FC2ブログ

プロフィール

鈴音

Author:鈴音
モンハンにハマっています。
MH3Gでも引き続きへビィを担いで
頑張っていきますっ!

ドラゴンクエストⅩのベータテスト
にも参加しています♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
お世話になっている方・お気に入りサイト
最近のコメント
最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験! ダウンロードクエスト その23&(こっそり)私のマイセット その19

今日のダウンロードクエストは、珍しく運搬クエストですね。

クエスト名は「孤島のたまご祭り!」。

竜の卵を3個納品するのが目的です。

 

もちろん、期待を裏切ることなく(苦笑)妨害してくるモンスターもいます。

大型モンスターとして、リオレイアが登場しますね。

下位クエストな上、卵の納品だけでクエスト達成できますので、「簡単なクエストだな」と

油断していると、思わぬ攻撃を受けて運搬中の卵が割れてしまうかもしれませんよ。

 

竜の卵は、8番と10番で見つけられます。

そうそう、どうやら10番では1度しか卵を見つけられないみたいです。

残り2回は8番の巣から運搬する必要がありますね。

運搬クエストのセオリー通り、卵を見つけると徘徊するモンスターが変化しますので、

キャンプまでの帰り道は特に注意したいです。

また、1番と3番の間は岩でふさがれていますので迂回する必要があります。

 

リオレイアを先に討伐し、雑魚モンスターも倒しながら安全に運搬するのもアリですが、

より楽にこなすためにはやっぱり“運搬装備”を整えるのが近道ですね。

今回のクエスト用に、こんなマイセットを作成してみました。

 

 

頭:ナルガUヘルム (強走珠【3】)

胴:ロックラックSスーツ (無食珠【1】×2)

腕:ナルガUアーム (無食珠【1】)

腰:ロックラックSコイル (無食珠【1】×2)

足:ロックラックSブーツ (無食珠【1】×2)

護石:王の護石 (気力回復3 攻撃-2 強走珠【3】)

 

発動スキル:ランナー スタミナ急速回復 自動マーキング 運搬の達人 腹減り半減

 

R0014883

腕装備のカラーを赤にしたら、かなり統一感が出たような気がします

 

 

運搬装備としてMH3からお馴染みのロックラックシリーズにナルガUを合わせてみました。

今回のクエストで「あればいいな」と思えるスキルはほぼ全て入っているのではないでしょうか。

よかったら使用して挑戦してみて下さいね。^^

 

カラーリングは、ナルガU装備をロックラック装備のポイントである赤に変更して統一感を

出してみました。

ロックラック側を変えると、ほとんど全面的に変わってしまいますからね。^^;

 

 

今回の報酬ですが、「鋼のたまご」が確定報酬です。

その他「銀のたまご」「金のたまご」なども報酬に並んでいるようです。

素材として利用も、換金してもOKな各種卵が一度に揃えられますので、必要になった時

にはこのクエストに挑戦してみると良いですね。

 

 

 

何だか途中から“マイセット記事”になってしまったような・・・?^^;

スポンサーサイト

PSPo2i各武器インプレッション番外 炎属性テクニック編

PSPo2iで初めてのマルチプレイ用イベント、「マキシマムアタックインフィニティ」ですが、

PSNの復旧から間を空けず、明日6月1日から開催するみたいですね。

私個人的には、もう少し様子をみてからでも遅くはないと思うのですけれど・・・。

他の配信スケジュールなどと合わせて1ヶ月以上遅れてしまった分、少し急ぎ足で進めて

行くのでしょうか?

もしかしたら、夏頃から本格的にテストが始まる「PSO2」の事もあって、すぐに開催する

ことになったのかもしれませんね。

 

変更になった報酬アイテムも、見てみた限りではあまり魅力を感じませんでしたし、

(やっぱり変更は残念です><)私はもうしばらくPSNの様子をみてから参加する予定です。

 

 

さて、昨日の記事で予告した通り、今日からは法撃武器のフォトンアーツ、“テクニック”

についてインプレッションを進めていきたいと思います。

別枠で記事にしてもいいかな?とも思いましたが、近接武器・射撃武器共に武器とフォトン

アーツはセットで書いて来ましたので、番外編という形をとりました。

 

それでは、今日取り上げる“炎属性のテクニック”についてのインプレッションです。^^

 

 

炎属性のテクニック

 

-フォイエ-

・消費PP:7

・攻撃範囲:前方1体

・追加効果:燃焼

【前方に向けて火球を発射する単体攻撃テクニック。敵に当たると爆発する。】

 

炎のテクニックでは基本中の基本、火炎の弾を放ちます。

射撃武器のようにまっすぐ直進しますので、オーソドックスで使いやすいと思います。

利点はそれだけではありません。

法撃力がかなり高めに設定されていますので、△ボタンにセットしてチェインフィニッシュに

利用すれば、一度に大ダメージを与える事も可能です。

□ボタンでチェインを溜めようとしても、一度に3チェインずつしか溜まりませんので、むしろ

上記のような使用法の方が、より長所を生かせるかもしれませんね。

 

20110525113326

多くのRPGでお約束(?)な、火球での攻撃ですね

 

-ラ・フォイエ-

・消費PP:18

・攻撃範囲:前方範囲3体

・追加効果:燃焼

【前方向に爆炎を発生させてその周囲の敵を焼き払うことができるテクニック。】

 

複数のモンスターをまとめて攻撃できるタイプのテクニックです。

モンスターをロックしていればそのモンスターを中心に、していなければ一定の距離を空けて

前方に炎の爆発を発生させます。

詠唱スピードもそこそこで、攻撃の主力になるテクニックだと思います。

私はよく△ボタンにセットして、チェインフィニッシュに利用しています。

チェインが溜まったモンスターへ一度に大ダメージを与えて一掃できますよ。^^

 

20110525113355

私が攻撃に主力にするのは、この前方範囲攻撃タイプのテクニックですね

 

-ダム・フォイエ-

・消費PP:5

・攻撃範囲:前方扇状

・追加効果:燃焼+ノックバック効果

【ボタンを押し続けることで一定時間、続けて火炎を放射し続けるテクニック。】

 

マシンガンの通常攻撃に似たタイプのテクニックですね。

セットしてあるボタンを押し続ければ、PPの続く限り連続して火炎放射攻撃をします。

また、放射しながら杖の先端を扇状に左右へ振ることもできますので、攻撃範囲も中々です。

どちらかと言えば、チェインを溜めるのに向いたテクニックかもしれません。

ただし、放射中は一切移動が不可能になりますので、モンスターの行動には常に注意して

おきたいですね。

 

20110525113416

杖を振れる角度は、それぞれ左右に60度ずつくらいでしょうか

 

-ギ・フォイエ-

・消費PP:26

・攻撃範囲:自分中心範囲4体

・追加効果:燃焼+転倒(PALv21~)

【使用者を中心に炎壁を発生させ、周囲にいる複数の敵にダメージを与える事ができる

テクニック。】

 

自分を中心にして、その周囲へ広がるように炎の壁を発生させるテクニックです。

一度に攻撃できる数が最も多く、テクニックのレベルが上がると転倒効果も追加されます

ので、さらに便利になります。

プレイヤーさんによっては、前方範囲攻撃のラ・フォイエよりも、こちらのギ・フォイエをチェイン

フィニッシュに利用される方もいらっしゃいますね。

(むしろこちらの方が多いのでしょうか?)

ギ・フォイエの場合はモンスターに接近しないと攻撃範囲に入りませんので、距離をとって

攻撃するか、接近して上手に立ち回るか、自分のプレイスタイルに合わせて使い分けると

ベストだと思います。^^

 

20110525113422

より多くのモンスターを攻撃できる分、消費PPは多く詠唱速度もやや遅めだったりします

 

-シフタ-

・消費PP:25~50

・効果範囲:自分+周囲の味方

・効果:攻撃力・法撃力のアップ

【味方の攻撃力と法撃力を一時的にアップすることができるテクニック。】

 

RPGで言う“補助魔法”ですね。

自分自身と、周囲にいるパーティーメンバーの攻撃力・法撃力を、一時的に上昇させることが

できます。

レベルの低いうちはさほど重要ではありませんが、レベルアップしてモンスターが手強くなる

頃には、できれば常に効果を切らさないようにしたいです。

長い目で見ると、バカにならないダメージの差が出てくるはずです。

 

20110531090623

自身を中心とした一定範囲が効果対象ですので、マルチプレイでは位置確認が重要です

 

-ジェルン-

・消費PP:30

・効果範囲:自分中心範囲

・効果:攻撃力・法撃力のダウン

【敵の攻撃力と法撃力を一時的にダウンさせることができるテクニック。】

 

シフタの逆バージョンで、モンスターの攻撃力・法撃力をダウンさせるテクニックです。

一定時間、モンスターの攻撃が弱まりますので、受けるダメージも軽減されると思います。

ただ・・・、実際の戦闘ではあまり使われないテクニックかもしれませんね。^^;

マルチプレイだったた役割分担をしつつ使用するかもしれませんけれど、ソロプレイでは

自分自身で使うのは希なようです。

(私もほとんど使いません)

大型のボスモンスターには効果がない点も、影響しているかもしれませんね。

 

20110531090644

戦闘がより楽になりますので、余裕があれば使っていきたいテクニックではありますね

 

-フォバース-

・消費PP:20~30

・攻撃範囲:自分の周囲を回転

・追加効果:燃焼

【使用者の周囲に火球を発生させ近づく敵にダメージを与えるテクニック。】

 

フォイエより小振りな火球を発生させ、自身の周囲を回転させるテクニックです。

一定時間火球は回り続け、触れたモンスターへダメージを与える事ができます。

この火球は、フォトンアーツのレベルが上昇すると同時に発生・回転する数が1~3個まで

増加します。

Lv21以上のテクニックを使用できるフォースの場合、周囲に3個の火球を出せますので、

□ボタンにセットすれば素早くチェインを稼ぐ事も。

他の戦闘タイプでも、フォバースを使いつつ戦えば、通常よりも多くのチェインを溜める事が

可能だったりします。

 

そうそう、“バリア”のような物ではありませんので、モンスターの攻撃を防ぐ効果はありません。

その点は注意してくださいね。^^

 

20110525113544

□ボタンのフォバースでチェインを溜めつつ接近し、△のギ・フォイエでフィニッシュすると強力です

 

 

炎属性のテクニック、いかがでしたでしょうか?

数多くのテクニックから2~4つ選択してセットし、使用していくのが法撃武器での戦い方です。

色々なタイプのテクニックがありますので、色々使用した上で自分なりの組み合わせを

見つけて頂ければと思います。^^

体験! ダウンロードクエスト その22

先週末はまた新しいダウンロードクエストが配信されましたね。

早速当日の晩、Sophi☆さんと一緒に挑戦してみましたけれど、今回のクエストは特別な

報酬や、出やすい報酬などは設定されていないみたいです。^^;

強いて言えば、ダウンロードクエストでは初めて“不安定”状況になることがある、という所

でしょうか。

内容としてはちょっぴり残念でしたけれど、クエストの選択肢が増えるのは嬉しいです。

PSNも一部復旧を開始して、アドパでの狩りなどもまた賑わっているみたいですし、

またマルチプレイが盛り上がるといいですね。^^

(本音を言えば、PSPだけでもアドパができるといいのですけど・・・^^;)

 

 

今日のダウンロードクエストは「ファミ通・峯山龍、討伐祭り」です。

すでにクエスト名で討伐対象モンスターが明らかになっていますね。

ジエン・モーランの討伐が、今回の目的です。

集会浴場のクエストですが下位ですので、装備が充実していれば一人でも問題ないはずです。

 

3rdで初めて戦った私も、すでに色々な武器で挑戦してみました。

オススメを挙げるなら、大剣・ハンマーあたりでしょうか。

落ち着いて大ダメージを与えられるチャンスがありますので、普段使い慣れていない方でも

大丈夫だと思いますよ。

 

ジエン・モーランは、部位破壊がポイントになってくると思いますので、その辺のポイントを

挙げてみましょうか。

まずは、「バリスタは牙を最優先して狙うこと」。

支給品の対巨龍用爆弾をセットしただけでは破壊できないと思いますので、通常の攻撃が

届きにくい牙へ、優先して当てていくようにしたいですね。

次に、「1度背中に乗ったら背びれを1カ所は破壊すること」。

マルチプレイならこの限りではありませんが、ソロプレイの時には1度乗ったら1カ所は必ず

部位破壊するくらいでいないと、決戦ステージに移動するまでに2カ所とも壊すのは

難しいかもしれません。

最初に右側から接近してきた時、左に位置を変えた時、再度右に移動した時の3回くらいが、

平均して背中に飛び乗れるチャンスだと思います。

何とか集中して攻撃し、部位破壊を狙ってみて下さい。

 

 

報酬アイテムは「ファミ通ネコ小判」です。

“ネコ”とついている通り、オトモの武器・防具が作成可能になります。

武器は斬撃・打撃両方用意されていて、それぞれ

「武者ネコノ太刀」(下位)

「名刀ニャンテツケン」(上位)

「武者ネコノ槌」(下位)

「打ち出のニャンコ槌」(上位)ですね。

 

防具は、頭パーツが、

「武者ネコヘルム」(下位)

「武者ネコSヘルム」(上位)

胴パーツが、

「武者ネコアーマー」(下位)

「武者ネコSアーマー」(上位)です。

 

R0014880

兜の足マークが凛々しい(?)武者ネコなオトモです

 

 

2ndGでも登場した武器・防具ですから、懐かしいと思われた方も多いのではないでしょうか?

ドングリ、マフモフと、この武者ネコ装備しかありませんでしたから、愛用していたかたも

いらっしゃるはずです。

作成してあの頃を思い出してみるのも良いかもしれませんね。^^

(私はドングリ派なのですけどね^^;)

PSPo2i各武器インプレッション シールド編

週末は、1ヶ月以上もの間停止していたPSNが、ようやく一部の機能だけ復旧しました。

主にPS3に関連したものがほとんどで、PSPにはほとんど恩恵のないものだったりするの

ですけどね。^^;

それでも、PSNを介してプレイするタイプのマルチプレイ対応ゲームについては、PSPでも

再開されたようです。

PSPから直接パスワード変更ができなかったり、お詫びの対応も真摯な対応とは思えなかったり

と色々ありますけれど、とりあえずは一段落ついた感じですね。

 

私も今日パスワード変更を済ませました。

PSストアの復旧がまだ未定ですので、PSPo2iのダウンロード配信用IM(インフィニティミッション)

などが落とせず、ゲーム環境の復旧にはまだまだほど遠いですね。^^;

マルチプレイについても、当分の間は様子を見ながら、という感じになりそうです。

早く安定して接続できる状態になるといいですね。^^

 

 

さて、それではいよいよ武器のインプレッションもラストです!

今日取り上げる“シールド”で、全28種類の武器について全て書き終える事になります。

と、その前に、打撃武器・射撃武器・法撃武器でも書いてきた“前提”のようなものを、

シールドの役目である「防御」についても書いておきますね。

 

 

・“ガード”できる武器は決まっている

最初から重要なポイントですね。

モンスターの攻撃から身を守る“ガード”ですが、ガードできる武器というのは予め決められて

います。

ではどの武器ができるのかというと、「両手で扱う武器」と「シールド」です。

両手で扱う武器については、打撃・射撃・法撃問わず全てガードが可能です。

(法撃の「ロッド」については、R+□、R+△ボタンにテクニックをセットしていない場合のみです)

また、ガードすることが役目のシールドと共に装備できる片手打撃武器(セイバー・ダガー・

クロー・ウィップ・スライサー)も、ガードに対応しています。

つまり、問題になるのは片手で扱う武器を装備する際、左手にシールドを持たない場合は

ガードできない、という訳ですね。

 

・ガードの効果と“ジャストガード”時の効果

ここまで書いて、「なら別にガードはシールドだけの特権じゃないの?」と思われる方も

いらっしゃると思います。

実は、細かい点でシールドの利点もちゃんとありますよ。

まず、ガード状態で敵の攻撃を防いだ時、その軽減率(攻撃をどれだけ防げるか)が違って

きます。

両手武器でガードした場合は70%までしか軽減できませんが、シールドで防げば90%まで

軽減する事が可能です。

 

また、モンスターの攻撃が当たる瞬間にガード行動をするとダメージを0にできる

“ジャストガード”についても、シールドには特別な効果があります。

シールドでジャストガードした場合、受けるダメージを0にするだけでなく、モンスターの攻撃を

反射(正確にはちょっと違うのかもしれませんが、そう考えてOKだと思います)させて攻撃

できる“シールドアーツ”が発動するのです。

 

 

ガード行動だけでも色々と把握しておきた点があるのですけれど、お解りになりました

でしょうか?

