。^^

実際には、何だか上手にできたのかできなかったのか分からないまま、あっという間に終了

した感じですが、「こういう風になっているんだ」という感覚は掴めました。

今後も、機会があればまたマルチプレイもしてみたいですね♪

ブログの節目で・・・とか告知しても、実際には難しそうですけど。^^;

 

ともかく、皆さん1ヶ月の間、本当にお疲れ様でした。

報酬アイテムが1つだけ未達成になってしまったのが心残りですけれど、レアアイテムだけでは

ない、期間中に経験した色々な事も、良い報酬だったと思います。

 

 

追伸

明日は、3rdの内容で記事を更新する予定です。

あと、2つの記事を同時にアップできない分、週末も更新してみようかな?とちょっとだけ考えて

いたりも・・・。

スポンサーサイト

マキシマムアタックインフィニティに参加してみて その3

いよいよ、今月初めから開催していたイベントが明日で終了しますね。

つまり、明日お休みの方以外には今日が実質的な最終日です。

皆さん最後はどのミッションに挑戦なさるんでしょうか?

 

 

今日は、先週配信されたMAI最後のミッションである「MAI4」についてのお話です。

最後を飾るのにふさわしい(?)からでしょうか、PSPo2iから新しく登場したエリアが舞台です。

モンスターも、状態異常攻撃をたくさんしてきたり、絶え間なく攻撃をしてきたりと、中々

大変なミッションでもあります。

 

ちなみに・・・、相変わらずAランクしかプレイしていない私ですけれど、最後に登場するボス

モンスター、「ダークファルス・ディオス」が倒せなくて、一度もクリアしていなかったりします。

(ボスエリアの直前でリタイアを繰り返していました^^;)

つまり、先週からはまったく討伐数(ミッションクリア後に討伐数を送信します)への貢献を

していないのです・・・(すみません><)

 

 

ただ、フォースがメインの私には、このミッションで登場する“コウマヅリ”というモンスターが

落とす「サイコウォンド」が、なによりも一番の注目ポイントです!

ミッションスタート直後のエリアで連続して3体登場しますので、倒し終わったあとはミッションを

破棄して再挑戦を繰り返します。

結果は・・・最後のお楽しみに。^^

 

では、またまた引き続きMAI4Aランクのミッションでゲットしたレアアイテムを紹介して

いこうと思います。

 

20110629193614

攻撃すると、腕からもの凄いオーラを放ちますよ

 

「ブレイブナックル」(ナックル)は、コウマヅリと一緒に登場するイヴァーラスが頻繁に落とします。

腕にはめると透明化するのでしょうか、普通に待機している状態ですと、何も装備していない

ように見えます。

写真は、攻撃したときのエフェクトになっています。

 

20110629193642

 

 

こちらは「ゲイルブリンガー」(アックス)です。

ものすごく圧倒的な見た目ですよね、何でもスパッと切れてしまいそうなほどです。

そう言えば、カラーリングが先日ご紹介した「ヨノハテ・印」と同じですね。^^

 

20110629193701

 

 

一見すると鎌なのですけれど、実はロッドなんですよ。

「リベラシオン」もこのミッションで初めてゲットしました。

炎属性57%と、合成では届かない属性値なので嬉しいですね♪

 

20110629193714

「ファンタシースター」シリーズを通してお馴染みの武器なのです

 

最後は、問題の「サイコウォンド」(ロッド)ですね。

PPの消費量が70%になりつつ、テクニックの威力も110%と、まさに攻防一体のフォース必携

ロッドだったりします。

イベント中は、アイテムのドロップ率が250%ですので・・・

 

20110628201446

見つけましたっ!サイコウォンドですよっ♪

 

昨日もあんまりゲームをプレイする気力が残っていなかったのですけれど、10回くらいミッション

破棄を繰り返しつつコウマヅリを倒していたら・・・!

なんと、2回連続してサイコウォンドがゲット出来ました。

しかも、そのうち1本は雷属性50%というかなり強力なサイコウォンドでした。^^

 

 

 

今日もちょっとだけですが、最後にまた挑戦してみるつもりです。

皆さんも、本当に本当のラストスパート、楽しんでプレイしてみて下さいね。^^

マキシマムアタックインフィニティに参加してみて その2

こんばんは。^^

 

正直なところ、まだまだ変化についていけず、中々ブログを更新するほどの余力が出てこない

感じです。^^;

ですけれど、このブログだって、今まで決めた通りに頑張ってきた訳ですからね。

昨日と変わらずちょっと妥協した内容になりますが、ちゃんと更新していこうと思います。

 

 

今日はMAI2について・・・、と言いたいのですけれど、実は2のミッションへはAランクを1回

だけしかプレイしていなかったりします。><

ボスモンスターは大丈夫だったのですが、途中で出てくるモンスターがとっても強くて、私には

難しすぎましたね。^^;

そのため、手に入れたレアアイテムも全くありません。

 

そうそう、2の∞ランクを評価Sでクリアすると、今まで登場していなかったキャラクターの

パートナーカードが貰えるみたいです。

こちらについても、レアアイテムと同様に望み薄ですので、もうちょっと一人でもプレイしやすい

ミッションだと良かったな、と思いました。

 

 

これだけですと短すぎますよね?^^;

ですので、引き続きMAI3についてのお話です。

 

2番目のミッションとは違い、私でもクリアできるミッションだったのが良かったですね。(笑)

・・・あ、もちろんAランクですよ?

主にマシナリー(機械)系のロボットっぽいモンスターばかりですが、フォースお得意のテクニック

で、さほど苦労なく倒せると思います。

 

ボスモンスターは、電気を自在に操る「ヴォルナ・グラフカ」です。

とっても硬いモンスターですので、弱点の背面プラグ(プラグを地面に差し込み地面に電撃を

走らせたりします)を破壊してからが勝負ですね。

一転して弱点部位になりますので、チェインを溜めつつ狙います。

 

獲得したレアアイテムも、前回に引き続き紹介していきますね。^^

 

20110628191127

ちなみに、属性率は土60%(!)だったりします

 

ソードの「ヨノハテ・印」です。

多くのモンスターを巻き込んで攻撃できるのが、ソードの利点だと思いますが、このソードは

ロック数が-2なのです。><

ちょっと残念ですよね。^^;

 

20110628191149

歯車をモチーフにして武器を作るなんて、その発送がスゴイですよね^^

 

こちらは、ちょうどMAI3が配信されはじめた頃、一度ブログにアップしましたよね。

時計の歯車のようにせわしなく回転を続けるこちらは、「アンク・ギアズ」(アックス)です。

常にぐるぐる回っていますので、その切れ味もすごそうな武器です。

 

20110628191301

ロングボウには見えないですよね?むしろフォトン部分で攻撃できそうです^^;

 

ちょっと、一見すると「どんな武器?」と思ってしまうこちらは、「ラディウスアルカ」(ロングボウ)

です。

持ち手以外に部分が全てフォトンでできているのがとても珍しいです。

このロングボウにも面白いギミックがあって、矢を放つとフォトン部分の内側と外側が、それぞれ

1回転したりします。^^

 

20110628191326

その剣を振り回した方が強そうです(笑)

 

太い剣を持っていますが、こちらは「アキシオンクロス」というクロスボウなのです。

剣先(?)から矢を放つ様を見ていると、何だか不思議な感じがします。

ちなみに、同じ形をした“セイバー”もあるみたいです。

 

20110628191340

片手版(ハンドガン)はこんな感じです、一見すると只のピンク色した銃ですが・・・

 

20110628191413

アップで見ると、こんなにデコレーションされているんです!

 

最後はハンドガン&ツインハンドガンですね。

名前はそれぞれ、「ピュアハートガン」「ピュアピュアハートガン」です。

・・・この派手な外見からは、“ピュア”さが感じられないような・・・?^^;

 

 

昨日もそうですが、全て今回初めてゲットしたレアアイテムばかりです。

Aランクでも、本当に沢山の新しい武器をゲットできました。^^

私的には、このくらいの難易度が丁度良いですね♪

ご報告&マキシマムアタックインフィニティに参加してみて その1

こんばんは。^^

 

まず、一番最初にお知らせをさせて頂きたいと思います。

先日ツイッターでも告知したのですけれど、今週あたりから徐々に生活環境(お仕事も含めて

ですね)が変化していく感じになります。

ですので、震災後再開して少しした後から始まった、「1日2つの記事をアップする」というのは

終了せざるを得ないかな?と思っています。

(裏では、文章を書くだけでなく、取り上げる内容の準備などもしていますから・・・)

もちろん、これからずっと、という訳でもありませんし、もしかしてある程度落ち着けば、これまで

通りに2つアップできる日も出てくるかもしれません。

 

元々1日1記事だった訳ですし、“縮小”ではなく“元通り”ですので、問題ありませんよね?^^;

ただ、記事の内容は基本的に1つにするつもりですので、今なら「3rdとPSPo2iの記事を両方

見たかったのに!」という方(居ないでしょうけれど^^;)にはちょっと申し訳ないです。

 

まとめると、普通のブログに戻る(?)という訳です。

それでも見て下さる方がいらっしゃるようでしたら、これからもよろしくお願いしますね。^^

 

 

 

そんな訳で、今日はどうしようかな・・・?と考えていたのですけれど。

丁度、PSPo2iのイベント「マキシマムアタックインフィニティ」が今週木曜日で終了しますので、

最終日までは連続でイベント参加のお話に触れてみようかな、と思います。

といっても、ほぼAランクのミッションにしか挑戦していませんので、内容は・・・。^^;

 

今日は、イベント開始当初から配信されたMAI1についてです。

Aランクはレベル110以上のモンスターが登場しますね。

一番最初のミッションですので、転生してステータスを底上げしていなくても、ある程度レベル

が上がっていれば、「全く歯が立たない」という状態にはならないです。

そのため、何度もクリアしてタイプポイントを頑張って稼いでいたりもしました。^^;

 

ボスモンスターの「ディラ・ブレイヴァス」ですが、ソロですと味方のNPCキャラクターを連れて

いても、自分のキャラにばかり向かってくるのが難点ですね。><

オマケに、尻尾の回転攻撃で発生させる“竜巻”が、キャラの周囲にまとわりついて攻撃の

邪魔になってしまうことも。

私は、どの戦闘タイプでもほぼ共通して、距離を離してライフルで翼を狙撃して倒すように

していました。

 

ここからは、MAI1で手に入れたレアアイテムを見ていきます。

PSPo2iでブログを書いている方達の多くがメインで書いている記事を、初めて真似てみます。

…別に、生活リズムが変化してちょっと大変だから、という訳ではないですよ?(苦笑)

 

20110627174930

大型の“バングル”に刃が付いた珍しいツインダガーですね

 

ツインダガー「ラーヴァングラー」です。

実は、当初は全くゲットできませんでした。><

ドロップ率が250%になってしばらくしてから、ようやく取れた武器なのです。

 

20110627174949

ポップな感じで、同じく可愛らしい衣装と合わせると良いかもしれません

 

セイバー「エクリプスター」です。

流れる流星がモチーフみたいですね。

振ると、セイバーから星が飛び散りますよ。

 

20110627174957

属性によって細身な刀身の色が大きく変化する所がカッコイイです

 

セイバー「アンビシオン」です。

細身の剣、レイピアみたいなセイバーですね。

ちなみに、属性率が60%のものがいくつかあったりします。

 

20110627175006

掴んで引きちぎるような見た目にも機械的なクローですね

 

こちらはクローの「インパクトクロー」です。

爪で斬りつける、というよりも、引きちぎるような感じですよね。

 

20110627175014

飛んでいくフォトン刃も扇状の形になっています

 

どこかで見たことがあるようなこの武器は、スライサー「バショーセーン」です。

名前でもうお解りですよね、モチーフは“芭蕉扇”みたいです。

ちなみに、∞ランクでは武田信玄の軍配がモチーフの「フーリンカザーン」というスライサーも

あるみたいです。(笑)

 

 

 

今日はちょっと思いの外疲れてしまっていて、お茶を濁すような感じの記事になってしまった

ような気も・・・。><

生活リズムの変化も、慣れるまでの辛抱だと思いますので、もうちょっとだけこんな感じが

続くかもしれませんけれど、ご了承頂ければ幸いです。^^;

私のマイセット その23

毎日毎日とても暑い日が続いていますね。^^;

特に今日は6月としては記録的な気温になった所もあったみたいです。

幸いにも、明日はまた大分気温が下がるみたいですので、とりあえずはホッと一安心です。

 

電力消費量もかなり切迫しているようですし、この夏をみんなで無事に乗り切るのは、中々

大変そうです。><

 

 

金曜日は恒例のマイセット紹介デーです。

…なのですけれど、今回でもう23個目、いよいよ残りも少なくなってきたような・・・?^^;

最近は、プレイはしていてもマイセットにまで中々気が回っていませんでしたので、そろそろ

また私なりの新しいマイセットを考えてみようと思います。^^

 

 

頭:城塞弓撃隊【面隠】 (防音珠【3】)

胴:インゴットSヘルム (回避珠【1】)

腕:インゴットSアーム (研磨珠【1】 回避珠【1】)

腰:アロイSコイル (防風珠【2】)

脚:レックスUグリーヴ (防音珠【3】)

護石:王の護石 (回避性能5 連射-1 回避珠【2】)

 

発動スキル:回避性能+1 風圧無効 耳栓 砥石使用高速化 見切り+1

 

R0014991

ちょっと物々しい感じになってしまっていて、できれば改良したいですね^^;

 

今日のマイセットは、“耳栓”がキーのスキルになっています。

2ndGまでの咆吼より、いくらかは軽減されたと思いますけれど、やっぱりモンスターの咆吼に

よる硬直は、できれば避けたいですよね。

そんな耳栓に、こちらもできれば避けたい風圧の対策スキルを合わせてみました。

 

カラーリングは、アロイSコイルを基準にしてブルーに。

ただ、インゴットシリーズやレックスUのブラウンが変えられませんので、今回の装備に

限ってはあんまり統一感が出ていないですよね。^^;

次回作以降では、もっと細かく色変更ができるようになると嬉しいです。

 

 

そうそう、咆吼といえば、金レイア・銀レウスの咆吼が“耳栓”までで防げるようになったのは、

小さいことかも知れませんが嬉しい変更点でしたよね。

3rdでも、高級耳栓は中々発動させにくいですので・・・。

シールドラインには欠かせません

昨日からイベントミッション最後の「MAIⅣ」が配信されましたけれど、今日もまた動きが

あったみたいですね。

どうやら、昼間メンテナンスが入り、“5000万体撃破”の報酬「リザルト報酬武器属性率永続

アップ+15%」が適応されたようです。

 

「何のこと?」とお思いの方に説明しますと、イベントミッションのクリア時に一定の確率で

貰える武器の属性が30%から上限の60%までの間に変更される、と言うわけです。

1%~29%までの属性率が除外されますので、より高性能な武器だけが貰えるようになります

ので、モチベーションもさらにアップしそうです。

もちろん、無属性(属性の無い0%ですね)の武器が出る可能性はありますよ。^^;

 

そして、最後(?)の撃破報酬もオープンになりました。

6000万体まで到達すれば、現在報酬として確定している「エクステンドコード、エクステンド

コード∞各3個」が、ダブルアップの合計6個ずつになるみたいです。

最終日までに、全部のパネルに達成マークが付くと良いですね。^^

 

イベント終了まで1週間をきりました。

私も、サイコウォンド(MAIⅣで出るみたいです!)探しや、サブキャラクターの育成を頑張って

いきたいと思っています。^^

 

 

今日のお話は、防具にセットして様々な効果を発揮する「ユニット」についてです。

防具(シールドライン)には、ユニットを装備できる枠が4つあり、防具のランクと同じランク

までのユニットを自由につけられます。

種類が色々ありますから、それぞれの効果をよく把握しておくと良いですね。^^

まずは、ステータスアップ系のユニットからスタートです。

 

 

「~フォース」系

・ヘル/フォース(Cランク、法撃力+5)

・ギィ/フォース(Bランク、法撃力+10)

・ソリ/フォース(Aランク、法撃力+15)

・ルミラ/フォース(Sランク法撃力+20)

・フェリ/フォース(Sランク、法撃力+25)

・インフィニット/フォース(Sランク、法撃力+30)

 

今作ではとても頼もしい攻撃手段になったテクニック。

そんなテクニックの威力に影響する、法撃力をアップさせるユニットです。

4つすべてをフォース系で揃えれば、合計120も法撃力がアップしますので、かなりの

攻撃力強化に繋がりますね。

 

「~マインド」系

・ヘル/マインド(Cランク、精神力+5)

・ギィ/マインド(Bランク、精神力+10)

・ソリ/マインド(Aランク、精神力+15)

・ルミラ/マインド(Sランク、精神力+20)

・フェリ/マインド(Sランク、精神力+25)

・インフィニット/マインド(Sランク、精神力+30)

 

精神力は、敵から受けるテクニック攻撃のダメージに影響します。

私も育成しているサブキャラクター、キャストなどは、テクニックへの適正が低いため、法撃力

に加えてこの精神力も心許なかったりします。

味方と同様、テクニックは必中ですので、ユニットで補うのも防御策の一つだと思います。

 

「~パワー」系

・ペルパ/パワー(Cランク、攻撃力+5)

・ギイガ/パワー(Bランク、攻撃力+10)

・ソリド/パワー(Aランク、攻撃力+15)

・ルミラス/パワー(Sランク、攻撃力+20)

・フェリル/パワー(Sランク、攻撃力+25)

・インフィニット/パワー(Sランク、攻撃力+30)

 

攻撃力は、打撃武器全般、そして射撃武器にも少し影響がある重要な能力ですね。

フォース系と同様に、集中して同じユニットをセットしたほうが、より効果が出やすいのでは

ないでしょうか?

4枠にうち1つだけ、では、ほとんど誤差の範囲程度だと思います。

集中してセットするか、全く付けないか、それくらいはっきりとした方が、効果的なユニット

です。

 

「~ヒット」系

・ペルパ/ヒット(Cランク、命中力+3)

・ギイガ/ヒット(Bランク、命中力+6)

・ソリド/ヒット(Aランク、命中力+9)

・ルミラス/ヒット(Sランク、命中力+12)

・フェリル/ヒット(Sランク、命中力+15)

・インフィニット/ヒット(Sランク命中力+18)

 

攻撃が命中するかどうか、という重要な能力値だからでしょうか、他のユニットと比較して

みると上昇する数値が低いですね。

それでも、命中力が10上昇するだけでも大分影響が出てきますので、「レベルの高い

モンスターに攻撃が当たらない」「命中力の低い武器を使っている」とい場合などには、

是非セットしておきたいです。

その際、付けるなら10以上上昇する“ルミラス/ヒット”以上をセットするのが良いと思います。

 

「~ガード」系

・ペルパ/ガード(Cランク、防御力+5)

・ギイガ/ガード(Bランク、防御力+10)

・ソリド/ガード(Aランク、防御力+15)

・ルミラス/ガード(Sランク、防御力+20)

・フェリル/ガード(Sランク、防御力+25)

・インフィニット/ガード(Sランク、防御力+30)

 

私の個人的な印象ですけれど、防御力って実際にプレイしていてほとんど気にかけない

数値のような気がします。

シールドラインを選択するときにはもちろん気にするでしょうけれど、例えば自動回復の

アビリティなどをセットしていると、「1撃でやられなければOK」という考え方になってしまって

いる方、多いのではないでしょうか?

そんな感じですので、防御力の心許ないニューマン・デューマンなどでも、ガード系ユニット

にはあんまりお世話にならない場合が多そうです。^^;

 

「~レグス」系

・ペルパ/レグス(Cランク、回避力+3)

・ギイガ/レグス(Bランク、回避力+6)

・ソリド/レグス(Aランク、回避力+9)

・ルミラス/レグス(Sランク、回避力+12)

・フェリル/レグス(Sランク、回避力+15)

・インフィニット/レグス(Sランク、回避力+18)

 

前方からの攻撃に対して、回避力の数値が高いと自動的の攻撃を回避(ダメージが0に

なります)できます。

前作PSPo2ではかなり重要な能力値だったのですが、PSPo2iでは残念ながら格上の

モンスター相手にはほとんど効果を発揮しなくなってしまいました。><

セットして上昇する数値も低く、沢山付けても同レベルくらいのモンスターまでにしか

効果を発揮しませんので、使用する場合でも効果を過信しないようにしてくださいね。

 

「~スタミナ」系

・ペルパ/スタミナ(Cランク、持久力+3)

・ギイガ/スタミナ(Bランク、持久力+4)

・ソリド/スタミナ(Aランク、持久力+5)

・ルミラス/スタミナ(Sランク、持久力+6)

・フェリル/スタミナ(Sランク、持久力+7)

 

こちらも(こちらの方が上かな?)、防御力同様ほとんど気にかけない能力値、持久力を

アップさせるユニットです。

一応、持久力が上昇すると、“状態異常にかかりにくくなる”らしいのですけれど、どんなに

上昇させても100%防ぐことは不可能なようですし、それなら個別の状態異常防御ユニット

を付けた方が・・・、といった感じになってしまいます。

そんな訳で、残念ながらあまり機能していないユニットだったりしますね。^^;

 

「~レインボウ」系

・ペルパ/レインボウ(Cランク、属性防御補正1%)

・ギイガ/レインボウ(Bランク、属性防御補正2%)

・ソリド/レインボウ(Aランク、属性防御補正3%)

・ルミラス/レインボウ(Sランク、属性防御補正4%)

・フェリル/レインボウ(Sランク、属性防御補正5%)

 

防具にも炎や氷などの属性(もちろん無属性もありますが)が付いており、モンスターの

属性と同じなら、ダメージを軽減できます。

(例火属性の防具+火属性のモンスター=受けるダメージが減少)

レインボウ系ユニットは、そんな属性に対する防御を補正してくれます。

 

レジスト系

・バーンレジスト(燃焼無効)

・アイスレジスト(凍結無効)

・ショックレジスト(感電無効)

・コンフューズレジスト(混乱無効)

・スタンレジスト(麻痺無効)

・スリープレジスト(睡眠無効)

・ポイズンレジスト(毒無効)

・ウイルスレジスト(感染無効)

・アンチアップ(ステータス上昇無効)

・アンチダウン(ステータス下降無効)

 

状態異常効果を無効にするレジスト系ユニットは、一番使用されているユニットかも知れま

せんね。

ユニット枠1つで必ず1種類の状態異常攻撃を防げますので、とっても重宝すると思います。

特に、「全く行動できない」という状態にならない様、アイスレジスト、スタンレジスト、スリープ

レジストの3種類は、常時セットしておいても良いくらいかもしれません。

(もちろん、挑むミッションに登場するモンスターに合わせて変えてもOKですよ^^)

そうそう、効果は“~プロテクト”系アビリティと同じですので、アビリティとユニット、どちらで

カバーするかはお好みで大丈夫です。

 

ビジュアルユニット系

 

こちらは、おまけ要素の大きいユニットですね。

文章にするよりも、実際にどんな状態になるのか見て頂いた方が良いですので、いくつか

スクリーンショットを撮ってみました。

 

20110624152853

背中に白い翼が生えました、一定時間ごとに羽ばたいたりもします♪

 

20110624152948

周囲を呪文(?)のような文字が回転するビジュアルユニットです

 

20110624153024

通常よりも強力な“ブーストモンスター”に付いているエフェクトも付けられますよ

 

お解りになりますでしょうか?

各ビジュアルユニットをセットすると、キャラクターの見た目を変化させるエフェクトが付く

のです。

一応、持久力が5~10程度アップする効果もあるのですけれど、やっぱり“見た目で楽しむ”

要素が大きいと思います。

衣装とセットで、自分なりのコーディネートも楽しめると思いますよ。^^

 

 

 

アビリティに負けず劣らず、ユニットも沢山の種類がありますね。

実は、他にもまだユニットがあるのですけれど、それについてはまた別の記事で詳しく

書いてみたいと思っています。

 

どんな風にセットしても構いませんので、自分なりの組み合わせを見つけてみてください。^^

お気に入りのヘビィを探して -ユクモ連山重弩-

いつも良く拝見しているブログで、こんなゲームが紹介されていました。

 

To Heart2 ダンジョントラベラーズ

 

「世界樹の迷宮」シリーズと同じような3DダンジョンRPGみたいですね。

私、世界樹シリーズは大好きで、第1作から3作まで全部プレイしています。^^

そのせい(?)かどうか、3DダンジョンRPG作品は気になるのです。

 

見てみると、「To Heart2」というゲームが大元になっているようです。

(男性向けアドベンチャーゲームのようですね)

女の子のキャラクターが沢山登場するみたいですが、中身は結構本格的で、スキルや転職

といった要素もあるらしいです。

今、体験版の配布も行っているみたいですし、週末ちょっとダウンロードして遊んでみよう

かな?と思っています。^^

 

 

今日紹介するヘビィは「ユクモ連山重弩」です。

ユクモ村の技術の粋を集めて作成されたヘビィ、果たしてどんな性能なのでしょうか?

 

 

ユクモ連山重弩

・攻撃力:190

・リロード:やや遅い

・反動:中

・ブレ:なし

・その他:スロット3 要チェック!

 

・使用できる弾丸

通常弾5/6/8

貫通弾3/1/0

散弾3/0/0

徹甲榴弾3/0/0

拡散弾1/1/0

回復弾2/0

毒弾2/2 要チェック!

麻痺弾2/2 要チェック!

減気弾2/0

火炎弾3

水冷弾3

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv3通常弾(30発)

Lv2貫通弾(20発)

Lv1散弾(20発)

 

R0014988

 

3rdの舞台、ユクモ村周辺で採れるとても丈夫な木材が主な素材のヘビィです。

今回、木材がメイン素材の「ユクモノ」シリーズが全武器に用意されていますけれど、実は

私とっても気に入っているシリーズだったりします。^^

今まではモンスターの素材が全面に出ているものがほとんどでしたので、「自然と調和・共存

している」感じがしてとても良いと思います。

実際に武器にしてモンスターと渡り合うには、木材メインでは強度なども不足してしまうの

でしょうけれど、現実にも「木でできた自転車」などがありますからね。

使用する木材・下降する方法や技術によって、武器としても頑丈なものになるのではないで

しょうか。

 

・・・、ちょっと脱線しすぎてしまいました。^^;

ユクモノシリーズは、平均的な能力、長い緑ゲージなどが魅力ですが、それはヘビィでも

例外ではありません。

むしろ、ヘビィは平均以上の能力なのではないでしょうか?

主要な弾丸には一通り対応していて、属性弾も火炎弾と水冷弾の2種類が扱えます。

そして、弾丸で一番注目して欲しいのは、“毒弾”、“麻痺弾”が全Lv扱える所です。

 

両方とも全Lvに対応しているのはとても便利ですね。

モンスターにもよりますが、“状態異常攻撃+1・+2”のスキルと合わせれば、調合分を持ち

込まなくても、毒と麻痺、それぞれ2回は付与できると思います。

現状では、“サポート=ライトボウガン”という印象が強いですけれど、このヘビィもサポート

に最適だと思っています。

私も、以前マイセットで紹介した通り、状態異常攻撃、反動軽減、装填数UPなどを合わせた

装備でこのヘビィを活用しています。^^

 

R0014990

 

状態異常弾でのサポートが終わった後も、通常弾や属性弾でしっかりと活躍できますし、

全ヘビィと比較してみても、標準以上かかなり高いレベルのヘビィだと思います。

そしてなにより、「早い段階で強化できる」のが嬉しいですね。

上位の木材「ユクモの堅木」以外は、「カブレライト鉱石」と「上質な腹袋」のみですし、

最終強化にかかる費用も35000zとリーズナブルです。

「目立った特徴のない武器」と思われがちなユクモノシリーズの1つですけれど、使用して

みれば必ずその印象が変わるはずです。

まだ手に取ったことが無い方がいらっしゃいましたら、是非作成・使用してみて下さいね。^^

有利にも不利にも

いよいよイベントも今日からが最終週、クライマックスに突入しましたね。

3週目の報酬アイテム「ギガ・フォン」(マシンガン)も、無事に目標討伐数を達成できました。

 

20110623171356

目標達成で、ギガ・フォンの属性値も100%になります!

 

最後の報酬アイテム「エスペランサ」(ツインセイバー)の目標数は5500万体ですが、この記事

を書いている今現在の討伐数が約4980万体ですので、今週同様、期日前に達成できて

しまいそうです。

 

20110623171404

目標討伐数は5500万体ですので、一気に達成できるのではないでしょうか

 

・・・こうなると、2週目の厳しい目標数がやっぱり悔やまれますよね。^^;

 

今日から追加されたミッション“MAIⅣ”では、どうやらフォース必携のロッド「サイコウォンド」

を落とす敵も登場しているようですので、私もLvを上げてどんどん挑戦してみたいと

思っています。^^

 

 

今日のお話は、“状態異常”の効果についてです。

今までの記事、特にテクニックなどの時にも、「麻痺」「睡眠」などの状態異常について少し

だけですけれど触れてきました。

そこで、今日はもう少しだけスポットライトを当ててみたいと思います。

 

状態異常効果

 

「燃焼」

・付加される主な攻撃:炎系の攻撃・テクニックなど

・効果:一定時間ごとにダメージを受ける

 

「毒」

・付加される主な攻撃:土系・闇系の攻撃・テクニックなど

・効果:一定時間ごとにダメージを受ける

 

「燃焼」は、ブレス攻撃や炎属性の攻撃テクニックなどを受けるとなる状態異常です。

一定時間キャラクターorモンスターが炎を纏った状態になり、徐々にHPが減少していきます。

「毒」も、効果としては燃焼状態と同様なのですが、HPが減少する量は、毒状態の方がより

多いですね。

どちらも、一定時間経過すれば自然回復します。

ゲームによっては、素早く回復させないと深刻なダメージを受けてしまう場合もありますけれど、

PSPo2iではそれほど大きなダメージにはならない感じです。

自然回復にまかせたままでも、結構大丈夫ですね。

 

モンスターに付加する場合、じわじわとダメージを与えていく関係上、HPの多いモンスター

に対して効果を与える方が、より有利に働きます。

炎系テクニック「フォバース」を使ってチェインを溜める方も多いと思いますので、「燃焼」効果は

最もなじみ深い状態異常かもしれません。

 

「感染」

・付加される主な攻撃:土系・闇系の攻撃・テクニックなど

・効果:持久力が低下し、他の状態異常にかかりやすくなる

 

こちらは、他のゲームではあまり見かけないタイプの状態異常ですね。

「感染」状態になると、状態異常に対する抵抗力である“持久力”を低下させ、他の状態異常

にかかりやすくなってしまいます。

放っておいても直接の被害はありませんから、特に気にしない方も多そうです。

実際、それほど神経質にならなくてもOKですので、状態異常の中では一番軽度なものだと

思いますよ。

 

「感電」

・付加される主な攻撃:雷系の攻撃・テクニックなど

・効果:移動以外の攻撃・アイテム使用などができなくなる

 

ここからは、戦闘にかなり影響を及ぼす状態異常が登場してきます。

「感電」状態に陥ると、移動以外の行動が全てできなくなってしまいます。

幸い、移動だけはできるため、回避行動だけはとれますけれど、事前に対策をしていない

限り、状態異常が解消されるまで何もできません。

 

こちらが使用する場合で一番多く見かけるのは、やっぱり“サ・ゾンデ”を使ったときでしょうか。

同じく移動だけはしてきますが、一切攻撃行動を行わなくなりますので、一方的に攻撃が

できるようになります。

 

「凍結」

・付加される主な攻撃:氷系の攻撃・テクニックなど

・効果:攻撃・ガード・移動・アイテム使用などが一切できなくなる

 

「睡眠」

・付加される主な攻撃:光系の攻撃・テクニックなど

・効果:攻撃・ガード・移動・アイテム使用などが一切できなくなる

 

「麻痺」

・付加される主な攻撃:土系・雷系の攻撃・テクニックなど

・効果:攻撃・ガード・移動・アイテム使用などが一切できなくなる

 

「感電」状態よりも深刻なのが、上に挙げた3種類の状態異常ですね。

移動も含めた全ての行動が一切不可能になってしまいますので、できる限り事前の対策

をしておくのが賢明だと思います。

マルチプレイ中であるなら他のプレイヤーさんのアイテムやテクニックで助かる場合もあると

思いますが、特にソロプレイ中の場合、一緒に連れて行くパートナーキャラクターやサポート

キャラクターが必ずしも回復行動を行ってくれるとは限りません。

運が悪ければあっという間に戦闘不能になってしまう要因にもなりますので、全状態異常

の中でも特に気に留めておいておいて欲しいです。

 

モンスターから受けると恐ろしい状態異常ですが、逆にプレイヤーが使用する場合これほど

頼もしい効果はありません。

特に、「凍結」「麻痺」の2種類は、多くのモンスターに対して効果が見込めますので、是非

活用して戦闘を有利に運んでみてください。

武器を、エクステンドコード(含む∞)で強化した際付加できる状態異常効果についても、

この2種類を特にオススメします。

 

 

「混乱」

・付加される主な攻撃:土系・闇系の攻撃・テクニックなど

・効果:キャラクターが入力した通りに動かなくなる

 

攻撃・ガード・アイテムの使用などはOKなのですが、キャラクターの移動がままならなくなって

しまうのが、この「混乱」状態です。

アナログスティックを入力した通りに動けなくなってしまいますので、明後日の方向に攻撃

してしまったり、モンスターとは別の方向を向いてガードしてしまったりも。

結果的に余計なダメージを受ける確率が高くなりますので、素早く回復させたい状態異常

だと言えますね。

 

 

放って置いても特別影響のないもの、深刻な被害を受けるものなど、色々な状態異常が

ありましたね。

有利にも不利にもなる状態異常効果を、しっかりと把握しておくと安全です。

モンスターからの攻撃には予め予防策を、こちらが使用する場合は相性も考えて使用すれば、

戦闘もよりスムーズになると思いますよ。^^

お気に入りのヘビィを探して -ミーティア-

震災後、ブログをまた再開するときに、「3rdの記事にするネタが少なくなってきた」というお話

をしたことは覚えていらっしゃいますでしょうか?