以上の点を踏まえて、シールドのインプレッションをご覧になって下さい。^^

 

 

-シールド-

・ガード時のダメージ軽減率:90%

・カテゴリー補正:基本防御力の上昇

 

片手打撃武器を使用中にガードしたいなら必携なのがシールドです。

ガードすればダメージを90%カットできますので、どうしても避けられない攻撃や、連続攻撃

など、回避行動や移動が間に合わない場合にはとっても役立ちます。

「近接武器+シールド」は、PSpo2iで最もオーソドックスな組み合わせだと思いますので、

攻撃・フォトンアーツ・ガードなどの基本行動を身につけるには最適だと思いますよ。^^

 

20110530084003

フォトンを使用したシールドは、作品のイメージとマッチしてカッコイイですね

 

20110530084036

もちろん、こういった実体のあるシールドも沢山用意されていますよ

 

「なぜシールド(盾)なのに“武器”カテゴリーなのか」という理由は、上でも書いた通り

“シールドアーツ”の存在があるためですね。

敵の攻撃に遭わせてタイミング良くガードボタンを押すと“ジャストガード”が成功し、ダメージ

を0にしつつ相手モンスターに反射ダメージを与えられます。

1点だけ注意して欲しいところは、相手と一定の距離近づいていないと反射ダメージは与え

られません。

遠距離攻撃の場合には、ガード・ジャストガードができるだけですので気をつけて下さいね。

 

20110530084334

甲高い効果音と共に防御エフェクトが出たなら、ジャストガード成功です

 

そうそう、所持しているシールドの詳細を見て頂ければ解りますが、シールドにも攻撃力

や属性の数値が設定されています。

これらの数値は、シールドアーツが発動した際のダメージに影響しますので、戦うモンスター

に合わせて変更するとより効果が上がりますよ。^^

 

20110530084331

レベルや装備するシールドの攻撃力がアップすれば、シールドアーツのダメージもばかになりません

 

 

シールドは、まさに攻防一体型の武器ですよね。

PSpo2iでは、回避力のステータスが自分よりレベルの低い相手にしかあまり役立ちません

ので、ガード行動はとても重要だったりします。

もちろん、両手武器でもジャストガードさえすればシールドと効果は変わりないのですけれど、

ガード行動に入るタイミングや早さなどは、片手武器+シールドの方が上かな?とも思います。

ジャストガードの練習も兼ねて、「シールドアーツだけでモンスターを倒す」なん事にも

利用できますよ。^^

 

 

追伸

インプレッションはこれで全て終了・・・としたいのですが。

肝心の“アレ”、まだご紹介していませんよね。

そう、法撃武器の項目で一緒に紹介できなかったフォトンアーツ、“テクニック”です。

明日からは、番外編としてテクニックのインプレッションを書いていこうと思います。

もう少しだけ続きますが、よろしければご覧になって下さいね。^^

私のマイセット その18

昨晩もSophi☆さんとひと狩りタイムを満喫しました。^^

kai接続した直後はまたちょっと問題が発生しましたが(中々すんなりとプレイ開始できない

ですね><)その後は安定した・・・のかな?

 

早速前回のリベンジも果たしましたよ!

私が1度やられてしまいましたけれど、無事に金銀を同時討伐できました。

イベントクエストな上、同時狩猟ですので報酬を期待したのですが・・・。

残念ながらどちらの紅玉も出てはくれませんでした。(泣

その後行ったアルバトリオンも、角を落としてくれませんでしたし、やっぱり何度も挑戦しないと

難しそうですね。^^;

 

 

今日は、金曜日恒例?(先週も金曜日だったのです)マイセットの紹介です。

今でもマイセットや装備の紹介を続けていらっしゃる方は、よく拝見しているブログなどでも

とても少なくなってしまいました。

まだこれから新しく始める方もいらっしゃると思いますので、ちょっとでも参考にして頂ける

ように、続けていければと思います。^^

(PS3版の3rdも発表されましたからね♪)

 

今日紹介するのは、とっても久しぶりな“弓”のマイセットです。

実の所、弓についてはほとんどスキルが無くても戦えてしまう武器だと思っていますので、

マイセットも少なかったりします。

そんな弓のマイセットですが、今回は攻撃的なスキルで揃えてみました。

 

 

頭:天城・覇【鉢金】 (短縮珠【3】)

胴:レウスSレジスト (強弾珠【1】×2)

腕:シルバーソルガード (強弾珠【3】)

腰:シルバーソルコート (短縮珠【1】×2)

脚:レウスSレギンス (短縮珠【1】)

護石:龍の護石 (風圧2 攻撃10)

 

発動スキル:攻撃力UP【大】 通常弾・連射矢UP 弱点特効 集中

 

R0014875

もうちょっとすっきりした見た目が好みなのですが、今回はスキル優先です

 

攻撃向けのスキルを集めて作成しました。

(また“龍の護石”を使ってしまっていますがその点はすみません><)

特に「ファーレンフリード」「エーデルバイス」といった連射弓で使用するために用意して

みましたがいかがでしょうか。

見た目も、レウス系で統一されていますのであんまり違和感は無いと思います。

ちょうど、レウスと銀レウスで2種類ずつ装備していますからね。^^

 

恒例のカラーリング・・・なのですが、今回の組み合わせ、ほとんど目立つ箇所の色変更が

できなかったりします。

一応、レウス装備に合わせて赤系に変更しているのですけれど、あんまり影響は無い

かもしれません。^^;

 

 

弓は、上手なひとはダメージを全然受けずに討伐できますので、回避系のスキルも

不要な場合が多いです。

私もそれに倣って、いつかはこのマイセットで色々なモンスターを無傷で討伐できれば

いいな、と思っています。^^

(道は遠そうですけどね^^;)

PSPo2i各武器インプレッション ロッド&ウォンド&マドゥーグ編

今日からのインプレッションは“法撃武器”になるのですが・・・、その前に。

これからの予定をちょっとお話したいと思います。

 

まず、ロッド、ウォンド、マドゥーグと、3種類の法撃武器についてですが、こちらは今日まとめて

紹介してしまおうと思っています。

法撃武器のとって肝心要であるフォトンアーツ(テクニック)については、1度の記事では書き

きれません。

ですので、インプレッションでは別記事で扱おうと思っています。

おそらく、属性ごとに1回ずつ記事にする形になると思いますね。

テクニックについては、次回シールドのインプレッションを終えてから順次書いていく予定です。

 

本当は、法撃武器と一緒に書いた方が解りやすいとは思うのですけれど、私ではちょっと

上手に書けそうにありませんので、こういった形で進行させていただきますね。^^;

 

では、打撃武器・射撃武器と同じく、法撃武器についてもいくつかポイントを紹介した後、

3種の法撃武器についてインプレッションを書いて行きます。

 

 

 

法撃武器について

 

・テクニック無しには戦えない

まず、大前提として、ロッド、ウォンド、マドゥーグは、フォトンアーツ(テクニック)をセットしないと

攻撃ができません。

近接武器では“必殺技”、射撃武器では“射撃能力の強化”という役割であったフォトンアーツ

ですが、法撃武器ではそれ自体が通常攻撃であったり、必殺技だったりします。

それぞれの武器に、2つまたは4つまでテクニックをセットして戦っていきます。

 

・セットする位置でテクニックの役割が変わる

それでは、攻撃の仕組みについて書いて行きますね。

攻撃をするためにテクニックをセットする訳ですが、近接武器、射撃武器と同様に、□ボタンが

通常攻撃の役割を担っています。

つまり、□ボタンにせっとしたテクニックで攻撃すると、他の武器と同様に、攻撃を与えつつ

チェインを溜められる訳ですね。

 

△ボタンは、溜め多チェインによって威力が上昇するフォトンアーツ(スキル)やチャージショット

が割り当てられていましたよね。

鋭い方ならもうお解りでしょうけれど、△ボタンにセットしたテクニックも、同様の効果を発揮

することができます。

 

まとめると、□ボタンにせっとしたテクニックでチェインを溜め、△ボタンのテクニックで大ダメージ

を与える、という仕組みになっています。

 

・テクニックは連続して3回唱えられる

続いて、攻撃のスピード、回数に関連した事柄です。

近接武器や射撃武器は、その武器やフォトンアーツ、チャージショットによって攻撃回数は

ばらばらでした。

ですが、法撃武器の場合すべて一律になっていて、3回まで連続して攻撃(唱える)することが

できます。

これは、□ボタンに割り当てた通常攻撃テクニックでも、△ボタンのチェインを切るテクニックでも

同じです。

武器やテクニックによって回数に違いはありませんので、この点はとっても解りやすいですよね。

 

 

他にも細かい要素が沢山あるのですけれど、最低限知っておいた方が良い事柄だけ

書き出してみました。

特別難しい要素は無いと思うのですが、お解りになりましたでしょうか?

「攻撃はすべてテクニックで行う」

「セットする場所で役割が変わる」

「テクニックは連続3回攻撃」

という基本さえ理解しておけば、問題無いと思います。

それでも、どうしても細かい部分までお知りになりたい方は、攻略Wiki等に詳細が掲載されて

いますので、そちらを参照なさって頂ければと思います。

(私個人的には、あんまり細かい部分まで気にしていては楽しくゲームをプレイできないと

思っていますので、この3点に留めています)

 

では、3つの法撃武器についてのインプレッションに入ります。^^

 

 

-ロッド-

・フォトンアーツセット数:4

・カテゴリー補正:基本防御力・基本精神力の上昇

 

唯一の両手法撃武器なのが、このロッドです。

両手で扱う大型の杖で、まさに“魔法使いの杖”そのものですよね。

法撃力は3種類ある法撃武器の中で最大で、テクニックは同時に4種類扱う事ができます。

□ボタン、△ボタンに加えて、左手で装備する射撃武器を扱う時と同様に、R+□、R+△ボタン

にもテクニックをセットできる訳です。

また、R+□、R+△ボタンにテクニックをセットしない状態(つまり、□と△ボタン2つだけにしか

テクニックをセットしないと)だと、攻撃のガードまでできたりします。

フォースにとって攻撃の要であると同時に、セットするテクニックやガードをできるようにするか

といった事で、バリエーションが多岐にわたる武器だと言えますね。

 

20110525113128

フォースで戦うなら、必ず用意しておきたい重要な武器ですね

 

 

-ウォンド-

・フォトンアーツセット数:2

・カテゴリー補正:基本精神力の上昇

 

ウォンドは、片手で扱える、ステッキくらいの大きさの杖になります。

法撃力はロッドに劣りますが、左手に射撃武器やシールドを装備できるのが大きいですね。

モンスターによっては打撃・射撃・法撃それぞれに耐性を持っている相手がいますから、

状況に応じて武器の変更をせず、そのまま攻撃を使い分けられるのはとっても便利です。

また、□ボタンにセットしたテクニックは、射撃武器と同じく“ステップ撃ち(この場合ステップ

法撃、でしょうか)”ができるのもポイントです。

安全な場所へ移動しながらテクニックを撃てるのは、大きなメリットだと思いますよ。

 

20110525113241

杖ばかりでなく、こんな本のような見た目のウォンドもあったりします

 

 

-マドゥーグ-

・フォトンアーツセット数:2

・カテゴリー補正:基本防御力の上昇

 

シャドゥーグの法撃武器版、と言ってもいいかもしれませんね。

似たような形の武器もいくつか見られます。

法撃力はウォンドよりも落ちますが、“消費PPが少ない”特徴を持っている武器がとても

多くラインアップされています。

回復や補助テクニックなど、法撃力をさほど重視しなくても良いテクニックをセットすれば、

PP消費の負担が少なく戦えますね。

また、ウォンドと同様に□ボタンにセットしたテクニックはステップ撃ちできますので、射撃武器

のように扱うことも可能です。

そうそう、右手にウォンドを装備すれば、ロッドと同じように4つのテクニックを扱えるように

なりますよ。^^

 

20110525113302

シャドゥーグと同様に、マスコットキャラクターのような見た目の武器が多めです

 

 

 

法撃武器やテクニックというと、どうしても法撃力の高いタイプ、“フォース”で使う物と

思いがちです。

でも、どんな戦闘タイプでも回復や補助テクニックは使えた方が便利ですし、敵を足止め

したりできるテクニックは、威力は関係なく重宝します。

ダメージの部分ばかりに気をとられず、「安全に・有利に戦える方法」の一つとして、

法撃武器やテクニックを使用してみて下さいね。^^

体験! ダウンロードクエスト その21

今日紹介するもので、丁度20個めのダウンロードクエストになります。

詳細の発表はありませんけれど、一体どのくらいクエストを配信するのでしょうね?

確か、2ndGでは約半年クエストを配信して、その後少し間をおいて最後に1つクエストを

配信したと記憶しています。

 

3rd発売から来月で半年です。

「2ndGよりも多くなる」と開発者の方が仰っていましたので、これからもどんなクエストが

配信されるのか期待していたいと思います。^^

 

 

それでは、今日のダウンロードクエストについて紹介して行きますね。

 

今日のクエスト名は、「電撃の双舞踏」です。

また、雑誌「電撃プレイステーション」とのコラボレーションですね。

電撃プレイステーションとのコラボは、(一部例外はありますが)基本的に“電撃”に関係した

モンスターと戦うのが恒例になっています。

前回、狩猟笛「ブリッツワークス」が作成できるクエストでは、ジンオウガが相手でした。

では、今回のお相手はというと・・・。

はい、もう1匹居ましたよね、電撃を操る“ギギネブラ亜種”が狩猟対象になっています。

 

前回の電撃コラボは下位クエストでしたが、今回は上位です。

闘技場で2頭同時に相手をしなければならず、難易度もぐんと上がっています。

2頭共に注意を払い、攻撃をかわしながら戦っていきましょう。

 

攻略のポイントを挙げるなら、“軽快な武器”で戦う事でしょうか。

ギギネブラの動き自体はさほど素早くありませんけれど、電撃ブレス攻撃が広範囲です。

攻撃・回避・移動が素早く行える武器の方が、より有利に戦えると思いますよ。

大剣、双剣、片手剣、ライトボウガン、弓などは、結構戦いやすいですね。

 

 

今回貰えるチケットは、「電撃Gチケット」です。

“G”とついていると、なんとなくG級を思い出してしまうのは私だけでしょうか?

・・・、ちょっと話がそれましたね。^^;

チケットで作成できるようになるのは、太刀「ライトニングワークス」です。

 

R0014870

またこっそりと紹介していない装備で撮影してみました

 

この太刀は、MH3で登場したコラボ武器ですね。

MH3では結局クエストに挑戦する事も、作成することもできないままでしたので、3rdでも

登場してくれたのはとっても嬉しかったりします。^^

デザインも中々格好良く仕上がっていると思います。

 

このライトニングワークス、雷属性の武器としてとても優秀です。

(ブリッツワークスも優秀でしたよね^^)

ジンオウガの武器が揃わない間だけでなく、普通に「雷属性ならコレ」と常に使用してもOK

な性能だと思いますよ。^^

PSPo2i各武器インプレッション マシンガン&シャドゥーグ編

先日ちょっとだけお話しした、今PSPo2iでやっている「ラヴィス=カノン」探しですが、一応

ゲットする事自体はできました。

ただ、属性の数値がちょっと低めでしたので、もうちょっと頑張ってみようかな、と思っています。

やっぱりPSPo2iになってもレアなことには変わりませんので、何度も何度も挑戦しないと中々

見つけられないのですよね。^^;

レベルがあがるのは嬉しいのですが・・・。

 

今日のインプレッションで射撃武器は全て終了です。

では、マシンガン&シャドゥーグ編、始めていきますね。^^

 

 

-マシンガン-

・消費PP:8

・ロック数:1

・ヒット数:1(連射可)

・主観射撃:×

・ステップ撃ち:○

・カテゴリー補正:なし

 

一見しただけでは、「ハンドガンと何が違うの?」と思われますよね。

マシンガンの特徴は、“弾丸を連射できる”所です。

PPを消費しながら攻撃する所は他の射撃武器と変わりありませんが、マシンガンの場合、

PPの続く限り連続して攻撃し続けられるのです。

実にチェインを溜めるのに向いた武器ですよね。

ただし、前述の通り、PPが底をつかないように注意しsておかないと、いつの間にか攻撃

できない、なんて事態になりかねません。

右手に装備した近接武器での攻撃を織り交ぜながら戦うと、より効果敵だと思います。

 

20110525090635

武器をパッと見ただけでは、ハンドガンとの区別がつきにくいかもしれません

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・パワーフィーバー(消費PP10 命中力がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・ヒットフィーバー(消費PP10)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・ロングレンジフィーバー(消費PP10)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・セイブフィーバー(消費PP7)

【特殊効果の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・メセタフィーバー(PPを消費せず、メセタ(お金)を消費して攻撃)

【特殊効果の強化バレット。PPの変わりにメセタを消費する性質がある。】

 

マシンガンには、射撃武器で一番の変わり種バレットがあります。

“メセタフィーバー”をセットしておくと、攻撃にPPを消費しなくなり、変わりにPSPo2iの通貨

である“メセタ”を消費するようになります。

この状態だと、攻撃を受けたりメセタが無くなってしまわない限りは延々と攻撃し続けられます。

懐具合と要相談(苦笑)ですが、中々強力なバレットだと思いますよ。^^

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)20 (フルチャージショット)30

・ロック数:1

・ヒット数:4

 

下から上へ向けるようにして、大きめの弾丸を4連射します。

上空に向けて撃つため、攻撃が当たったモンスターを打ち上げる事が可能ですね。

打ち上げた後ダウン状態になりますから、一度の攻撃で倒しきれなかったモンスターでも

また安全にマシンガンで攻撃を開始できます。

 

20110525090826

直線的でクセのない攻撃ですので、とても使いやすいです

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)40 (フルチャージショット)50

・ロック数:1

・ヒット数:7

 

マシンガンには変わり種が沢山ありますね。

このチャージショットⅡも大分変わっています。

武器だけでなく全身を使って戦うフォトンアーツはいくつかありましたが、このチャージショットは

どちらかというと体を使った攻撃が主になっています。

連続キックの合間にマシンガンで撃つ、と言うようなビジュアルですね。

なにより、射撃武器であるのにこの攻撃は“打撃属性”という所が大きいです。

まだ使った事がない方がいらっしゃいましたら、是非1度威力と見た目、ご覧になってみて

くださいね。^^

 

20110525091114

こんな格好でマシンガンの攻撃、ちゃんと当たるのでしょうか?^^;

 

 

 

-シャドゥーグ-

・消費PP:なし

・カテゴリー補正:基本攻撃力の上昇

 

射撃武器のカテゴリーで、唯一自分で使用する必要のない武器、それがシャドゥーグです。

「じゃあどうやって攻撃するの?」と思われますよね?

このシャドゥーグは、“ロックしたモンスターを自動的に攻撃(射撃)”してくれる武器なのです。

装備すると左肩後方に浮遊した状態でキャラクターを追尾し、勝手に攻撃してくれます。

形状は色々あって、機械的なものから動物をかたどった物など様々ですね。

 

20110525090655

浮遊しながらキャラクターの側にいる様は、まるでマスコットキャラクターのようですね^^

 

攻撃のパターンですが、色々あります。

弾丸を1発ずつ発射する基本のシャドゥーグから始まって、貫通するもの、打ち上げ効果のある

もの、ダウン効果のあるもの、3way、2~3連射するものなど、とってもバリエーションが多彩です。

これらの攻撃パターンは、シャドゥーグ1つ1つにつき1種類割り当てられていますので、

武器を変える事で攻撃パターンも変更可能です。

 

さらに、PSPo2iからは、キャラクター0のステータスを底上げする効果のあるシャドゥーグも

登場しました。

こちらは、射撃事態を全く行わなくなりますが、ステータス上昇効果で右手の打撃武器が

使いやすくなったりするメリットも大きいです。

選択肢がとても多いのも、シャドゥーグの特徴ですね。^^

 

20110525090727

能力アップのシャドゥーグを身につけ、右手打撃武器で戦う、という戦法も新たに出てきました

 

自動攻撃をする関係上、フォトンアーツ(バレット)はシャドゥーグには存在しません。

また、ロングボウ・カードと同じく“法撃系射撃武器”ですので、法撃力の高いフォースが

扱う方が、より射撃の威力が高くなります。

 

 

 

これで射撃武器のインプレッションは全て終了です。

後半に進むほど、変わった射撃武器が登場したような気がしますが、いかがでしたでしょうか?

 

今日紹介したマシンガンとシャドゥーグは、共に“チェインを溜める”ことに長けた武器だと

思います。

同じように、これまで紹介した射撃武器にも、「~向け、~が得意」といった傾向が見られます。

打撃武器以上に使い分けが重要な武器ですので、それぞれの特徴を把握しておくことは

かなり重要だと思いますよ。^^

体験! ダウンロードクエスト その20

昨晩は、狩り友さんであるSophi☆さんと一緒にひと狩りしました。

kaiの調子に色々と振り回されてしまって、毎回“久しぶり”になってしまうのですけれど、

やっぱりマルチプレイは楽しいですね。^^

モンハンで一番の醍醐味、といっても過言ではないかもしれません。

ダウンロードクエストの金レイア・銀レウスにも挑戦してみたのですけれど、あえなく惨敗して

しまいましたので(泣)、次回はリベンジしたいと思っています。

 

 

そんな金レイア・銀レウスのダウンロードクエストまでは、まだもう少しありますね。

今日のクエストは「モンハン部・特選クエスト!」です。

 

クエストの内容は、クルペッコ1頭の狩猟です。

「何だ、簡単だね♪」と思いきや、前回と同様に小さな小さなクルペッコ(今回は原種ですけどね)

が登場します。

そして、こちらが肝心なのですが・・・、声真似で呼び出すモンスターがイビルジョーなのです。

しかも、かなりサイズが大きいというオマケ付きです。><

 

できる事なら、しっかりと音爆弾を用意し、なるべく声真似をさせないように戦いたいですね。

万一呼ばれてしまったら、こやし玉を使って(クルペッコに使用した方がエリア移動がスムーズ

かもしれません)素早く分断しましょう。

 

あとポイントになるところは・・・、サイズから来る問題でしょうか。

前回のクルペッコ亜種やウラガンキンでも同様なのですが、サイズが小さいため中々狙った

位置・部位を攻撃できません。

そのため、硬い部位に攻撃が当たってしまい、弾かれてしまう事も多いです。

弾かれモーション中に攻撃を受けないように、“心眼”スキルを発動させておくのがオススメ

ですね。

弾かれる心配が無くなりますので、回避だけを頭に入れて行動できるようになりますよ。^^

 

 

報酬には、「モンハン部入部届」を貰えます。

作成できるのは剣士用防具「モンハン部ジャケット」と、ガンナー用防具「モンハン部ジャージ」

の2種類です。

 

R0014868

よく見ると、ジンオウガのイラスト下に「狩猟組合」と書いてあります、芸が細かいですね^^

 

この“モンハン部”装備も、胴装備のみしかありませんが、これだけでちゃんとスキル

「ハンター生活」が発動します。

釣りや肉焼きのタイミング緩和、地図を常に表示、釣りえさの調合が100%成功するなど、

ゲーム序盤ではとってもありがたいスキルだと思います。

ただ・・・、この防具は上位に上がらないと作成できませんので、実際にはスキルはおまけ

なのでしょうね。

(モンハン部のメンバー=プレイヤーである“ハンター生活”をしていらっしゃる皆さん、という

ことで付けている訳ですしね。^^;)

 

 

それにしても、最小・最大サイズの金冠モンスターが登場するクエストが、2ndGの頃より

大分増えましたよね。

これも、ハンター人口が増加して、色々な遊び方をする人や隅々まで遊ぶ方が増えてきた

からなのでしょうか?

金冠をコンプリートして勲章をゲットしたい方にとっては、嬉しいクエストかもしれませんね。^^

PSPo2i各武器インプレッション クロスボウ&カード編

PSNの障害が長期化している関係で、先週はダウンロードミッション関係で新しいミッションが

配信されたみたいですね。

ただ、チャレンジミッションだったため、一人でプレイするのはちょっと大変みたいです。^^;

 

期間限定とかでも構いませんから、例えば一人でもプレイできて、タイプポイントが多く貰える、

といったミッションなどを配信したりして頂けると嬉しい方も多いのではないでしょうか。

開発チームの方達も、この状況を鑑みて色々と準備しているみたいですから、期待して

待っていたいと思います。^^

 

では、今日のインプレッションを始めていきたいと思います。

 

 

-クロスボウ-

・消費PP:7

・ロック数:1

・ヒット数:2

・主観射撃:×

・ステップ撃ち:○

・カテゴリー補正:基本回避力の上昇

 

実在する“クロスボウ”は矢を1本放つだけですが、PSPo2iでは一度に複数の弾丸を発射する

ことができる優れものです。

発射する弾数はセットするフォトンアーツによって変わり、何もセットしていない状態とフォトン

アーツ“ヤック・ザッケンガ”で2発、その他のフォトンアーツをセットしていると3発同時に撃つ

ことが可能です。

片手射撃武器版のショットガン、と考えるといいかもしれませんね。

一度に攻撃できる数は少ないですが、ステップ撃ちで複数のモンスターへ攻撃できるのは

中々魅力的です。

 

20110524084247

フォトンの矢(弾?)を放ちますので、矢をつがえる動作も無く射撃スピードもそこそこです

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・ヤック・パウガ(消費PP10 3way 命中力がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・ヤック・ヒッガ(消費PP9 3way)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・ヤック・ロンガ(消費PP10 3way)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・ヤック・セイガ(消費PP7 3way)

【特殊効果の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・ヤック・ザッケンガ(消費PP10~18 2way ノックバック効果)

【特殊効果の強化バレット。敵を足止めしやすくなる。】

 

基本的には、発射する弾数が3つになるフォトンアーツをセットするのがオススメですね。

中でも、射程距離アップの“ヤック・ロンガ”、消費PP軽減の“ヤック・セイガ”が使いやすい

と思います。

発射する球数は2発ですが、ノックバック効果のある“ヤック・ザッケンガ”も、戦うモンスター

に合わせて使い分けると良いですね。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)30 (フルチャージショット)40

・ロック数:1

・ヒット数:(チャージショット)3 (フルチャージショット)5

 

恒例の強攻撃系フォトンアーツですね。

ただ、今までのタイプとは少し変わっていたりします。

他の射撃武器で使えるチャージショットの場合、チャージショットとフルチャージショットでは

威力の違いしかありませんでした。

ですが、クロスボウのチャージショットⅠは、フルチャージショットで球数が5発に増加します。

できるなら、フルチャージショットのアビリティをセットして使いたいですね。

 

20110524084430

5発同時発射で、近くならより大きなダメージを、離れればより広範囲を攻撃できますね

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)30 (フルチャージショット)40

・ロック数:1

・ヒット数:2~3×3

 

弓矢の一種だからでしょうか、このチャージショットはロングボウのチャージショットⅡと似て

いますね。

空中に飛び上がり、上空からクロスボウを3連射します。

3回目の攻撃には転倒効果も付いていますので、扱いやすいと思いますよ。

ただ、こちらもロングボウと同じで、空中で攻撃している最中もモンスターからの攻撃を受けて

しまいます。

無防備な状態ですので、なるべく相手の後方や攻撃を受けにくい場面で使いたいですね。

 

20110524084754

広範囲、そして多くの敵を攻撃できますが、攻撃中ちょっと無防備ですね

 

 

 

-カード-

・消費PP:5

・ロック数:1

・ヒット数:2~3

・主観射撃:×

・ステップ撃ち:○

・カテゴリー補正:基本法撃力の上昇

 

カードというのは、RPGではとても珍しいカテゴリーの武器かもしれませんね。

感覚としては、投げナイフや手裏剣といった投擲武器をまとめたカテゴリーと思って頂いた

方がいいかもしれません。

文字通りカード状の物から、扇、お札、大幣など色々な形状のカードがありますからね。

そういった武器から、カード状のフォトン弾を発射して攻撃します。

一番のポイントは、撃った弾がロックしていたモンスターを自動的に追尾する所です。

弾速は遅いですが、狙った相手にちゃんと命中してくれますよ。

 

そうそう、このカードも、ロングボウと同様“法撃系射撃武器”です。

フォースの方がより高いレベルのフォトンアーツを使え、攻撃力も高めです。

 

20110524084308

持っているカードをそのまま投げるのではなく、振ると発生するカード型フォトン弾で攻撃します

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・リキセイシキ(消費PP7 命中力がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・キュウセイシキ(消費PP6)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・チョウセイシキ(消費PP7)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射手距離が伸びる。】

・ユウセイシキ(消費PP4)

【特殊効果の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・ゾクセイシキ(消費PP8)

【特殊効果の強化バレット。射撃の属性効果があがる。】

 

1発1発の消費PPも少なく、撃った弾は自動追尾しますので、実の所特にこれがオススメ!

というフォトンアーツは無いかもしれません。

ただ、フォトンアーツのレベルが21以上になると、一度に発射できるフォトン弾の数が(通常

攻撃、チャージショット問わず)2発から3発に増えますので、それ以降は何かしらフォトン

アーツをセットした方がお得ですね。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)30 (フルチャージショット)40

・ロック数:1

・ヒット数:2~3(貫通)

 

強攻撃系なのですが、こちらもちょっと変わり種ですね。

威力のあがったフォトン弾を撃つのですけれど、その弾が貫通するようになります。

モンスターを上手に射線上へ誘導して攻撃すれば、より多くダメージを与えられますよ。

もっとも、弾速が遅いため、狙って複数のモンスターを攻撃するのはちょっと難しいかも

しれませんね。^^;

 

20110524084502

チャージ完了後、カードを振って放ったフォトン弾は

 

20110524084515

ロックしていたモンスターめがけて弧を描くように飛んでいきます

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)45 (フルチャージショット)60

・ロック数:1

・ヒット数:4

 

まるでカードマジックを見ているかのようなチャージショットです。

チャージが完了すると、何かタネを仕掛けるかのように動き、その後モンスターの足下から

上空に向けてカード状のフォトン弾が飛び出してきます。

攻撃には打ち上げ効果もありますので、モンスターをダウンさせる事も可能です。

難点なのは、攻撃がヒットするまでに少し時間がかかってしまう事でしょうか。

マルチプレイなどで、少し離れた場所から安全に攻撃できる状況だと、使いやすいかも

しれませんね。

 

20110524084707

チャージ完了後の溜め(?)時間が少し長めですが・・・

 

20110524084714

攻撃がヒットする様は中々派手なチャージショットですね

 

 

クロスボウとカード、いかがでしたか?

攻撃方法や発射する弾数、チャージショットなど、色々な所で他の射撃武器とは違った

部分がある武器達ですよね。

さらに、右手の近接武器を何にするか、という選択肢まで用意されています。

自分好みの組み合わせを見つけられれば、一段と楽しめると思いますよ♪^^

体験! ダウンロードクエスト その19

3rdが発売されて半年近く経ち、すっかり勢いも落ち着いてしまったように思います。

そんな折、昨日も書いた通り新しい試みの発表があったのは、また活気を取り戻すよい

きっかけになったのではないでしょうか。

震災の影響を鑑み、中止していた“モンハンフェスタ”も時期を変えて行うようですし、徐々に

ではありますが、またモンハンで盛り上がれる事が増えていきそうな気がします。^^

 

それまで、細々とですがブログも更新して、一緒に盛り上げていけたらと思います。^^;

 

 

今日のダウンロードクエストは、「JUMP・小兵の狂乱」です。

ハンターさんによっては「待ちに待った!」アノ装備に関連したクエストですね。^^

ただ、今回のクエストはそんな報酬のアイテムをゲットできるだけではなくて・・・。

 

もう挑戦されたハンターさんはご存じですね。

狩猟対象となっているのは“クルペッコ亜種”なのですけれど、とってもサイズが小さいんです。

「いくら小さいと言っても限度があるでしょう」と思うのですが、ハンターさん達の身長よりも

小さかったりします。(びっくりですね!)

おまけに、鳴き真似で呼び寄せる“ウラガンキン”も同じサイズで登場しますので、いつもの

狩りとは大分勝手が違うかもしれませんね。

 

そんな、ものすご~く小さなサイズで登場しますので、戦い方も変わってきます。

攻撃自体はいつも通りで構わないと思いますが、もちろん狙った部位へきちんとダメージを

与えるのは難しくなっていますね。

また、クルペッコ亜種の風圧やウラガンキンの振動など、姿見た目とは違ってかなり範囲が

広いです。

元々の、通常サイズの相手と戦っていると考えて、しっかりと回避行動をとらないと攻撃を

受けてしまいます。

さらに、見た目でだまされがちですけれど、今回は上位のモンスターです。

回避をおろそかにして何度もダメージを貰ってしまっているとやられてしまう事もあるため、

回復も早めに行いたいですね。

 

 

待ちに待った報酬アイテムは、「伝説Jチケット」です。

何だかとっても大げさなネーミングですよね。^^:

作成できるのは、恒例(?)になった“海賊”シリーズの防具です。

なんと、今回は「大海賊Jシリーズ」と、“大”が付いていますよ。

 

R0014866

腕防具に必要な“火竜の紅玉”が足らず、全部の部位を揃えられていなかったりします^^;

 

今までのシリーズでも登場していた防具ですが、今回デザインが一新されています。

装飾も豪華になっていますし、私の好きな“カッコカワイイ”感じがとっても良いですね♪

発動するスキルは「激運」「捕獲名人」とおなじみの報酬アップ向けの一式装備になって

います。

もちろん(?)、「悪霊の加護」もしっかりと発動していますよ。^^;

 

 

今度、大海賊装備をいくつかピックアップして、“激運マイセット”を作ってみようかな・・・?

PSPo2i各武器インプレッション ツインハンドガン&ハンドガン編

インプレッションで取り上げる武器も、残すところあと10種類です。

射撃武器は2種類同時に記事にしてアップしていますから、ちょっとだけですけれど進み方が

早くなりました。

来週までには終わりそうですので、何とかイベント開催前に終えられそうです。

・・・PSNの状況を見ていると、以前書いた通り本当に夏頃開催する、なんてことになりそう

ですよね。^^;

 

では、今日のインプレッション、ツインハンドガンとハンドガンです。

 

 

-ツインハンドガン-

・消費PP:4×2

・ロック数:1

・ヒット数:1×2

・主観射撃:○

・ステップ撃ち:○

・カテゴリー補正:基本回避力の上昇

 

射撃武器では唯一の“二刀流”(この場合二丁拳銃ですね)武器ですね。

そして、両手射撃武器はこのツインハンドガンで最後になります。

1度の攻撃で両方のハンドガンからそれぞれ1発ずつ、2ヒットさせることができ、攻撃スピード

も早いことから、チェイン数を稼ぐのにぴったりな武器です。

ステップ撃ちをしながら敵の周囲を回りつつチェインを稼いでいると、あっという間に10~20

チェイン溜まっていることもしばしばです。

射撃武器では一番チェイン向きな武器だと思います。

 

20110521165726

二丁拳銃姿を見ていると、西部劇や「ワイルドアームズ」(好きなのです♪)を思い出します

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・パワーバレット(消費PP6 射程距離、命中力がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・ヒットバレット(消費PP5)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・ロングレンジバレット(消費PP6)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・セイブバレット(消費PP3)

【特殊能力の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・エレメンタルバレット(消費PP7)

【特殊能力の強化バレット。射撃の属性効果があがる。】

 

チェイン数を稼ぐ事に重点をおくなら、やっぱりロングレンジバレットで射程距離をアップさせる

のが一番良いのではないでしょうか?