その後3ヶ月近く経過していますけれど、今も継続して3rdの記事を書き続けられています。

このことは、私にとってとても嬉しいことでもあります。

 

今はもう更新を終えてしまった、よく拝見していたモンハンブログで、「ブログを書き続ける

秘訣」のようなお話に触れていた事がありました。

その方は、「日常とからめると書きたい事がどんどん出てくる」とも「読者の事を考えれば

書ける」とも言っていたように覚えています。

(今ではうろ覚えになってしまっていますので、内容はやや違っているかもしれません)

 

私はまだまだその方の足下にも及ばないほど未熟で、書き続けるようにしているのも、“自分

自身の糧になる”という思いの方が強いです。

相変わらず、文章も茶目っ気のない文体・内容ですし。^^;

それでも、いつかその方のように、色々な角度からモンハンの記事を書けるようになるといいな、

と思っていたりもするのです。

(モンハンがきっかけではじめましたからね^^)

書き続けることで、ちょっとでも近づくことができれば、それはとっても嬉しい事ですよね。^^

 

 

・・・ちょっと、前置きでお話しする内容としては大きすぎましたね。^^;

「見ていて心地よいブログ」はまだまだ遙か遠いですが、マイペースで頑張ってみます。

 

今日取り上げるヘビィは、作成しやすさが売りの“ミーティア”です。

どんな性能なのか、早速見ていきましょう。^^

 

 

ミーティア

・攻撃力:200

・リロード:やや遅い

・反動:中

・ブレ:なし

・その他:スロット2

 

・使用できる弾丸

通常弾5/6/0 要チェック!

貫通弾3/4/0

徹甲榴弾2/2/0

拡散弾0/1/0

回復弾0/1

麻痺弾2/0

減気弾2/0

電撃弾3

滅龍弾3 要チェック!

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

斬裂弾3

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv2貫通弾(20発)

Lv2拡散弾(3発)

斬裂弾(5発)

 

R0014984

 

多くの武器で用意されている、鉱石を主な材料として使用したシリーズのヘビィ版です。

鉱石でできたパーツがぶつかって音が鳴るのでしょうか、リロードをする際などの使用中に

「リーン」という音が鳴るのが、とても印象的ですね。

 

挙げた項目には直接関係ない部分ですが、一番注目してほしい所は、製作のしやすさと

威力の釣り合いがよくとれている、その「パフォーマンスの良さ」でしょうか。

強化過程のものも含めて、丁度1ランク狩りの内容や相手モンスターなどがステップアップ

する頃に、作成・強化できるのがこのヘビィの大きなポイントです。

「今まで使っていた武器ではちょっと心細いかな?」と思うときにラインアップに登場し、

必要な素材もほとんどが農場や採集で集まります。

これは、大剣やスラッシュアックスなど他のカテゴリーの武器でも同じ事が言えますね。

メインで使用していた武器の強化が止まり、次の段階へ進むための隙間を埋めてくれる

のが、鉱石系武器の一番の利点だと思っています。^^

 

R0014985

 

弾丸では、対応するヘビィの少ない「滅龍弾」が撃てるのがポイントです。

反動も大きく、総合的な威力も速射のあるライトボウガンには劣ってしまいますが、一部の

モンスターには効果てきめんです。

調合撃ちが基本になりますが、それだけの見返りはあるはずですよ。

 

その反面、通常弾がLv2のみ、装填数も6発といたって平凡な性能です。

そのため、ステップアップするポイントを乗り越えた以降では、どうしてもピンポイントでの使用

が主になってしまうのが、少し残念なところではありますね。^^;

アビリティを知ろう! ブレイバー編

先日から、メインで使用しているキャラクターのタイプレベルが最大に到達してしまったことも

あり、サブキャラクターを育成しています。

まだ、このブログでは一度も紹介していませんけれど、キャストの女性キャラクターを作成

してみました。

(そのうち登場する・・・かな?実はこっそりと、いつもお世話になっている黒玉さんの所には

お邪魔していたりします。^^;)

 

法撃力が高くフォースの適正が高いニューマンと違って、キャストは命中力に秀でていて

レンジャーで最も強力なキャラクターですね。

能力値を見てみると、丁度真逆といっても良いくらいですので、操作していてとても新鮮です。

 

MAI1のAランクはクリアできる様になりましたので、獲得できるタイプポイントが高い今のうち

にタイプレベルをできるだけ上げておこうと考えています。^^

 

 

アビリティの詳細記事は、今日でラストになりますね。

ラストを飾るのはブレイバーです。

では、早速見ていきましょう。^^

 

 

ブレイバーのアビリティ

 

習得Lv:2

PPブースト(コスト1)

【最大PPが「10」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

ダメージレジスト(コスト1)

【敵から受けるダメージを全体的に軽減する】

習得Lv:3

HPリストレイト(コスト2)

【HP自然回復する力を身に付けることができる】

習得Lv:4

持久力ブースト(コスト1)

【基本持久力が「10」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:6

パートナーシップ(コスト1)

【パートナーキャラクターとチームワークが強化され仲間の戦闘力がアップする】

習得Lv:7

バーストボマー(コスト1)

【トラップの威力を飛躍的にアップさせる】

習得Lv:8

ハーフディフェンス(コスト3)

【「50%」以上のダメージを受け戦闘不能となった時にHPが1残る HPが1/3以下の時は

効果がない】

習得Lv:9

感電プロテクト(コスト1)

【「感電」の状態異常を未然に防ぐことができる】

習得Lv:10

混乱プロテクト(コスト1)

【「混乱」の状態異常を未然に防ぐことができる】

 

他の戦闘タイプは、それぞれ特化したアビリティを覚えていく事が多かったですけれど、

ブレイバーの場合、“かゆいところに手が届く”タイプのアビリティが多い感じですね。

ブレイバーで使用するのはもちろん、他のタイプでも使いやすいアビリティが揃っています。

 

レベル10までに、敵から受けるダメージに関連したアビリティを3つ覚えます。

物理攻撃・テクニック問わずダメージを軽減する「ダメージレジスト」。

HPが一定時間ごとに自動回復するようになる「HPリストレイト」。

残りHPが50%以上あれば、一度に瀕死になるほどのダメージを受けてもこらえることができる

「ハーフディフェンス」。

どれも、低レベルから高レベルまで役立つ、生存率を上げるアビリティですね。

共通アビリティの自動回復薬系と合わせれば、戦闘不能になる確率を格段に下げることが

できると思いますよ。^^

 

「バーストボマー」は、全てのトラップアイテムを扱えるブレイバーならではのスキルです。

使用すると一定範囲内の敵にダメージ+麻痺効果を与える「スタントラップEX」は、ブレイバー

だけが使える罠です。

所持数が限られている分効果を最大限に発揮できるように、ブレイバーで戦うなら是非セット

しておきたいですね。

 

習得Lv:11

セイバーストライク(コスト1)

【セイバーのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:12

ハンドガンストライク(コスト1)

【ハンドガンのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:13

ダガーストライク(コスト1)

【ダガーのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:14

ウォンドストライク(コスト1)

【ウォンド系武器装備時に使用する攻撃テクニック全種類のクリティカル確率がアップする】

習得Lv:15

PPハイブースト(コスト2)

【最大PPが「20」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:16

マドゥーグストライク(コスト1)

【マドゥーグ系武器装備時に使用する攻撃テクニック全種類のクリティカル確率がアップする】

習得Lv:17

スライサーストライク(コスト1)

【スライサーのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:18

ウィップストライク(コスト1)

【ウィップのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:19

クローストライク(コスト1)

【クローのクリティカル確率がアップする】

 

レベル11から20までの間は、どの戦闘タイプでも恒例の「~ストライク」系アビリティを主に

覚えていきます。

右手と左手、それぞれに装備する武器ごとにアビリティが設定されている点は、両手武器と

比較してしまうとやっぱり分が悪いですね。^^;

 

Lv15で最大PPをアップさせる「PPハイブースト」を覚えます。

実は、PP量に関連したアビリティはブレイバーしか覚えませんので、最大PPが少なかったり

回復速度が遅い種族なら、率先してブレイバーのタイプレベルを上げていくのも1つの手かも

しれませんね。

 

習得Lv:21

セイバーアドバンス(コスト1)

【セイバーの威力がアップする】

習得Lv:22

ハンドガンアドバンス(コスト1)

【ハンドガンの威力がアップする】

習得Lv:23

ダガーアドバンス(コスト1)

【ダガーの威力がアップする】

習得Lv:24

ジェルンプロテクト(コスト1)

【「攻撃力・法撃力ダウン」を未然に防ぐことができる】

習得Lv:25

久力ハイブースト(コスト2)

【基本持久力が「20」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

PPリストレイト(コスト2)

【PPが自然回復する力を強くすることができる】

習得Lv:26

ザルアプロテクト(コスト1)

【「防御力・回避力・精神力ダウン」を未然に防ぐことができる】

習得Lv:27

スライサーアドバンス(コスト1)

【スライサーの威力がアップする】

習得Lv:28

ウィップアドバンス(コスト1)

【ウィップの威力がアップする】

習得Lv:29

クローアドバンス(コスト1)

【クローの威力がアップする】

習得Lv:30

プロフェッショナル(コスト2)

【打撃武器の攻撃が命中した際の硬直時間を短縮することができる】

 

レベル25で覚える「PPリストレイト」は、元々のPPが少ない・回復速度が遅い種族には

とくにオススメしたいアビリティです。

転生して、最大PP量をアップさせておけばその限りではありませんけれど、スタート時の状態

ではPP量が多く回復速度も速いニューマン以外、フォトンアーツを多用した戦い方は中々

難しかったりしますよね。

さらに、回避行動や攻撃を防御した際など,、色々な場面でPPを消費しますので、PPが豊富に

使える状態というのはそれだけ安全だと言えます。

単体でももちろん効果はありますが、PPセイブ系のアビリティ、消費PPを軽減する武器など

と複合して使うと、より効果がアップしますよ。^^

 

打撃武器の、攻撃が命中した際の硬直時間が短くなる「プロフェッショナル」ですけれど、

こちらは恐らく“プレイヤーさんの好み”に大きく左右されるアビリティですね。

打撃武器がモンスターに命中すると、リアリティが出るよう武器を振り切る際の“抵抗”が

発生します。

(モンハンなどにもありますよね)

アビリティをセットするとその抵抗が少なくなり、文字通りサクサクと攻撃できるようになります。

プレイヤーが有利になるようアビリティをセットするか、攻撃している感覚を残すかは、はっきり

言って“お好み”だと私は思っています。

実際に一度使用してみた上で、それぞれのプレイヤーさんが判断するのがベストですね。^^

 

習得Lv:35

回避力スーパーブースト(コスト1) ブレイバー専用

【基本回避力が「20」上昇する 効果は他のアビリティ重複する】

持久力スーパーブースト(コスト1)

【基本持久力が「15」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:40

フルバーストボマー(コスト2) ブレイバー専用

【トラップの威力を飛躍的にアップさせる】

ショックストライク(コスト1)

【「感電」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:45

コンフューズストライク(コスト1)

【「混乱」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:50

イグナイトアーツ(コスト7) ブレイバー専用

【使用できる「スキル」「バレット」「攻撃テクニック」の最大レベルが「5」アップする】

 

ブレイバーの専用スキルは、他と同じくどれもブレイバーの特徴・長所をより伸ばすもの

ばかりです。

「バーストボマー」よりも更にトラップの威力が向上する「フルバーストボマー」、ダメージが

より期待できるのですけれど、残念なことにバーストボマーとの両立ができません。

(効果が重複しないのです)

トラップを織り交ぜて戦うスタイルはブレイバーならではですので、できれば2つセットで

付けられればよかったですよね。^^;

 

最後に覚える「イグナイトアーツ」は、コストが7も必要なのにスキル・バレット・攻撃テクニック

のレベルが5しかアップしないの?と思われるかもしれません。

ですが、この“5”が重要だったりするのです。

フォトンアーツの効果や効果範囲などは、レベル10刻みで大幅に向上するものが多いです。

どれもそつなくこなせるブレイバーですが、上限が20から25になることで、威力・効果範囲

などがそれぞれの得意な戦闘タイプ並みになる訳です。

1つ例を挙げるなら、テクニック「フォバース」を使って周囲に発生する火球が2→3になり、チェイン

を溜める速さもよりアップするのです。

ただ…、効果の大きさは分かっていても、やっぱり「コスト7」という部分がネックなのも事実

でしょうか。^^;

残りのコスト枠が5になってしまいますので、他の有益なアビリティと取捨選択する必要が

あるのが、残念ですよね。><

 

 

戦闘をより有利にするアビリティを多く覚えるブレイバーですが、いかがでしたでしょうか?

前作PSPo2では、その回避力の高さからかなり便利な戦闘タイプだったブレイバーですが、

PSPo2iでの調整で、回避力自体の効果が薄くなってしまいました。

結果、プレイヤーさんによっては“器用貧乏”な印象が強いかもしれません。

ですが、装備するアビリティや武器によってどんな戦い方にも対応できたりと、“縁の下の

力持ち”的な立ち位置に立てるのもブレイバーだけです。

器用貧乏のままなのか、それとも臨機応変に戦える万能型になるのかはプレイヤーさん次第

ですので、特にセットするアビリティを気にとめておいて欲しいと思います。^^

お気に入りのヘビィを探して -サンドリヨン-

ツイッターをはじめたきっかけは、狩り友さんと連絡を取るためというのが半分、ブログの更新を

告知するため、というのがもう半分という感じです。

今は、モンハンだけに限らず色々なゲームに関する事、気になったこと、出かけた先で撮った

写真などもアップしているのですけれど、少し気になっていることがあったりします。

それは、“誰かのツイートに返信するタイミング”について、です。

 

基本的に、ツイートするのも見るのも夜になりますので、実際に私が初めて見たのが夜でも、

昼間にツイートされたものに返信するのは、今更のような気がしてしまい、ちょっと二の足を

踏んでしまっていたり。

 

あとは、開始と終了の挨拶(?)のようなものもした方が良いのかな?とか。

開始は「こんばんは」を付けたツイートをしていますので大丈夫だと思うのですが、終了して

お休みする時は特別何も言っていなくて・・・。

急に反応が無くなっているとやっぱり良くないですから、「おやすみなさい」くらいはツイート

したほうが良いのでしょうか?

 

 

今日は、最終強化ヘビィのシリーズ、ピックアップするのは「サンドリヨン」です。

特徴的な見た目ばかりに目がいきますが、果たしてどんなヘビィなのでしょうか・・・?

 

サンドリヨン

・攻撃力:200

・リロード:やや遅い

・反動:やや小

・ブレ:なし

・その他:スロット3 要チェック!

 

・使用できる弾丸

通常弾8/8/8

貫通弾3/0/0

散弾4/4/0

徹甲榴弾2/0/0

拡散弾1/0/0

回復弾2/1

麻痺弾2/0

睡眠弾3/2 要チェック!

減気弾2/2

水冷弾3

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

鬼人弾1

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv3通常弾(30発)

Lv2睡眠弾(4発) 要チェック!

 

R0014981

 

農場(畑)で収穫できるアイテム「ペピポパンプキン」がメインの素材である風変わりなヘビィ

ですね。

どういう風に特殊な加工をするのか不明ですけれど、できあがったヘビィを見て思わず

笑ってしまった方も多いと思います。^^

そう、背中に背負っている状態(2つ折りした状態ですね)だと、まさに“カボチャの馬車”

だったりするのです。(笑)

 

そんな見た目から、「ネタ系のヘビィなのかな・・・?」と思いがちなのですが、実は中々

尖った特徴を持つヘビィです。

「要チェック!」を付けておきましたのでもうお解りですよね、そう、“睡眠弾をしゃがみ撃ち”

できるヘビィなんです。

 

今回ヘビィに新しく採用された「しゃがみ撃ち」ですが、多くのハンターさんからはあまり

評価されていないかもしれません。

私も、開始当初は「モンスターとの戦闘中では使いにくいなぁ」と思っていましたからね。^^;

ただ、少しした後は、その考え方や前提条件が間違いだと気づかされました。

モンハンをより長くプレイされたことがある方ほど、「戦闘中どう利用・活用できるか」が重視

されて、他の状況の場合というのを忘れてしまいがちです。

モンハンは、“狩り”をするゲームなのですから、実際モンスターに遭遇している時間以外

も狩りの時間である訳です。

・・・ここまでで、もうお気づきの方、いらっしゃいますでしょうか?

 

しゃがみ撃ちを活用する答えの一つとして、“戦闘開始前”ということが挙げられるのでは

ないでしょうか。

特に、状態異常を起こす弾丸がしゃがみ撃ちできれば、ソロ・マルチプレイ問わず、戦闘

開始から有利に戦いはじめられますよね。

未発見状態では、少しの間周囲を伺い、こちらに近づいてくる時間があります。

この時間を有効活用しない手はありません。

状態異常系の弾丸をしゃがみ撃ちできるヘビィは、もっとも簡単かつ効果的にしゃがみ撃ち

の利点を生かせると思っています。

 

R0014983

 

都合の良いことに、このサンドリヨンには空きスロットが3つもあります。

状態異常、特に睡眠爆破などを利用したい時、特化したマイセットを作成するには最適

なヘビィと言えると思います。^^

アビリティを知ろう! フォース編

開催中のイベントで、昨日のメンテナンス以降から、獲得経験値・タイプポイント・レアアイテム

ドロップ率が2.5倍になりました。

 

20110621183711

昨日のメンテナンスで、報酬が適応されました

 

レアアイテムについては、やっぱり出にくいですけれど、経験値が多く貰えるのはやっぱり

嬉しいですね。^^

転生したキャラクターもLv100まで戻りましたので、昨日はまだまだ育成中の2人目を、今のうち

に育てておこうと頑張っています。

 

私みたいに、∞ランクの高レベルミッションへ行けない方でも、何かしらメリットがあると思います

ので、まだ一度もイベントミッションをプレイしていない方も、是非参加してみてくださいね。^^

 

 

アビリティについて考える第4回目はフォースです。

私の好きな“魔法使い”タイプであるフォースですが、果たしてどんなアビリティを覚えていく

のでしょうか?