攻撃の威力については、ライフルなど他の両手射撃武器に分がありますので、ツインハンドガン

の利点・長所を生かせるようにするのが良いと思います。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)30 (フルチャージショット)40

・ロック数:1

・ヒット数:4

 

強攻撃タイプのチャージショットですね。

後方に飛び退きつつ、一度に4発の弾丸を発射します。

チャージショットとしては珍しく、相手モンスターとの距離を離しながら攻撃できますので、

攻撃の最中に相手からダメージをもらってしまうような事故は少ないです。

チェインを十分溜めてからのチャージショットは、攻撃力の低さを補って余りあると思いますよ。

 

20110521170126

前進したり、その場で発射する物が多いチャージショットの中では珍しいタイプかもしれません

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)50 (フルチャージショット)75

・ロック数:1

・ヒット数:8

 

チャージショットⅠと違い、“対多数”で力を発揮するチャージショットです。

前方に飛び込みつつ4発、続いて左右、前後に2発ずつ弾丸を発射します。

一度に多くのモンスターを攻撃できる反面、全部の弾を同じ相手に当てる事はできません。

そのため、実際に使用してみた時に、「使い辛い」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ダメージを期待するのではなく、モンスターを牽制、足止めするといった使い方が効果的な

変わり種のチャージショットです。

 

20110521170309

前方へ飛び込むようにしてまずは4連射して・・・

 

20110521170337

左右、前後と銃を“乱射”するようなイメージです

 

 

 

-ハンドガン-

・消費PP:4

・ロック数:1

・ヒット数:1

・主観射撃:○

・ステップ撃ち:○

・カテゴリー補正:基本命中力の上昇

 

この“ハンドガン”から、片手射撃武器になります。

 

オーソドックスな片手で持つ“拳銃”ですね。

射程距離はそこそこですが、攻撃スピードは速いですので、ツインハンドガンほどでは

ありませんが、チェイン稼ぎもOKです。

片手射撃武器の一番の利点は、もちろん右手に片手近接武器を装備できる所ですよね。

ステップ撃ちしながらチェインを溜めた後、右手に持ったセイバーなどのフォトンアーツで

高ダメージを狙うなど、射撃と近接をからめながら戦えるのがポイントです。

 

20110521165744

カテゴリー補正の“命中力の上昇”は、右手に持つ近接武器にも影響しますよ

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・パワーショット(消費PP6 チャージショット× 射程距離、命中力がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・ヒットショット(消費PP5 チャージショット×)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・ロングレンジショット(消費PP6)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・セイブショット(消費PP3 チャージショット× 攻撃力、命中力がやや低下)

【特殊能力の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・エレメンタルショット(消費PP7 チャージショット×)

【特殊能力の強化バレット。射撃の属性効果があがる。】

 

ハンドガンの場合、どちらかというと威力よりも攻撃がヒットしてチェインを稼げるかどうかが

重要だと思います。

ですので、ヒットショットやロングレンジショットが使いやすいのではないでしょうか。

ロングレンジショットを付けても届かない位置、相手へ攻撃するのなら、素直にライフルを

使用するといいですね。

 
チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)30 (フルチャージショット)40

・ロック数:(弾丸)1 (爆風)3

・ヒット数:(弾丸)1 (爆風)3

 

ライフルのチャージショットⅠと同じタイプの攻撃です。

弾丸と爆風、それぞれでヒットする部分も同じですので、違うのは射程距離だけです。

こういった強攻撃タイプのチャージショットは、クセもなく使いやすいです。

射撃武器の感覚を掴むのにはピッタリだと思いますよ。

 

20110521170117

チャージ完了後、着弾すると爆発する弾丸を発射します

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)20 (フルチャージショット)30

・ロック数:1(貫通)

・ヒット数:1(貫通)

 

射撃武器のチャージショットでは一番の変わり種ですね。

このチャージショットは、攻撃用ではなく、回復弾を発射するようになっています。

自分と、斜線上にいる味方のHPを回復する効果があり、モンスターには効果がありません。

使う状況、使い方がとても難しいチャージショットですが、攻略Wikiによると、チャレンジ

ミッション(決められた武具、レベルでスタートするミッションです)などで役立つみたいです。

 

20110521170403

その場でしゃがみ込み、回復弾を撃って自分と味方を回復します

 

 

今日は、二丁拳銃のツインハンドガン、片手持ちのハンドガンを取り上げました。

実はこの2種類の武器、どちらも主観射撃・ステップ撃ちができるという点が共通していたり

します。

どちらもこなせる射撃武器はこの2種類だけですので、どの戦闘タイプに就いていようと

どちらかの武器は扱えるようにしておくと、実際のミッションでとても役立つはずです。

臨機応変に戦えますので、戦闘中の選択肢が増えますよ。^^

体験! ダウンロードクエスト その18

昨日は、モンハン部の記念イベントが開催されていたみたいですね。

その中で、PSPのソフトをPS3でプレイできるようにするシリーズの第1弾として、MHP3rdが登場

することが告知されたようです。

(現在はPSPの方が勢いがありますので、“PSPで出たソフトを遊べる”という事を、PS3購入の

きっかけにしたいという施策なのでしょうか?)

 

画質が向上し、PS3のコントローラーでプレイできるため、今までプレイを敬遠されていた方

などには朗報だと思います。

PSP版独特の“モンハン持ち”が苦手な方もいらっしゃったでしょうし。

(私はもう慣れてしまいました^^)

アドパを使ったマルチプレイにも対応するみたいですから、ますますハンターさんが増えて

いけば良いな、と思っています。^^

 

・・・ただ、PS3を持っていない私としては、あんまり恩恵はなさそうなのですよね。^^;

PSP単体でも、アドパハンターさんと繋がることができると良いのですけれど・・・。

 

 

今日取り上げるダウンロードクエストはこちら、「武装戦線・男経ちの勝負!」です。

少し調べては見たのですけれど、このクエストも少年チャンピオンの「クローズ」とのコラボクエ

で良いのでしょうか?

3rdの公式サイトにも詳細は載っておらず、ちょっと少年マンガは疎いですので、正確には

分りませんでした。^^;

 

クエストの内容ですが、“ボルボロス2頭の狩猟”となっています。

下位のクエストですけれど、2頭同時になっていますので、その点は注意です。

使用する武器ですが、属性は水または火がよさそうですね。

一番肝心なのが切断系の武器でいくか、それとも打撃系の武器でいくか、という所でしょうか。

ボルボロスは、尻尾を切断属性の攻撃で、頭部を打撃属性の攻撃でそれぞれ部位破壊できる

のはご存じの通りです。

 

もちろん、クリアを目指すだけでしたら一番扱いやすい武器を使用するのが良いです。

ですが、ソロプレイの時には、素材や報酬アイテムを考えつつどちらかの属性を選ばなければ

いけません。

以前はランスが両方の属性を併せ持っていましたけれど、今回は変更されてしまいました

からね。^^;

 

 

報酬で貰えるのは「武装への招待状」というアイテム(チケットでしょうか?)です。

こちらを素材に利用して作成できるのは、剣士用の「武装戦線ジャケット」と、ガンナー要の

「武装戦線ライダース」という胴装備ですね。

 

R0014863

ドクロマークが入っていたりと、私個人的にはちょっと着たいとは思えないデザインだったりします^^;

 

セット装備ではなく、単体の防具ですが、この防具だけで“底力”というスキルが発動します。

効果は「1回やられるたびに攻撃力がアップする」というもの。

普段は、モンスターにやられてしまうと体力やスタミナが元に戻ってしまうなどマイナス要素

しかありません。

けれど、このスキルを発動させていれば、攻撃力がアップした状態で再開できる訳です。

タイムアタックをしている方や、短時間で素材を集めたい、という方には、とても便利なスキル

なのではないでしょうか?

(つまり、私には縁遠いスキルでもありますね。^^;)

そうそう、このスキルを発動させるために必要なポイントのついた「逆境珠【1】」も、報酬の

チケットで作成できるようになりますよ。

PSPo2i各武器インプレッション グレネード&レーザーカノン編

少し前の話になってしまいますが、ブログパーツやリンクを少し増やしました。

特に、PSPo2i関係を追加しています。

追加したリンク先は、私がよくお邪魔している(拝見している)サイトなのですが、その中で

「ラヴィス系の装備を集める」ということをやっていらっしゃる管理人様がいました。

その記事を拝見していて、「私もやってみようかな?」と思い、今挑戦していたりします。

 

この「ラヴィス」シリーズというのは武器なのですけれど、PSPo2iの大元(と言って大丈夫です

よね?)となる“PSO(ファンタシースターオンライン)”の頃から存在する武器です。

その頃はとてもとてもレアなアイテムだったのですが、今は(もちろんレアなのですけれど)

以前ほどでは無いみたいですね。

早速セイバーの“ラヴィス=カノン”をゲットしようとIMに挑戦中です。

・・・中々出ませんけどね。^^;

 

前置きが長くなってしまいました。

では、今日のインプレッション、グレネードとレーザーカノンです。

 

 

-グレネード-

・消費PP:8

・ロック数:5

ヒット数:1

・主観射撃:×

・ステップ撃ち:×

・カテゴリー補正:基本回避力の下降

 

モンスターに着弾すると爆発を起こす弾丸を撃ち出すのがグレネードです。

どちらかというと、その爆風で周囲の敵を巻き込むようにするのがメインでしょうか。

連続で撃てず、主観攻撃やステップ撃ちもできませんので取り扱いが難しいかもしれませんね。

でも、そのロック数の多さから、一部のボスモンスターに効果が高いです。

まとめて一掃したい場面でとても役立つ武器だと思います。

 

20110519204656

脇に下げるようにして構える様は、武器の重量感を感じられますね

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・ボンマ・パウガ(消費PP12 命中力がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・ボンマ・ヒッガ(消費PP10)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・ボンマ・ロンガ(消費PP10)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・ボンマ・セイガ(消費PP6 射程距離、爆発範囲がやや低下)

【特殊効果の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・ボンマ・バンガ(消費PP20 命中力、射程距離、爆発範囲がやや低下)

【特殊効果の強化バレット。敵を打ち上げやすくなる。】

 

やっぱり、グレネードでも私のオススメは射程距離アップの“ボンマ・ロンガ”でしょうか。

他の射撃武器と比較すると、射程距離が短いのが気になってしまいます。

もちろん、それを念頭に置いて戦えば問題無いのですけれど、あまり気にせず攻撃できる

ようになればより戦いやすくなりますからね。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)50 (フルチャージショット)60

・ロック数:5

・ヒット数:1

 

通常攻撃の強化版ですね。

よりダメージの大きな爆風を発生させる事ができます。

また、この爆風には吹き飛ばし効果が付いていますから、モンスターとの距離を離したい、

といった場合に効果的ですね。

 

20110519204752

爆風に当たったモンスターは後方へ吹き飛んでしまいます

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)120 (フルチャージショット)160

・ロック数:5

・ヒット数:6(?)

 

1発でも高威力なグレネード弾を連続で2発撃ち込みます。

さらに、発射した弾丸は爆発を繰り返しながら直進するみたいで、射程の最後に到達するまで

に何度かヒットするみたいです。

みたいです、と書いたのは、実の所使っていても正確なヒット数が解らなかったためです。^^;

 

その威力はもの凄いのですけれど、消費するPPの量ももの凄いです。

フルチャージショットだと160も消費してしまいますから、連続して撃つ事は困難ですね。

 

20110519205058

1発目を撃った後、クルッと1回転してから2発目を撃つ所は必見ですよ

 

 

 

-レーザーカノン-

・消費PP:8

・ロック数:1

・ヒット数:1(貫通)

・主観射撃:○

・ステップ撃ち:×

・カテゴリー補正:基本回避力の下降

 

グレネードに負けず劣らず大きな武器ですね。

肩に担ぐようにして持ち、レーザービームを発射します。

射撃スピードは、ライフルなどには劣りますがグレネードよりは速いです。

ロングボウのように貫通する弾丸を撃ちますので、なるべく直線に並んでいるモンスターへ

撃つと効果的だと思います。

 

20110519204706

実際にこんな大きな武器を抱えていたら、それだけで疲れてしまいますよね^^;

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・パワープリズム(消費PP10 チャージショット× 命中力、射程距離がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・ヒットプリズム(消費PP9 チャージショット×)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・ロングレンジプリズム(消費PP10 命中力ガヤや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・セイブプリズム(消費PP6 チャージショット× 射程距離がやや低下)

【特殊効果の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・バスタープリズム(消費PP15 チャージショット× 転倒効果)

【特殊効果の強化バレット。的を足止めしやすくなる。】

 

今回もオススメは射程距離アップの・・・と言いたいところなのですけれど、今回は“バスター

プリズム”を推したいと思います。

射撃武器は、基本的にそれほど連続しては攻撃し続けられません。

そのため、転倒効果が付くバレットがある武器は、利用した方がより安全に戦えると思います。

マルチプレイでも、文字通りモンスターの足止め役として戦えると思いますよ。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)50 (フルチャージショット)60

・ロック数:1

・ヒット数:5(貫通)

 

通常攻撃は、レーザーを撃つ感じなのですが、チャージショットⅠの場合はレーザーを連続して

放出し続ける感じです。

一定時間撃ち続けますので、その間連続して攻撃がヒットします。

1発1発の攻撃は遅いですけれど、これならまとめて連続攻撃できますので、1対1で戦う時でも

使いやすいです。

 

20110519204812

5ヒットするのですけれど、途中でキャラを移動させてしまうとレーザーも消えてしまうので要注意です

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)30 (フルチャージショット)40

・ロック数:1

・ヒット数:1

 

直線的な攻撃が特徴のレーザーカノンですけれど、このチャージショットⅡを使用すれば、

範囲攻撃が可能です。

極太レーザービームを撃ち続けながら、半円を描くように銃口を移動させてモンスターを

なぎ払う豪快な見た目が特徴的です。

半円と言いましたが、実際には半分以上(180度以上)攻撃範囲があって、とても広範囲の

敵を巻き込めますので、使いやすさはかなりのものですね。

 

20110519205123

左側からスタートさせ、銃口を右へ移動させつつ攻撃します

 

20110519205129

終了位置はこのように自分の背後に迫るほどです

 

 

大型の武器、複数の相手を巻き込んで攻撃する部分は、グレネードとレーザーカノンに

共通する部分かもしれません。

また、どちらの武器も攻撃スピードは遅めですから、攻撃するタイミングをしっかり見極めないと、

敵が移動した後に撃っていたりと、上手に攻撃を当てられないこともあります。

“巻き込む攻撃”を生かせるように、何度も使用してみて下さいね。^^

私のマイセット その17

今日紹介するマイセットは、久しぶりにヘビィ用のマイセットとなっています。

さらに、私にしては珍しい、“特化装備”だったりもします。

普段は、どんな武器でも使えるセットや、あまりレアな護石・武器スロットを使わないセットを

好んで作成しているのですけれど、今回のマイセットは“結果的にできた”と言った方が良い

かもしれませんね。

 

では、早速どんなマイセットになっているのが紹介して行きますね。

 

 

【状態異常攻撃用ヘビィ装備】

 

頭:増弾のピアス

胴:ゴールドルナレジスト (抑反珠【3】)

腕:アーティアSガード (特攻珠【1】)

腰:ルドロスUコート (抑反珠【3】)

脚:ネブラSレギンス (特攻珠【2】)

護石:王の護石 (反動3 特攻珠【2】)

武器スロット2 (特攻珠【2】)

 

発動スキル:装填数UP 反動軽減+2 状態異常攻撃+2

 

R0014815

腕や脚装備はほとんど変更できない物なのですが、腰装備が良い感じに色変更できたと思います

 

 

状態異常攻撃については、3rdの場合ライトボウガンの専売特許、みたいな感じになって

しまっているのが実情ですよね。

でも、私は基本的にライトボウガンは使用しませんので、一緒にプレイする方達の装備に

応じて、(たまに、ですけれど)状態異常攻撃を担当するときがあります。

そんなときに装備するのが、今回紹介したマイセットという訳です。

 

実の所、使用する武器も「ユクモ連山重弩」でほぼ限定されています。

このヘビィは、毒弾Lv1、2、麻痺弾Lv1、2、減気弾Lv1と、状態異常系の弾丸を多く撃てます。

また、属性弾も火炎・水冷の2種類に対応していて、中々にオールマイティなヘビィだったり

するのです。

睡眠弾が撃てないのがちょっとネックではありますが、基本的にこのヘビィだけでどのクエに

もいけると思っています。

 

カラーリングは、胴のゴールドルナに合わせるように、腰のルドロスUの縁取りを黄色くして

あります。

このルドロスUコートからチラッと覗く太ももが、ちょっとセクシーな感じですよね。

結構がっちりとした見た目、装備でまとまってしまいましたので、良いアクセントになっている

のではないでしょうか。

 

 

実際には、状態異常攻撃スキルを+1にすれば、どのヘビィでも使えると思います。

使用する弾数が若干多くなるだけですし、役割を分担できる人数で挑戦しているなら、

それほどこだわらなくても良い部分ですからね。^^

私と一緒にプレイしても、他の方との組み合わせによってはまったく使わないマイセット

ですから、以外とレアなセットになるかもしれません。

PSPo2i各武器インプレッション ショットガン&ロングボウ編

昨日から射撃武器のインプレッションに入りましたけれど、射撃武器についての説明はちゃんと

理解できる内容でしたでしょうか?