早速見ていきたいと思います。

 

 

フォースのアビリティ

 

習得Lv:2

法撃力ブースト(コスト1)

【基本法撃力が「30」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

フォローアドバンス(コスト1)

【回復系補助テクニックの効果がアップする】

習得Lv:3

アシストアドバンス(コスト1)

【支援系テクニックの効果時間がアップする】

習得Lv:4

精神力ブースト(コスト1)

【基本精神力が「30」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

取得Lv:6

サポートロングレンジ(コスト1)

【支援系と回復系全ての補助テクニックの効果範囲がアップする 効果は他のアビリティと

重複する】

習得Lv:7

フォトンバリア(コスト2)

【自分の最大HPの「3%」未満のダメージを受けてもフォトンバリアが無効化する】

習得Lv:8

フォローハイスピード(コスト1)

【回復系補助テクニックの詠唱速度がアップする】

習得Lv:9

感染プロテクト(コスト1)

【「感染」の状態異常を未然に防ぐことができる】

習得Lv10

麻痺プロテクト(コスト1)

【「麻痺」の状態異常を未然に防ぐことができる】

 

フォースのアビリティは、序盤から重要なものが目白押しです。

「デバンド」「シフタ」など、防御力や攻撃力を上げる補助テクニックは、レベルが上がるにつれ

常用するようになります。

テクニックをかけ直す頻度をさげるために、「アシストアドバンス」は欠かせないですね。

また、その効果範囲を「サポートロングレンジ」で拡げれば、画面内で見えていてよほど離れた

ところで戦っていない限り、補助や回復テクニックをきちんと味方にかける事ができます。

 

Lv7で覚える「フォトンバリア」は、“最大HPの”3%ですので、レベルを上げてHPが増えれば

増えるほど無効にできるダメージ量が増えていきます。

そこで、「サポートキャラクター」で使用する場合、大幅にHPが増える事を利用して、交換する

キャラクターにセットしておくと、自分で使用する時以上にアビリティの恩恵を受けられると

思いますよ。

 

回復系のテクニックは、周囲に効果が拡大されたり、よりテクニックのLvが上がると、その分

詠唱速度もやや遅くなります。

多くの方が“自動回復薬”のアビリティを付けていると思いますので、回復テクニックはそれほど

重要視されていない感じですけれど、いざという時に役立つはずです。^^

 

習得Lv:11

炎テクニックハイスピード(コスト1)

【炎系攻撃テクニックの詠唱速度がアップする】

ロングボウストライク(コスト1)

【ロングボウのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:12

氷テクニックハイスピード(コスト1)

【氷系攻撃テクニックの詠唱速度がアップする】

習得Lv:13

雷テクニックハイスピード(コスト1)

【雷系攻撃テクニックの詠唱速度がアップする】

習得Lv:14

土テクニックハイスピード(コスト1)

【土系攻撃テクニックの詠唱速度がアップする】

習得Lv:15

法撃力ハイブースト(コスト2)

【基本法撃力が「50」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:16

光テクニックハイスピード(コスト1)

【光系攻撃テクニックの詠唱速度がアップする】

習得Lv:17

闇テクニックハイスピード(コスト1)

【闇系攻撃テクニックの詠唱速度がアップする】

習得Lv:18

ロッドストライク(コスト1)

【ロッド系武器装備時に使用する攻撃テクニック全種類のクリティカル確率がアップする】

習得Lv:19

カードストライク(コスト1)

【カードのクリティカル確率がアップする】

 

Lv11からは、テクニックの詠唱速度を上げる(テクニックを撃つまでの時間を短縮する)

「~ハイスピード」系のアビリティを覚えていきます。

ロッドの場合最大4種類、ウォンドとマドゥーグには2種類テクニックをセットして戦う訳ですが、

特に△ボタンにセットしてチェインフィニッシュに使用するテクニックに合わせてセットすると、

より効果的かもしれません。

(例:ラ・フォイエでフィニッシュするなら「炎テクニックハイスピード」をセットする)

多くの場合、「ラ」系や「ギ」系のテクニックを用意すると思われますので、詠唱速度アップに

よる素早い連続詠唱は、戦いやすさの向上にとても役立つはずです。

もちろん、使用するテクニックの属性全てのアビリティを付ければ、それに越したことは

ありません。

ですが、コスト枠の関係で現実的ではありませんので、まずは上記の通り、フィニッシュに

使うテクニックの属性で選ぶと良いと思いますよ。^^

 

クリティカル確率を上げる「~ストライク」系ですが、Lv18で覚える「ロッドストライク」は、

他よりもちょっとだけお得かもしれません。

他のストライク系では“通常攻撃とセットしたフォトンアーツ1つ”にしか影響しませんが、

ロッドの場合はセットしているテクニック全てに影響があります。

スキルやバレットの場合は3~5種類程度ですから、沢山のテクニックを付け替えられる分、

ちょっとだけ(本当にちょっとの差ですけどね^^:)お得という訳ですね。

 

習得Lv:21

ロングボウアドバンス(コスト1)

【ロングボウの威力がアップする】

習得Lv:22

アシストハイスピード(コスト1)

【支援系補助テクニックの詠唱速度がアップする】

習得Lv:23

炎テクニックアドバンス(コスト1)

【炎系攻撃テクニックの威力がアップする】

テクニックアドバンス+(コスト2)

【テクニックの威力、効果、効果時間がアップする 他の能力アップ系と重複する】

習得Lv:24

氷テクニックアドバンス(コスト1)

【氷系攻撃テクニックの威力がアップする】

習得Lv:25

精神力ハイブースト(コスト2)

【基本精神力が「50」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

雷テクニックアドバンス(コスト1)

【雷系攻撃テクニックの威力がアップする】

テクニックハイスピード+(コスト3)

【全てのテクニックの詠唱速度がアップする 他の詠唱速度アップ系と重複する】

習得Lv:26

土テクニックアドバンス(コスト1)

【土系攻撃テクニックの威力がアップする】

習得Lv:27

光テクニックアドバンス(コスト1)

【光系攻撃テクニックの威力がアップする】

習得Lv:28

闇テクニックアドバンス(コスト1)

【闇系攻撃テクニックの威力がアップする】

習得Lv:29

カードアドバンス(コスト1)

【かーどの威力がアップする】

習得Lv:30

PPテクニックセイブ(コスト2)

【法撃系フォトンアーツを使用したときのPP消費を「20%」軽減することができる】

 

各属性テクニックの威力を上げる「~テクニックアドバンス」系は、ハイスピード系と同様に、

フィニッシュに使用するテクニックに合わせるのがセオリーでしょうか。

「使用する法撃武器の属性」「セットするテクニックの属性」を合わせ、その属性に対応した

「~ハイスピード」「~アドバンス」を付けると、与えるダメージがかなり上昇すると思います。

もちろん、慣れてくればセットするテクニック・アビリティも、状況に応じて自分で臨機応変に

変えていけると思います。

ですが、フォースに不慣れな場合には、上記のような基本に沿って組み合わせると良い

ですね。^^

 

慣れた方は、状況に応じて「テクニックアドバンス+」や「テクニックハイスピード+」を使って

みるのも良いですね。

それぞれ全属性に効果が及びますが、反面上昇量は個別の属性のものには劣り、コストも

多めです。

個別にセットせずこれだけで戦う、個別のものも合わせてセットして効果を重複させるなど、

自分のプレイに合ったアビリティの組み合わせを探してみて下さい。^^

 

テクニック主体で戦う時は、消費するPPは射撃武器以上に多くなります。

ほとんど常に、射撃の通常攻撃以上のPPを消費しながら戦う訳ですからね。

消費PPを軽減する法撃武器や、全体的に軽減する武器が多めなマドゥーグを使用する

以外に、「PPテクニックセイブ」で消費を20%カットするのもとても有効です。

特に、PPの少ない・回復の遅い種族では常用したいアビリティでしょうね。

 

習得Lv:35

法撃力スーパーブースト(コスト1) フォース専用

【基本法撃力が「40」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

精神力スーパーブースト(コスト1)

【基本精神力が「40」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:40

サポートロングレンジ+(コスト1)

【支援系と回復系全ての補助テクニックの効果範囲がアップする 効果は他のアビリティと

重複する】

リバーサラー(コスト1) フォース専用

【レジェネに復活効果が付与される】

スタンストライク(コスト1)

【「麻痺」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:45

チャームストライク(コスト1)

【「魅了」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:50

テクニカルマスター(コスト2) フォース専用

【テクニック3段攻撃で2・3段目のPP消費を軽減することができる】

 

PSPo2までには、戦闘不能の回復手段が「スケープドール」などの回復アイテムしかあり

ませんでした。

Lv40で覚えるフォース専用アビリティ「リバーサラー」をセットすると、状態異常を回復する

テクニック“レジェネ”に戦闘不能を回復させる効果が追加されます。

レジェネを使えるフォースがやられてしまっては元も子もありませんけれど、ボスとの戦闘中

に復活アイテムが尽きてしまった時など、自分はやや後方に下がり補助や回復をしながら

サポートに徹するといった対策をすれば、パーティが全滅してしまう場面も少なくなる

かもしれません。

 

ラストに覚える専用アビリティ「テクニカルマスター」は、PP軽減系のアビリティです。

法撃武器のインプレッションで、「ボタンごとにセットしたアビリティを3連続で詠唱できる」

とお話ししたと思います。

その3連続詠唱をした際、2回目と3回目のPP消費量が軽減される訳です。

他にもセットしたいアビリティが多いフォースですけれど、コスト枠に余裕があるなら是非

付けておきたいですね。

一度に連続して撃てるテクニック量が増えますから、必然的にダメージ量のアップにも

繋がります。

 

 

フォースのアビリティ、いかがでしたでしょうか?

威力・詠唱速度・効果範囲など、とにかく“テクニック”の効果をより向上させるアビリティ

が多いのが、フォースの特徴です。

「どの属性も強化したい!」と思いがちですけれど、共通アビリティや他の戦闘タイプで覚える

アビリティにも、フォースで活用できるものが沢山ありまよね。

ですので、お話の途中でも書いた通り、メインで使う1~2つの属性・テクニックを決める所から

スタートするのが、フォースで戦う上で重要になってくると思っています。^^

体験! ダウンロードクエスト その27

少し前に発表がありましたのでご存じの方も多いと思いますが、プレイステーションのRPG

「俺の屍を越えてゆけ」のリメイクが、今秋PSPで発売されます。

数年で命を落とす“短命の呪い”をかけられた一族が、神様と交わって子孫を残し、呪いを

打ち破るというお話・システムに、発売当時ずいぶんとハマッてプレイしました。

ゲームアーカイブス版もダウンロードして、今でもPSPに入れていたりもしています。^^;

3rdと同様(もっとも3rdの場合は“和風っぽい”イメージというだけなのですが)「和」が

基本なのも、お気に入りゲームとしての大きなポイントかもしれませんね。

 

そんな「俺の屍を越えてゆけ」ですが、PSP版の要素として

こちらも、ブログなどで取り上げると面白そうな要素じゃないかな?と密かに考えています。

 

 

今日取り上げるダウンロードクエストはこちら、「王族の招宴」です。

もうシリーズ恒例といって良いかもしれませんね、リオレイア希少種とリオレウス希少種、

通称“金・銀”の闘技場同時狩猟クエストです。

毎回悩まされているハンターさんも多いかと思います。

そんな例にもれず、私も大分苦戦していますね。><

 

罠や閃光玉の効果が徐々に薄くなっていく分、相手にも疲労状態があるため、一見すると

「条件的には互角なのかな?」とも思います。

ですけれど、2頭同時という要素を除いてみても、特別高い攻撃力と新しく追加された攻撃

行動によって、かなり不利な状況だと言えるでしょうね。^^;

私も、一番最初に一人で挑戦してみたときは、あっという間に3回やられてクエスト失敗

してしまいました・・・。><

 

狩り友さんのSophi☆さんとも、もちろん挑戦してみましたよ。

最初の挑戦では、私がまた2回もやられてしまい、どちらも倒せないまま失敗してしまい

ました。

続くリベンジでは、より入念に準備した上、私は弓を使用しての挑戦です。

できるなら、どちらかを集中して攻撃すると良いのでしょうけれど、少人数では中々難しい

と思いますので、攻撃チャンスがあればどちらでも構いませんのでどんどん攻撃していった

方が速く狩猟できる様な気がしました。

そうして、レウスかレイアのどちらかを倒せたなら、あとはもう成功したも同然ですね。^^

 

R0014978

今回は、動きや肉質が変更されましたので、かなり手強いクエストになっています

 

こちらも恒例ですが、紅玉などのレア素材が少しだけ出やすいクエストですので、素材が

足りない私としては、できればまた挑戦したいのですけれど・・・。

難易度の高めな他のクエストと同じで、一人ではあんまりプレイしたく無いかもしれません。^^;

アビリティを知ろう! レンジャー編

週末は、プレイ中にキャラクターのレベルが200に到達しましたので、久しぶりの転生をしました。

ほとんどAランクのミッションばかりに行っているのですけれど、やっぱり経験値2倍は

大きいですね。^^

そうそう、戦闘タイプについても、4種類とも上限のレベル50まで到達しましたよ♪

 

20110619062952

転生後のステータスはこんな感じになりました

 

20110620213129

MAI3Aでこんな刀もゲットしました(転生してしまったので装備してSSが撮れませんでした^^;)

 

今週のサーバーメンテナンス後には、パネル報酬が適応されてイベント終了時まで経験値

などが2,5倍になります。

・・・と思っていたのですけれど、今日メンテナンスが入って、すでに2,5倍になっている

みたいですね!

 

更にレベルアップがしやすくなりますので、転生するには絶好のチャンスかもしれません。^^

 

 

さて、今日も先週から引き続きアビリティについてのお話です。

今日はレンジャーのアビリティですね。

やっぱり数が多いですので、早速始めていきます。

 

 

レンジャーのアビリティ

 

習得Lv:2

命中力ブースト(コスト1)

【基本命中力が「15」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

フルチャージショット(コスト1)

【チャージショットにおいて高威力な2段階チャージによる射撃が可能になる】

習得Lv:3

アドバースアタッカー(コスト1)

【自身が状態上にかかっている場合に敵に与えるダメージが大きく上昇する】

習得Lv:4

回避力ブースト(コスト1)

【基本回避力が「15」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:6

エスケープアドバンス(コスト2)

【緊急回避の無敵時間が増えより回避しやすくなる】

習得Lv:7

プレシジョンアタッカー(コスト1)

【武器の攻撃力のふれ幅を抑え比較的精密な攻撃を可能にする】

習得Lv:8

エレメンタルヒット(コスト2)

【状態異常を付加する確率をアップする】

習得Lv:9

毒プロテクト(コスト1)

【「毒」の状態異常を未然に防ぐことができる】

習得Lv:10

睡眠プロテクト(コスト1)

【「睡眠」の状態異常を未然に防ぐことができる】

 

レンジャーにとって“必須”といっていいアビリティがいきなり登場しています。

Lv2で覚える「フルチャージショット」は、通常1段階しか溜められない射撃のチャージを、

2段階溜めることでより強力な攻撃をすることができるようになります。

射撃攻撃に適正のあるレンジャーなら、必ずセットした方がよいアビリティだと思います。

 

状態異常確率を上げる「エレメンタルヒット」は、ショットガンやクロスボウなどの、弾数の多い

射撃武器だけでなく、手数の多い打撃武器にも活用できますね。

特にオススメなのは、麻痺効果の付いた武器を使う時でしょうか。

行動不能にする確率がアップして、より安全に戦えますよ。

 

「~プロテクト」系は、レンジャーで覚えるものの場合「睡眠プロテクト」が便利です。

眠ってしまうと、やっぱりしばらく行動できなくなりますので、しっかりと予防しておきましょう。

 

習得Lv:11

ライフルストライク(コスト1)

【ライフルのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:12

Tハンドガンストライク(コスト1)

【ツインハンドガンのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:13

ショットガンストライク(コスト1)

【ショットガンのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:14

シャドゥーグストライク(コスト1)

【シャドゥーグのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:15

命中力ハイブースト(コスト2)

【基本命中力が「25」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:16

グレネードストライク(コスト1)

【グレネードのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:17

クロスボウストライク(コスト1)

【クロスボウのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:18

レーザーカノンストライク(コスト1)

【レーザーカノンのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:19

マシンガンストライク(コスト1)

【マシンガンのクリティカル確率がアップする】

 

Lv11からは、各武器のクリティカル確率を上げる「~ストライク」系を覚えていきます。

ハンターと同様に、実際の戦闘ではほとんど使用しない方が多いかもしれませんね。^^;

そんな中、Lv15で覚える「命中力ブースト」は、攻撃の命中力だけでなく射撃の威力にも

関わりますので、レンジャーにとっては(もちろん他のタイプでもですが)重要です。

 

習得Lv:21

ライフルアドバンス(コスト1)

【ライフルの威力がアップする】

習得Lv:22

Tハンドガンアドバンス(コスト1)

【ツインハンドガンの威力がアップする】

習得Lv:23

ショットガンアドバンス(コスト1)

【ショットガンの威力がアップする】

習得Lv:24

シャドゥーグアドバンス(コスト1)

【シャドゥーグの威力がアップする】

習得Lv:25

回避力ハイブースト(コスト2)

【基本回避力が「25」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:26

グレネードアドバンス(コスト1)

【グレネードの威力がアップする】

習得Lv:27

クロスボウアドバンス(コスト1)

【クロスボウの威力がアップする】

習得Lv:28

レーザーカノンアドバンス(コスト1)

【レーザーカノンの威力がアップする】

習得Lv:29

マシンガンアドバンス(コスト1)

【マシンガンの威力がアップする】

習得Lv:30

PPバレットセイブ(コスト2)

【射撃系フォトンアーツを使用したときのPP消費を「20%」軽減することができる】

 

続いて覚えていくのは「~アドバンス」系アビリティです。

やっぱり、クリティカル確率より武器の威力があがるアドバンス系の方が、分かりやすい

ですし使いやすいかもしれませんね。

 

Lv30で覚える「PPバレットセイブ」は、射撃武器を常用するなら付けておきたいアビリティです。

射撃武器は打撃武器と違い、通常攻撃でも、チャージショットでも、攻撃行動をするたびに

必ずPPを消費します。

ですので、少しでも消費を軽減できれば、それだけ連続して攻撃を続けられる=攻撃力の

上昇にも繋がる訳です。

アビリティの枠に余裕があるなら、是非セットすることをオススメします。^^

 

習得Lv:35

命中力スーパーブースト(コスト1) レンジャー専用

【基本命中力が「20」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

持久力スーパーブースト(コスト1)

【基本持久力が「15」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

シャープスナイパー(コスト1)

【主観射撃時の基本命中力がアップする】

習得Lv:40

ハイスピードチャージ(コスト2) レンジャー専用

【チャージショットのチャージに必要な時間を短縮する】

ポイズンストライク(コスト1)

【「毒」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:45

スリープストライク(コスト1)

【「睡眠」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:50

バーストシューター(コスト2) レンジャー専用

【チャージショットの威力がアップする】

 

Lv35から覚えはじめるレンジャー専用アビリティは、「命中力スーパーブースト」「ハイスピード

チャージ」「バーストシューター」の3種類です。

中でも、ハイスピードチャージとバーストシューターは是非セットしたいですね。

レンジャーの“要”であるチャージショットのチャージ時間短縮、威力アップは、セットして

戦ってみればすぐに分かるほど劇的な効果を発揮します。

「フルチャージショット」と合わせたこの3種類のアビリティは、まさに“レンジャー3点セット”

と言えると思います。

 

 

ハンターが“純粋に攻撃力・威力の強化”をポイントにしているのに対して、レンジャーの

場合は“使い勝手を向上させる”ことで結果的に攻撃力の向上に繋げている感じがします。

PPを上手にやりくりすることを求められるレンジャーですが、アビリティを上手に組み合わせて

戦えば、ハンターに負けない強さを発揮できると思いますよ。^^

私のマイセット その22

今日は、マクドナルドで先行配信される“ポケモン”を、こっそり貰ってきてしまいました。^^

今度の映画で登場するキャラクターが使用するポケモンみたいですね。

(さすがに映画は見ませんけどね^^;)

“ブラック”では「カリータのサザンドラ」、“ホワイト”では「ジャンタのゴルーグ」がそれぞれ

ゲット出来ます。

 

実の所、ポケモンは途中で止まってしまっていたりしますので(モンハンが出ちゃいました

からね)、また機会を見てプレイしたいのですけれど、中々時間がとれないため難しいかな…。

 

 

金曜日は、恒例のマイセット紹介です。

今日のマイセットは、(ユクモ村のお話としては)ラストの「アマツマガツチ」を討伐しなければ

作成できないもの、その後に登場する「アルバトリオン」の防具などを使用しています。

ですので、今現在攻略中の方は作成が難しいのですけれど、その点はご了承下さい。

 

では、早速どんな組み合わせになっているのか見ていきましょう。^^

 

 

頭:城塞弓撃隊【面隠】 (研磨珠【1】×3)

胴:城塞遊撃隊【胴巻】

腕:インゴットSアーム (回避珠【2】)

腰:城塞遊撃隊【鎖帯】 (回避珠【2】)

脚:エスカドラスケル (回避珠【1】 回避珠【2】)

護石:王の護石 (剥ぎ取り5 皮剥珠【1】)

 

発動スキル:剥ぎ取り達人 見切り+1 回避性能+1 砥石使用高速化

 

R0014934

軽装というか、身軽な感じがします。鎧姿以外も新鮮で良いですよね♪

 

“剥ぎ取り”のスキルポイントが付いた、「城塞」シリーズをメインに作成してみました。

作成したのは、「中々紅玉が出ません><」と言っていた頃ですね。^^;

ちょっとでも入手する確率を上げようと、剥ぎ取り達人のスキルを付けたマイセットを

用意した訳です。

 

ポイントは、一式で揃えると発動してしまう“不運”を除く所でしょうか。

今回の場合、それ以外は特別重要視していませんね。

元々、剥ぎ取り達人を付けようとすると、防具の組み合わせや他のスキルの選択肢が

限られてしまいます。

ですので、合わせたスキルは私の作るマイセットではお馴染みのものになっています。

 

カラーリングは、腰防具に合わせてやや明るめのグリーンにしてみました。

Sophi☆さんに作って頂いたこのブログの背景を見て頂ければ分かる通り、緑系の色

が好みだったりします。

ですので、見た目もそうですが、色合いでも気に入っているマイセットですね。^^

 

 

このマイセットを使用して、リオレウスやリオレイアを何度も討伐しました。

尻尾の剥ぎ取りが2回できるというのは、やっぱり大きいですよね。

もちろん、鱗ばかり剥ぎ取れる場合も多々ありますけれど(苦笑)、気持ち的に「2回剥ぎ

取っても出なかったし仕方がないかな?」と思えるようになる、というのが大きいかも

しれません。^^

アビリティを知ろう! ハンター編

昨日から配信が開始されたマキシマムアタック∞Ⅲ、早速1度挑戦してみました。

マシナリー系のモンスターには、攻撃力が高かったり動きがいやらしい相手が多いですので、

Aランクですがクリアに大分時間がかかってしまいました。><

今回のボスモンスター、「ヴォルナ・グラフカ」も、数えるほどしか挑戦したことがありません

でしたから、より苦労した気がします。^^;

 

20110617214348

戦利品として、歯車がモチーフのアックスを貰えました♪

 

とりあえず、私一人では今回のミッションも大変な事は分かりました。(泣)

Aランクで貰えるアイテムを揃えたら、またⅠのAランクでキャラクターの育成を続ける感じに

なりそうですね。

 

と、あまり今日の話題と関係ない事を書いていると記事が長くなってしまいます。^^;

早々に今日の“ハンターで覚えるアビリティ”を始めていきたいと思います。

 

 

ハンターのアビリティ

 

習得Lv:2

攻撃力ブースト(コスト1)

【基本攻撃力が「30」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

回復薬ブースト(コスト1)

【回復系アイテム使用時その効果がアップする】

習得Lv:3

PPガードセイブ(コスト1)

【攻撃をガードした時のPP消費を「50%」軽減することができる】

習得Lv:4

防御力ブースト(コスト1)

【基本防御力が「30」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:6

ジャストガードアドバンス(コスト1)

【シールドでジャストガードした時のシールドアーツの威力がアップする】

習得Lv:7

アドバーススピリット(コスト2)

【残りHPが「35%」以下になったとき防御力と精神力が大きくアップする】

習得Lv:8

スーパーアーマー(コスト3)

【正面からダメージを受けてもよろけにくくなる ただしダメージは変わらない】

習得Lv:9

燃焼プロテクト(コスト1)

【「燃焼」の状態異常を未然に防ぐことができる】

習得Lv:10

凍結プロテクト(コスト1)

【「凍結」の状態異常を未然に防ぐことができる】

 

レベル1~10までのアビリティでまず一番に注目したいのが、「凍結プロテクト」です。

PSPo2iでは、状態異常効果がかなりやっかいで、“凍結”してしまうと一時的に全ての行動が

できなくなってしまいます。

もちろん、昨日紹介した自動で回復薬を使ってくれるアビリティも機能しませんので、

凍結後あっという間にやられてしまうことも。

凍結する攻撃・テクニックを使用するモンスターは、序盤はそれほど登場しませんけれど、

できるだけ早めに習得しておくべきアビリティだと言えますね。

 

地味ですが、しっかりと効果を発揮するのは「回復薬ブースト」「アドバーススピリット」と

いった所でしょうか。

回復薬ブーストをつけておけば、一番回復量の少ない「モノメイト」でも最大HPの半分程度

回復するようになります。

また、自動回復のアビリティが発動する間もなく連続して攻撃を受けやられてしまう場合

には、アドバーススピリットを付けてみるのも1つの方法だと思いますよ。

(もちろん、相手と圧倒的に差がある場合は難しいですけどね^^;)

 

習得Lv:11

ソードストライク(コスト1)

【ソードのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:12

スピアストライク(コスト1)

【スピアのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:13

ナックルストライク(コスト1)

【ナックルのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:14

ツインダガーストライク(コスト1)

【ツインダガーのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:15

攻撃力ハイブースト(コスト2)

【基本攻撃力が「50」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:16

ダブルセイバーストライク(コスト1)

【ダブルセイバーのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:17

ツインセイバーストライク(コスト1)

【ツインセイバーのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:18

アックスストライク(コスト1)

【アックスのクリティカル確率がアップする】

習得Lv:19

ツインクローストライク(コスト1)

【ツインクローのクリティカル確率がアップする】

 

20レベルまでの間は、ハンターの得意な両手打撃武器のクリティカル確率をアップさせる

各種「~ストライク」系のアビリティを覚えていきます。

それぞれ1種類の武器に対応していますので、使用する場合は全部セットするのではなく、

メインで使う武器1~2種類に限定する方が効果的だと思いますよ。

 

習得Lv:21

ソードアドバンス(コスト1)

【ソードの威力がアップする】

習得Lv:22

スピアアドバンス(コスト1)

【スピアの威力がアップする】

習得Lv:23

ナックルアドバンス(コスト1)

【ナックルの威力がアップする】

習得Lv:24

ツインダガーアドバンス(コスト1)

【ツインダガーの威力がアップする】

習得Lv:25

HPハイブースト(コスト2)

【最大HPが「100」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

防御力ハイブースト(コスト2)

【基本防御力が「50」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:26

ダブルセイバーアドバンス(コスト1)

【ダブルセイバーの威力がアップする】

習得Lv:27

ツインセイバーアドバンス(コスト1)

【ツインセイバーの威力がアップする】

習得Lv:28

アックスアドバンス(コスト1)

【アックスの威力がアップする】

習得Lv:29

ツインクローアドバンス(コスト1)

【ツインクローの威力がアップする】

習得Lv:30

PPスキルセイブ(コスト2)

【打撃系フォトンアーツを使用した時のPP消費を「20%」軽減することができる】

 

レベル21以降には、各武器の威力をアップさせる「~アドバンス」系が登場します。

どちらかというと、ストライク系よりもこちらを使う方の方が多いと思います。

こちらも、他の攻撃強化アビリティとの兼ね合いから、メイン武器に1種類だけ付けるパターン

になると思いますね。

レベル30で覚える「PPスキルセイブ」は、ハンターには必須かもしれません。

威力の大きいフォトンアーツでも消費PPが多かったり、フォトンアーツの威力を底上げする

効果がある反面、余計にPPを消費してしまう武器などを使う際効果を発揮します。

 

習得Lv:35

攻撃力スーパーブースト(コスト1) ハンター専用

【基本攻撃力が「40」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

防御力スーパーブースト(コスト1)

【基本防御力が「40」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

習得Lv:40

ノックダウンアーツ(コスト1) ハンター専用

【シールドアーツに敵をダウンさせる効果を付与する】

バーンストライク(コスト1)

【「燃焼」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:45

フリーズストライク(コスト1)

【「凍結」状態の敵に与えるダメージがアップする】

習得Lv:50

アタックブースター(コスト2) ハンター専用

【打撃武器による転倒、打ち上げ、吹き飛ばし攻撃の威力がアップする】

 

レベル35からは、各戦闘タイプ専用のアビリティが登場します。

専用アビリティは、他のタイプに就いている時には一覧に載りませんので注意してください。

ハンターの専用アビリティは、「攻撃力スーパーブースト」「ノックダウンアーツ」「アタック

ブースター」の3種類ですね。

 

注目はなんと言っても最後に覚えるアタックブースターです。

特に、通常攻撃にも転倒効果があるアックスなどは、フォトンアーツとセットで与えるダメージ

が飛躍的に上昇しますので、常にセットしておきたいアビリティですね。^^

 

 

 

やっぱり覚える量がとても多いですので、駆け足気味になってしまいますね。^^;

 

長所である攻撃や防御面を更に伸ばすアビリティをどんどん覚えていくのがハンターの

特徴です。

使用する武器を絞りアビリティで更に特化すれば、他に負けない攻撃役としての要に

なりますので、どんどん強力になっていくハンターを体験してみてくださいね。^^

お気に入りのヘビィを探して -潜砲ハープール-

昨日書いた冒頭の話題について、早速コメントを頂きました。(ありがとうございます!)

何となく、「モンハンの記事にはモンハンの話題がいいかな?」と思っていた所がありました

ので、徐々に書きにくくなっていたのかもしれませんね。

 

ですので、今後は色々な話題を元に書いてみようかな?と思います。

日常の事、モンハンのこと、他のゲームの事など、特に決めずに書いていくと思いますので、

「何で急に?」と言わず、ご覧頂ければ幸いです。^^;

 

と、良い感じに冒頭の話題が書けましたので、早速本題の「お気に入りのヘビィを探して」

シリーズを進めていきたいと思います。(笑)

 

 

潜砲ハープール

・攻撃力:200

・リロード:やや遅い

・反動:中

・ブレ:なし

・その他:防御力+20

 

・使用できる弾丸

通常弾7/7/10 要チェック!

貫通弾3/3/0

散弾3/0/0

毒弾2/0

麻痺弾2/0

減気弾2/2

水冷弾5 要チェック!

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

斬裂弾2

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv3通常弾(30発) 要チェック!

水冷弾(20発)

Lv1毒弾(6発)

 

R0014927

 

砂漠の大食漢、ハプルボッカの素材を主に使用するヘビィです。

ぱっと見た外見は、リボルバーのような、ガトリング砲のような、回転するように見えますね。

そんな雰囲気とは裏腹に、“手堅くまとまっているヘビィ”と言って良いかもしれません。

通常弾を主力にする「妃竜砲」シリーズとよく似ている気もします。

 

最初に注目するのは通常弾です。

しゃがみ撃ちにも対応しているLv3の通常弾が、10発も装填できます。

Lv3の通常弾は、威力こそLv2通常弾に劣りますけれど、“跳弾”(当たった弾が跳ね返り

別の場所にも当たることです)する性質を持っています。

モンスターの懐に潜り込ませるように撃てば、貫通弾にも劣らぬヒット数になることも。

撃ち込む角度、当たる位置によってどこに跳ね返るか分からず、運用が難しい弾丸である

のが難点ではあるのですけどね。^^;

それでも、特にリオレウスやリオレイア、ジンオウガなど、懐に撃ち込めるモンスターには

是非試して頂きたいと思います。

 

水ではありませんが“潜る”ためでしょうか、それとも強化の途中で「水獣の上鱗」が必要に

なるからでしょうか、水冷弾が5発も装填できますね。

他に5発も装填できるヘビィはあと1つだけしかありませんので、以外と貴重かもしれません。

ただ、残念なことに、3rdでは水冷弾自体がそれほど重要では無くなってしまっている感じ

がするのが難点でしょうか。

アグナコトルやボルボロスは貫通弾でOKですし、ウラガンキンにはどうせ撃つなら滅龍弾

の方がより効果的ですし・・・。

強いて言えば・・・、ラングロトラ、でしょうか?^^;

 

R0014930

 

あと、細かいポイントになりますが、毒弾・麻痺弾・減気弾と、サポート系の弾丸が3種類も

使用できるのは以外と役立つ部分ですよ。

毒弾・麻痺弾はLv1のみですが、マルチプレイでのサポートだったら十分です。

攻撃一辺倒ではなく、こうしてサポートにも回れるのは、このヘビィの良い点ですね。^^

アビリティを知ろう! 共通アビリティ編

本日の13時で、2回目の討伐目標集計が行われました。

 

2つめの報酬「コウマヅリロッド」の属性100%がかかっていた訳ですけれど、結果はといえば。

・・・残念ながら目標の3500万体には到達せず、約3400万で終了してしまいました。

結果、コウマヅリロッドは属性97%という、とっても中途半端な数字に。><

 

20110616161305

残念ながらやっぱり目標には到達できなかったみたいです

 

やっぱり、急激に討伐数を引き上げすぎですよね。^^;

案の定、次の目標討伐数は4500万体と、約1000万体に減らしてきました。

(今回は1回目終了時点からですと、約1500万体討伐する必要がありました)

 

PSNの不具合で中々参加できない方、目的のアイテムをゲットしてそれほど熱心に

ミッションへ挑戦しなくなる方、転生して一時的に離脱する方など、開始初週とは状況が

違ってきますからね。

いくら最初の勢いが良かったとしても、もう少し色々な事を考慮して討伐数を決めて頂き

たかったと思います。

 

そんなイベントですが、開催から2週間が経過して、今日からいよいよ新しいミッションが配信

されました。

“マキシマムアタックインフィニティⅢ”では、主にマシナリー(機械・メカ系)系のモンスター

が相手となっているみたいです。

雷属性のボスモンスター、“ヴォルナ・グラフカ”がラストに待ち受けていますので、土属性の

武器を用意しておきたいです。

 

20110616161324

今週の目標、先週よりは少なくなっていますので、なんとかなる・・・かな?