長々と書いてしまいましたが、なるべく解りやすいように書いたつもりです。

今日は、通常通りインプレッションにすぐ入りますので、書いてある内容が解りにくい場合は、

昨日の記事を参照して頂けますと助かります。

 

では、ショットガンとロングボウのインプレッションです。

 

 

-ショットガン-

・消費PP:4

・ロック数:2

・ヒット数:3~5

・主観射撃:×

・ステップ撃ち:×

・カテゴリー補正:基本回避力の下降

 

ショットガンは、一度に複数の弾丸を扇状に発射して攻撃できます。

注目したいのは一度に発射できる弾の数ですね。

通常では3発の弾を同時に発射できるのですけれど、セットするフォトンアーツ(バレット)の

レベルに応じて、最大5発まで同時に撃つ事ができるようになります。

 

一見すると、「複数のモンスター相手に有効な武器なのかな?」と思いがちですが、実際は

1対1でも強力な武器だったりします。

最初に“扇状に撃つ”と書いた通り、撃った後に弾丸が広がっていくことを逆手にとり、

モンスターに接近して撃てば、発射した弾の数だけヒットさせられるのです。

主観射撃もステップ撃ちもできませんが、近接武器のような戦い方のできるのが、ショットガン

の特徴かもしれませんね。

 

20110519094449

1回攻撃するごとにリロードする動作が入りますので、攻撃速度は遅めです

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・バラタ・パウガ(消費PP6 命中率がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・バラタ・ヒッガ(消費PP5)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・バラタ・ロンガ(消費PP6)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・バラタ・セイガ(消費PP3)

【特殊効果の強化バレット。PP消費量軽減される。】

・バラタ・マガ(消費PP8)

【特殊効果の強化バレット。射撃の属性効果があがる。】

 

ショットガンは、フォトンアーツを付ける事で一度に発射できる弾数が増える事は上でも

書きました。

ですので、他の射撃武器と違い、何かしらのフォトンアーツをセットしておいた方が有利に

戦えます。

中でもオススメなのは、“バラタ・ロンガ”でしょうか。

モンスターに接近して戦う場合には、射程距離は問題にはなりませんけれど、一度に

多くのモンスターを相手にする時は、その短い射程距離がネックになる場合もあります。

ですので、射程距離をアップさせておけば、近距離も遠距離も、共に戦いやすくなるはずです。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)20 (フルチャージショット)30

・ロック数:2

・ヒット数:3~5

 

通常攻撃では扇上に広がる弾丸を、正面方向にまとめて攻撃します。

通常攻撃の強化版、といった感じですね。

弾は、ハンドガンやライフルのようにまっすぐ飛びますので、モンスターと距離が離れていても

しっかりと命中させられると思います。

 

20110519094542

発射できる弾が(この場合3発ですね)すべて正面に集まっているのがわかると思います

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)50 (フルチャージショット)60

・ロック数:2

・ヒット数:3~5×3

 

チャージショットⅠは“集中砲火”でしたけれど、こちらは“連続射撃”です。

通常射撃と同様に扇状に広がる弾丸を3回連続で発射します。

その際、1発目は前にステップ、2,3発目は後ろにステップしながら撃ちますので、弾丸を

ばらまくような感じですね。

このチャージショットⅡをモンスターにくっつくような状態で撃つと・・・。

最大5発の弾を3連射=15ヒット、ロック数が2ですからそれが倍になり、最大30発分の攻撃

ができる訳です!

もちろん、あまりチャージショットばかり使用していてはあっという間にPPが無くなって

しまいますが、是非一度チェインを溜めたモンスターに攻撃してみて下さい。

きっとビックリするようなダメージを与えられますよ。^^

 

20110519094728

チャージボタンを放すと、素早く動きながら3回連続で弾丸を放ちます

 

 

 

-ロングボウ-

・消費PP:5

・ロック数:1

・ヒット数:1(貫通)

・主観射撃:○

・ステップ撃ち:×

・カテゴリー補正:基本精神力の上昇

 

射撃武器の攻撃力は、命中力が大きく影響しているのですけれど、ロングボウは法撃力の

影響力が大きい、“法撃系射撃武器”となっています。

また、法撃力の影響を受ける事から、射撃武器が得意なレンジャーよりも、フォースの方が

扱いに長けています。

そのため、フォトンアーツ(バレット)の最大使用レベルも、レンジャーが15まで、フォースは

最大の30まで扱えるようになっています。

テクニックを主な攻撃手段としているフォースが、サポート用のサブ武器として使用するには

もってこいの武器だと思いますよ。

ライフルよりは連続射撃のスピードで劣りますが、射程距離は同じくらいあります。

 

20110519094457

フォースで戦う時には、よくロングボウのお世話になっています

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・リキセイソウ(消費PP6 射程距離・命中力がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

・キュウセイソウ(消費PP5 チャージショット×)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

・チョウセイソウ(消費PP6)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

・ユウセイソウ(消費PP4 チャージショット× 射程距離がやや低下)

【特殊効果の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

・ゾクセイソウ(消費PP8 チャージショット×)

【特殊効果の強化バレット。射撃の属性効果があがる。】

 

ライフルと同様に、その飛距離を更に生かせるよう、“チョウセイソウ”をセットするのが

オススメかもしれません。

他は、命中が下がってしまったり、チャージショットには効果が及ばなかったりしますからね。

元々射程距離の短めなロングボウもあるようですから、やっぱり射程距離中心で考えた方が

よさそうです。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)20 (フルチャージショット)30

・ロック数:1

・ヒット数:1(貫通)

 

非常に強力な、貫通する矢を放ちます。

わざわざ“非常に強力”と書いたのには理由があって、他の射撃武器の“溜め攻撃”と違い、

通常攻撃の4倍くらいのダメージが見込めるためです。

またチャージ完了までの時間がとても短いのも特徴で、ある程度のチェイン数であったら、

フルチャージショットを3,4回お見舞いできると思います。

 

20110519094527

直線上に複数のモンスターが居た場合、全て貫通してダメージを与えられます

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)40 (フルチャージショット)60

・ロック数:1

・ヒット数:4(貫通)

 

Ⅰと違い、近距離の相手に効果的なチャージショットです。

その場で飛び上がり、斜め前方付近へ連続で4回弓を射ます。

その際、撃った矢は前方広範囲に広がるように着弾しますので、多くのモンスターを

巻き込んで攻撃する事が可能です。

また、矢にはダウン効果がありますから、攻撃後も比較的安全だと思います。

最初の1発を撃つまでにちょっと隙がありますが、それ以外はとても高性能なチャージショット

ですね。

 

20110519094718

ダウン効果が有効な相手なら、一方的に攻め続けられますね

 

 

第一印象では、ショットガンが“複数”、ロングボウは“単体”に有効な武器の様に思える

かもしれません。

ですが、実際に使用してみるとそんなことはなく、どちらの武器も臨機応変に戦えると実感

できるはずです。

2つとも、PSPo2から大分強化された武器だと思いますので、使えば必ず役立ってくれると

思いますよ。^^

“旦那さん”からの贈り物ニャ♪

3rdからの新要素として、オトモの装備を自分で用意してあげられるようになりましたね。

ソロプレイでは、一緒に戦ってくれる頼もしい味方ですから、連れて行く2匹ともしっかりとした

コーディネートをしておきたいです。

皆さんは、オトモにどんな装備をさせて狩りに連れて行っていらっしゃいますか?

 

 

作成できる装備は、「武器」「頭パーツ」「胴パーツ」の3種類です。

それぞれモンスターやアイテムから出る“端材”を材料にして作成するのですけれど、ハンター

のようにセット装備などはありませんので、3種類とも別の素材を使った装備にすることも

可能です。

(もちろん、一式で合わせた方が、見た目には整うかもしれません)

皆さんも、色々な組み合わせで装備を揃えていらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんなオトモ装備について、今回私のお気に入りをいくつかピックアップしてみようと思います。

 

 

・武器

「ベリオSネコ包丁」(攻撃系統:斬)

ベリオロスの牙を使った包丁です。

見た目もシンプルで、デザインも中々気に入っている武器ですね。

ベリオロスの“棘”が中々出ず、素材が沢山溜まったから使っている・・・と言うわけでは

ありませんからね!(笑)

 

「マギュルSネコホウキ」(攻撃系統:打)

うーん、ホウキというより筆っぽく思えるんですけれど気のせいでしょうか。

説明文に、「掃除もできる打撃武器」なんて書いてありますが、ホウキでは威力がありそうに

思えません。

でも、中心に付いているカボチャの顔がお気に入りなポイントです。^^

 

「巨大Sネコどんぐり」(攻撃系統:打)

オトモの武器といったら、2ndGのころからコレ!ですよね。

やっぱりずっと愛用していた武器ですから、何となく気に入って使い続けています。

次回作でもちゃんと登場して欲しい武器です。

 

・頭パーツ

「アロイSネコヘルム」

見るからにオトモ用の兜、ですよね。

耳の部分もちゃんと作り込んでいる所が気に入っています。

私の好きな“カッコカワイイ”感じが出ていると思いませんか?

 

「ギルドSネコロポス」

2ndGの「ギルドナイト」シリーズのオトモ装備版です。

“三銃士”のような雰囲気で、カッコイイですよね。

もっとも、ハンター達を追ってくる姿はただただ愛らしいだけなのですけれど・・・。^^;

 

「ガンキンSネコヘルム」

一番最初に見た時、「!」と衝撃を受けました。

・・・え、字が違っていますか?

確かに、“笑撃”と言っていい外見ですよね。(笑)

 

・胴パーツ

「アシラSネコメイル」

ハンター用のアシラ装備も好きなのですけれど、オトモの物も気に入っています。

毛皮の装備がとっても雰囲気が出ていて良いですね。

尻尾まで毛皮で覆っているのもポイントです。

 

「レイアSネコメイル」

鎧の形状がハンター用のレイア装備をほぼ再現しています。

おそろいで狩りに出かけてみると、気分はすっかりペアルックですよ。

レイア装備は以前からお気に入りですので、オトモにもよく着てもらっています。

 

「大海賊Jネコチョッキ」

コラボクエストで作成できるようになる装備です。

背中(腰?)に背負った宝箱へ、素材をいっぱい詰めて帰ってきてくれそうですよね。

そんな願掛けっぽいことも、装備させている理由だったりします。

 

R0014808

「ベリオSネコ包丁」「アロイSネコヘルム」「アシラSネコメイル」装備したオトモと一緒にパチリ。

 

 

私のキャラクター自身のマイセットは色々と紹介してきましたけれど、オトモのお気に入り、

セット装備は紹介していませんでした。

それに、以外とオトモ装備は紹介している方も少ない気がしましたので(それとも、ずっと

以前に既にみなさん紹介済みなのかもしれませんね)今回取り上げてみました。

「こんな組み合わせで狩りに連れて行っているんだ」という事を、ちょっとでも感じて頂けた

なら嬉しいです。^^

 

皆さんのオトモは、今どんな姿で側にいるのでしょうか?

PSPo2i各武器インプレッション 射撃武器について&ライフル編

今日から射撃武器のインプレッションに入っていくのですけれど、まず初めに「射撃武器に

ついて知っておいて欲しい事」をいくつか書いておきたいと思います。

このインプレッションを始める前、一番最初のソード編でも同じ様な事を書きました。

その射撃武器編だと思っていただければOKです。

 

 

射撃武器は、近接武器と違って遠距離からモンスターを攻撃できるのが強みです。

ですが、その分近接武器とは違う制約があったり、別の戦闘システムがあったりします。

これからいくつかの項目に分けて紹介して行きますね。

 

・PPの消費

まず、近接武器と全く違うのは、“攻撃するのにPPを消費する”ことです。

近接武器の場合は、通常攻撃をする際PPを消費することはありませんでした。

(むしろ、通常攻撃をヒットさせることで、PPの回復を早めます)

射撃武器の場合、通常攻撃・フォトンアーツ(チャージ攻撃)問わず、毎回PPを消費しながら

戦うことになります。

もちろん、普段の戦闘で通常攻撃をしている時に、どんどんPPが無くなって攻撃できなくなる、

なんてことはありません。

ですが、そこにチャージ攻撃や回避行動(回避行動も一定のPPを消費します)が混ざってくる

と、やりくりが大変になってきます。

 

神経質になるほどではありませんが、念頭に置いておく必要がある要素ですね。

 

・チャージショット

近接武器には、チェインを溜めた後の大ダメージ攻撃・必殺技として、フォトンアーツ(スキル)

がありました。

射撃武器にももちろんフォトンアーツはあるのですけれど、こちらは“バレット”と呼ばれるもの

で、通常攻撃を含めた射撃自体の能力を上げる要素になっています。

では、射撃武器の必殺技はというと、「チャージショット」がそれにあたります。

 

近接武器では△ボタンにフォトンアーツ(スキル)がセットされていました。

射撃武器で戦う際には、それがチャージショットボタンに変わります。

ボタンを一定時間押し続けると“チャージ”状態になり、ボタンを放すと通常の射撃よりも

威力の高いチャージショットによる攻撃ができる訳です。

また、このチャージショットは、レンジャーがタイプレベル2で覚えるアビリティ「フルチャージ

ショット」を装備する事で、もう1段階チャージショットの威力を高める事が可能です。

 

さらに、各射撃武器にはチャージショットが2パターン用意されているのも重要です。

PSPo2までのチャージショットに加えて、PSPo2iからはもう1パターン追加されました。

それまでのチャージショットを「チャージショットⅠ」、PSPo2iから追加されたものを「チャージ

ショットⅡ」と呼んでいます。

それぞれ、攻撃範囲・ロック数・ヒット数・効果などが違っていますので、状況や自分自身の

好みに合わせて使い分けられるので、戦略の幅が広がりました。

 

射撃武器で戦う時には、通常射撃に加えて、2種類あるチャージショットを使い分けていくこと

が重要になりますね。

 

20110518224328

銃口に光りが収束しているのがお解りになりますでしょうか、これがチャージ完了の状態です

 

・フォトンアーツの役割

チャージショットの項目でも書きましたが、近接武器のフォトンアーツ(スキル)と違って、

射撃の能力自体を強化するのが射撃版フォトンアーツである“バレット”の特徴です。

ですので、射撃武器のインプレッションでは、まとめて紹介して行く形をとろうと思います。

 

まとめるのにはもう一つ理由があって、どの射撃武器でも基本の効果は同じためです。

詳しく説明すると、「威力アップ」「命中アップ」「射程アップ」「PP消費軽減」「特殊効果」の

5つが、名前は違いますがどの射撃武器にも用意されているのです。

 

紹介する時には、武器ごとにオススメのフォトンアーツ、効果などを書いて行くつもりです。

 

・主観射撃

ここからは、射撃武器独特の戦闘に関係する要素です。

普通に戦闘していると、近接、射撃問わず飛んでいる敵やボスモンスターなどの高い位置を

攻撃する事は難しいです。

せいぜい、キャラクターの頭1つか2つ分くらい上までしか届きません。

では、高い位置を攻撃するにはどうすれば良いかというと・・・。

 

一部の射撃武器には、狙いを付けて狙撃する「主観射撃」が用意されています。

Lボタンと↓キーを同時に押すとスコープを覗いたような画面に切り替わり、照準を動かして

好きな場所を撃つ事ができるようになります。

ちょうど、モンハンでヘビィを使う時、スコープモードにする感覚ですね。

(PSpo2iをプレイされていてモンハンをやった事がない方がいらっしゃいましたらすみません)

 

攻撃箇所が複数あるボスモンスターなどは、攻撃属性(近接・射撃・法撃ですね)によって

有効な部位が違っています。

例えば、射撃攻撃に弱い(弱点である)部分が“翼”であるなら、主観射撃を利用して攻撃

すると、より効果的にダメージを与えられるわけです。

 

また、主観射撃は通常の状態よりも命中力がアップしますので、攻撃が当たりやすくなる

上に射撃の攻撃力(射撃のダメージは命中率が大きく影響します)も底上げされます。

反面、全く移動ができなくなり、回復アイテムなども即座に使えなくなりますから、使用する

タイミングを間違うと、一転してピンチになってしまう事もありえます。

 

インプレッションでは、主観射撃ができるかどうか、武器の紹介時に○×で表記していこうと

思っています。

 

20110518224313

主観射撃モードでは、照準を好きに動かして狙った位置を狙撃できます

 

・ステップ撃ち

近接・射撃・法撃問わず、ほとんどの場合“攻撃中に移動する”ことはできません。

ただ、一部の射撃武器(厳密には一部の法撃武器も、ですけれど)は、攻撃と移動を同時に

行えるものがあります。

射撃しながら前後左右に移動できる、“ステップ撃ち”です。

 

攻撃しながらモンスターとの距離を詰めたり、逆に間を空けたりできますので、より安全な

位置から攻撃し続けられる訳ですね。

さらに、モンスターに照準を合わせた状態(ロックした状態)でステップ撃ちすると、ロックした

相手を中心にして回り込むように移動することも可能です。

主観武器と並んで、射撃武器の特権といえる要素だと思います。

 

ステップ撃ちについても、主観射撃と同様に○×で表記していきますね。

主観射撃だけできる武器、ステップ撃ちだけできる武器、両方できる武器と、各武器ごとに

分かれていますので、しっかりと把握しておきたい部分です。

 

20110518224237

敵を中心に据え、回り込みながら攻撃できますので、ターゲットを見失わずに済みますね

 

事前に説明しておいた方がよさそうなのは、このくらいでしょうか?

細かい部分については、説明書や攻略Wiki等を参照頂いた方が解りやすいと思います。

それでは、射撃武器のトップバッター、ライフルのインプレッションを始めていきますね。

 

 

-ライフル-

・消費PP:7

・ロック数:1

・ヒット数:1

・主観射撃:○

・ステップ撃ち:×

・カテゴリー補正:基本防御力の上昇

 

銃身の長い銃で、遠くまで攻撃が届くのがライフルの特徴ですね。

相手モンスターが接近する前に攻撃したり、ボスモンスターの弱点を狙い撃ったりする時に

重宝すると思います。

逆に、モンスターに接近されてしまうと対抗手段に乏しいため、しっかりと距離を保って戦闘

するように心がけると安心です。

 

20110517175320

現実にあるライフル銃と同じく、敵を狙い撃ちするのが得意な武器です

 

 

フォトンアーツ(バレット)詳細

・パワーシュート(消費PP9 チャージショット× 命中率がやや低下)

【射撃能力の強化バレット。射撃の威力があがる。】

 

・ヒットシュート(消費PP8 チャージショット×)

【射撃能力の強化バレット。射撃の命中力があがる。】

 

・ロングレンジシュート(消費PP9)

【射撃能力の強化バレット。射撃の射程距離が伸びる。】

 

・セイブシュート(消費PP5 チャージショット× 射程距離ダウン)

【射撃能力の強化バレット。PP消費量が軽減される。】

 

・バスターシュート(消費PP15 チャージショット× 射程距離ダウン)

【特殊効果の強化バレット。敵を足止めしやすくなる。】

 

基本的に、ライフルの長所である「遠くの相手に攻撃が届く」部分を伸ばすため、“ロングレンジ

シュート”をセットするのがオススメですね。

また、攻撃がヒットした際、相手モンスターを転倒(ダウン)させられるようになる「バスター

シュート」も、転倒する相手には有効です。

起き上がっても、再度攻撃し転倒させれば、一方的に攻撃し続けられますよ。

 

一部のバレットでは、チャージショットには効果が及ばない物もありますので、その点だけは

注意してください。

 

チャージショットⅠ

・消費PP:(チャージショット)30 (フルチャージショット)40

・ロック数:(弾丸)1 (爆風)3

・ヒット数:(弾丸)1 (爆風)1

 

ライフルのチャージショットⅠは、パワーを溜めて威力の高い弾丸を撃つ、まさにチャージ

ショットという攻撃です。

通常攻撃の場合は、モンスターに1発弾が当たって終わりですが、チャージショットⅠの場合

は、モンスターに当たったあと爆風が発生して、周囲の敵を巻き込みつつ攻撃できます。

ぞろぞろと集団で近づいてくるモンスターの先頭に撃ち込めば、一気にダメージを与えられ

ますよ。

 

20110517175715

威力のアップした弾丸は、モンスターに着弾すると爆風を巻き起こします

 

チャージショットⅡ

・消費PP:(チャージショット)40 (フルチャージショット)55

・ロック数:3

・ヒット数:4

 

例えるなら、モンハンの弓で使える“曲射”でしょうか。

上空に向かってライフルを4連射し、モンスターの頭上へ落下させるようにして攻撃します。

チャージショットⅠよりも多くの敵を巻き込め、ヒット数も多いのがポイントですね。

ただし、モンハンの曲射と同様に、一定の距離を空けた先にしか攻撃ができませんので、

モンスターに接近されてしまうと打つ手が無くなってしまいます。

チャージショットⅠと違って、攻撃するタイミングもとても重要になってきます。

 

20110517175453

上空に向けてライフルを連射して・・・

 

20110517175448

離れた位置にいるモンスターめがけて上空から銃弾の雨を降らせます

 

 

現実にあるライフル銃でも同じだと思いますが、ライフルは基本的に距離を置いて戦う時に

力を発揮します。

また、最初に書いた通り、ボスモンスターの弱点を狙撃したりする時などは、とても心強い

武器だと思います。

ライフルを使う時には、そういった効果的な場面を見極めるようにすると、より戦いやすい

のではないかな、と思っています。

 

 

追伸

また長い記事になってしまいました・・・。^^;

前提の説明が多くなってしまいましたけれど、一度ご覧頂ければすぐに解る内容です。

以降のインプレッションをご覧頂く際に解っていた方が良い項目だけをまとめましたので、

できることならまずお読み頂けると幸いです。

 

インプレッションについては、まずライフルを取り上げました。

この、「武器の説明、フォトンアーツの説明、チャージショットⅠ・Ⅱの説明」が射撃武器の

インプレッションでは1セットになります。

また、近接武器のインプレッションとは違って、フォトンアーツの項目をまとめていますから、

すこしはコンパクトにして書けるかな?と思います。

ですので、次回からは武器を2種類ずつ取り上げて記事にしていこうと思っています。

体験! ダウンロードクエスト その17

最近は、まだ作成していなかった武器を作り始めているのですけれど、作成・強化を繰り返し

ているうちに、お金がどんどんと無くなってきてしまいました。

特に、武器の最終強化をする場合、多くの武器で高額のお金が必要になります。

基本的に、私は獲得した素材はほとんど売らないでプレイしているのですが、多く所持して

いるものはいくつか売却したほうが良いのでしょうね。^^;

 

 

さて、そんな悩みの種の一つであるコラボ武器が作成できるクエストが、今日取り上げる

ダウンロードクエストです。

クエスト名は「YAIBA・風神と雷神」。

こちらは、少年サンデーで連載中のマンガ「名探偵コナン」の作者さんが以前に書いていた

「YAIBA」という作品とのコラボレーションのようですね。

 

今回の舞台は闘技場、対するのはベリオロス亜種とジンオウガの2頭です。

ただし、同時ではありませんので、その点ではいくらか難易度は低いと思います。

私もすでに何度か挑戦してみました。

武器は、ヘビィ、双剣、ランスなどを使っています。

 

ジンオウガは、今回の看板モンスターですから、既に色々な方が攻略を書かれていると

思います。

ですので、私はベリオロス亜種について少しだけポイントを挙げてみますね。

戦っていて一番ネックになるのは、発生させた竜巻に乗り上空から飛びかかってくる攻撃

だと思います。

ですが、この攻撃は以外と簡単に避けられるんですよ。

 

飛びかかってくる際、向かって左側から斜めに飛んでくることはお解りだと思います。

その時、自分は飛んでくるベリオロス亜種に向かって回避行動をすると、攻撃を受けること

なく回避に成功するはずです。

丁度、時計の針で10時方向へ回避する、と言えば解りやすいでしょうか。

恐れずに、何度か挑戦してみてください。

回避性能を付けていなくても、ちゃんと回避できるようになるはずですよ。^^

 

 

順番に登場する2頭を無事討伐できれば、「剣豪の奥義書」という報酬アイテムが貰えます。

今回の報酬では、キャラクター用・オトモ用、それぞれの武器を作成可能に。

キャラクター用には、太刀「覇王剣」、オトモには「ネコ魔王剣」が用意されています。

 

R0014805

こちらは太刀の覇王剣です、龍属性の武器は貴重ですね

 

R0014806

オトモ用の魔王剣も、龍属性の斬撃武器です

 

 

どうやら、それぞれ「YAIBA」の作中で登場する剣みたいですね。

覇王剣は、数少ない龍属性の太刀+長い緑ゲージが特徴的です。

龍属性の太刀は、ゲーム終盤にならないと使いやすいものが手に入りません。

ですので、このコラボ武器も、挑戦できるようになったら作成し、攻略に活用すると良いかも

しれませんね。^^

PSPo2i各武器インプレッション スライサー編

片手近接武器も、今日取り上げるスライサーで最後になります。

両手近接武器と合わせて、これで13種類になる訳なのですが、まだあと半分以上残っている

んですよね。

書く前から解っていましたけれど、28種類もあるとやっぱり苦労します。^^;

 

それでも、毎日書いていれば、案外あっという間だったりもします。

ご覧下さっている方には助長気味かもしれませんが、それでも構わないようでしたら引き続き

お付き合い頂けたらと思います。

 

では、スライサーのインプレッションです。

 

 

-スライサー-

・ロック数:1(モンスターを貫通)

・攻撃回数:3回(1-1-1)

・カテゴリー補正:基本回避力の上昇

 

スライサーは、他のRPGなどでは見かけない、珍しいタイプの武器かもしれませんね。

手に持った武器自体で直接攻撃するのではなく、ぶきを振ることで発生するフォトンの刃を

モンスターに向かって飛ばして攻撃します。

ラクロスのラケットでボールを飛ばすような感じ・・・、を思い描くと近いでしょうか?

さらに、飛ばした刃はモンスターにダメージを与えて終わり、ではありません。

刃はモンスターを貫通しますので、当てたモンスターの後方にさらにモンスターが居た場合、

そのモンスターにも攻撃できる訳です。

近接武器でありながら遠隔攻撃ができるのは、とっても便利ですね。

ただ、その性質上、急な攻撃の方向転換ができませんので、モンスターに接近されてしまった

時には、フォトンアーツなどを使って対応したほうが良いと思います。

 

20110516091604

武器の形状は、刃物のようなものから扇まで様々です

 

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・チョウトウカンツウジン(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数2-1)

【跳投貫通刃。素早いステップで左右から飛刃剣を振り下ろし複数の敵にダメージを与える。】

 

左右にステップしながらそれぞれ1回、真ん中で飛び上がりながら1回フォトンの刃を飛ばす

フォトンアーツです。

それぞれ刃の出る位置が違いますので、同じモンスターに連続でヒットさせるのは、案外

難しいかもしれません。

どちらかと言えば、前方から迫ってくる相手へ広範囲攻撃する感じですね。

攻撃スピードも遅くはありませんから、上手く距離を保ちながら使うと効果的だと思います。

 

20110516091646

下からスライサーを振り上げるようにして、勢いのついた刃を投げつけます

 

・チッキキョレンジン(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数1-2)

【蓄輝巨連刃。リアクターの出力を最大値まで上げて巨大な飛刃で敵を撃つ。】

 

パワーを十分溜めてからフォトンの刃を放つフォトンアーツです。

今まで紹介してきた武器のフォトンアーツと同様に、この溜め時間がネックとなって、少ない

チェインではチェイン終了までに全部ヒットさせるのは難しいですね。

ただ、フォトンアーツの威力は申し分ありませんので、ここぞ、という時(十分チェインを溜めた

後)に使用すると効果的です。

 

20110516091727

自身の前方にできた球状の光から、フォトンの刃を発射します

 

・レツザンソウヒジン(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数2-2)

【烈斬葬飛刃。磨き上げた刃が時空を裂き飛刃の威力をあげる。】

 

スライサーで×時に斬りつけつつ刃を放つのが特徴的なフォトンアーツです。

注目したいのは、その攻撃スピードでしょうか。

2段目の終了まで(攻撃をすべて出し切るまで)のスピードは、スライサーのフォトンアーツ

4種類の中では一番です。

スピードが速いということは、少ないチェインでも力を発揮しやすいということですので、

普段の戦闘で使うにはもってこいだと思いますよ。

 

20110516091804

攻撃スピードも速く威力もありますので、スライサーのフォトンアーツでは一押しです

 

・レックウチョウヒジン(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数4-4)

【烈空超飛刃。一撃で致命傷に至るほどの破壊力を持つ飛刃を全方位に連続発射する。】

 

今まで紹介した3種類は、全て前方への攻撃だったのですけれど、このフォトンアーツは

全方位に攻撃するタイプです。

いわば“乱れ撃ち”するかのように、連続して四方八方にフォトンの刃を飛ばしていきます。

お解りだと思いますが、対複数の状況でとても有効なフォトンアーツだと思います、

また、ある程度の大きさで区切られた場所(小部屋のような場所)なら、そこの中央で

フォトンアーツを撃てばほとんど全てのモンスターへ攻撃できますよ。

 

20110516091849

フォトンの刃を周囲に放つため、1対1ではあまり力を発揮出来ません

 

 

近接武器でありながら、モンスターと距離を空けて戦えるのがスライサーの利点です。

また、射撃武器の場合はPPを消費する一方ですが、スライサーは近接武器ですので

PPを回復させながら戦えるのも便利だと思います。

最初は、きちんと攻撃したいモンスターに狙いをつけるのが難しいかもしれませんけれど、

慣れれば色々な戦い方が可能になる武器です。

「よくわからない武器だから…」と敬遠されていた方も、ぜひ一度使ってみて下さいね。^^

体験! ダウンロードクエスト その16

先週末にブログのメンテナンスを行ったようなのですけれど、昨日も1つ記事をアップしたあと、

2つめの記事がアップできませんでした。><

前後で何か特別な操作を行ったわけでもありませんから、何かしらFC2ブログ側に原因が

あるのだと思うのですが・・・。

もしくは、記事をアップする時間帯(21時半~22時くらいでしょうか)が、とても混雑する時間帯

なのかな?

 

早く正常化して頂かないと困ってしまいます。(泣)

 

 

今日ピックアップするのは、「巨大熊、山中を破壊す」です。

“熊”と書いてありますから、すぐに討伐対象がお解りになりますよね。^^

はい、アオアシラが対象となっています。

 

クエストの配信予告を見た際に、「今更ダウンロードクエストでアオアシラなの?」と思われた

方も多かったのではないでしょうか。

もちろん、同時に「何か特別な内容なんだろうな」と思われた事でしょう。

では、何が特別だったかと言えば・・・。

 

R0014803

お休み中のクマさんをパシャリ・・・、やっぱり“巨大”というほどでは無いように思います

 

アオアシラのサイズが大きいクエストでした。

モンハンではおなじみの、“金冠”(このクエでは最大金冠ですね)サイズですね。

 

最大・最小サイズのモンスターと出会う事で、金冠マークが付き、それぞれ全てに付くと

勲章が貰えます。

その事はもちろん私も知っているのですけれど、実の所以前の作品でも勲章を取った事は

ありません。

特別、「勲章を全部揃えよう!」とも思ってはいませんので。

ですが、そんな私は別にして、全モンスターの金冠サイズを狙うハンターさんが多くいらっしゃる

事も事実です。

そんな方達には、苦労せず金冠サイズのモンスターに出会えるのは嬉しい事だと思います。

 

今回のクエストは、アオアシラ1頭の狩猟ですので、攻略としては問題ないと思います。

ただ、注意しておきたいのは、“いつものアオアシラ”と思って戦わないということ。

サイズがサイズですので、いつもは避けていた攻撃や、避けられた位置にいても、ダメージを

受けてしまう場合があります。

ですので、狩りの基本を思い出し、正確なヒット&アウェイを心がけると良いかもしれませんね。

 

 

実は、挑戦する前は「どんなに巨大なアオアシラが出てくるのだろう」と、ちょっとドキドキ

していました。

ですが、実際に見てみると、“巨大”と付いている割には・・・、と思ったのは私だけでしょうか?

せめて、最大サイズのジンオウガくらい大きければ、もっと迫力があったかもしれませんよね。

 

あ、それでも愛らしいアオアシラですから、やっぱり“迫力”は難しいかもしれません。(笑)

PSPo2i各武器インプレッション ウィップ編

今回と次回で、片手近接武器のインプレッションもすべて終了します。

その後はいよいよ射撃武器なのですけれど、どうやって紹介して行こうかちょっと悩んで

いたりします。^^;

まとめられる部分(省いても大丈夫な部分)もありそうですから、一度の記事で2種類くらい

紹介できる・・・かな?