 

来週は、ちゃんと目標を達成できるといいですね。^^

 

 

 

今日は、戦闘タイプのレベルを上げることで覚える「アビリティ」について、より詳しく書いて

いきたいと思っています。

以前、概要だけを書いた時に、「戦闘タイプごとに覚える&使えるアビリティが違う」旨は

お話ししたと思います。

そこで、今日からハンター、レンジャー、フォース、ブレイバーそれぞれで覚えるアビリティ

に加え、共通で覚える物と合わせて5回に分けて、できるだけ1つ1つ説明しつつ取り上げて

みようと思います。

1回目の今回は、まず各タイプ共通で覚えるアビリティから始めますね。^^

 

共通で覚える、だけでは説明が不足していると思いますので、もうちょっと詳しく説明すると、

“どの戦闘タイプでも一定のレベルで必ず覚えるアビリティ”ということです。

つまり、1度4種類の戦闘タイプのうちどれかで覚えたなら、別の戦闘タイプでは習得済み

(そのタイプで習得レベルに達してももう覚えない)となる訳です。

説明はこのくらいにして、早速アビリティを見ていきましょう。

そうそう、数がとても多いですので、習得レベル10刻みで紹介していきます。

 

共通アビリティ

 

習得Lv:1

HPブースト(コスト1)

【最大HPが「50」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

自動回復薬ハーフライン(コスト1)

【HPが「50%」以下になった時自動でメイト系アイテムを使用する】

自動回復薬デッドライン(コスト1)

【HPが「35%」以下になった時自動でメイト系アイテムを使用する】

エスケープマスター(コスト3)

【スケープドールの最大所持数が「2」になる 解除した場合は共有倉庫へ送られる】

習得Lv:4

HPアブソーション(コスト1)

【ジャストガードをした時にHPが一定割合回復する】

習得Lv:5

ワイルドブラスト(コスト3)

【戦闘意欲が高まりよりブラストゲージが上昇しやすくなる】

GRMフリーク(コスト1)

【GRM社製武器の威力がアップする】

ヨウメイフリーク(コスト1)

【ヨウメイ社製武器の威力がアップする】

テノラフリーク(コスト1)

【テノラ・ワークス社製武器の威力がアップする】

習得Lv:6

PPアブソーション(コスト1)

【ジャストガードをした時にPPが一定割合回復する】

習得Lv:10

メセタブースト(コスト4)

【敵を倒した時に得られるメセタ金額がアップする】

フレンドディフェンス(コスト2)

【パートナーキャラクターとチームワークが強化され仲間の防御力がアップする】

ガードアブソーバー(コスト1)

【ガード時のダメージ軽減率をアップする】

 

実は、最初の10レベルまでで覚えるこれらのアビリティの中には、かなり重宝するものが

とっても多かったりします。

Lv1、つまりスタート直後から覚えているアビリティのうち、「自動回復薬ハーフライン」

「同デッドライン」は、HPが一定以下になった際、自動的に即回復アイテムを使用してくれる

大変便利なアビリティです。

戦闘に慣れない間から高レベルで攻撃をかわす&アイテムを使う暇のない時まで、とっても

重宝すると思いますよ。

モンスターにやられてしまっても1度だけ即復活できる「スケープドール」の所持数が2つ(通常

は1つです)になる「エスケープマスター」と合わせればより安全ですね。

 

本当にレアな武器は“クバラ製”(出所不明な武器の総称です)が多く、最終的には各メーカー

製の武器は威力で劣ってしまいがちです。

ですが、「~フリーク」を使用する武器のメーカーに合わせてセットすれば、攻撃力の底上げ

が可能です。

メーカー製の武器は使用する期間が長く、エクステンドコードなどで強化すれば武器によって

は十分最後まで使えますから、フリーク系スキルも攻撃系アビリティと共に合わせて

使いたいですね。

 

ジャストガード時に効果がある「HPアブソーション」「PPアブソーション」も、攻撃のガードが

重要なPSPo2iでは結構役立ちますよ。

特に、PPが元から少ない種族や、「フォトンアーツを頻繁に使用して息切れしてしまう」なんて

方は、ぜひPPアブソーションをセットしてみて下さい。

ジャストガードばかり気にしていては本末転倒ですけれど、ここぞ、という時にPPが足りなく

なるという事が少なくなるはずです。

 

習得Lv:15

トラップブレイカー(コスト1)

【トラップや砲台からのダメージが半減する】

フルカスタムパワー(コスト2)

【10段階まで強化した武器を装備したときの威力がアップする】

習得Lv:18

ジャストガードマスター(コスト1)

【ジャストガードの受付時間を延長する】

習得Lv:20

クリティカルパワー(コスト2)

【クリティカルヒットが発生したときの威力がアップする】

経験値ブースト(コスト4)

【敵を倒した時に得られる経験値がアップする】

属性率ブースト(コスト2)

【武器とシールドラインの属性率がアップする】

 

レベル20までに覚えられる物にも、長く使用するアビリティがありますね。

基本的に、よっぽどお金が足りなかったりしなければ、武器は10段階強化して使用するのが

普通だと思います。

ですので、10段階強化した武器を使用する時、威力をアップさせる「フルカスタムパワー」は、

「~フリーク」と共にお手軽な攻撃強化アビリティです。

 

獲得できる経験値がアップする「経験値ブースト」。

コストが4と大きいのですけれど、レベルや転生でのキャラクター強化が重要なPSPo2iでは、

誰もが頻繁に使用することになるはずです。

特に、転生してレベル1に戻った後、再びレベルを上げる時には欠かせませんので、一番

最初に転生する際は“どれかの戦闘タイプをレベル20にしてから”がオススメですね。

(転生で増えるアビリティセット枠4は、経験値ブーストをセットするためなのでしょうね)

 

習得Lv:30

レアアイテムブースト(コスト4)

【レアアイテムがドロップする確率がアップする】

習得Lv:35

HPスーパーブースト(コスト1)

【最大HPが「80」上昇する 効果は他のアビリティと重複する】

エンジェルブレス(コスト1)

【スターアトマイザーのHP回復量がアップする】

習得Lv:42

回復薬ハイブースト(コスト2)

【回復系アイテム使用時その効果が大きくアップする】

習得Lv:45

・ダメージコンバートPP(コスト2)

【ダメージを受けた時にPPが一定割合回復する】

習得Lv:50

タフネス(コスト1)

【自身に状態異常がかかっている場合に持久力がアップする】

 

レベル30から50までに覚えるスキルは、今回に限ってまとめて紹介してしまいますね。

まずは、30で覚える「レアアイテムブースト」ですね。

レアアイテムのドロップについては、実は細かく決まり事があるのですけれど、そういった

事についてはここで書くより攻略Wikiや別のサイトさんをご覧頂いた方が良いです。

ですので、大まかにだけ。

ドロップするアイテムは、戦闘タイプごとに定められている物と、どのタイプでも出る共通

の物が決まっています。

その、“タイプごとに定められたアイテム”をよりドロップしやすくするのがレアアイテムブースト

の効果です。

 

基本的に、戦闘タイプごとに得意な武器がドロップアイテムとして設定されている場合が

殆どです。

ですので、“ソードのレアアイテムを取りたいならハンター+レアアイテムブースト”といった

感覚で使用すれば大丈夫ですね。

もっとも、私の個人的な意見としては、“気休め”と思っていた方が健全なのかな?と

思っていたりも。

アビリティをセットしたからといってドロップする訳でもありませんし、セットしていなくても

取れる時もあります。

ごく一部、特にアビリティが効果的なアイテム(例:サイコウォンド=フォース+レアアイテム

ブーストが特に出やすい)以外では、「もしかしたら出やすくなるかも?」程度の期待に

留めておくと良いかも知れませんよ。^^

 

他の、30以降のアビリティは、共通アビリティの場合はおまけ的な感じでしょうか。

以前に覚えたアビリティの強化版や、より安全に戦うためのものが多いですので、状況に

応じて使用していく感じですね。

 

 

 

ここまで書いておいて、なのですけれど、またずいぶんと長くなってしまいましたね。><

アビリティの量が多いですから仕方がないのですけれど、見やすく&分かりやすくなって

いるでしょうか?

こんな感じで、明日以降、ハンターなど4つの戦闘タイプで覚えるアビリティを紹介して

いきますので、よろしかったら続けてご覧になって下さいね。^^;

お気に入りのヘビィを探して -パッチペッカー-

平日は毎日更新を心がけてブログを書いている訳ですが、たまに“前置きの文章”が中々

思い浮かばない事があります。^^;

まさに今日がそんな感じなのですけれど、他の方はどうしていらっしゃるのでしょうね?

何か関連したニュース記事などがあれば、それを取り上げたりもできるのですけれど、

半年以上経過した今では、それほど頻繁にニュースもありませんし…。

 

と、何だかお茶を濁した感じで始めて行きましょうか。^^;

(何か冒頭のネタになるような事、あったら教えて下さると嬉しいかもしれません。^^)

 

 

今日は、シリーズを通してヘビィを使ったことがある方ならお馴染みの、「ボーンシューター」

から派生するうちの1つ、パッチペッカーの紹介をしてみます。

 

 

パッチペッカー

・攻撃力:210

・リロード:普通

・反動:中

・ブレ:右/小 要チェック!

・その他:会心率15%

 

・使用できる弾丸

通常弾6/7/9

散弾5/6/6 要チェック!

拡散弾2/1/0

回復弾3/3 要チェック!

麻痺弾2/0

睡眠弾2/0

火炎弾4

電撃弾4

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

鬼人弾1

硬化弾1

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv1散弾(20発)

火炎弾(20発)

電撃弾(20発)

 

R0014922

 

クルペッコの素材を使った「トロペクルガン」を強化していくと、最終的にこのパッチペッカー

にたどり着きます。

クルペッコ亜種の素材を集めて作成できる「ペコキッシュサンダー」から強化したほうが、

もしかしたら速いかもしれませんね。

 

村クエから徐々に攻略していく中、一番手軽に用意できる“散弾”に特化したヘビィです。

これは、クルペッコのヘビィ全般に言えることですので、「散弾をメインで使いたいな」と

思ったなら、こちらを用意すると良いです。

ポイントに挙げたブレですが、散弾を使用する戦い方の場合には、特別気にする必要も

無い所は気楽ですね。

 

クルペッコ亜種の素材で「ペコキッシュサンダー」へと強化すると、いよいよLv3散弾が

解禁されます。

全てのレベルの散弾が使えるようになると、本領発揮ですね。

散弾は、特にモンスターの頭部などへ向けて撃つと、弾丸が集中する特性があります。

それを利用して、ジンオウガなど弱点や部位破壊できる箇所がまとまっているモンスター

に対して使用すると、面白いように攻撃が当たるはずです。

 

そうそう、クルペッコが体力の回復行動をするからでしょうか、このヘビィは回復弾のLv1,2

がそれぞれ3発も装填できたりします。

以前も少し記事にしましたけれど、接近戦をする味方ハンターさん、交戦中のモンスター、

その両方を見渡せる位置にいることが多いヘビィガンナーだからこそ、回復弾を使った

補助的な行動が取れると思うのです。

シリーズを通してほとんど日の目を見ることのない弾丸ですが、是非少しでも多くの方に

使って頂きたいと思っています。

モンスターに当たってしまっても微々たる量しか回復しません。

気にせず一緒に戦う仲間のフォローをしてあげてくださいね。^^

 

R0014926

極彩色の羽がとても鮮やかなヘビィボウガンですね

 

属性弾についても、火炎弾と電撃弾の2種類に対応しているのは便利ですね。

2種類の弱点属性が効果の無い相手には散弾、と使い分けることで、かなり多くの

モンスターをカバーできるのではないでしょうか。

 

 

最後に、念のため注意点を。

既に多くのハンターさんはご存じでしょうけれど、散弾はその名の通り撃った弾丸が散らばり

ながら飛ぶため、攻撃が広範囲に及びます。

もちろん、範囲内にいる味方にも当たり、行動を阻害してしまいますので、その点だけは

十分注意して運用して下さいね。

コラボレーション武器はいかが? コンテスト編

一昨日から続いていますコラボレーション武器の記事ですが、今日でラストになります。

最後を飾るのは、「アイテムデザインコンテスト」で見事に選ばれ、ゲーム内の武器・衣装に

採用されたものを紹介していきたいと思います。

 

 

ファンタシースターシリーズでは、ユーザーさんから広くデザインを募集する「アイテムデザイン

コンテスト」をよく開催しています。

前作のPSpo2でも、そして今作PSpo2iでも開催されて、沢山の応募があったみたいです。

実際に採用された作品はとても沢山ありますので、その中からいくつかピックアップして

紹介してみますね。

 

まずは、PSPo2で開催されたコンテストで採用された武器です。

 

20110615095624

スクリーンショットでもパースが付いていますけれど、かなり長めのスピアですね

 

こちらは、三国志の登場人物である張飛が愛用したという武器“蛇矛”がモチーフみたい

ですね。

武器の名前はそのまま「チョウ・ヒー」(スピア)だったりします。^^;

ゲーム中に、同じく関羽の青竜刀をモチーフにした「カン・ウー」(ソード)が登場すること

からヒントを得たようです。

 

20110615095648   20110615095639

待機中は特別何もありませんが…                                   攻撃アクションを行うと、ウイングセイバーの方から羽が舞います

 

フォトンの剣と実体のある剣が対になったデザインが特徴的ですね。

こちらは「イコテンヨク」(ツインセイバー)です。

この武器は、それぞれ1本ずつ装備するセイバーとして、「コテツ」「ウイングセイバー」と

合計3つの武器として採用されています。

 

 

続いて、PSPo2iの発売前に開催されたコンテストで入賞・採用された武器です。

 

20110615095733

転生後のレベル上げの際、よく活用させてもらっています♪

 

一見するとロングボウにも見えるようなこの武器は、「シジマアカツキ」(ロッド)です。

特殊な武器でカテゴリー補正が無いのですが、防御力が+100、持久力が+5アップする

のがとっても便利です。

装備レベルが1~となっていますので、転生してレベル1に戻った後に再度レベルを上げる

際、大変重宝するロッドだと思いますよ。

 

20110615095706   20110615095713

待機中はまるでマントの様ですが…                                攻撃すると爪の様に広がり、コウモリが飛び出すエフェクトが

 

こちらの「キングオブブラッド」(ツインクロー)も、変わったギミックがある武器ですね。

吸血鬼のマントの様なイメージで、武器を振ると羽ばたくコウモリのエフェクトが。

武器ごとにこういったギミックが用意されているのは、色々な武器を使いたいと思わせて

くれる嬉しいポイントですよね。^^

 

 

コンテストで募集・採用されているのは武器だけではありません。

衣装やパーツについても、ゲーム中に採用作品が登場しています。

今回は、衣装とパーツ、それぞれ1つずつ紹介してみます。

 

20110615100023

私のキャラだとちょっと合いませんけれど、SFっぽさがとてもよく出ていますよね

 

PSPo2iのSF色にマッチしたデザインの「ナハトロータス」(女性用服)です。

フォトンでできたリングが他の衣装には無く、とても珍しいタイプではないでしょうか。

銃を扱うレンジャーなどにピッタリかもしれませんね。

 

20110615100216

パーツはカラー変更で自由に変更できますので、自分好みに合わせてみて下さいね

 

こちらは「クローチェセグメンタータ」(女性用パーツ)です。

キャスト用の衣装ですので、別のキャラクター(女性キャストですね)に着せてみました。

パーツの量がとても多いですよね、鎧のような印象を受けます。

 

 

採用された武器以外にも、応募作品はみんな力作ばかりです。

絵心のない私は、ただただ感嘆するばかりだったりも。^^;

こうしたイベント・コンテストを頻繁に開催し、開発の方々とユーザーさんの距離が近く感じ

られるのも、ファンタシースターシリーズが人気のある理由なのかもしれません。^^

兄弟そろってハンター稼業!?

大人気作品となったモンスターハンターシリーズ。

老若男女、とまではさすがにいきませんけれど、兄弟や親子でモンハンを楽しんでいる、

なんて家族も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

私も、年始やお盆など、家族が集まる時などには弟と狩りにでかけたりもしています。

 

そんな“兄弟ハンター”さんで、動画を撮影・配信していらっしゃる方を、今回ご紹介して

みようと思います。

(ご紹介記事は久しぶりですね^^;)

 

 

配信中の動画タイトルは、「俺の妹がハンターなわけがないG」。

動画の撮影と配信をなさっているお兄さん“たこみ☆かん”さんと、妹さんの“king”さんの

お二人の狩りの風景を楽しめます。

 

この、「兄と妹」という組み合わせ、実は中々珍しいのでは?と思います。

動画配信をなさっている方は、多くがお一人か、友人・知人、モンハンを通じて知り合った

人同士という場合がほとんどです。

私も、「もし兄と一緒にプレイしたなら・・・」と考えると、ちょっとその姿が思い浮かびません。

恐らく、仲良くモンハンを楽しむ、という所にも到達しないのではないでしょうか。^^;

そんな中、ご兄妹で仲良くアップしていらっしゃるのを見かけ、すっかりファンになって

しまいました。^^

 

動画の中では、お兄さんが「スラッシュアックス」、妹さんが「狩猟笛」を好んでよく使って

いらっしゃいます。

ご兄妹でのプレイ、お二人の掛け合い、狩り終了後のお便りコーナー(!)などなど、見所

は沢山あると思いますので、興味を惹かれた方がもしいらっしゃいましたら、ぜひ一度

ご覧頂ければと思っています。^^

 

動画の更新については、ブログで告知をなさっているみたいです。

(基本的に、土曜日更新みたいです)

「俺の妹がハンターなわけがない」オフィシャルブログ

 

 

特別上手なプレイや、攻略・解説のある内容ではありません。

ですが、“モンハンを家族で楽んでいる”というのがよく伝わってくるのですよね。

モンハンには、ゲームとして更なる飛躍を期待する気持ちももちろんありますが、こうやって

「ゲームを通じてコミュニケーションを増やす」という、ツールとしても進化していって欲しい

と思います。

普段ゲームをしない人、ゲームに偏見を抱いていらっしゃる人などとも、理解を深める手段

になれば、とても嬉しい事ですよね。^^

コラボレーション武器はいかが? 作家編

イベントの報酬武器2つ目、「コウマヅリロッド」の目標討伐数3500万体まで、この記事を

書いている今現在で約3100万体です。

このまま進んでいくと、クリアできるかどうかちょっと微妙な感じですね。^^;

私も、平日はさほど時間が取れませんので、討伐数にはほとんど貢献できそうにありません。

何とか達成して、以降のイベント期間も更に盛り上がるといいのですけれど…。

果たしてどうなるでしょうか?