まだ確定ではありませんけれど、そんな感じで予定しています。

 

では、片手近接武器4回目、ウィップのインプレッションです。

 

 

-ウィップ-

・ロック数:5

・攻撃回数:3回(1-1-2)

・カテゴリー補正:基本法撃力の上昇

 

ウィップの一番の利点といえば、やっぱりロック数の多さですね。

武器を振るうと出現するフォトンの鞭が、広範囲の敵を一度に巻き込んで攻撃します。

群がるモンスターに対して効果的なのはもちろん、ロック箇所(攻撃できる部位)が多い

大型ボスモンスターなどにも有効です。

また、場合によってはソードなどよりも敵を巻き込めますから、麻痺や感電など、武器に付加

されている特殊効果をより活用できるのもウィップならではですね。

 

20110513191959

通常は柄の部分しかないウィップですが、攻撃するとフォトンの鞭が出現します

 

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・ヴィヴィ・ダンガ(ロック数5~6 攻撃回数2 ヒット数4-3)

【リアクターの出力を上げることで光波鞭の飛距離を伸ばし、複数の敵に強力な打撃を

打ち付ける。】

 

こちらは、連続攻撃系のフォトンアーツですね。

連続して通常攻撃時よりも長い鞭を振り、周囲の敵を攻撃していきます。

また、2段目の最後には、なぎ払うように周囲を1回転させる攻撃でモンスターを吹き飛ばす

効果も。

多数の敵、ロック数の多い敵が得意なウィップの本領を発揮するフォトンアーツだと思います。

 

20110513192107

連続攻撃からのなぎ払いで、周囲の敵を一気に蹴散らす事が可能です

 

・ヴィヴィ・デッザ(ロック数6 攻撃回数1 ヒット数4)

【光波で空間を描き凝縮したフォトンを爆破する奥義。近づくものをすべて吹き飛ばす

破壊力がある。】

 

ウィップを使用して魔方陣の様なものを描きつつ、最後に叩きつける事で爆発を起こし攻撃

するフォトンアーツです。

とっても幻想的というか、魅せられるフォトンアーツですね。

攻撃回数が1回な分、ヒットすれば大ダメージを期待できます。

当たれば相手モンスターもダウンします。

反面、この“魔方陣を描く”動作がややかかりますので、発動→即攻撃、と言うわけには

いかない所が難点でしょうか。

 

20110513192143

描いた魔方陣(?)に衝撃を与えて一気に爆発させる様は、中々にカッコイイ演出ですね

 

・ヴィッシ・グルッダ(ロック数5~6 攻撃回数2 ヒット数3-4)

【リアクターの出力を上げることで光波鞭の飛距離を伸ばし、円周範囲の敵をもれなく

打ち付ける。】

 

ウィップを回転させつつ叩きつけた後、連続して旋回攻撃するフォトンアーツです。

攻撃のラストには吹き飛ばし効果があるなど、ヴィヴィ・ダンガと似ている印象ですね。

また、どちらも“連続攻撃+広範囲攻撃”である所も共通していますので、どちらのフォトン

アーツを選択するかは、プレイヤーのお好みで構わないと思いますよ。

そうそう、強いて言うなら、こちらのほうが若干攻撃スピードが速いかもしれませんね。

 

20110513192303

鞭を叩きつける所を撮ったのですけれど、ちょっと女王様っぽいですね^^;

 

 

ウィップについて色々と書いてみましたけれど、実際には常用されているプレイヤーさんは

希なのだと思います。

実際、私も使用したのは久しぶりでした。

30種類近く武器がありますから、その選択肢から漏れてしまうのも仕方がないのかも

しれません。

ただ、こうして数多くの選択肢を用意してもらっているのですから、是非1度は使ってみて

欲しいな、とも思っています。

特に、ウィップは攻撃モーションからして他と全く異なる印象を受けると思いますから、

また新鮮な気持ちでプレイできるかも知れませんよ。^^

体験! ダウンロードクエスト その15

先週配信された金レイア・銀レウスの同時狩猟クエストには、皆さんもう挑戦されました

でしょうか?

私はまだ挑戦していないのですけれど、手強いクエストであることは明らかですので、

できれば狩り友さんと一緒にプレイしたいと思っています。^^;

 

 

今日取り上げるダウンロードクエストは、「ファミ通・状態異常を克服せよ」。

ラングロトラ・ドスフロギィ・ウラガンキンを狩猟する内容となっています。

これだけなら、普通のクエと変わりないのですけれど、このクエは久しぶりの“制限”アリ

クエストだったりします。

 

制限の内容は、ズバリ“ガンランス限定”です。

私は2ndGの頃からガンランスは好きで、ヘビィに次いでよく使用していました。

ですので、このクエストに関して特に問題はなかったのですが、他の武器とはがらりと操作

方法が変わってしまうランスやガンランスは、全然使用していない、なんて方も結構

いらっしゃるのでしょうね。

 

 

文章だけでポイントを伝えられるかどうか解りませんけれど、ガンランスを使用する上での

注意点をいくつか挙げてみますね。

まずは、「深追いしないこと」。

これは、どの武器でも共通ですが、機動性が低いランスやガンランスでは“あと1回”攻撃を

欲張って、ダメージを受けてしまう事が他よりも多いと思います。

目安として、最大でも3回攻撃したら一度様子見するくらいが最初は安全ですね。

 

次に、「むやみに砲撃しないこと」。

ガンランスの利点である防御無視の砲撃ですが、慣れないうちは砲撃をきちんとモンスターに

当てられないまま切れ味だけを消費してしまいがちです。

ガンランスであっても、慣れない間はランスのように突き主体で戦うと、そのうち「いつ砲撃

したら効果的か」が解ってくるはずです。

 

最後に、「ガードに頼りっぱなしにならないこと」。

強力なガードが売りであるために、そちらにばかり気をとられてしまって、移動や攻撃が

おそろそかになってしまう、という方もいらっしゃると思います。

“攻撃を防ぐ”時以外はガード行動を忘れてしまった方が、もしかしたら上達が早いかも

しれませんよ。

砲撃と同様、「いつガードしたら効果的か」が自然と理解できると思います。

 

以上の点を頭に置いて戦えば、ウラガンキン以外は大丈夫だと思います。

ウラガンキンは、正面で戦うと叩きつけ、尻尾攻撃、悪臭に加え、顎で攻撃を弾かれてしまう

可能性が高いです。

武器の出し入れをまめにしながら、脚や尾を中心に攻撃すると良いですね。

 

 

報酬で貰える素材は「ファミ通GT」(ゴールドチケット、なのでしょうね)です。

作成できるのはガンランスの「ゴールドクラウン」。

12月に配信されたダウンロードクエストで作成できるようになった「シルバークラウン」と

同種のガンランスですね。


R0014800

トロフィーそのままの見た目は、もうすこしどうにかならなかったのでしょうか

 

属性や砲撃の種類カラーリングは違いますが、基本的に見た目が一緒です。

前回、「シルバークラウン」の時にも書きましたが、やっぱりもう少しカッコイイ感じのガンランス

だとよかったな、と思ってしまいます。^^;

 

もちろん、コラボクエで作成できる武器・防具ばかりが見た目も性能も良かったら、通常の

クエで作成できるものをあまり使わなくなってしまう可能性もあります。

ですので、案外こうして好き嫌いの分かれるデザインが混じっていた方が、バランスがとれる

のかもしれませんね。

PSPo2i各武器インプレッション クロー編

片手近接武器のインプレッション3回目です。

全部で5種類しかありませんから、もうすでに折り返しですね。

 

PSNの復旧(イベント開始)までに、武器のインプレッションは一通り終えられると区切りも

いいかな?と思っていますけれど、果たしてどうなるでしょうか・・・。

 

 

-クロー-

・ロック数:1

・攻撃回数:3回(1-1-1)

・カテゴリー補正:基本攻撃力の上昇

 

使い勝手としては、ほとんどセイバーと変わりないのではないでしょうか。

武器の振り方・速度などもクセがありませんので、とっても使いやすいです。

また、片手武器の中では攻撃力も高く、使いやすいフォトンアーツと共に十分実用的です。

これは、カテゴリー補正で基本攻撃力がアップするという所が大きいですね。

両手近接武器にも負けず劣らずですので、使った事がない方がいらっしゃいましたら、一度

手に取ってみて下さい。^^

 

20110513091233

腕にはめ込んで武器を振るう様は、斬るよりも“切り裂く”感じですね

 

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・ショウセントツザンガ(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数3-4)

【昇閃突斬牙。鋼爪を回転させ体躯にねじ込むように貫く。一撃の攻撃力は片手武器中で

最強クラスを誇る。】

 

クローのフォトンアーツで、一番のオススメです。

アッパーとストレートの2段攻撃なのですが、それぞれクローを回転させつつ放ちます。

ダメージ量もピカイチで、2段攻撃が全てヒットするまでの時間も短いですから、とっても使い

やすいと思いますよ。

ただ、連続で使用しているとPPが無くなりやすい点、フォトンアーツ自体の命中率が少し

低い点は注意したいですね。

転生してPPや命中力を底上げすれば、とても頼もしいフォトンアーツになります。

 

20110513091255

攻撃スピードやヒット数のバランスが良いため、とっても使いやすいです

 

・センテンカンザンガ(ロック数2~3 攻撃回数2 ヒット数2-1)

【閃転貫斬牙。大胆な動きで的を翻弄する。その反動を利用した強烈な一撃は敵を容赦なく

貫き、引き裂く。】

 

説明文に“大胆な動きで~”とありますが、側転しつつクローや脚で攻撃しつつ反動で

上空に高く飛び上がり、相手モンスターを貫くように突き刺します。

最後はモンスターを吹き飛ばす2段目の攻撃は、中々強力ですね。

ただ、飛び上がってからモンスターめがけて落下してくるまでに、若干間が空いてしまいます

ので、軽快さが売りな片手武器のフォトンアーツの中では、少しもどかしさを感じるかも

しれないですね。

 

20110513092240

セイバーやダガーにもあった、全身を使って攻撃するタイプのフォトンアーツです

 

・シュウソウレツザンガ(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数4-4)

【襲双裂斬牙。高速移動から武器を機軸に方向転換し攻撃力を上げる弾丸のような大技。】

 

文字通り、“突進”してモンスターを蹴散らすフォトンアーツです。

クロー自体は攻撃に使用していない所も注目ですね。

では何に使用しているのかと言えば、地面に突き立て勢いを殺さずに方向転換するために

使用していたりします。

とっても豪快なフォトンアーツなのですが、体は大丈なのかな?と、少し心配になってしまう

のは私だけでしょうか?^^;

 

20110513092307

突進時には、もしかしたら何かバリアのようなものを纏うのかもしれませんね

 

・ブクウサイエンザン(ロック数3 攻撃回数2 ヒット数3-3)

【舞空砕円斬。腕関節を外しリアクターをオーバードライブさせる荒技で周囲の全てを

巻き込み破壊する。】

 

クローのフォトンアーツでは、一番広範囲に攻撃できますね。

回転攻撃、旋回攻撃という感じでしょうか、クローを周囲の敵に対して振り回すように攻撃

していきます。

1対1では他のフォトンアーツに分がありますけれど、対多数の状況なら真価を発揮すると

思いますよ。

私個人的には、ショウセントツザンガに次いで使いやすいのではないかな?と思っています。

 

20110513092338

片手武器のフォトンアーツでも、かなり広範囲に攻撃できる部類だと思います

 

 

片手近接武器の中では、攻撃力の点からクローが一番使用されているかもしれませんね。

実際、使用してみると使いやすさと威力が魅力的に映ると思います。

PSPo2iの設定上、どうしても一歩劣る片手近接武器ですが、クローのように何かもう少し

特徴になる付加価値を付けるようにすると、それぞれの武器に光が当たるような気が

しています。

久しぶりに雑記です

週の半ばにブログの接続状況が悪いため、1日記事をアップできない日がありました。

ですので、毎日書いている記事が1つずつ後ろにスライドしていたりします。

そのまま記事のストックを用意しておくのも良いかな?と思ったのですけれど、どうせなら

久しぶりに色々な事をまとめた記事をアップしてみようと思い、今日この記事を書いています。

 

特に内容をまとめる訳では無く、それぞれ箇条書きしていく感じになると思います。

私の覚え書きも兼ねていると思って読んで頂ければ幸いです。^^

 

 

・ブログについて

今週だけでなく、以前も上手く記事をアップできない事がありました。

私は、ブログを書く際FC2の投稿サイトからではなく、「Windows Live Writer」というソフトを

使っているのですけれど、FC2のサーバーの状況が良くないとアップできない、と言う訳です。

(これは、書いた記事を上手くアップできなかった際に、書いた内容が消えてしまうという事

を防ぐためでもあります。)

画像の加工も簡単で、タグも気にせずそのまま文章を書くだけで投稿できる点が便利なので

利用しているのですけれど、サーバーに問題があるとどうしようもありません。

メンテもしたみたいですから安定するとは思いますが、最近ちょっと頻繁に問題がある

様な気がしています。

落ちつてくれるといいのですけれど・・・。

 

 

・モンハン記事について

震災後、ブログを再開する時に「書く内容が少なくなってきている」というお話をしました。

ただ、今のところまだ書く事が全然無い、という状態ではありません。

“モンハンを扱ったブログ”という事でスタートしましたから、ゲームに直接関係しない内容で

あっても、何かしらの記事を書いていけたら、とは思っていますが、もうじき発売から半年

経つこともあって、やっぱり少なくなってしまうのは仕方ないのかもしれませんね。

 

もっと、マルチプレイなどの内容も書ければいいのですけれど、こちらは「ハンターさんの

数が減ってきている」こともあって、また難しいです。

今年前半と比べて、モンハンの記事をご覧下さっている方も減ってしまいましたし。

ブログの「~ヒット記念」でマルチプレイも考えましたが、すっかり時期を過ぎてしまいました

ので、この企画は期待の“3rdG”で、と思っています。

 

 

・PSPo2i記事について

モンハンと同じく、“なるべく解りやすいように”心がけて書いている関係で、どうしても

書く事柄が多くなってしまっています。

まだまだ書いておきたい内容が多く、普通にプレイ状況を書くのは当分先になってしまい

そうですね。^^;

 

私が見る限り、という前提でですが、他のプレイヤーさんが書かれているブログは、どうしても

レアアイテム取得が話題の中心になってしまいます。

もちろん、そちらの方が需要があるからでしょうけれど、これからプレイされる方などにも

少しでも参考になればと思い、今まで記事をアップしてきました。

ご覧下さっている人数も本当に少ないブログですから、読者の方がどう感じて下さっている

のかは解りません。

ですけれど、これが私のスタンスでもありますから。

ほんの少しでも気に入って下さる方がいらっしゃれば嬉しいです。^^

(普段の私も、ブログを書いている私も、いつもこんな感じのスタンスですので、中々変える

のも難しいというのが本音です。^^;)

 

 

・ブログヒット記念について

実際の所、ブログを開始した当初は、特別何も考えていませんでした。

ですけれど、ちょっとした事であっても何か企画したりした事自体が、ブログの記念にも、

私自身の糧(というと大げさですが、ちょっと別の言葉が浮かびませんでした^^;)にもなる

んじゃないかな?とも思っています。

モンハン記事の項でも書きましたが、本当はモンハンのマルチプレイを、と思っていたの

ですけれど、運悪く時期を逃してしまったみたいですので、今のところ白紙です。

 

最近は、いくつか候補を挙げて読みたい記事を選んで頂き、全く別のゲームについて

書いてみようかな?という案も考えていました。

需要は無いかもしれませんが、「ドラクエ」のプレイ日記なども良いかな・・・、なんて考えて

いた矢先に、先日の“Wiiでドラクエ1~3をまとめたソフトが出る”という情報が。

私の中ではとってもタイムリーな内容でした。^^

ただ、「それならソフトの発売を待って取り上げた方がいいのかな?」と思うと・・・。

 

もっとも、大前提としてまだブログへお越し頂ける方の数が少ないですから、イベントを

企画したとしても・・・、という状態だったり。

そんな感じですので、もっと読者の方が増えた&カウントが進んだ頃に、また何か考えて

みたいと思っています。^^

(必ず何かやらなければ、というものでもありませんからね)

 

 

色々と、そしてまた長々と書いてしまいました。^^;

相変わらず面白味のない文章しか書けない私ですけれど、もしよろしければ引き続きご覧

頂ければとても嬉しく思います。

(感想などでも、もし頂けるのでしたら嬉しいです。^^)

体験! ダウンロードクエスト その14

今日は毎週恒例のダウンロードクエスト配信日ですね。

私はまだダウンロードしていませんけれど、確か先週の予告には「闘技場で金・銀」と書いて

あったような気がします。

通常のクエストでも、金レイア、銀レウスの同時狩猟はありますよね。

でも、闘技場で同時というのは、やっぱりかなり大変そうです。

3rdでは動きも、肉質も大きく変更されましたから、もしかしたら2ndGの「竜王の系譜」と同じ

感覚では難しいクエストになっているかもしれません。^^;

いずれ、狩り友さんと一緒に挑戦したいと思います。^^

 

 

ダウンロードクエスト13回目は、凶暴な“アノ”モンスターが登場します。

クエスト名は「マガジン・水没林調査班!」。

ダウンロードクエストでは、初めてイビルジョーが討伐対象になっています。

おまけに(といっては失礼でしょうか)ナルガクルガまで一緒に出てきますから、しっかりと

分断して戦うよう心がけたいですね。

 

といっても、実際に挑戦してみると解りますが、この2頭、移動するエリアが基本的に同じ

だったりします。^^;

クリアするまでに、結構な回数合流することが考えられますので、その点を念頭に置いておく

と良いと思います。

 

私としては、イビルジョーを先に倒すのをオススメしたいです。

こやし玉を使うにしろ使わないにしろ、ナルガクルガを後回しにした方が合流した際分断

させる手間もあまりかからず、時間も少なくて済みます。

 

武器は・・・、何がいいでしょうか?

色々な武器で試してみましたけれど、ソロで挑戦するなら弓が戦いやすいかもしれません。

属性についてはどちらにも効果が見込める雷属性で決まりですね。

昨日紹介した“こちら”のマイセットも、とても役立ちました。^^

 

 

報酬で貰えるのは、「マガジンチケット」です。

モンハンではすっかりおなじみになりつつあるチケットですね。

そして、この素材を使用して作成できるのが、大剣「真・轟断剣」です。

 

R0014731

どんなものでもスパッっと切断してしまいそうな外見ですね

 

“真”、と名前もパワーアップした感じですが、もちろん見た目もパワーアップしていますよ。

丁度、ティガレックスとシェンガオレンの大剣を合体させたかのような見た目だと、初めて見た

時には思いました。

(私だけでしょうか?^^;)

轟断剣と同じく無属性ですが、攻撃力も申し分なくスロットも2つ空いていますので、結構

便利だと思いますよ。

 

 

マガジンのコラボクエストは、2ndGのティガレックス同様、初心者には中々難しい歯ごたえ

のあるクエストばかりですよね。^^;

もっとも、ベテランハンターさん達には、「この位の難易度じゃないと満足できない!」なんて

方もかなり多いのかもしれません。

 

私ですか?私はほどほどが一番だと思っています。(苦笑)

PSPo2i各武器インプレッション ダガー編

GW期間中は、祖母の所へ行っていたりしましたので、PSPo2i(というかゲーム自体ですね)は

全然プレイしていませんでした。

GW一週間くらい前に1度キャラクターの転生をしていましたので、レベルもまた1からスタート

だったのですけれど、それもようやく130まで戻りました。

装備する武器にレベル制限があるなか、この“130”というのは重要な通過点ですね。

今後、インプレッションにアップする写真で、装備する武器の選択肢がまた増えました。

 

さて、それでは片手近接武器の2種類目、ダガーを紹介していきます。

 

 

-ダガー-

・ロック数:1

・攻撃回数:3回(2-1-1)

・カテゴリー補正:基本命中力の上昇

 

短剣1本だけで戦うのは、普通のRPGでも中々無いかもしれませんね。

セイバーよりも心許ない感じではありますけれど、使ってみるとその軽快さを実感できるの

ではないでしょうか。

また、カテゴリー補正では珍しい“命中力”が上昇しますので、攻撃ミスが少なくなるだけ

でなく、左手に射撃武器を装備させて攻撃&命中アップ、なんてことも可能です。

通常戦闘から補助的な役目まで、色々な状況で使用していける武器だと思います。

 

20110511215120

ツインダガーの時にも少し触れましたが、ダガーはセイバーと違い“逆手持ち”して戦います

 

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・ブテンシュンレンザン(ロック数1 攻撃回数2 ヒット数4-4)

【舞転瞬連斬。超高速で複数のターゲットを同時に攻撃する。その速度は全スキル中でも

最高クラスを誇る。】

 

ダガーでの攻撃に加え、体全体を使用して回し蹴りなども繰り出すフォトンアーツです。

素早く次々と攻撃をヒットさせますので、一気に大ダメージを与えるにはピッタリです。

ただ、説明文には「複数のターゲットを同時に~」とありながら、実の所ロック数は1だったり

するのが難点でしょうか。

(これは、攻略Wikiでも触れていますね)

それでも、1対1の時用と考えて使うなら、十分効果のあるスキルです。

 

20110511215154

セイバーと同じく、武器だけでなく全身も使って攻撃するのが特徴ですね

 

・ヒカイシュウハザン(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数4-3)

【飛懐蹴破斬。モンスターの懐に潜り込み、高速回転を加えた一撃を叩きつける。】

 

前進しつつ攻撃を連続ヒットさせる、という所は、ブテンシュンレンザンと似ているかも

しれませんね。

もちろん違いはちゃんとあって、あちらは“連撃”の面が強いですが、このフォトンアーツは

“回転攻撃”という感じです。

ちょうどコマのように回転しながら攻撃しますので、複数の敵をまとめて攻撃することも。

2段目の攻撃3ヒットには、全てモンスターを吹き飛ばす効果もありますので、囲まれていて

一旦仕切り直ししたい、なんて時にも役立ちます。

 

20110511215309

少し重心を落としたまま、連続回転攻撃をしていきます

 

・シソクテンカイザン(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数4-3)

【此側転回斬。高速回転をしながら敵を討つ。その移動力と速さは反撃のスキを与えない。】

 

ヒカイシュウハザンが“コマ”だったのに対し、こちらは“車輪”なフォトンアーツです。

縦回転しながらモンスターに体当たりするイメージですね。

特筆すべき点は、1段目の移動距離です。

回転しながらかなりの距離を進みますので、バックステップしたりして距離をとるモンスター

などには効果てきめんです。

ただし、直進的な攻撃になりますので、(アナログスティックで方向転換しても)どうしても

側面のモンスターには弱いですね。

 

20110511215343

攻撃しながら敵の群れを脱する、なんて使い方もできますね

 

・シュンブショウレンザン(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数2-1)

【瞬舞昇連斬。目に留まらない超高速のステップで連続攻撃を繰り出す。その速さは反撃の

スキを与えない。】

 

ダガー版の“ライジングストライク”というと解りやすいですね。

1段目の連続斬りでモンスターを打ち上げ、2段目で吹き飛ばす事が可能です。

どの武器のフォトンアーツでも同じですが、この「打ち上げ→吹き飛ばし」が連続したフォトン

アーツは、反撃のスキを与えないためとっても使いやすいと思います。

もっとも、吹き飛ばす関係上、その後チェインの続いている状態で追い打ちするのは難しく

なりますので、状況に応じて使い分けるのが大切だと思います。

 

20110511215455

1段目、力を溜めた後2連続で切り上げ、敵を上空に打ち上げます

 

 

セイバー以上に「全く使った事がない」人が多そうな武器ですが、やっぱり使ってみると

それまでとは違った印象を受けるような気がします。

命中力アップのカテゴリー補正にばかり目がいってしまう場合が多いですけれど、ダガー

単体でもちゃんと戦える武器ですので、是非使ってみて下さいね。^^

私のマイセット その16

3rdでは、見た目を重視しつつ“切れ味レベル+1”を発動させるのは中々難しい、と言う事は

以前お話ししました。

また、その関係であんまり「切れ味装備」を使っていないということも。

 

そんな私なのですが、唯一と言って良い切れ味スキルを備えたマイセットを紹介したいと

思います。

(本当はもう一つあるのですけれど、それは少し妥協したところがありますので…。)

見た目を気にしつつスキルも中々良い物を付けられたんじゃないかな?と思っています。

 

 

【マイセット16 切れ味レベル+1装備】

 

頭:ドーベルキャップ

胴:ドーベルメイル (回避珠【2】)

腕:ダマスクアーム (匠珠【1】)

腰:ダマスクコイル (匠珠【3】)

脚:ダマスクグリーヴ

護石:王の護石 (気力回復3 攻撃-2 研磨珠【1】×2 雷光珠【1】)

 

発動スキル:切れ味レベル+1 砥石使用高速化 スタミナ急速回復 回避性能+1

                       (雷属性攻撃強化+1)

 

R0014730

今回、レイア腰系の装備って以前よりも大きくなった気がします

 

今回、本当に色々なマイセットでお世話になっている「ドーベルシリーズ」に、匠スキルの

ポイントが付いた「ダマスクシリーズ」を合わせて作成しました。

本当は、レイア剣士系の腰装備と同じ形である“ダマスクコイル”も、2ndGの頃よりやや大きく

なってしまっていてあんまり好みの形では無いのですけれど、その点は切れ味スキルを

付けるため仕方なく諦めた部分です。^^;

それでも、全体的には納得できる組み合わせになった気がします。

 

発動スキルに、()で“雷属性攻撃強化+1”と書いてあります。

これは、武器スロットが1つあれば、そこに雷光珠をはめ込んでスキルを発動できるためです。

ちょうど都合の良い事に、ジンオウガ素材を使用する雷属性の武器には、全てスロットが

付いていますから、それらを装備する場合はこのマイセットを最大限生かせる訳ですね。

 

カラーリングは、色々と悩んだのですが落ち着いた感じにしようと思い、黒に。

といっても、頭の装飾と胸の部分くらいにしか影響はなく、ほとんどダマスクシリーズの金色

がメインになってしまうんですけど。^^;

 

 

ジンオウガの武器は、切れ味レベル+1が発動すると、長い白ゲージや高めの攻撃力で

とても頼もしい武器となります。

どうやら、雷属性が効きにくい相手にも役立つほどになるみたいですから、よかったら皆さんも

是非1度試してみて下さいね。^^

PSPo2i各武器インプレッション セイバー編

いよいよ両手近接武器が終わり、今日からは片手近接武器のインプレッションです。

プレイヤーの皆さんからは、あんまり多用されていない話ばかりですけれど、実際に装備して

みたら、思いの外使いやすかったり、使っていて楽しかったりするかもしれませんよ。

 

 

片手近接武器の1番手は「セイバー」です。

ゲームスタート直後から使えますので、全く使用した事がない、という方はいらっしゃらない

かと思います。

ですが、その後は全く使っていなかったりしませんか?

そんなセイバーのインプレッションです。

 

-セイバー-

・ロック数:1

・攻撃回数:3回(1-1-1)

・カテゴリー補正:なし

 

RPGをプレイされた経験がある方なら、ほぼ全員と言って良いくらい“剣”のお世話になって

いると思います。

片手で扱う長剣で、攻撃方法にもクセがありません。

ゲームに慣れるまでに、必ず1度は使用したほうが良い武器ではないでしょうか?

今まで紹介してきた武器には必ずあった、“カテゴリー補正”が無い、というのも特徴ですね。

可もなく不可もなく、平凡な武器という印象をもたれがちですが、武器によっては独自に

ステータスへ補正がある物もあります。

そうそう、以降紹介する片手近接武器は、左手に別の武器を装備できます。

銃であったり盾であったり、組み合わせ方によって戦い方のバリエーションも楽しめます。

そういった取り回し安さも、クセのないセイバーと合わせてこそ際立つかもしれませんね。

 

20110510084012

写真は、右手にセイバー、左手にシールドの標準構成です。基本ですが高レベルでも十分通用しますよ

 

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・グラビティストライク(ロック数2~3 攻撃回数2 ヒット数3-4)

【高速のステップで左右から斬撃を行う。極めると上空から、さらに強力な斬撃を叩き込む

ことが可能。】

 

私個人的には、セイバーのフォトンアーツで一番オススメです。

ロック数やヒット数も多く、攻撃力も十分です。

また、攻撃中にはノックバック効果や打ち上げ、最後には吹き飛ばし効果も付いています

ので、攻撃後も安全に次の行動へ移れると思います。

なにより、溜め時間なども無く、テンポ良く攻撃がヒットするため、とても安定感がある

フォトンアーツではないでしょうか。

セイバーで戦う際にはよくお世話になっています。

 

20110510084120

攻撃のラストは、打ち上げた敵を上空から斬りつけ、吹き飛ばしてしまいます

 

・スピニングストライク(ロック数1~2 攻撃回数2 ヒット数2-2)

【アクロバティックな動きで連続して斬撃を繰り出す。非常に強力なフィニッシュブローを持つ。】

 

こちらは、4つの中では一番動きのあるフォトンアーツですね。

ジャンプから体を回転させつつ斬りかかったり、最後はドロップキックをしたりと、とても大胆な

動きをしています。

反面、その大きな動きが攻撃間隔の(若干ですが)遅さにも繋がっています。

サクサクと攻撃する感じではありませんので、人によっては「ゆっったりとしているな」と感じる

方もいらっしゃるかも知れません。

 

20110510084224

セイバーだけでなく、全身も使って攻撃するフォトンアーツです

 

・インフィニットストーム(ロック数3 攻撃回数2 ヒット数4-4)

【超高速の斬撃から繰り出される旋風が、闇を切り裂く疾風の刃となる。】

 

スタート直後に、セイバーとセットで最初から覚えているフォトンアーツです。

ほとんどセイバーを使った事が無い方でも、一度は使っていると思います。

説明文に“超高速”とある通り、攻撃開始から素早く4回連続で斬りつけますので、周囲を

敵に囲まれてしまったような場合でも、一気に蹴散らす事が可能です。

ただ、2段目の攻撃はヒットするまでに少し溜め時間がありますから、出し切る場合には

じっくりとチェインを溜めてからにしたいですね。

 

20110510084251

2段目は、左手に装備している武器を上空に投げ、落下してくるまでにセイバーを両手で持ち特大の斬撃を放ちます

 

・ライジングストライク(ロック数2 攻撃回数2 ヒット数2-2)

【洗練された動きから強力な打ち上げ攻撃を放つ。扱いやすいスキルだが極めれば驚異的

な威力になる。】

 

打ち上げて叩き付ける、モンスターを“打ち上げる”タイプのフォトンアーツの基本形ですね。

全てのモンスターに効果があるわけではありませんが、打ち上げられるモンスターの場合、

相手が一時的に行動不能状態になります。

その後は少しの間ダウン状態(敵が転倒した状態です)にできますので、場合によっては

反撃のチャンスを与えないまま倒せたりも。

ただし、攻撃範囲はさほどではありませんので、その点だけは注意しましょう。

1体1体確実に倒したい、なんて時にはオススメですよ。

 

20110510084352

相手の下からセイバーで切り上げ、モンスターを上空に打ち上げます

 

 

ほとんどの場合、片手武器はロック数やヒット数が両手武器よりも少なくなります。

ですので、総合的な威力においてはどうしても劣ってしまいます。

威力ではかないませんが、バランスの良さ、使い勝手、攻撃スピード、左手武器を使った

臨機応変さなど、利点はいっぱいあると思います。

 

特筆すべき箇所の無いセイバーですが、そこが長所でもあります。

プレイヤーの皆さん次第で良くも悪くもなる、まさにプレイヤー自身の“スキル”が重要に

なってくる武器だと、私は思っています。

体験! ダウンロードクエスト その13

一昨日は、また久しぶりにSophi☆さんからkaiでひと狩りしませんか?というお誘いが

ありましたので、準備して接続してみたのですけれど…。

何かがおかしいのか、チャットが見えなかったり、キャラクターが見えなかったりと時間ばかりが

過ぎてしまい、また次回ということになってしまいました。><

 

kaiの設定については、PCやアダプタを初めとした色々な相性などもあって、自分の環境での

安定した接続方法は千差万別だったりします。

それでも、ちゃんと繋がるようになって以降、特別何かをいじったつもりは無いのですよね。

ともかく、もう一度設定から見直して、次こそはご一緒できるようにしておこうと思いました。

 

 

さて、本題のダウンロードクエストを。

今日のクエストは「クローズ・鈴蘭最強への証明」です。

こちらは、少年チャンピオン連載のマンガ「クローズ」とのコラボ、で良いのでしょうか?

犬夜叉などは解るのですが、他のマンガなどとのコラボについてはあんまり解らなかったり

しますね。^^;

 

討伐対象となっているのはリオレウス、ティガレックス、ナルガクルガの3頭。

シリーズをプレイされている方なら「あれ?」と思ったのではないでしょうか。

ちょうど、2ndGの最終村クエスト「モンスターハンター」のラージャン以外の3頭が相手と

なっていますね。

2ndGをやり尽くしたハンターさんなどは、問題のない内容かもしれません。

3rdからのハンターさんでも、疲労のシステムや攻撃モーションの調整が入っていますので、

頑張れば一人でもちゃんとクリアできると思いますよ。^^

 

使用する武器の属性ですが、以前も何度か書いている通り、自分の苦手なモンスターに

合わせるのが一番だと思います。

ただ、今回はティガレックス・ナルガクルガといますから、やぱり雷が効果的かも。

私が初めに挑戦した時は、弓を使用してみました。

突進を避けつつ斜め後方に向けて撃ったり、距離が離れた時は曲射を織り交ぜていければ、

それほど時間はかからないと思います。

 

 

報酬アイテムは「鈴蘭最強の証」。

今回は防具「坊屋シリーズ」が作成できるようになります。

部位は剣士・ガンナー共に3カ所ずつ、それぞれ「坊屋ジャケット(胴)・ベルト(腰)・ジーンズ

(脚)」「坊屋ジャンパー(胴)・バックル(腰)・デニム(脚)」となっています。

 

 

R0014728.jpg

男性キャラクターに着せると、とっても似合いそうですね

 

ユニクロの防具セットに続いて、カジュアルな装備ですね。

ただ、これもユニクロの防具と同様に、他の防具と上手にコーディネートするのは難しい

感じです。

そんな訳で、見た目重視な私はチケットは集めつつも作成はしていなかったりします。^^;

コラボ防具については、やっぱり一式での装備が一番良さそうですね。

ツイッター
ブログパーツあれこれ
ご覧になって下さった方々
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。