 

 

今日は、昨日予告した通り、コラボ武器の中でもデザイナーさんやイラストレーターさん、

漫画家さんといった“作家さん”達がデザインしたものを紹介してみたいと思います。

それぞれの武器はみんな、個人の趣味・嗜好・仕事内容などが反映されていて、ファンの

方ならとても嬉しいコラボといえるのではないでしょうか。

 

それでは、さっそくスクリーンショットを交えながら紹介して行きますね。^^

まずは、前作PSpo2で登場した、少年ジャンプの漫画家さん達がデザインした武器達です。

 

20110614085615

PPが少なめのキャストやデューマンには、特に重宝する杖になると思います

 

杖の先端から広がる翼(?)のような物が特徴的なこの杖は、「えこえこステッキくん」(ロッド)

ですね。

“えこえこ”と付いている名前の通り、実はテクニックを使用する際の消費PPが他のロッドよりも

少なくて済む優れものだったりします。

 

20110614085624

巨大万年筆に柄が付いたような武器ですね

 

こちらの武器は、「アートジャベリン」(スピア)です。

先端がまるで万年筆のようなデザインになっているのが特徴ですね。

実際の万年筆も刺さったら痛そうですので、スピアのモチーフとしてはピッタリな気がします。

 

20110614085647

どんな巨大な岩でも砕いてしまいそうな、力強い外見です

 

この「TRUE HASH」(アックス)、何に見えますか?

見た目そのままですので皆さんお解りですよね、そう、“つるはし”を大型化したような

武器だったりします。

こちらも、そのまま武器になりそうなモチーフですよね。

実は、武器の名前を良く見てみると・・・。

 

20110614085659

オーラのような、それともフォトンのような物に包まれている状態です

 

 

どうやって腕に装備しているのかちょっと分からないこちらは、「流動在・心乃臓」(ナックル)

です。

手の甲部分に位置する物体(?)がドキンドキンと心臓のように動き続けています。

ちょっとホラーな感じですけれど、使いやすいナックルだと思いますよ。

 

 

どの武器も、公開されているパスワードでの入手以外に、ストーリーモード内のエキストラ

ミッション、「JUMP・邪王降臨」をクリアすることでも手に入れられます。

お気に入りの武器があれば、違う属性で複数本集めてみるのも良いかもしれませんね。^^

 

 

続いて、今度はPSPo2iで新しくコラボした作家さん達のコラボ武器です。

ではスクリーンショットを、といきたいのですけれど、ちょっと問題があったりするんです。

まず、今回(PSPo2i)の作家コラボについては、“有料での配信を予定している”ということ。

無料で開放している「インターネットマルチモード」のサーバー維持費として、こうした一部の

コラボ武器や追加の武器・衣装などは有料コンテンツとして配信しています。

 

次に、プレイステーションストアがダウンしていること。

コンテンツの購入・ダウンロードは、全てプレイステーションストアを介する必要があります。

現在、復旧の見通しが全く立っていませんので、仮に購入して公開するのしても、これを

待つ必要があるのです。

 

そんな訳ですので、紹介については公式ページへのリンクと説明だけにさせて頂きたいと

思っています。^^;

 

豪華作家陣とのコラボレーション!(該当ページです)

 

現在までに、大河原邦男さんのデザインした「スティールゲイザー」(ダブルセイバー)

「バイオニクス」(男性用パーツ)が週刊ファミ通の封入特典として、hukeさんのデザインした

「スカルテッドサイズ」(ソード・アックス)「グリムチェイン」(女性用服・パーツ)が4月14日より

プレイステーションストアにて公開・配信されています。

以降のコラボ武器については、ストアが復旧次第配信される予定みたいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ちょっと消化不良気味な内容になってしまいましたけれど、用意されているコラボの数も

とても多いことはおわかり頂けたと思います。

明日は、このコラボシリーズラストとして、“コンテスト編”を書いてみたいと思います。^^

体験! ダウンロードクエスト その26

先週末のダウンロードクエストは、どうやら特に何かが作成できるタイプではなかった

みたいですね。

もっとも、大分配信が進んできましたので、コラボであったり新しい武器や防具が作成できたり、

といったクエストは少ないのかもしれません。

私個人的には、先週末のクエはお金を貯めるのにいいかな?と思いました。

セレブリティーを飲んでプレイすれば、一気にお金を稼げると思います♪

 

 

今日紹介するダウンロードクエストは「ファミ通・大角と巨鎚、再び!」です。

以前、下位でも似たクエストが配信されましたね。

今回は、クエストも上位に、登場するディアブロス・ウラガンキンも亜種にパワーアップして

います。

原種の2頭も大変でしたけれど、輪をかけて大変なクエストとなっています。

 

実は、まだ私はクリアできていなかったりするんです。><

何度も挑戦してみてはいるのですが、どの武器で挑んでも上手く討伐できません。

何かコツ・ポイントのようなものがあればいいのですけれど・・・。

 

狭い闘技場に2体、動きがさらに素早くなったディアブロス亜種、悪臭効果がいやらしい

ウラガンキン亜種と、あまり得意ではない物が重なっているのが難点ですよね。^^;

そんな訳で、攻略のポイントなども書けず、本当に“紹介するだけ”になってしまっています。

いつか、ちゃんとクリアできるといいな・・・。(泣)

 

 

無事に討伐できれば、「ファミ通PT」というチケットが報酬で貰えます。

そして、このチケットを元に、「プラチナクラウン」(ガンランス)が作成可能に。

 

R0014921

ちゃんとクリアできたら、またこちらでご報告しようと思っています

 

本当なら、こちらで武器の写真を掲載したかったのですが、そういう訳でクエスト選択画面

で許して頂ければ・・・。^^;

(カラーと性能以外はファミ通コラボで既に登場している2種類のガンランスといっしょです)

 

 

配信が進むにつれて、こういったマルチプレイ前提のような高難易度のクエストが増えて

きますよね。

実際、私も一人ではやりたくない・クリアできないクエストが徐々にでてきました。

マルチプレイの機会には、こういったクエストを中心にリクエストして、徐々にクリアして

いきたいと思っています。^^

コラボレーション武器はいかが? 企業編

先週末は、恒例になりつつある黒玉サキさんの企画、「すれ違い喫茶」に参加してきました。

回を重ねるごとに来店(サポートキャラクター交換)する読者さんが増え続けていますので、

お部屋の空いた時間にお邪魔するのが大変だったりします。^^;

 

インターネットマルチモードでプレイ中のお部屋を見てみると、他にもキャラクター交換や

インフィニティミッションを交換している方もいらっしゃいますね。

自分がプレイするだけで終わらず、こうして他のプレイヤーさんにも影響を与える可能性が

あるのは、モチベーションの持続にも繋がりそうです。^^

 

私のキャラクターは、イベントミッションでタイプポイントを2倍ゲットできるため、ハンター、

レンジャー、フォースが無事50レベルまで到達しました。

あとは残すところブレイバーのレベルアップだけですね。

ただ、そろそろ転生することになりそう(と言っても“すぐ”ではないですけどね^^;)ですし、

行けるのはAランクですので、最高レベルまで到達するのはもうしばらくかかりそうです。

 

 

今日のお話は、“コラボレーション”についてです。

最近は特に、企業・作品間でコラボレーションするゲームがとても多くなりました。

以前も書きましたし、直近では衣装のお話をした時にも、PSPo2iでのコラボについて少し

お話ししていますよね。

そんなコラボレーションですが、今回は特に「コラボ武器」について書いて行きます。

なかでも、今日は企業間でコラボした武器を紹介してみますね。

 

20110613091158

パペット人形風のトロ・クロがグローブ状になっています、攻撃すると顔も変わるんですよ♪

 

こちらは、SCEの「どこでもいっしょ」シリーズに登場する看板キャラクター、トロとクロが

モチーフになったコラボ武器「ニャックル」(ナックル)です。

特に、今回は“週刊トロステーション”とのコラボなのかな?

専用のダウンロードクエストが用意されていて、トロとクロが活躍(?)していますので、

是非1度はプレイしてみて欲しいです。^^

 

20110613091204

詳しく存じ上げませんけれど、どうやらネギがトレードマークみたいです

 

…いきなり武器とは思えないものを持っていますけれど、こちらもちゃんとコラボ武器なんです。

「初音ミク」とのコラボレーションで、衣装・ヘアスタイルと共に武器も揃えれば、ほとんど

完璧に初音ミクになりきれるのではないでしょうか。

ちなみに、この「ツインネギセイバー」(ツインセイバー)以外に、セイバー、ライフル、ウォンド

など(全部ネギです(笑))も用意されていますよ。

 

20110613091210

ものすごく細身の槍ですので、刺さったらとても痛そうですね^^;

 

こちらは、「新世紀エヴァンゲリオン」で登場する“ロンギヌスの槍”がモチーフですね。

武器名もそのまま「ロンギヌスの槍」(スピア)です。

こちらもそれほど作品を存じ上げませんのであまり解らないのですけれど、本来は

エヴァンゲリオン自体が持って使う武器(?)みたいです。

もしかしたら、キャラクターがそのまま使っている様子を見て、ファンの方は違和感を感じて

いたりするのかもしれませんね。

 

20110613091230 20110613091256

普段は刀身が隠れていますが…                                    フォトンアーツを使用すると刀身が見えるようになります

 

「Fate」という作品に登場するキャラクター、“セイバー”が劇中で使用する長剣である

“エクスカリバー”がモチーフになった「エクスカリバー」(ソード)です。

作品中では、どうやら普段は刀身が見えず、必殺技のようなものを使用すると見えるよう

なのですが、そのギミックがゲームでもきちんと再現されています。

 

20110613091324

スピアカテゴリーでも大丈夫そうなほど、刀身の長い武器ですね

 

20110613091339

弾丸も、薬莢もすべてぷよですが、ちゃんと武器として攻撃できますよ(笑)

 

最後に紹介するのは、PSPo2iの開発元であるセガが発売している別作品とのコラボ

武器達です。

上は、PSPでシリーズが続いている「戦場のヴァルキュリア2」から「ヴァルキュリアの槍」

(セイバー)と「ヴァルキュリアの盾」(シールド)です。

セットで装備させてほしいからなのでしょうか、“槍”と付いていますがカテゴリーはセイバー

になっています。

下は、多分多くの方がご存じのパズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズから「ぷよぷよフィーバー

ガン」(マシンガン)です。

発射する弾丸もぷよになっていて、とってもコミカルな武器ですよね。^^

 

 

これらのコラボレーション武器は、入手方法が限定されています。

主に、

・マイルームで“パスワード”を入力する

・専用のダウンロードミッションをクリアする

・プレイステーションストアでダウンロードする

という3種類の方法があります。

 

パスワードで設定されているものは、一部雑誌やイベント時に公開されたものを除き、

公式サイトに掲載されていますので、そちらを参照してマイルームで入力すればOKです。

専用ミッションは、モンハンのように公式サイトからミッションを落とすだけですね。

ストアでのダウンロードですが、6月13日現在、ストアが復旧していませんので入手は

できない状態です。

まだ入手していない方は、復旧後にダウンロードしてみてくださいね。

 

 

明日は、引き続きコラボ武器の“作家編”です。^^

梅雨とドラクエと私

こんにちは。^^

 

今日はまた生憎のお天気なため、お出かけせずにお家でのんびりしています。

ですので、ちょっとブログも更新してみました。

休日ですので、また雑記になります。

 

 

 

今週前半にツイッターで少しツイートしたのですけれど、今秋Wiiで発売を予定している

「ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ・Ⅲ」でちょっと試してみたいというか、

面白いかな?と思ったことがありました。

 

ドラゴンクエスト誕生25周年記念ポータルサイト

 

今回、ドラクエのⅠ~Ⅲまでがセットになって発売されるのですが、そのセットにはファミコン

版のⅠとⅡも含まれています。

このⅡ作品は、当時バックアップシステム(ゲームデータのセーブですね)が無く、「復活の

呪文」と呼ばれるパスワードを使用していました。

ですので、パスワードを忘れたり、間違えてしまうと、それまでの苦労が水の泡になって

しまったりも。

現役でプレイしていませんので、その頃のプレイヤーさんがどれほど苦労したのかは

分ません。

けれど、“今だからできるプレイ方法”で、この復活の呪文を活用できないかと、ふと思い

立ったのですよね。

 

結論から言うと、復活の呪文で再開できるのなら、呪文を公開して別のプレイヤーさんと

一緒に楽しめないかな?と思ったのです。

ゲームの進捗や感想、小ネタなどをブログで記事にして、最後に復活の呪文を掲載。

続いて、別のプレイヤーさんが掲載した呪文を使って再開→ブログ記事更新→呪文掲載…

と、ブログをまたいで“プレイ日記”を書いていく。

ちょっと面白いと思いませんか?

掲載した呪文を見たブログ読者さんが、「途中から自分も同じデータで一緒にプレイ」なんて

事もできますし、ドラクエ好きな方との“輪”が広がるかもしれません。

 

ドラクエは、既に多くの方がプレイし、攻略法などの詳細は全て知れ渡っています。

ですけれど、未プレイの方、当時プレイできなかった方、当時を懐かしんで見て下さる方、

色々な方がいらっしゃると思うんです。

そんな方に、ちょっとでも楽しんで貰えるのではないか、と考えて、思わずツイートして

しまいました。^^;

 

 

もちろん、一緒にプレイして下さる方がいないと始まりませんし、そもそも実際に面白い

のかも(プレイヤー・読者共に、ですね)分りません。

ただ、何かしらの“きっかけ”作りにはなるような気がしています。

まだ、実行するかどうかも決めていない段階なのですけれど、こうして書き留めて置くことに

します。

私のマイセット その21

モンハン記事、金曜日は恒例のマイセットです。

 

といっても、既に20個も紹介していますので、あとどれくらい続けられるかは、ちょっと解らない

のですけどね。^^;

今年の前半に比べて、3rdの記事を見て下さる方はかなり減少していますけれど、まだ

見て頂いている方にちょっとでもヒントや収穫のある内容になれば、と思っています。^^

 

 

今日のマイセットは、“部位破壊”がテーマのセットですね。

3rdでは、尻尾を斬るのも以前より大変になりました。

それでも、素材集めをスムーズに進めるには、やっぱり部位破壊は欠かせませんからね。

特に、今回は3rdで良く使用するようになった双剣に合わせて作成してみました。

 

装備の詳細は、このような感じになっています。

 

頭:ゴールドルナヘルム (重撃珠【3】)

胴:ゴールドルナメイル (強走珠【3】)

腕:ドボルSアーム (研磨珠【1】×2)

腰:ネブラUフォールド (回避珠【1】 研磨珠【1】)

脚:マギュルSライース (強走珠【1】×2)

護石:王の護石 (回避性能5 速射-1 研磨珠【1】×2)

 

発動スキル:破壊王 ランナー 回避性能+1 砥石使用高速化

 

R0014919

ワインレッドで統一して色変更してみたら、赤い服の上から鎧を着ているような感じに見える・・・かな?

 

 

部位破壊の要、“破壊王”に鬼人化をサポートする“ランナー”を合わせてみました。

共用できる場合も多く、実際共用できるようにセットしている方もいらっしゃると思いますが、

ハンマーのマイセットとしても活用できますよね。

破壊王の発動するマイセットは以前にも“心眼”と合わせたものを紹介しました。

こちらは、比較的肉質に柔らかい部位が多いモンスター向けということになります。

 

今回のカラーリングは、ネブラUのワインレッドに合わせています。

丁度、脚防具のマギュルSライースが、大幅に色変更できる+ブーツに黄色が入っている

ため、中々良い感じになったと思っています。

欲を言えば、ゴールドルナがもう少し色変更できる箇所が多いと良いのですけどね。^^;

(どの装備と合わせても“強い”ですよね^^;)

 

 

「破壊王スキルが追加されたから部位破壊しにくくなった」なんてお話も聞いたことがあります

けれど、実際にはどうなのでしょうね?

私としては、何となく攻撃して部位破壊するより、部位破壊に影響するスキルを追加して

他と取捨選択にした今回の仕様も、中々良いのでは、と思っています。

といっても、やっぱり素材は欲しいですので、実際には悩ましい要素ですよね。^^;

“武器強化”は計画的に!?

先日、レンジャーのタイプレベルが50に(50が最高です)に到達しました。

開催中のイベントミッションでは、獲得できる経験値やタイプポイントが、現在2倍になって

いますから、タイプレベル上げには最適です。^^

メインのフォースについては、以前に同じく50まで到達してしまっていますので、次はハンター

かブレイバーなのですけれど・・・。

そうそう、このままの調子でしたら、開催期間中に転生もできそうな感じですね。

 

 

今日は、昨日までのキャラクターメイキングに関連した事柄ではなく、実際のプレイに影響の

あるお話です。

最近発売されるRPGでは、「武器の強化」という要素はかなりお馴染みかもしれません。

PSPo2iも例外ではなく、武器を強化してより強力にできる、という要素が盛り込まれています。

ただ、他とは少し違う部分もありますので、そのあたりをちょっとお話ししてみます。

 

ウェポンショップで購入したもの、モンスターを倒して手に入れたもの問わず、ゲーム中で

獲得できる武器は全て“強化”ができます。

条件も至極簡単なもので、メセタ(お金)を支払うだけです。

武器の強さ・武器のグレードによって必要になる金額は違ってきますけれど、メセタさえ用意

すれば、どんな武器でもより威力を上げることができる訳ですね。

ただし、よりレアな武器では桁違いの金額を請求されますので、気がついたらメセタが無く

なってしまっていた、なんてこともあります。^^;

使うのはお金だけといっても、計画的に強化していく必要がありますね。

 

20110610093424

武器名の横に書かれている金額を支払えば・・・

 

20110610093442

はい、武器が1段階強化されました。攻撃力の数値が向上していますね

 

この“お金を支払う”方法で、合計10段階武器を強化できます。

1つ注意しておきたいのは、武器のグレード(C~Sまで、武器の頭に表示されているものです)

とカテゴリー(ソード、アックスなどです)によって強化した際に向上する攻撃力の数値が

違っている所でしょうか。

解りやすく言えば、強化前の段階でより強い武器は強化でよりパワーアップする訳です。

では、お気に入りの見た目、グレードは低いけれど属性値が高い武器など、「長く使いたい

けれどそれほど威力のない武器」はあまり役に立たないのでしょうか?

 

一般的なRPGでは後半使わなくなってしまう武器でも、PSPo2iでは末永く使い続けられる

手段が用意されています。

10段階強化した武器に、「エクステンドコード」というアイテムを使うと、武器を“最終強化”

してより強力な武器にすることができるのです。

 

20110610093540

“エクステンドコード”を用意して10段階強化した武器を更に強化すると・・・

 

20110610093548

武器によって様々ですが、特殊効果の付加・変更もできます

 

20110610093602

通常の強化よりも、大幅に武器が強化されました!

 

お気に入りの武器は、こうして最終強化すれば末永く装備していられるようになります。

「それなら全て最終強化してしまえば?」と思われるかもしれませんね。

でも、実際はそんなに簡単な話ではなかったりするのです。^^;

 

まず、「エクステンドコード」の入手方法が限られていること。

インフィニティミッションで指定された条件をクリアしたり、「エクステンドフラグメント」という

エクステンドコードの元となるアイテムを多数集めなくてはいけません。

次に、最終強化すると装備可能レベルが上昇してしまうこと。

どの武器も、基本的に最終強化すると装備可能レベルが最低でも80~に上昇してしまいます。

(最初から80異常の武器は、より上昇することになります)

もちろん、ゲームを進めて武器・スキル・タイプレベルなどが充実しているならさほど問題ない

かしれませんが、そうでないなら自身のキャラクターがある程度強くならないと、折角強化した

武器が宝の持ち腐れになってしまいます。

 

特に、“転生”システムを使用すると、キャラクターの強化と引き替えにレベルが1に戻って

しまいますので、再度レベルを上げるまでに使用する武器も必要ですからね。

強化できるもの全て、ではなく、キャラの状況をよく考えて強化していく必要がある訳です。

 

ちなみに、PSPo2iではエクステンドコードで強化下武器をさらに強化(!)できる“エクステンド

コード∞(インフィニティ)”というアイテムが追加されました。

前作までにはなかった、∞ランクのモンスター・ミッションに挑戦する時に、とても頼りになる

武器へと“究極強化”できるのです。

 

20110610093630

エクステンドコード∞を使用する際、場合によっては再度特殊効果を付け替える事も可能です

 

20110610093754

武器によって強化の幅がまちまちですので、使う武器は慎重に選びたいです

 

もっとも、私個人的には“おまけ”の要素だと思っています。^^;

エクステンドコード∞の入手方法もさらに大変になりますし、どの武器でも大幅に強化される

エクステンドコードと違い、上昇率は武器に寄ってまちまちです。

より長くプレイされている方へのご褒美アイテム、と考えた方が良いかもしれませんね。^^

 

 

お金やアイテムが集まったならすぐに強化してしまう、という訳にはいかない所が中々

悩ましい所ですよね。

でも、お気に入りの武器をずっと使い続けられる、というのは、他ではあまりみかけない要素

ですので、嬉しく思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

文中では触れませんでしたけれど、エクステンドコード(∞含む)での強化は、武器の

“命中力”も上昇させる効果があります。

自分よりも格上のモンスターと戦う時には、命中力はとても重要ですので、高ランクの

ミッションに挑戦するなら最終強化した武器は欠かせない、と言っても良いくらいです。

使用する武器やタイミングをよく検討して、自分なりの武器強化を行ってみて下さいね。^^

お気に入りのヘビィをさがして -妃竜砲【神撃】-

昨晩は、Sophi☆さんのお誘いを受け、ひと狩りしようと思ったのですけれど・・・。

思いのほか“kai”が手強くて、討伐(接続)できませんでした。(泣)

問題無くスムーズに接続できた時と同じ状態で繋いでいるのに、時と場合によって繋がる

時と繋がらない時がある、というのが、やっぱりkaiの最大の難点ですよね。

 

やっぱりPS3でアドパを使用した方が良いのでしょうね。

今は色々と不具合が起きていますが、なにより“公式”の環境ですし。

わたしとしては、年末に出る「PS Vita」(名前決まりましたね!)単体で、アドパの環境が

用意されないかな・・・、と密かに期待していたりします。^^;

 

 

上位で作成できる、最終派生のヘビィを紹介するシリーズも3回目です。

ですが、3回目で速くも私が3rdで一番気に入っているヘビィが登場しますよ。^^

どのヘビィかというと・・・

 

 

妃竜砲【神撃】

・攻撃力:220

・リロード:やや遅い

・反動:中

・ブレ:なし

・その他:空きスロット3 要チェック!

 

・使用できる弾丸

通常弾7/9/10 要チェック!

貫通弾3/0/0

散弾2/0/0

拡散弾1/1/0

回復弾2/0

毒弾4/2 要チェック!

減気弾2/0

火炎弾4

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

鬼人弾1

斬裂弾2

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv1貫通弾(20発)

火炎弾(20発)

Lv2毒弾(4発) 要チェック!

 

R0014916

 

リオレイアの素材を主に使用するヘビィです。

見た目はとてもスマートで、まさに“ライフル銃”といった印象ですね。

使用できる弾丸の傾向は、2ndGまでに登場していたイャンガルルガのヘビィ「カホウ」シリーズ

ととても似ているのではないでしょうか。

そんな訳で、2ndGで愛用していた「カホウ」に似た、このヘビィはすっかりお気に入りです。

 

一番のポイントは、「通常弾の装填数」ですね。

ほとんどのモンスターに対して、主力のダメージ源となるのは通常弾だと思います。

その通常弾がLv2で9発、Lv3で10発装填できるというのは、戦闘中のリロード回数が

それだけ少なくなりますので、より攻撃に集中できる訳です。

とても運用しやすいですので、多くの方にオススメしたいヘビィです。^^

 

続いての注目点は、やっぱり“毒弾”です。

熟練ハンターさんにはすっかりお馴染みな、リオレイアの“サマーソルト”攻撃。

攻撃を受けてしまうと毒状態になってしまいます。

その特徴を反映してでしょうか、妃竜砲【神撃】は、毒弾の運用に特化されていますね。

オススメの使用法は、モンスターの発見時にすぐさま“しゃがみ撃ち”して、戦闘を開始する

前から毒状態にしてしまう方法です。

特に、ソロプレイで有用ではないでしょうか。

 

3rdでは、状態異常攻撃全般がやや弱体化されてしまった感じがあります。

毒で与えるダメージ量なども以前よりは見劣りするかもしれませんけれど、それでも

全体としては貴重なダメージだと思いますので、是非活用して頂きたいです。^^

 

R0014917

 

細かい部分では、スロットが3つ空いている所も便利ですよね。

「発動まであとちょっと何だけど…」という場合にも使えますし、護石にスロットが2つ空いて

いるものを用意すれば、装飾珠5つで発動するスキルを追加することも。

考えられる使い方は色々とありますので、その選択肢が増えるというのも、使用するヘビィ

を選ぶ上で重要になるかもしれません。

 

 

今日まで連続で3回、最終派生ヘビィの紹介をしてみました。

実は、どれも初期から所持している“ユクモノ重弩”から強化・派生していたりします。

私は、今回紹介した妃竜砲系に強化したのですけれど、皆さんはどうでしたか?

どの武器でも同じですけれど、強化・派生先の選択は、各ハンターさんの個性が出る

部分だと思います。

アンケートを取って比べてみるのも、面白いかもしれませんね。^^

ヘアスタイルだってこだわりたい!

イベント開始から一週間も、あっという間に過ぎてしまいましたね。

モンスターの討伐数もみるみるうちに伸びていき、今日の更新を待ちかねるほどでした。

そんな、今度の一週間の目標はどうなったかというと・・・。

 

最初の報酬アイテムでは討伐数が500万だったのに対して、次は3500万と格段にハードルが

上がってしまったみたいです。

現在の総討伐数が2000万体くらいですので、あと1週間(1週間ごとに集計して達成できたか

どうかを決めるのです)で1500万体討伐しないといけないことに。

 

イベントの参加状況から流動的に決定するのでしょうけれど、ちょっと急激に増やしすぎて

いるようにも思ってしまいます。^^;

ちょこちょことタイプレベルを上げる程度にしか参加できていない私としては、「大丈夫なの

かな?」と不安に思えて・・・。

何とか達成できるよう、微力ですが頑張ってみたいです。

 

 

昨日はキャラクターの衣装・パーツについて紹介してみました。

PSPo2iでは、キャラクターメイキングも大きな目玉の一つです。

キャラクター作成後に色々変更できるのは、もちろん衣装だけではありませんよ。^^

 

今日紹介するキャラクターに個性を出すポイントは、“ヘアスタイル”の変更についてです。

ゲーム開始直後にも、用意されている色々なヘアスタイルの中から選択してキャラクターを

作成するのですけれど、そのままずっと同じ、という訳ではありません。

ゲーム内にある「エステサロン」で、ヘアスタイルを自由に変更できるのです。

いくらかのメセタ(お金)を支払う必要はあるんですけどね。^^;

それでも、ゲームをある程度進めていけば自然と苦もなく支払える程度の額ですので、実際は

自分の気が向いた時にいつでも変更できると考えて大丈夫だと思いますよ。

 

 

それでは、衣装と同じようにヘアスタイルについてもいくつか紹介してみますね。^^

そうそう、モデルは私のキャラクターですので、髪型によってはマッチしていなかったりする

と思います。

ですので、今回は髪型部分だけを見て頂ければ幸いです。^^;

 

20110608192439

私のキャラクターでは、おでこを出したヘアスタイルはちょっと似合いませんね^^;

 

20110608192449

現実では到底できない(する方もいる…のかな?^^;)ですが、ゲームキャラだとカワイイですね

 

最初は、ショート系を用意してみました。

ただショートなだけでなく、それぞれ特徴のあるヘアスタイルも多いです。

ゲーム中で登場するNPCキャラクターのヘアスタイルも用意されていますので(これは衣装にも

言えますね)、“同じキャラクターになりきる”なんて事も可能です。

 

20110608192518

ストレートタイプはすっきりしていてなかなか飽きのこないヘアスタイルですよね

 

20110608192527

ウェーブのかかったこのヘアスタイル、実は腰(おしりまでかな?)に届くほど長かったりします

 

キャラクターを自由にメイキングできるゲームでは、ロングヘアの無いものも多いですよね。

髪がなびいたりと自然な感じを出すのは、容量的な面でもとても大変なようです。

ですが、PSPo2iでは、上記のようなロングヘアも沢山の中から選べたりします。

もちろん、自然な感じでなびくわけではありませんけれど、“ショートとロング”というヘア

スタイルの差別化で一番重要なポイントがクリアされているのは、プレイヤーにとってとても

嬉しい事だと思います。^^

 

20110608192603

イラストを見ながら変更してみましたが、こんな色合い…で合っていますよね?

 

昨日紹介した衣装でも登場してもらった、「初音ミク」とのコラボですが、きちんとヘアスタイル

も用意されているんですよ。

NPCキャラになりきる、と上でも書きましたけれど、コラボしたキャラクターにだってなりきれて

しまいます。

この画像を見て頂いて解る通り、ヘアカラーも自在に変更可能です。

同じヘアスタイルでも、カラーが違うだけでまったく違った印象を受けますので、きっと自分

好みのヘアスタイルが見つかるはずですよ。^^

 

 

20110608192632

 

最後は、昨日と同じく私のキャラクターを紹介してみます。

実際の私と似た感じにしてみました。

(もちろんこんなにカワイイ訳ではありませんので…)

 

画像を見て「あれ?」と思われた方、鋭いですね!

そう、キャラクターが“眼鏡”をかけています。

実は、ヘアスタイル・ヘアカラーの変更と同時に、色々なアクセサリーを付ける事もできる

んです。

髪型によって制限はありますが、それぞれ6~10種類程度のアクセサリーから自由に選び

キャラクターに身につけさせられる訳です。

眼鏡、髪飾り、帽子、リボン、カチューシャ、髪留、羽根飾り、バンダナ等々、本当に色々な

アクセサリーが揃っています。

中にはネコ耳(!)などもありますので、そんな趣味の方も大丈夫ですよ。(笑)

 

 

どうですか?プレイされていない方も、これだけで「面白そう!」と思われたのでは

ないでしょうか?

本当は、衣装や髪型だけでなく、顔のパーツや体型など本当に細かな部分までメイキング

できるのですけれど、そこまで紹介するのはちょっと大変ですからね。^^;

それでも、前回と今回で「もの凄く細かくキャラクターメイキングできる」ことは、お伝えできた

と思っています。

マルチプレイでは別のプレイヤーさんの個性が込められたキャラクターにも出会えますので、

キャラクターを見ているだけでもとっても面白いゲームだと思います。^^

お気に入りのヘビィを探して -ペングルスカイザー-

そういえば、3rdでのメイン武器比率はどんな感じになっているのでしょうね?

公式のページなどでアンケートを行って、統計を取ってみてもらえたりすると、私個人的には

嬉しかったりします。

でも、その結果を見て、改めてヘビィガンナーの少なさを知ることにもなりそうで・・・。><

派手さもなく、テクニカルな印象が強すぎるのが不人気の要因なのかな・・・。

 

ガンランスの“フルバースト”のように、リロードした弾丸を全段発射したりすれば、もっと

使って貰えるでしょうか?^^;

 

 

そんなヘビィをピックアップする記事の第2回目です。

今回のヘビィは「ペングルスカイザー」です。

 

 

ペングルスカイザー

・攻撃力:190

・リロード:普通

・反動:中

・ブレ:無し

・その他:会心率20%

 

・使用できる弾丸

通常弾5/5/0

貫通弾5/5/6 要チェック!

回復弾2/0

睡眠弾2/1 要チェック!

水冷弾3

氷結弾5 要チェック!

捕獲用麻酔弾2

ペイント弾2

 

・しゃがみ撃ちできる弾丸

Lv2貫通弾(20発)

Lv3貫通弾(20発)

氷結弾(20発)

 

R0014914

 

凍土に棲むモンスター、ウルクススの素材を主に使用するヘビィですね。

「ペングルス~」と、“ペンギン”を思い起こすネーミングなのは、やっぱりウルクススがウサギ

+ペンギンがモチーフになっているからでしょうか?(笑)

 

攻撃力については、他の最終派生のヘビィより若干劣っていますね。

ですが、その反面(というのも大いにありそうだと思っています)睡眠弾に対応しています

ので、上位中盤にかけて睡眠爆破をしたい時には重宝します。

そのほか、装填できる段数・種類やしゃがみ撃ちできる弾丸を見てみれば、“貫通弾”での

戦いが得意なヘビィだと言えます。

 

属性弾については、水冷弾と氷結弾が撃てます。

特に、氷結弾が5発装填できるのは、ウルクススのヘビィならではですよね。

 

R0014911

 

その他、私が注目したいのは、リロードの速度が“普通”である点でしょうか。

リロードについては、本当に地味で目立たない要素なのですけれど、ヘビィに慣れていない

方や、そもそもボウガンに殆ど触れる機会が無い方などには、私は特に気にして欲しいと

思っています。

ヘビィを使い始める際、リロード速度が普通以上のものから慣れていくと、その後もスムーズ

に戦えるようになると思います。^^

 

 

貫通弾が得意なヘビィといえば、2ndGからは“ナルガのヘビィ”というイメージが強くなりました。

その会心率の高さからも、貫通弾=ナルガヘビィという方も多そうです。

ただし、3rdでもある程度の節目を乗り越えないと作成できないのは同様ですので、貫通弾

を主力にして戦いたい時には、こちらも思い出してみてください。

属性弾や睡眠弾も撃てるペングルスカイザーも、候補として十分な性能だと思いますよ。^^

ツイッター
ブログパーツあれこれ
ご覧になって下さった方々
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード