FC2ブログ

プロフィール

鈴音

Author:鈴音
モンハンにハマっています。
MH3Gでも引き続きへビィを担いで
頑張っていきますっ!

ドラゴンクエストⅩのベータテスト
にも参加しています♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
お世話になっている方・お気に入りサイト
最近のコメント
最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験! ダウンロードクエスト その10

ダウンロードクエストの紹介も、今日で10回目です。

途中少し別のお話もしましたけれど、ほぼ連続で記事にしていますからやっぱり早いですね。

最近では“G”のうわさもちらほら出てきていますけれど、3rdのダウンロードクエストもまだまだ

続いていますので、こちらも楽しみです。^^

 

 

10回目のクエストは、「ファミ通・大角と巨鎚の激突!」です。

クエスト名にある通り、2回目のファミ通コラボクエになりますね。

といっても、個人的にデザインがちょっと・・・なガンランスではなく、MH3で登場したコラボ武器

が作成可能になるクエストです。

 

今回は闘技場が舞台、相手になるのは“ディアブロス”、“ウラガンキン”です。

2頭とも同時に相手をすることになりますので、慣れないとエリアチェンジもできない中で結構

苦労するかもしれませんね。

私は、一番最初は大剣で挑戦してみました。

 

別に決まり事がある訳ではありませんけれど、動きの素早いディアブロスを先に倒すのが

やっぱり楽でしょうか?

挑戦した時の装備には、抜刀術【力】のスキルがついていましたので、角の部位破壊と同時に

スタンも狙えました。

一人で挑戦する場合は2対1と不利な状況が続きます。

スタンを初めとした、相手の動きを阻害できるような対策を準備しておくと戦いやすいですね。

複数の敵と同時に戦う時のポイントは、やっぱり「周囲を気にする」事です。

攻撃している時も、常に周りを気にしておくと、攻撃する回数などを臨機応変に変えていける

と思います。

 

ウラガンキンは、こちらもスタンさせたいところですけれど、武器によっては硬い顎に弾かれて

しまいます。

その場合は、無理せず尻尾や脚を攻撃するといいですね。

ノソノソと近づいてきたりもしますが、素早いディアブロスが居なくなれば落ち着いて戦える

と思います。

 

 

恒例の報酬ですが、今回貰えるのは「ファミ通チケット」です。

(今回はずいぶんとそのままな名前ですね^^;)

お待ちかねの作成できる武器ですが・・・。

ランス「ブレインフォックス」が作成可能になります。

 

R0014653

リボルバーや撃鉄もちゃんとあって、まさにガンランスですよね♪

 

見てください、この見た目!

まるっきりガンランスなんですよね。

MH3ではガンランスがありませんでしたのでランスでの登場だったのでしょうけれど、折角

ガンランスがある3rdで作成できるのですから、ガンランスとして使ってみたかったです。

もっとも、リロードする際の動きなど、新しく作成しなくてはいけない部分も多そうですので、

仕方ないですね。^^;

 

肝心の性能なのですが、ガンランスっぽい見た目通り、火属性のランスになっています。

今回、火属性で使いやすい(作成しやすい)ランスって、実はほとんど無いように思います。

レウスのランスは素材集めが大変だったり、アグナコトルのランスは村クエスト終盤にならない

と登場しなかったりと、選択肢が少ないのです。

ですので、挑戦できるようならこのクエストでブレインフォックスを作成してしまうのも良いと

思いますよ。^^

スポンサーサイト

PSPo2i各武器インプレッション ダブルセイバー編

ソード、ナックル、スピアと紹介してきて、今回で4回目でしょうか。

マキシマムアタックインフィニティも当分開催できなさそうですので、残念な反面、チャンスと

思って、どんどんインプレッションを進めていきたいと思います。

 

 

今回は、一度に複数の敵を相手にする時に便利な、ダブルセイバーを見ていきたいと思います。

「ダブルセイバー?どういう武器なの?」と思われている方、これからスクリーンショットと共に

紹介して行きますので、実際に武器をご覧になってみて下さいね。^^

 

-ダブルセイバー-

・ロック数:4

・攻撃回数:3回(2-1-3)

・カテゴリー補正:基本精神力の上昇

 

2本の片手剣、その柄をつなぎ合わせたような武器がダブルセイバーです。

丁度、バトントワリングのバトンのように回転させながら攻撃するので、1対多数の状況でとても

有効な武器ですね。

また、通常攻撃を3回出すだけで合計6ヒットする上、攻撃速度も速めですから、チェインを溜める

という点からも使いやすいと思います。

私もお気に入りな、武器カテゴリーの1つですね。^^

 

20110425231347

見た目もカッコイイ武器が揃っていますので、好んで使用しています^^

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・スパイラルダンス(ロック数2 攻撃回数3 ヒット数3-2-3)

 

武器を回転させながら3回攻撃したあと、ジャンプして飛び込みつつ地面に突き刺し、蹴り

上げ、最後は力一杯なぎ払います。

激しくはありませんが、やや前方に進みながら攻撃しますので、後方に後ずさるような相手

にも有効ですね。

反面、ダブルセイバーとしてはちょっとロック数が少なめなのが難点でしょうか。

でも、クセもなく使いやすい部類だと思いますよ。

 

20110425230257

2回目の攻撃時に、飛び込んで武器を地面に突き刺した後、キックして武器を跳ね上げています

 

・アブソリュートダンス(ロック数5 攻撃回数3 ヒット数1-4-1)

 

武器を自由自在に振り回して攻撃するのが特徴の、見た目も派手なフォトンアーツです。

ただ、振り回している割にはヒット数も控えめだったりします。^^;

そして、1段目と3段目の攻撃が実際に出るまでの間が長く、多く溜めていなければチェイン

中にすべて出し切るのも難しいです。

自分が敵に狙われている時ではなく、別の相手に向かっている時背後からしっかりと攻撃

できるような場合に使うといいかもしれませんね。

 

20110425230415

武器を回転させつつ飛び上がり振り下ろす部分はカッコイイのですけれど、ちょっとスピードが遅いかも・・・

・トルネードダンス(ロック数2 攻撃回数1 ヒット数4)

 

武器を頭上に構え、回転刺せつつ頭から突進するという、とっても豪快なフォトンアーツです。

攻撃回数が1回のフォトンアーツでは共通ですが、攻撃威力も高めですね。

ただし、フォトンアーツの命中力が他のものより低めになっていますので、自分よりも格下

のモンスター以外には、正面からの攻撃は避けた方がいいと思います。

私個人的には、ちょっと攻撃中の動きが・・・。^^;

(面白いな、とは思いますよ。^^;)

 

20110425230515

豪快というか、アクロバティックというか、見た目には楽しいスキルだと思います^^

 

・サイクロンダンス(ロック数4 攻撃回数1 ヒット数1-3)

 

サマーソルトキックによってモンスターを蹴り上げ、その後武器を支柱にして回転攻撃を

していきます。

突進攻撃の最後には、モンスターへの吹き飛ばし効果もありますので、攻撃終了後が

他のフォトンアーツよりも比較的安全ですね。

また、トルネードダンスに負けず劣らず、動きが特徴的です。

“武器を支柱にした回転攻撃”は、文字通りキャラクター自身が回転するので・・・。

個人的にはちょっと・・・その2です。^^;

(やっぱり面白いな、とは思っています。^^;)

 

20110425230559

まるで、横を向いて鉄棒回転しているようですから、ちょっとシュールかも・・・

 

・グラビティダンス(ロック数6 攻撃回数3 ヒット数4-2-1)

 

通常攻撃の強化版、といった感じのフォトンアーツでしょうか。

周囲に集まるモンスターを蹴散らすように、武器を回転させながらなぎ払っていきます。

また、1段目の攻撃が4ヒットなのも大きいですね。

少ないチェインでも1段目で一気に攻撃できますから、安定したダメージを期待できます。

大型のモンスター相手にはスパイラルダンス、小型モンスターを蹴散らすならグラビティダンス

と、使い分けしてみるのが良いんじゃないかな?と思っています。^^

この2つが、ダブルセイバーではオススメのフォトンアーツですね。

 

20110425230627

ロック数も多いので、一気にモンスターを蹴散らせます、爽快ですよ





PSPo2i初のイベント、「マキシマムアタックインフィニティ」について、続報がありました。

PCでサービス中のPSUとの合同イベントということで、モンスターの撃破数のカウントも

合計で行う予定でしたが、PSNの復旧見通しが立たないため、個別でのカウントに切り替え

て開催するようです。

さらに、こちらはPSPo2iだけの変更みたいなのですけれど、イベントで一定数のモンスターを

撃破した際に貰える報酬アイテム4種類を、全て変更するのだそうです。

 

コメントによると、「ユーザーの皆さんから変更の要望を多数頂いたため」とのことなのですが、

この変更にはとってもがっかりしてしまいました。

私が普通にプレイしていても、当分(もしくは全く)目にすることは無いレアアイテムを、実際に

使えるチャンスが失われてしまった訳です。

とっても楽しみにしていましたので、今からでも撤回して欲しいくらいです。><

 

たった一人、こんなことを言っていても何にもならないと思いますけれど、こういう考えを

しているプレイヤーもいるんですよ、という事を少しでも知って頂きたく思いましたので、

あえて記事にして残しておきたいと思います。

 

運営の方達も試行錯誤していらっしゃるのでしょうけれど、私みたいな人も中にはいるんだ、

ということを気にとめておいて頂きたいです。

体験! ダウンロードクエスト その9

昨晩は、狩り友さんのSophi☆さんと一緒にマルチプレイをすることができました。^^

ツイッターなどではお話しもしていましたけれど、本当に久しぶりで、楽しい時間を過ごせました。

PSNの障害で現在アドパは使えませんが、kaiなら問題もありません。

現在イタリアに帰省中のSophi☆さんと、遠く離れていながら一緒に同じゲームで遊べるのは、

実際にその恩恵を受けている今でも「すごいことだなぁ」と実感します。

 

震災以降、モンハンで繋がった方達と交流する機会も、大分減ってきてしまっています。

もちろん、一通りプレイし尽くした方が大分増えてきていた頃だった、というのもありました

けれど、折角知り合えた方達と交流できなくなるのも寂しいですよね。

大変ありがたいことに、先日このブログも5000ヒットを迎えました。

このタイミングで、一緒にマルチプレイをするなど、何か企画ができればとも考えています。

途切れつつある交流を再開させる“きっかけ”になれば幸いです。^^

(参加したい!と言って下さる方が居ないと始まらないのですけどね^^;)

 

 

そろそろ本題のダウンロードクエストに行きましょうか。^^;

今日のクエストは、「犬夜叉・大妖の牙を求めて」です。

アニメも放映されましたしご存じの方も多いと思いますが、少年サンデーで連載していた

「犬夜叉」とのコラボクエになりますね。

そして、MH3でも配信されたクエでもあります。

残念ながら、私はMH3をほとんど進められていませんでしたので、「3のコラボはプレイできない

ままかな・・・?」と思っていました。

ですが、3rdでも(中身は少し違っているのかも知れませんけれど)3のコラボクエ・武器が

配信されていくみたいですので、とっても嬉しかったりします。^^

 

相手となるモンスターは、ドスバギィ・ギギネブラ・ベリオロスの凍土を代表するモンスター達。

3匹順番な上、下位クエストですので、じっくりとプレイすれば問題は無いと思います。

幸い、有効な属性も火で統一されていますから、自分の得意な火属性武器を選ぶと

良いですね。

 

私は色々な武器で挑戦してみましたけれど、強いてオススメを挙げるなら“弓”でしょうか?

それも、拡散タイプの弓が戦いやすいかもしれませんよ。

よく動き回り、近づいているとやっかいな攻撃を持っているのは、3匹とも共通しています。

攻撃をかわし、すれ違いざまに拡散矢を放つ戦法は案外相性がいいかもしれません。

もちろん、自分の一番得意な武器の方が楽かもしれませんので、もし大変だった場合の

参考程度にしておいてくださいね。^^;

 

 

報酬で貰える「古き大妖の牙」、何が作れるのかは、原作をご存じの方ならお解りですよね?

主人公犬夜叉の得物、“鉄砕牙”が作成できるようになります。

 

R0014650

抜刀すると、原作通りの大振りな剣に。細部までちゃんと再現されていますね

 

この鉄砕牙ですが、抜刀した状態では原作の通り太い刀身の刀になっています。

鬼刃ゲージを溜めると、黄色、赤と刀身全体が光りますので、とてもカッコイイですね。^^

切れ味ゲージもそこそこ長く、スロットは3つ空いていますから、使い勝手についても十分

だと思いますよ。

付けたり外したり

プレイステーションネットワーク(PSN)の復旧は、出てくる情報を見てみる限り、どうやら大分先

になってしまいそうな感じですね。

体験版やDL用のゲーム、DLコンテンツなど、ネットワークに繋がらないと出来ない事が沢山

ありますから、ユーザー以上にゲーム会社への影響は大きそうです。

もちろん、PSPo2iにもDLコンテンツがいっぱい用意されていますので、それらを購入したり、

ダウンロードできないのは残念です。

そしてなにより、PSPo2iのインターネットマルチモードを始めとした、PSNを利用したサービス

がまったく利用できなくなっているのが痛手ですよね。

私はPS3を持っていませんのでそれほどでも無いのですけれど、アドパなども接続できない

ようですから、オンライン重視のゲームなのでは大問題でしょうね。

 

 

さて、PSNについては1日も早い復旧を願うとして、今日もPSPo2iについて、書いて行きたいと

思います。

昨日予告したとおり、転生も影響する要素である戦闘タイプ別の“アビリティ”について

お話ししていきますね。

 

転生のお話の中、「タイプレベルは転生してもそのままなので、アビリティも覚えた物は

そのまま」というお話を少ししました。

では、アビリティって何?と言うところから進めていきます。

ハンター・レンジャー・フォース・ブレイバー、この4つの戦闘タイプのレベルを上げていくと、

戦闘をより有利にする様々な特殊能力を覚えていきます。

この能力を“アビリティ”と呼び、1度覚えたアビリティは戦闘タイプを変更しても忘れません。

さらに、ごく一部のタイプ専用アビリティ以外は、覚えている物をいつでも自由に付け替えられる

のもポイントです。

 

20110427212040

覚えたアビリティは、コスト上限までならいつでも自由に付け替えられます

 

ただ、何でも自由に付けられるわけではありませんよ。

アビリティにはそれぞれ“コスト”があり、タイプレベルによって決められているコストの上限

以内でコストをやりくりする必要があります。

文章だけでは解りにくいですから、例を挙げつつお話ししますね。

 

ハンター

覚えるアビリティ

・攻撃力ブースト

(基本攻撃力が30アップ Lv2で習得 コスト1)

・PPガードセイブ

(攻撃をガードした時のPP消費を50%軽減 Lv3で習得 コスト1)

 

レンジャー

覚えるアビリティ

・命中力ブースト

(基本命中力が15アップ Lv2で習得 コスト1)

・エスケープアドバンス

(回避行動時の無敵時間が長くなる Lv6で習得 コスト2)

 

フォース

覚えるアビリティ

・法撃力ブースト

(基本法撃力が30アップ Lv2で習得 コスト1)

・サポートロングレンジ

(支援・回復系テクニックの効果範囲が広がる Lv6で習得 コスト1)

 

ブレイバー

覚えるアビリティ

・HPリストレイト

(HPが自然回復するようになる Lv3で習得 コスト2)

・バーストボマー

(トラップの威力がアップ Lv7で習得 コスト1)

 

上記のように、戦闘タイプごとに様々な効果を発揮するアビリティを、一定のレベルに達する

ごとに新しく習得していきます。

そして、タイプレベルによって決められているコストの上限ですが、

 

タイプレベル1~4まで:コスト上限4

〃 5~9まで:コスト上限5

〃 10~14まで:コスト上限6

〃 15~19まで:コスト上限7

〃 20~:コスト上限8

 

となっていて、徐々につけられる合計のアビリティが増えていく、という感じです。

現在就いているタイプのレベルが4なら、“コスト1のスキルを4つ”、“コスト1のスキルを2つと

コスト2のスキルを1つ”といった感じで付け替えができる訳ですね。

 

最後に、昨日の“転生”と関係のある要素を。

転生を1度でも行うと、このコスト上限が+4されます。

タレベルが1のタイプでも、最初からこすと上限が8になりますから、より多くのスキルを

付けて、戦闘を有利に運べるようになります。

このコスト上限のアップは、“1度転生する”のが条件になっていますので、転生のボーナス

ポイントが少ない低レベルでも、上限アップの恩恵を受けるため早めに1度転生してしまう、

という作戦もアリだと思いますよ。

 

 

タイプレベルごとの覚えるスキル、細かい効果などは、また別の機会に各タイプごとに

取り上げて記事にしたいと思いますので、今回はちょっと紹介するだけにしておきました。

上げれば上げるほど使用できるアビリティが増え、装着できる数も増えますので、できれば

4つのタイプレベル全てを、頑張ってレベルアップさせると良いかもしれませんね。^^

どこから手をつけますか?

今回の話題、ものすご~く今更なお話になってしまうのですけれど、まだ取り上げていなかった

&他のハンターさんにも聞いてみたいと思いましたので、ちょっと取り上げてみます。

結構人によって傾向が違ってくる気もしますからね。^^

 

 

今ではすっかりシリーズの定番施設という感じがしている“農場”。

3rdでも多くのハンターさんがお世話になっていると思いますけれど、皆さんは農場の発展、

どこから手をつけていきましたか?

ユクモポイントの少ない序盤はもちろん、ポイントが溜まってくる中盤以降も、“自分が優先

させて追加させていく要素”は案外決まっているのかな?とちょっと気になりました。

私の傾向を紹介する前に、まずは3rdで登場する追加施設についてちょっとおさらいを兼ねて

紹介してみますね。

 

-畑-

・畑のウネ+1、+2(1000、2000ポイント)

薬草や種など、主にハンターが使用するアイテムから、防具などの素材まで、色々なアイテム

を収穫できます。

ウネ1つにつき1種類のアイテムを植えられ、拡張で3つまで同時に栽培できます。

 

-魚釣り-

・網と桟橋+1、+2(3000、4000ポイント)

・巨大魚篭(7000ポイント)

今回は投網での漁に変わり、収穫スピードがアップしましたね。

また、オトモに漁を手伝ってもらう要素も新たに追加されています。

 

-採掘-

・採掘ポイント+1、+2、+3(4500、7000、9000ポイント)

・採掘用トロッコ(6000ポイント)

武器・防具の作成や強化で何かと必要な鉱石ですから、皆さんも大変お世話になっている

のではないでしょうか。

クエストの進捗に応じて、得られる鉱石のグレードもアップしていきます。

 

-虫採り-

・黒虫の香液(500ポイント)

・甲虫の香液(3500ポイント)

・王族の香液(6000ポイント)

・稀代の香液(8000ポイント)

・虫寄せの上香液(2000ポイント)

・虫の木用シーソー(7000ポイント)

2ndGまでは自分で採るシーンばかりでしたが、今回はおびき寄せたり、オトモに手伝って

もらったりと、何となく楽ちんになった気がする虫採りです。^^

 

-キノコの木-

・キノコの木(1000ポイント)

・高級キノコの木(3000ポイント)

・最高級キノコの木(5000ポイント)

回復薬から攻撃アイテムまで、色々なアイテムの調合素材になるキノコ。

気がつくとストックが無くなっていたりするキノコもあったりしますよね。^^;

 

-ハチの巣箱-

・試作型ハチの巣箱(1500ポイント)

・正式型ハチの巣箱(3500ポイント)

・改良型ハチの巣箱(6000ポイント)

回復アイテムに欠かせないハチミツが採取できる巣箱。

素早く改良してより多くハチミツを収穫できるようにしたいのは、どんなハンターさんでも

共通しているのではないでしょうか?

 

-その他-

・特注よろず焼き機(1000ポイント)

・モンニャン荷車(1000ポイント)

・持久走訓練の巻(1500ポイント)

・崖登り訓練の巻(1500ポイント)

・丸太受け訓練の巻(1500ポイント)

・薪割り訓練の巻(1500ポイント)

・滝行訓練の巻(3000ポイント)

10連よろず焼きは、最初に見た時ビックリしませんでしたか?^^;

その後は肉焼きがとってもお手軽になって助かっています。

ニャンタークエスト用の荷車は、これでしかゲット出来ないアイテムもありますから、武具の

作成には欠かせません。

訓練の巻物は、オトモをより育成しやすくなりますし、クエストで役立つ特殊なスキルを

ひらめけるようにもなります。

 

R0014647

今回も色々な施設が追加されていきますね

 

クエストの進行によって徐々に要素が解放されていきますので、「~から一気に追加していく」

といった事はできませんよね。

それを前提にしつつ、私の傾向を紹介してみると・・・。

 

一番は、まず“採掘”を発展させていくような気がします。

序盤から中盤にかけて、色々な鉱石が不足して武具が作成できないという場面には、どなた

でも遭遇すると思います。

少しでも回収できる数を増やしたいですから、やっぱり優先して発展させていきますね。

 

次は“虫採り”でしょうか。

鉱石に次いで必要になる素材が多いと思いますので、なるべく早めに色々な虫を採集できる

ようにしておきたいです。

 

その次は・・・、うーん、ここからは少し迷ってしまいますけれど、“魚釣り”かな?

爆弾や弾丸の調合を頻繁にする方には結構恩恵がある要素だと思いますけれど、他の

方にはそれほど利点が無い場合が多いかも知れません。

ですけれど、“キレアジ”を定期的に回収しておくと、砥石と合わせて武器を研ぐアイテムに

困らなくなりますので、序盤から中盤にかけて個人的にはオススメしたいです。

(砥石は安く購入できますけどね。^^;)

 

回復アイテムに必要な素材が採れる畑、キノコの木、ハチの巣箱などは、私の場合他の

発展よりも後回しにしているかもしれません。

 

 

今更な話題になってしまいましたけれど、いかがでしょうか?

自分はどんな風に農場を発展させているか改めて考えてみると、自分の“モンハンプレイ傾向”

が解るかもしれませんね。

もしかしたら、その傾向によって使用する武器や好みのスキルも似通っていたりするかも?^^

もっと強くなりたい!?

今日は一旦インプレッションをお休みして、まだ取り上げていなかった“転生”についてお話

してみたいと思います。

本当は、インプレッションを続けながら「マキシマムアタックインフィニティ」について書いて行こう

と思っていたのですけれど、残念ながら順延になってしまいましたからね。^^;

転生以外にも、まだ書いていないシステムなどもあると思いますので、それらも間に挟みつつ

進めていこうと思っています。

 

 

まず、“転生”と言って皆さんはどんな事を思い浮かべますでしょうか?

生まれ変わり、というイメージが一番強いかもしれませんね。

PSPo2iでの転生は、広義ではそう言えるのかも知れませんけれど、実際には“パワーアップ”

と言った方が解りやすいと思います。

では、「転生する」ことで何がパワーアップするのかといえば・・・。

 

勘の鋭い方なら、フレーズを聴いただけでどういった事が起こるのか、すぐお解りになっている

のかも知れません。

家庭用のゲームではあんまりメジャーではありませんが、似たようなシステムのゲームも

いくつかありますから。

そろそろ種明かしをしますが、転生することで「キャラクターのステータスを底上げできる」のが

一番のポイントです。

PSPo2iで追加された中で、一番の目玉システムでもありますね。

 

レベルを上げていくと、それに応じて転生用のボーナスポイントも加算されていきます。

このポイントを決められた量割り振ることで、攻撃力や命中力などのステータスを底上げする

ことができるのです。

その際、レベルも“1”に逆戻りしてしまいますが、ゲーム開始直後の“レベル1”と違うのは、

底上げされたステータスだけではありませんよ。

ハンター・レンジャーといったタイプレベルはそのままですので、そのタイプに就いた時の

補正なども変わりません。

タイプレベルを上げて覚えたスキルも、レベル1から使用できます。

それに、それまで集めてきた武器や防具を始めとしたアイテムも無くなりませんから、より

強い状態で再始動する、といったほうが正しいですね。

 

では、転生を何度もするとどんどんステータスが底上げされるのか?というと、さすがにそうは

いかないようになっています。^^;

まず、転生の条件として「レベル50以上」という制限があります。

少し育成してすぐに転生を繰り返す、なんて方法もあるかと思いますが、レベル50で獲得

できる転生ポイントはたったの“5ポイント”だけです。

レベル上限の200に近くなればなるほど、貰えるポイントも多くなりますので、何か特別な理由

が無い限り、低いレベルで何度も転生するのはオススメしませんね。

(必要な経験値は少なくて済むのですけれど、転生の回数がものすごく増えてしまいます)

 

次に、それぞれのステータスには、底上げできる上限が設けてあります。

これは、際限なく上げてしまってはバランスが崩れてしまうのはもちろん、折角の種族や職業

も有って無いものになってしまうのが理由ですね。

それぞれ底上げできる上限は以下の通りです。

 

HP:+500(1段階で+50)

PP:+50(1段階で+5)

基本攻撃力:+350(1段階で+35)

基本防御力:+300(1段階で+30)

基本命中力:+200(1段階で+20)

基本回避力:+80(1段階で+8)

基本法撃力:+500(1段階で+50)

基本精神力:+400(1段階で+40)

基本持久力:+20(1段階で+2)

 

これは、どの種族でも変わらない数値ですので、レベルを上げて転生したその努力の分だけ

自分のキャラが上記の上限までパワーアップできる、という事です。

 

 

ステータスを底上げできる転生システムがある、レベルアップで転生ポイントが加算される、

底上げできる上限がある、と言うところまではお解り頂けたでしょうか?

そうしたら、最後にもう一つだけ、重要なポイントをお話ししたいと思います。

(まだあるの?と言わないで下さいね。^^;)

 

基本ステータスはそれぞれ10段階底上げできるようになっていて、必要な転生ポイントは

ステータスによって違っています。

(詳しく知りたい方は、攻略Wikiを参照なさって下さい、私よりも解りやすく解説していると

思いますよ。^^)

少ないポイントで底上げできる物など、細かな部分はWiki等を参照して頂いた方がいいと

思いますので省略しますけれど、重要になってくるのは「どのステータスを優先して底上げ

していくと良いのか?」という所ですよね。

 

ここからは、私の個人的な嗜好や体感、実際に底上げしてみた感想なども多分に入って

しまうと思いますので、あくまで参考程度にとどめておいて下さい。

(もちろん、参考になれば幸いですけどね。^^;)

まず、大前提として、近接武器と法撃武器、どちらを主にしているかを考えると良いですね。

自分自身が「ソードを使った近接攻撃がしたい」のなら“基本攻撃力”を、「テクニックを使って

一網打尽にしたい」と思うのなら“基本法撃力”をアップさせるのがオススメです。

PSPo2iの場合、攻撃は最大の防御、といった所もありますし、何よりレベル1に戻って再び

レベルアップさせていく際、底上げ前より大幅に楽になるはずです。

これは、どんな種族・タイプであっても同じですね。

 

次に、“種族の長所を伸ばす”のがオススメでしょうか。

キャストなら命中力、ニューマンなら法撃力など、それぞれ秀でている物を伸ばしていくと、

より戦いやすくなります。

また、同時に“短所を補う”ことで戦いやすくなる場合もありますね。

平均的な能力が逆に短所でもあるヒューマンなら、他の種族よりも防御面に秀でていることを

生かしてHPを上げ、より戦闘不能になりにくくしてみたり、PPが少なく回復も遅デューマンなら、

PPを上げてスキルやテクニックを何度も使いやすくしてみたり。

攻撃の要となる攻撃力・法撃力の次は、自分のキャラクターの長所・短所を考えながら

底上げしていくと、より扱いやすいキャラクターになっていくと思いますよ。

 

 

ちなみに、私のキャラクターは今現在こんな感じで底上げしてあります。

 

20110423111120

転生は“タイプカウンターで行い、ボーナスポイントを振り分けた後、転生します

20110423111510

レベル1に戻りましたが、底上げしたステータスのおかげで最初から強い状態に

 

“ゲームの攻略”という観点からお話しすれば、どういう順番で底上げしていけばより簡単・

有利なのか、という所もあると思います。

ですけど、正解なんて無いですから、最後は自分が好きなように自分の分身を成長させて

あげるのが、一番楽しめると思いますよ。

「衣装のコーディネートをしてあげる」くらいの感覚がいいかもしれませんね♪^^

 

そうそう、お話の途中にも出てきていましたけれど、タイプレベルとスキルについてもまだ

ちゃんとお話していませんでしたよね。

転生も少し影響する要素がありますから、次回はこちらを取り上げてみようかな?と思います。

体験! ダウンロードクエスト その8

先週末も、毎週恒例のダウンロードクエストが配信されましたね。

ただ、私としてはあんまり進んで戦いたくない相手が登場するクエストみたいで・・・。^^;

紹介はまだ先になってしまうと思いますけれど、そのうち頑張って挑戦してみたいと

思っています。

 

 

今日は雑誌“電撃プレイステーション”とのコラボクエストを紹介します。

クエスト名は「電撃・ダブルライジング!」。

ダブル、という部分がちょっと気になりますけれど(苦笑)、今回は下位のクエストですから

しっかりと準備しておけば大丈夫だと思います。

 

電撃のコラボクエストも、ファミ通と同じく恒例ですね。

そして、電撃を扱うモンスターが相手になるのも恒例です。

そう、今回の相手は看板モンスターの“ジンオウガ”となっています。

2匹同時ですから、常に2匹の動きには注意しながら戦うと良いですね。

 

同時な上、行動パターンもほとんどの場合一定時間ですぐ合流してしまうことがほとんどです。

どちらか一方を集中攻撃するのはもちろん、こやし玉を使用して分断するのも忘れないように

したいですね。

もう慣れてしまった方も多いかも知れませんけれど、今回から初登場のモンスターですので、

村クエストで何度も練習してから挑むのも、対策としてとても有効だと思いますよ。

“雷狼竜の逆鱗”を狙うなら、2匹ともちゃんと討伐したいですからね。^^

 

 

恒例の「電撃チケット」を5枚集めると、コラボ武器「ブリッツワークス」が作成できます。

こちらは狩猟笛になるのですけれど、元となっている楽器は何になるのでしょうね?

見た限りだと、キーボードなのかな?とも思いますが・・・。

 

R0014644

こっそりと、まだ紹介していない狩猟笛マイセットに合わせてみました^^

 

コラボ大剣“ホウマノツルギ”と同じく、ジンオウガの狩猟笛が完成するまで、雷属性の

狩猟笛としてとても役立ちます。

旋律も3つとシンプルで、便利な“攻撃力強化”も吹けますよ。

もちろん、ジンオウガの狩猟笛ができた後でも使える性能ですから(強化もできます)、

是非チケットを沢山集めて作成してみてくださいね。^^

PSPo2i各武器インプレッション スピア編

本日からPSPo2iでの初めての大型イベント「マキシマムアタックインフィニティ」が始まります。

・・・その予定だったのですけれど、今現在(日曜日に下書きしています)“プレイステーション

ネットワーク(PSN)”が木曜日からの障害を解消できていません。

このままですと、イベント開始の日時が遅れてしまいそうですね。><

ファンタシースターユニバース(PSU)には影響しない問題ですので、果たしてどうなるのかは

私も解りませんけれど、無事に復旧することを願っています。

※もしかしたら、と思っていたのですけれど、どうやらPSUでは本日から開催、PSPo2iは

障害が解消された後、開催日時を発表するみたいです。

別々の開催になってしまい残念ですけれど、1日も早い復旧を願うしかありませんね。><

 

 

さて、今日は武器のインプレッション3回目です。

取り上げる武器は“スピア”になります。

(用語についてはソード編の記事を参照して下さい。)

 

-スピア-

・ロック数:2

・攻撃回数:3回(1-1-1)

・カテゴリー補正:基本回避力の上昇(クバラ品を除く)

 

武器の性質として“突く”動作が得意なスピアは、両手で扱う武器の中では比較的素早く

連続で攻撃できます。

特に、自分の前方を攻撃するのが非常に得意で、攻撃手段にもよりますが前上方にも

攻撃が届く場合も。

その反面、側面への対応ができませんので、こちらから上手く動きつつ、敵を1列に並べて

一度に攻撃する、なんて事も考えながら戦うと良いかもしれませんね。

また、フォトンアーツ(スキル)には、広範囲を攻撃できる物も用意されていますから、

場合によって使い分けると戦闘を有利に運べますよ。

 

20110425143727

あれ?これもスピアですか?どう見てもホウキのような・・・

 

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・ドゥース・ダッガズ(ロック数2 攻撃回数3 ヒット数2-3-3)

 

振り下ろしや突き上げ、連続突きなど、槍を使った連続攻撃を仕掛けるスキルです。

特にクセのない動きで使いやすい上、PPの消費も少ないですから、スピアに慣れていない方

にも向いているのではないでしょうか。

連続攻撃の途中でノックバックさせられますので、1対1なら途中で相手の攻撃を受けて

しまう、といった事も少ないです。

 

20110425084046

突き上げ攻撃にはノックバック効果が突いているので便利ですね

 

・ドゥース・スカッド(ロック数3 攻撃回数3 ヒット3-3-3)

ドゥース・ダッガズは“連続攻撃”でしたけれど、こちらは更に突きに特化した“連続突き”

のスキルになっています。

通常攻撃よりも更に高速の突きを、連続で繰り出していきます。

3回目の攻撃ではスピアを投げつけて攻撃するなど、見た目にも派手なスキルですね。

攻撃の威力も申し分ありませんが、他のスキルよりもPP消費が激しい点が唯一のネック

になります。

また、攻撃には敵の行動を阻害する能力がありませんので、攻撃中に思わぬ反撃を受けて

しまわないよう、側面や背後から攻撃すると安全かもしれません。

 

20110425084128

魔方陣のようなエフェクトがとってもカッコイイです

 

・ドゥース・マジャーラ(ロック数3~4 攻撃回数3 ヒット数3-4-1)

 

スピアの面白枠、と言ってしまうと失礼ですが、独特の動きをするスキルですね。

一般的な“魔法使い”のイメージを思い浮かべて頂くと解りやすいでしょうか、なんと「ホウキ

にまたがった魔女」のように、武器に腰掛けて突進攻撃をするんです。(ビックリしますよ!)

その後は空中からの連続突き、着地後はなぎ払って敵を吹き飛ばす、一見の価値ありな

スキルです。

面白枠と書きましたが、威力も結構高いですから、私個人的にオススメです。

(スピアを使う時にはよく使っています^^)

 

20110425084205

ホウキ(?)に乗って突撃しますよっ!

 

・ドゥース・ロバッド(ロック数5 攻撃回数3 ヒット数1-2-2)

 

スピアのスキルでは、一番広範囲を攻撃できますね。

柄の部分を握りしめ、周囲の敵に対して振り回しながら攻撃していきます。

ただ、1対多数の場合にはとても効果的なスキルなのですけれど、1回1回の攻撃がやや遅め

なのが難点でしょうか。

素早い動きの相手だと、振り回している最中に避けられてしまったり、反撃を受けてしまう

ことも考えられますので、その点を気にとめて使用すると良いですね。

 

20110425084318

三国○双の登場人物のように群がる周囲の敵をなぎ払います

 

 

 

そうそう、先日の「全国ファン感謝祭2011決勝大会」で、ファンタシースターシリーズの最新作

「ファンタシースターオンライン2」のゲーム映像や内容が少しだけ公開されましたね!

こちらこちらでは記事も書かれています。

私も見てみましたけれど、PSPo2iから更にパワーアップ、ボリュームアップされたゲームに

なりそうだな、と思いました。

PSPo2iをプレイされている方で、プレイする予定の方はいらっしゃいますか?

発売はまだまだ先のお話ですが、PSO2もプレイしてみたいな、と思っています。^^

体験! ダウンロードクエスト その7

そういえば、今改めて見てみると、今回紹介するダウンロードクエストまで、上位の中々手強い

クエストが続いていたのですね。

発売月である12月の後半に、連続で上位クエストを配信したのは、もしかしたら「冬休み中に

頑張って攻略するハンターさん」向けの対応だったのかな?と、今更ながら思ってしまいました。

もちろん、私はそんなに早く上位まで進められませんから、3つとも配信直後にはプレイしません

でしたよ。^^;

 

 

そんな12月最後の配信クエストは「範馬刃牙・鬼の遺伝子」です。

こちらは、週刊少年チャンピオンとのコラボレーションクエストのようですね。

3週連続上位クエスト配信の、最後を飾るにふさわしい(?)内容・・・なのでしょうか。^^;

(私はあんまり嬉しくなかったですけどね。><)

 

舞台は、ダウンロードクエストでは初登場でしょうか、大闘技場です。

討伐対象のモンスターはジンオウガですね。

ここまでなら、特別問題のないクエストなのですけれど・・・、ダウンロードクエストですからね、

これで終わりな訳がありません。^^;

今回も、クエスト受領に制限が設けられています。

・・・、防具・護符無しには目を疑ってしまいました。><

 

目を疑う制限でしたけれど、一応はプレイしてみましたよ、仕方なく。(苦笑)

とても近づいて戦う勇気はありませんでしたので、今回は弓を使ってみました。

ベリオロスの弓“”ですね。

普段はモンスター、ハンター共にエリアチェンジが可能ですので、ピンチになったらひとまず

切り替えて体勢を立て直す、という戦法も考えられます。

でも、今回は闘技場という逃げ場のない場所ですから、色々と準備をしていった方が良い

と思いますよ。

護符・爪、硬化薬や忍耐の種など、若干であっても防御力をアップさせておけば、体力が

満タンでなくてもやられなくなると思います。

もっとも、“ダメージを受けない”くらいの覚悟で挑戦しないと、中々一人ではクリアが難しい

とも思いますけどね。^^;

 

私は、狙える時は頭、無理なら後ろ足を狙って転倒させる戦法で戦っていきました。

距離が離れた時には積極的に曲射して、疲労→罠使用を狙ってみるのも良いですね。

とにかくダメージが大きいですので、いつも以上に“あと1回攻撃できそう”だとしても回避

することも、無事クリアするためには重要な事です。

 

 

クリア後の報酬は「地上最強の証明」。

この素材を集めると、ハンマー「鬼の貌」が作成できます。

私はまだ実際に使用していませんので詳しくは解らないのですが、切れ味を見て頂くと

解るとおり、緑までしか無いとてもクセのある武器になっています。

そして、一番のポイントは、会心率が-70%という所ですね。

 

R0014610

見た目はとっても強そうなハンマーなのですけれど、とってもクセのあるハンマーですね

 

どうなのでしょう、普通にクリアするための武器として使える物なのでしょうか?

攻撃力はもの凄く高いですけれど、切れ味ゲージとマイナス会心のせいで相殺されてしまって

いるように思えます。

(実際に使っている方いらっしゃいましたらごめんなさい><)

そんな訳で、武器を作成しなくても良いかな?と思っているため、その後はほとんどこの

クエストは受注していなかったりします。^^;

ただ、プレイした方の体感によると、どうやら「雷狼竜の碧玉」が出やすいのではないか、

とのことですから、マルチプレイで他の人が一緒なら頑張ってみようかな、とも考えています。

体験! ダウンロードクエスト その6

今日のクエストは、ダウンロードコンテンツとして正式に配信されるまでに、一部の場所で

先行配信されていたクエストです。

皆さん大好き(?)なあのモンスターが登場するクエストですね。(笑)

 

 

クエスト名は「ユニクロ・究極素材の追求」です。

そう、ユニクロとのコラボレーションで、一部の店舗では先行配信されていましたから、いち早く

体験した方も中にはいらっしゃるのでしょうか?

私は、さすがにダウンロードしにはいけませんでしたから、正式に配信されてからの挑戦です。

 

戦いの舞台は、今回は火山ですね。

登場するのはみんな大好きティガレックス、それも“亜種”、さらに2頭、おまけに同時、と

とっても豪華な(大変な、ですよね^^;)クエストとなっています。

こちらも前回に続いて上位クエストですから、配信後はしばらくスルーしていて、集会浴場上位

に進んでから挑戦しました。

 

使用した武器ですが、さすがにいきなりヘビィで挑戦しようとは思えませんでしたので(苦笑)、

最初はハプルボッカの大剣を使いました。

ティガレックス亜種ですが、マップ1・2・4・8・3番を大体一定のルートを周回しているようです

ので、どこか1カ所で待ち構えて戦うのが良いかも知れません。

比較的広い(動きやすい)のは、1番、2番、4番あたりでしょうか?

私は4番で待ち構えて戦ってみました。

 

一方と戦っているうち、もう一方がやってくることがあると思います。

その時は、こやし玉を戦っていた方に投げて、新たにやってきた方と戦うようにします。

これは、今まで戦っていた相手はエリア移動が近いためです。

そうして繰り返し戦っていくうちに、弱って6番に眠りにいきますから、すかさず捕獲して

しまいました。

あとは、残ったもう一方を追いかけていけばOKですね。

 

今回の報酬アイテムは「ユニクロチケット」、そのまま、ですね。^^;

作成できるのは剣士用・ガンナー用それぞれの防具です。

 

R0014607

カジュアルな感じ+モンスターの素材を使っている雰囲気が良く出ていると思います

 

ユニクロとのコラボらしく、カジュアルな見た目ですので、ちょっとモンハンの雰囲気には

合わないかな?とも思います。^^;

けれど、ジャケットなどはウロコのような意匠がされていたりと、中々凝った作りです。

そしてなにより、一式装備でのスキルが優秀な点がポイントです。

特に、回避距離アップと耳栓が付く所はヘビィに最適だと思いますよ。

 

と、オススメしたいと書いたのは良いのですけれど、実際にはまだセットで揃えていなかったり

するんですよね。^^;

チケット自体はそれぞれの部位につき1枚で済むのですが、腰装備などには“雷狼竜の碧玉”

といったレアな素材が必要だったりと、一式揃えるには以外とハードルが高いです。

早く一式揃えられるように、頑張りたいと思います。><

PSPo2i各武器インプレッション ナックル編

ええっと、最初に少しお断りを・・・。

武器の種類が多いので、いくつかまとめて紹介していく、と事前に言っていたのですけれど、

フォトンアーツの紹介も合わせると結構な長さになりそうですので、近接武器に限っては1つずつ

紹介して行こうかな、と思います。

射撃武器は少しまとめられそうですので、その時はまとめて記事にしたいと思っています。

 

 

さて、武器のインプレッションも2回目になります。

これから出てくる用語については、1回目の記事を参照して頂ければ幸いです。

 

-ナックル-

・ロック数:4

・攻撃回数:3回(2-1-1)

・カテゴリー補正:基本回避力の上昇

 

ボクシングなどど同じように、両腕に武器をはめて攻撃するのがナックルです。

通常攻撃、フォトンアーツ共に、攻撃速度が速いので連続攻撃の得意な武器ですね。

その反面、複数のモンスターを相手にするのはちょっと苦手です。

通常攻撃の1段目は、ワンツーパンチで2回ヒットしますよ。

ソードは3回とも1ヒットでしたけれど、今後紹介する武器ではこのように1回ボタンを押して

複数回ヒットする武器も登場してきます。

チェインを溜める、という点で有利になりますね。

 

20110421215818

両手にはめた武器で・・・ってアレ?これは・・・

 

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・ボッガ・ダンガ(ロック数1~2 攻撃回数3 ヒット数3-2-1)

 

軽快なフットワークで連続フック攻撃を繰り出すフォトンアーツです。

ナックルでは、癖もなく使いやすい部類なのではないでしょうか?

私は普段あまりナックルは使わないのですけれど、使う時にはこのフォトンアーツにすることが

多い気がします。

 

20110421090021

出だしのフック攻撃は素早く3回ヒットしますので便利です

 

・イック・ヒック(ロック数2 攻撃回数3 ヒット数4-4-2)

 

これは、俗に言う“酔拳”がモデルになっているみたいですね。

独特の動きを攻撃に取り入れているフォトンアーツです。

ヒット数は多いのですが、実際に使用するとなると・・・。

酔拳のモーションが長く、あんまり実用的では無いような気がします。^^;

 

20110421090135

アクロバティックな動きは見ていて面白いのですけれど、実用的にはちょっと・・・^^;

 

・ボッガ・ズッパ(ロック数2 攻撃回数1 ヒット数4)

 

ソード編で紹介した“グランドクラッシャー”のような、一撃必殺タイプのフォトンアーツです。

渾身の力を込めてストレートパンチを繰り出します。

威力も高く使いやすいですが、出だしの溜め時間がややありますので、ある程度チェインを

溜めてから発動させると良いと思います。

 

20110421090204

勢いを付けた一撃必殺のパンチがっ!

 

・ボッガ・ランパ(ロック数2~3 攻撃回数3 ヒット数1-4-1)

 

1発目に特大のアッパーパンチを繰り出して敵を打ち上げ、その後連続攻撃します。

ダウン効果がありますから、相手に行動させず一方的に攻撃できるのですが、問題点が

一つだけ。

PPの消費量がとても多いので、何度も連続で使用するのが難しいです。

でも、その欠点を補えるほど、1対1では絶大な威力を発揮しますね。

 

20110421090226

敵を浮かせますので、一方的に攻撃できますよ

 

・ボッガ・ロバッド(ロック数1~2 攻撃回数3 ヒット数4-2-4)

 

こちらも“連続パンチ”のフォトンアーツなのですけれど、その場で片手だけの連続パンチ

を出すタイプになっています。

参考にさせて頂いている攻略Wikiでも、ボッガ・ダンガと共にオススメされていますから、

多くの方がどちらかのフォトンアーツを使っているのではないでしょうか?

どちらも、素早く連続でヒットするのが利点ですから、あとはお好みで決めてしまっても大丈夫

かもしれませんね。

 

20110421090249

連続パンチでモンスターに対して一気にダメージを与えます

 

 

やっぱり、解説+スクリーンショットにすると、1つの記事が結構長くなりますね。^^;

最初に書いた通り、近接武器が続くしばらくの間は、こんな感じで進めていこうと思います。

体験! ダウンロードクエスト その5

今回取り上げるダウンロードクエストは、今までよくコラボしていた所・作品ではない、新しい

コラボレーションクエストです。

クエスト名は「MGS・ソリッド&リキッド」。

コナミから発売しているゲーム、「メタルギアソリッド」シリーズとのコラボレーションですね。

3rdでは、このクエストを初めとして、今までの作品よりも遙かに多くコラボレーションクエストを

用意しているみたいですから、今後配信される物も楽しみですよね。^^

 

 

今回のダウンロードクエストは、初めての上位クエストになっています。

配信開始された頃は、私もまだ村クエストや集会浴場の下位クエスト、番頭クエストをこなして

いた頃で、すぐには挑戦できませんでした。

また、相手モンスターがボルボロス亜種・アグナコトル亜種の2頭である点も、いきなり挑戦

するのはためらってしまう点ですよね。^^;

そしてなにより、このクエストの一番重要な所は、“ボウガン限定”という条件でしょうか。

コラボ元の「メタルギアソリッド」シリーズでは、拳銃などの武器をメインに扱っている関係

なのでしょうね。

この条件があるために、二の足を踏んでしまった方も多いのでは?と思っています。

ボウガンを好んで使用している方なんて、私を含めて少数派でしょうからね。^^;

 

幸い、凍土に生息するモンスター2頭が相手ですから、使用する武器については火炎弾を

メインに撃てるボウガンを用意すると良いと思います。

私は、レイアのヘビィ“妃竜砲”シリーズで挑戦しました。

毒弾も撃てて、通常弾の装填数も多いですから私的にはオススメのヘビィですね。

ソロプレイではいつもお世話になっているヘビィです。

そうそう、ソロプレイでは恐らくほとんどの場合弾丸が足りなくなると思いますので、調合分の

素材も忘れずに用意していってくださいね。

 

2頭同時のクエストですので、まずはセオリー通りどちらか一方を集中して攻撃するのが

ベストです。

私はボルボロス亜種を先に討伐してみましたけれど、移動するエリアが2頭とも結構かぶって

いますので、どちらにするかはお好みで良いかもしれません。

ポイントは、ボルボロス亜種のUターンしてくる突進と、アグナコトル亜種のブレス攻撃、

といった所でしょうか?

ボルボロスの突進は、私もまだどう動いてくるのか解らなくて攻撃を受けてしまうことも

しばしばです。^^;

一方のアグナコトル亜種は、なぎ払うブレスの際、向かって右側に居れば安全ですので、

なるべくアグナコトル亜種の左側面付近に位置取れば戦いやすいと思いますよ。

 

報酬アイテムは「極秘のダンボール」。

オトモ用の装備「ソリッドネコナイフ」「無限ネコバンダニャ」「ソリッドネコスーツ」が作成可能に

なります。

メタルギアソリッドの主人公が着ている装備で、なんとしゃがむと“ダンボール”に隠れる

アクションもちゃんと再現(?)されています。

(主人公が潜入作戦を実行していく際、段ボールを使って敵から隠れるのが、メタルギアソリッド

での“お約束”になっているためです。)

 

R0014603

メタルギアソリッドシリーズの主人公、スネークが装備しているスーツですね

 

前回までのクエストから一気に難易度が上がりましたから、順番通りに進めていくのは

難しいかも知れません。

(私もパスして他のクエストから進めましたから^^:)

上位に上がって、しっかりとボウガンの練習もしてから、挑戦してみて下さいね。

マキシマムアタックインフィニティ!

昨日の記事でも少し書いたのですけれど、書いている途中で知りましたのでおまけ程度に

なってしまいました。

一応、イベント開催が発表になったらちゃんと1つの記事にしようと思っていましたので、今日

改めてもう少し詳細に書いてみたいと思います。

 

 

4月25日から5月24日までの1ヶ月間、PSPo2iでは初めての大型イベントである「マキシマム

アタックインフィニティ」が開催されます。

モンハンでも、ダウンロードクエストや残念ながら今回は開かれませんでしたがハンターズ

フェスタなどの大会を開いてイベントを行っていますが、このマキシマムアタックインフィニティ

はそういったイベントとはちょっと違います。

インターネットに接続出来れば他の方とマルチプレイがいつでもできる、PSPo2iならではの

イベントなのが特徴ですね。

 

大きな目的は、“期間中により多くのモンスターを討伐する”こと。

このモンスター討伐数はリアルタイムでカウントされ、定められた一定の数をクリアすると、

新しいエリア(ミッション内で進める新しい場所のことです)や、イベント終了後に貰える

報酬アイテムなどが次々と解放されていきます。

今回貰える報酬アイテムは、通常は60%が上限である“属性値”が、討伐数によっては

100%までアップする可能性もあるみたいですから、規定数を突破するために、プレイヤーの

皆さんも「頑張らないと!」と思っていらっしゃる方も多いと思います。

 

イベントミッションで貰えるのは報酬アイテムだけではありません。

ミッションクリア時に貰える交換用のアイテムも用意されていて、専用の“交換ミッション”

「マキシマムアタックインフィニティ交換所」で別のアイテムと替えられます。

前回(PSPo2の時ですね)と同じ感じなら、普段は中々目にすることができない高属性の

武器などと交換できそうですから、そういった物との交換を目指しながらプレイするとより

楽しめるのではないでしょうか。

 

アイテム以外にも、貰える物はまだまだあります。

イベント開催中は、ミッションで獲得できる経験値、タイプポイント、アイテムのドロップ率が

全て2倍(!)になるとのこと。

育成中のキャラクターでも、イベントミッションでレベル、タイプレベルを上げてみたり、普段

中々見つけられないレアアイテムがゲットできるチャンスです。

 

 

前回もちょこっとだけプレイしてみたのですけれど、その頃はまだレベルも低く、実際は

ほとんど参加できないままイベントは終了してしまいました。

ですので、今回こそはちゃんと参加して、色々体験してみたいと思っています。

 

問題なのは・・・、キャラクターの転生(転生についてはまだ記事にしていませんね、何の

ことか解らない方すみません><)をどうしようかな?と思っている事ですね。

もう1回転生して、キャラクターを強化した後に参加したい所なのですが、今のままだと

開催期間中に転生することになりそうです。^^;

あとは、一緒にプレイして下さる方が今のところいない事も。

インターネットマルチモード専用のイベントですから、敵の体力もアップしていて倒すのも

苦労します。

kaiを使ってモンハンをプレイする時と同じように、一緒にプレイして下さる方をその都度募集

すれば良いのですけれど、PSPo2iではほぼマルチプレイ初心者といっても良いくらいです

ので、私にはちょっと敷居が高くも感じていて・・・。><

 

イベント開始までに、一緒にプレイして下さる方が見つかると嬉しいのですけどね。^^;

(先月の震災以降、コメントを頂ける頻度も大幅に減ってしまいましたから、ここで見つける

のも難しいでしょうね><)

PSPo2i各武器インプレッション ソード編

今日からは、いよいよ各武器についてもうちょっと詳細な紹介をしていきたいと思います。

3rdでも、体験版での感想を同じ感じで書いてみましたけれど、PSPo2iは武器の種類が多い

ですからね。

今回は一番最初なので説明+ソードだけにするつもりですが、次回からは2,3種類一緒に

まとめて紹介して行こうかな?と思っています。

 

 

さて、さっそく進めていきたいのですけれど、ソードの紹介に入る前に、また色々と事前の

説明をしておきたいと思います。(前置きが多くてすみません。><)

インプレッションで出てくる用語などをまとめておかないと、「何を言っているのかな?」という

事になってしまいますから、お付き合い頂ければ幸いです。^^

それでは、順を追って説明していきますね。

 

※詳しく知りたい方は、こちらの攻略Wikiをご覧頂くと、より理解できると思います。

(用語も、こちらのWikiを参考にさせて頂いています)

 

・ロック数

PSPo2iには、両手で持つ大きな武器、片手で扱える武器、色々登場するのですけれど、

それぞれに“1度に攻撃できる数”が決まっています。

対象となるモンスター、及び攻撃できる箇所が複数ある(大型のモンスターには複数箇所

攻撃が当たる場所があります)場合に、同時に攻撃できるかどうかが、この“ロック数”に

なります。

例:1度武器を振るって、モンスター4体(or4カ所)攻撃できる武器は、「ロック数4」となります

 

・攻撃回数

基本的に、攻撃ボタンを押して攻撃を連続でだせる回数は、近接武器では3回となっています。

これは法撃武器も同じで、セットしたテクニックを最大3連続で放てます。

射撃武器は、武器によって間隔は違いますが、基本的に1発ずつ撃つことになります。

問題は、連続攻撃する際の“1回ごとの攻撃ヒット数”が、武器によって違ってくる所ですね。

モンハンで、攻撃方法によってモーションが違うように、連続攻撃中の動きは武器ごとに

違います。

3回の攻撃がすべて1ヒットの武器もあれば、モーションの違いによって1ヒット→2ヒット→

3ヒットとより多く攻撃できる武器もありますので、この“攻撃回数”の項には「連続で攻撃

できる回数と、その攻撃で何回攻撃をヒットさせられるか」を示していきます。

例:ソードの場合、3回連続で武器を振ってそれぞれ1ヒットずつですから、表記は「1-1-1」です

 

ロック数とヒット数をかけ合わせた数が、実際の攻撃ヒット数になりますね。

もちろん、複数体のモンスターや大型モンスターと対峙している状況で、ということになります。

基本は、攻撃回数で示した回数攻撃がヒットして、さらにロック数に応じて2倍、3倍の数ヒット

させられる訳です。

例:ソードを使って同時に4体の敵へ攻撃した場合、4体の敵それぞれへ3ヒット、合計で12回

攻撃を当てられます

 

この説明でお解りになりますでしょうか?^^;

複数のモンスターとの戦い、ボスなどの大型モンスターなど、状況によって武器を使い分け

ていくと、よりプレイしやすいと思います。

ですので、ロック数と攻撃回数は武器を選択する上で重要なポイントになります。

 

・カテゴリー補正

こちらは、説明書やゲーム中で明確な表記は無いのですけれど、また重要な要素になります。

武器にはそれぞれレア度があり、それは☆マークの個数で決まっていることは以前お話

したと思います。

その星の数に応じて、装備中の自身のステータスに影響を与えるのが“カテゴリー補正”です。

武器ごとに対応したステータスが上昇または下降したりしますので、知っておくことでより

理解を深めつつ楽しめるのではないでしょうか。

そうそう、一部の武器やメーカー(PSPo2iでは、設定上GRM、テノラ、ヨウメイという3つの武器

製作メーカーがあり、これに出所不明のその他の武器をまとめたクバラ、という4つに分類されて

います)の武器には、そもそもこの補正自体がない場合もあります。

例:ソードの場合、星の数×5の基本防御力・基本精神力の上昇効果があります

 

より細かく説明した方が良いのかもしれませんけれど、あんまり詳細に書いても分りにくく

なってしまうだけですからね。^^;

この3つの項目に、武器ごとの各フォトンアーツを加えて、インプレッションを書いて行くことに

しようと思っています。

それでは、ようやくになってしまいましたが、まずはソードから始めていきますね。

 

-ソード-

・ロック数:4

・攻撃回数:3回(1-1-1)

・カテゴリー補正:基本攻撃力・基本精神力の上昇

 

両手で扱う大型の剣で、見た目の通り攻撃範囲が広いです。

範囲の広さはロック数に表れていますね。

複数のモンスターを同時に相手にできるのは、大きな魅力です。

攻撃自体は1ヒットずつですけれど、大型のボスなど攻撃できる箇所が多ければ、通常攻撃を

3連続で出すだけで、合計12ヒットさせられる訳です。

武器を振るう速度も、以前はかなり遅めだったのですけれど、PSPo2iではセイバー並みの

早さになり、初心者でもかなり扱いやすい武器になったのではないでしょうか。

 

20110419211406

ソードの中には、こんな日本刀っぽい武器もありますよ

 

フォトンアーツ(スキル)詳細

・グランドクラッシャー(ロック数4 攻撃回数1 ヒット数4)

 

飛び上がりつつ武器を大きく振りかぶり、着地しながら武器を叩き付けるように振り下ろして

攻撃するフォトンアーツです。

短時間に1回の攻撃で4ヒットしますので、少ないチェイン数でも出しきれるのは便利ですね。

私個人的には、ソードのフォトンアーツでは一番使用しています。

 

20110419211432

使いやすいのでよく使っています

 

・グラビティブレイク(ロック数2 攻撃回数3 ヒット数2-1-1)

 

振り下ろし、振り上げなどを連続で出すフォトンアーツですね。

高威力ですから全部ヒットすればかなりのダメージになります。

反面、やや攻撃速度が遅いですから、避けられたり相手の攻撃を受けてしまうことも。

それでも、動きの遅いボスモンスターなどには、文字通り必殺技になると思いますよ。

そうそう、フォトンアーツ(近接攻撃では“スキル”ですね)も、基本的にはこのように3連続で

攻撃できるものがほとんどになっています。

(中には、グランドクラッシャーのように、1回のみ、というものもあります)

 

20110419211458

動作はやや遅いですけれど、ダメージはピカイチですね

 

・スピニングブレイク(ロック数3~4 攻撃回数3 ヒット数2-1-2)

 

両手持ちの大剣を扱っていながら、飛び上がって縦回転攻撃をする、ソードのスキルでは

一番トリッキーな動きが特徴です。

合計のヒット数も多いですから、複数のモンスターを一度に相手にしても怖くありませんね。

ただし、ソードのスキルでは一番移動しますから、慣れないと使いにくい印象を受けるかも

しれません。

 

20110419211528

アクロバティックな動きで攻撃していきます

 

・トルネードブレイク(ロック数5 攻撃回数3 ヒット数1-1-1)

 

スピニングブレイクは縦回転でしたけれど、こちらは横回転のスキルですね。

横に構えたソードを大きく振り回して、周囲の敵をなぎ払うように攻撃します。

雑魚モンスターを一度に相手にする場合はとても便利ではないでしょうか。

通常攻撃の延長のような感覚で使っていけると思います。

 

20110419211548

周囲に集まる敵をまとめて攻撃できます

 

 

やっぱり最初の説明が少し長かったでしたね。^^;

次回からは、武器の紹介だけを2,3個まとめて書いていこうと思っています。

紹介していく中で、自分が気に入った武器を見つけるお役に立てれば幸いです。^^

 

 

書いている最中に、「マキシマムアタックインフィニティ」の情報を見ましたので少しだけ。

4月25日から5月23日までの約1ヶ月間、PSPo2iで初めての大型イベントが開催されます。

前作PSPo2でもあった「マキシマムアタッククロス」のPSPo2i版と言って良いと思います。

 

このイベントは、専用のミッションが順次配信されていき、ミッション内で討伐したモンスター

の数に応じて特典、ミッション中のボーナスブロックなどが解放されていきます。

そして、獲得できる経験値やタイプポイント、アイテムのドロップ率が2倍になっていますから、

参加すればするほど、恩恵を受けられる訳ですね。

インターネットマルチモード、つまりマルチプレイ限定のイベントですから、期間中は接続する

方もさらに増えるのではないでしょうか?

私も、前作ではほとんどプレイできませんでしたから、今回は頑張って参加できればと

思っています。

(一緒にプレイして下さる方が居れば嬉しいのですけどね。^^;)

私のマイセット その14

マイセット紹介も14回、もうずいぶんと紹介してきましたね。

最近は~向けや特化装備も少しずつ紹介していましたけれど、今日はまた汎用な装備を

紹介してみたいと思います。

 

 

残念ながらこのマイセットも“龍の護石”を使用してしまっています。

(ごめんなさい><)

でも、以前も書いた通り、防具やスキルの組み合わせ方などを参考、ヒントにして頂ければ

と思っています。

 

頭:ドーベルキャップ

胴:レウスSメイル (研磨珠【1】 痛撃珠【1】)

腕:ナルガUアーム (回避珠【2】)

腰:レウスSフォールド (研磨珠【1】×2)

脚:シルバーソルグリーヴ (斬鉄珠【3】)

護石:龍の護石 (痛撃4 龍属性攻撃-7 斬鉄珠【3】)

 

発動スキル:業物 弱点特効 回避性能+1 スタミナ急速回復 砥石使用高速化

 

R0014601

 

見た目はかなりシンプル&スリムな感じになっているのではないでしょうか。

あまりごつごつした装飾がありませんから、すっきりしていて私もお気に入りです。

セットで揃っているのはレウスSの胴と腰だけなのですけれど、その2つのおかげで混ぜ合わせ

た装備であっても何となく統一感がありませんか?

 

コンセプトは、攻撃・回避・その他スキルのいいとこ取りをした感じですね。

どんな武器、どんな相手でも戦いやすいマイセットだと思っています。

近接武器で着ていく防具に迷った時は、これを身につけていけばとりあえず問題なさそうです。

 

カラーリングは、レウスSの赤に合わせようかとも思ったのですが、ナルガの腕なども赤くして

しまうと何だかちょっとヘンな感じがしましたので、それぞれ落ち着いた色合いにまとめて

みました。

 

 

先週は、いつもお世話になっていたElenaさんとも久しぶりにマルチプレイができました。

年度末には色々とありましたけれど、これからはまた以前のように狩りができれば嬉しいな、

と思っています。

やっぱりマルチプレイはとっても楽しいですからね。^^

大ダメージをたたき込めっ!

今日は、戦闘中の要素で最も重要といってもいい、“チェインシステム”についてお話しします。

しっかり理解しておけば、よりスムーズに戦えるようになりますよ。^^

 

 

PSPo2iでは、モンスターとの戦闘中、攻撃を一定の間隔以内に連続で当てていくと“チェイン”

が発生します。

最初の頃はやや甘く、連続ヒットの数が増えていけばいくほど絶え間なく連続攻撃しないと

いけなくなりますが、そうして連続ヒットさせた後に「フォトンアーツ」で攻撃すると、連続ヒット

数に応じてより大きなダメージを与えることができます。

いくらフォトンアーツが“必殺技”のような役割でも、このチェインシステムを考慮しておかないと

ただの“ちょっと強い通常攻撃”になってしまいます。

そのくらい、「チェインを溜めて攻撃する」のは重要な要素です。

 

20110418213239

エイッ!と通常攻撃を当てるたびに、チェイン数が加算されていきます

 

また、マルチプレイをする時には、相手モンスターの体力が大幅にアップしています。

そんなモンスターを相手にして、通常攻撃で何度も何度も攻撃しているだけでは時間が

っかってしまうばかりです。

ですが、何度も何度も通常攻撃をしてチェインを溜めておき、最後にフォトンアーツをお見舞い

するようにすれば、一気に蹴散らせる訳です。

 

じゃあ、「連続攻撃をして最後にフォトンアーツを撃つだけでOKなのか?」というと、実は

そう単純でもなかったりします。

まず、連続攻撃として成するのは、□ボタンの攻撃だけです。

近接武器や遠距離武器のばあい、□ボタンには通常攻撃が割り振られています。

また、法撃武器の場合、□ボタンにもフォトンアーツ(この場合テクニックですね)をセットする

のですけれど、その際□にセットしたテクニックはチェインを溜められる攻撃になります。

 

次に、フォトンアーツなどでチェインを終了(プレイヤーさん達の間では、“チェインを切る”と

言うのが一般的みたいですね)させた際、ダメージがアップしている効果時間がチェインした

数によって左右されます。

チェインを継続している間は「~チェイン」とモンスターに表示されています。

チェインを切ると、その時点でカウントされていたチェイン数で停止し、表示が点滅します。

その点滅が消えるまでなら何度フォトンアーツを撃ってもチェイン数の分だけ威力が上がり

ますが、少ないチェイン数だとあっという間に効果が終了してしまいます。

より手強い相手には、できるだけ多くチェインを溜めて、連続で一気にフォトンアーツをお見舞い

できるようにすると、より効果が高いという訳ですね。

 

 

「何度も連続で攻撃を当てて、フォトンアーツで大ダメージを狙う」と書けば実にシンプルなの

ですけれど、上記の通りちょっとした制約もありますから、以外と難しいく感じる人もいるかも。

実際にマルチプレイなどでプレイする際は、「どのくらいチェインさせてフォトンアーツを撃てば

いいのだろう?」と考えてしまう場面に遭遇するかも知れません。

それでも、何度も挑戦していくうちに、「大体このくらいチェインを溜めておけば、一気に倒せる

だろう」という感覚も掴めてきます。

こういった、トライ&エラーを繰り返して自分自身もレベルアップさせつつプレイしていく所は、

モンハンとも共通しているんじゃないかな?と思いますね。^^

体験! ダウンロードクエスト その4

今日のダウンロードクエストは、「ファミ通・怒濤の突進祭り!」です。

ゲーム雑誌「週刊ファミ通」とのコラボレーションクエストですね。

モンハンのプレイヤーさんにはすっかりおなじみのコラボクエでしょうか?

今までのシリーズでも沢山ありましたからね。

 

・・・と、普通にスタートしましたけれど、ここで一つお知らせが。

一応、ダウンロードクエストについては、配信された順番通りに書いて行こうと思っていました。

ですが、じつはこのクエスト、2番目に配信されたクエストなんですよね。

・・・はい、順番を抜かして書いてしまいました。(汗

そんな訳で、4回目の記事なのですけれど、紹介するのは2回目に配信されたダウンロード

クエストになっています。^^;

 

 

戦いの舞台は、1回目と同様に小闘技場です。

相手となるモンスターは、ブルファンゴ×20頭。

下位クエストですから、普通なら特別問題無くクリアできるのですが・・・。

 

このクエストでは、防具、および護石を装備してはいけないという制限がついています。

防御力がありませんから、ブルファンゴの攻撃や突進といえどもバカになりません。

それに加えて、リノプロスもファンゴに混ざって登場しますから、小闘技場の中は突進の嵐

になるんですよね。><

 

私も、下位の頃比較的早めに挑戦したのですけれど、突進で飛ばされて中々大変でした。

それに、切れ味のそれほど良くない武器で行きましたので、途中で切れ味ゲージが大変な

ことになったりも。^^;

攻撃をできるだけ受けない事も重要ですが、相手にするモンスターのが多いため、できるなら

切れ味ゲージの長い武器を用意してから挑戦するのが良いと思います。

 

今回の報酬は、「ファミ通ST」(恐らく“シルバーチケット”の略なのでしょうね)です。

指定の枚数集めれば、ガンランス“シルバークラウン”が作成できます。


R0014548.jpg

 

比較的高めの氷属性が付加されていますから、使い勝手も良いのでしょうけれど・・・。

個人的にあんまりデザインが好きではありませんから、私は使用していなかったりしますね。^^;

やっぱりファミ通とのコラボクエで、今後紹介する予定の物がありますが、そちらで作成できる

ランスのほうが、よっぽどガンランスっぽい&デザインが良いと思うのは、私だけでしょうか?

いざ、ミッションに挑戦です!

キャラクターを作成し、武器や防具、アイテム、フォトンアーツを揃えたら、パートナーとなる

キャラクターを加入させていよいよ“ミッション”(モンハンだとクエストですね)に出発です。

今回は、そんなミッションの種類について説明してみたいと思います。

 

 

モンハンには、一人でプレイする“村クエスト”、みんなで集まってプレイできる”集会所クエスト”

がありますよね。

PSPo2iの場合は、“ストーリーミッション”、“フリーミッション”、“エキストラミッション”、

“インフィニティミッション”、“交換ミッション”の5種類に大きく分かれています。

それぞれ、一人でプレイする物、マルチプレイでできる物など違いがありますので、よく把握して

おくと良いですね。

では、順を追って紹介していきます。

 

・ストーリーミッション

 

一人プレイ時には、オリジナルストーリー内の登場人物として自分のキャラクターが登場します。

その際、他のNPCキャラクター達と一緒に挑戦するのがストーリーミッションです。

ストーリー仕立てですので、一番最初は順を追ってミッションをクリアしていくことになります。

モンスターのレベルには上限がきまっていて、自身のキャラクターのレベルに応じて変動

しますので、自分が上限以上のレベルであれば、より簡単に攻略できますね。

(といっても、相手のレベルが低い方が戦いやすい場合も多いです。^^;)

また、ミッションごとに一緒に戦ってくれるキャラクターは固定されている点もポイントです。

 

20110414215345

 

お話を進めて全てのミッションをクリアすると、それまでプレイしてきたミッションを、順番も

関係なく好きなように挑戦できるようになります。

また、ミッション自体は同じなのですけれど、モンスターのレベルが上がった“ハードモード”

にも挑戦できるように。

ハードモードもクリアすると、交換ミッション(後述しますね)で交換出来るアイテムの種類が

増加したり、コスチュームやヘアスタイルなども追加されますよ。

 

このストーリーミッションだけは、一人プレイ時専用のミッションとなっています。

 

・フリーミッション

 

文字通り、いつでも自由に挑戦できるミッションが“フリーミッション”です。

ただし、いくつか条件もありまして・・・。

まず、「ストーリーモード(ミッション)を進めていくと、挑戦できるフリーミッションが追加されて

いく」点です。

ストーリーを進めていくと、合間に数個ずつフリーミッションが追加されていきます。

全て解放されると、相当数のミッションに挑戦できるようになりますね。

そのため、レベルアップ、パートナーカードの入手と合わせて、ストーリーは進めていくと

何かと便利です。

 

20110414215416

フリーミッションは、ゲームを進めれば進めるほど新しい物が追加されていきます

 

次に、「挑戦できるレベルがランクごとに決められている」という点です。

最初に“ランク”について説明しますね。

武器や防具と同じく、フリーミッション・エキストラミッション・インフィニティミッションには

挑戦レベルを定めたランクが存在します。

分け方もSまでは一緒で、C・B・A・S、それに∞(インフィニティ)ランクを加えた5つです。

つまり、ミッション1つ1つに、4つのランクがあるという訳です。

それぞれ、例えばCランクはレベル1以上、Bランクは20以上と、一定のレベル以上に到達して

いなければ挑戦できません。

また、モンスターのレベルもランクごとに決まっているので、高ランクのミッションの場合、

挑戦できるようになったからといってすぐ挑んでも、相手の攻撃が強力でなかなか太刀打ち

できない、なんてこともあります。

 

20110414215413

1つのミッションに5つのランク、挑戦できるレベルはそれぞれ違っています

 

以上の2点以外は制約はありませんから、パートナーキャラ、サポートキャラ、マイキャラ、

マルチプレイで別のプレイヤーさんと、などなど、好きにメンバーを揃えて挑戦してみてください。

 

・エキストラミッション

 

形式としては、フリーミッションの特別版、と思って頂いて構わないと思います。

主に、開発メーカーさんが用意するDL用に用意したミッション、企業間のコラボレーションが

主のミッションなど、特別編のミッションがこちらにまとめられています。

前作のPSPo2では、一部を除き基本的にマルチモード、インターネットマルチモード向けでした。

ですが、PSPo2iでは、前作で用意されたミッションも、一人でプレイできるように変更されて

収録してありますので、ゲーム開始から色々なエキストラミッションに挑戦できるようになって

いますので、ちょっとお得な感じもしますね。

 

また、今回もDL用のミッションが次々に配信されていたり、今後はインターネットマルチモード

向けの大型イベント用のミッション配信も予定されています。

 

・インフィニティミッション

 

PSPo2iから新しく加わったミッションです。

他のミッションとの大きな違いは、「ミッションを自分で作成できる」という所ですね。

といっても、何から何まで、と言うわけではありません。

最初から所持しているベースになるミッションや、D配信のミッション、そしてインフィニティ

ミッションをクリアした際にたまに獲得できる“ミッションディスク”から生成されるミッションなど

を“合成”して、新しいミッションを作っていくことになります。

 

組み合わせはミッションの舞台となる「エリア」、登場する「モンスター」、最後に戦うことになる

「ボス」を掛け合わせた数だけ存在します。

(細かな仕組みについては、また別の記事にしたいと思っています)

フリーミッションやエキストラミッションより、比較的短い時間でクリできますから、ちょっとした

合間の時間にもプレイできるのが嬉しいですね。

また、インフィニティミッションには、“経験値+20%”などの特殊効果が予め付いている物も

あり、合成で効果の上昇、複数の効果を付ける、といった事もできますから中々奥が深いです。

 

20110414215550

わたしは、合成が難しくて苦戦しています^^;

 

そうそう、自分で作成したミッションは、サポートキャラクターと同じく別のプレイヤーさんに

渡せますので、経験値がより多く入るミッションや、レアアイテムが出やすいミッションなどを

交換し合ったりするのも、楽しみの一つですね。

 

・交換ミッション

 

こちらのミッションはちょっと特殊です。

ミッションと言っても実際に戦闘するわけではなく、武器や防具、アイテム、スキルディスクなど

を“交換”できる場所へ行くミッションになっています。

交換に用いるアイテムは様々で、ミッション中に敵が落としたり、クリア後に貰えたり、

サポートキャラに貰えたり、イベントミッション用のアイテムであったりなど、結構な数が用意

されています。

 

20110414215802

交換できるアイテムもたくさんありますよ

 

それぞれ、一定の数集めて交換ミッションへ行くと、ミッションごとに様々なアイテムと

交換できる訳です。

中には、交換でしか手に入らないアイテムもありますから、レベル上げやアイテム収集と

一緒に、交換用のアイテム集めも進めていくと良いですね。

 

 

PSPo2iには、盛り込まれている要素がとても多いので、中々内容全部を一度にお伝えする

のは難しいです。^^;

このほか、おまけ(?)にトレーニングミッションなども用意されていて、全てのミッションを

合わせればボリュームがものすごいですから、とても長く楽しめる作品だと思いますよ。

インフィニティミッションの項でも書きましたが、それぞれのミッションの詳細については、また

後日、個別に紹介していきたいと思います。

体験! ダウンロードクエスト その3

ダウンロードクエスト3回目は、「ネギま!・凍る世界の吸血鬼」です。

このクエストは、少年マガジンで連載中のマンガ、「魔法先生ネギま!」とのコラボレーション

みたいですね。

 

今回のお相手は、私の苦手な“ギギネブラ”です。

しかも、最低2匹は討伐しないといけないなんて・・・。><

あの動きといい、捕食攻撃といい、ギィギの吸い付きといい、生理的にきつい相手ですよね。^^;

クエストでは、2匹倒すとネコタクチケットが届き、納品すればクリアになります。

もしくは、最大の10匹すべてを討伐してもOKですね。

複数人でプレイ出来るなら、素材集めも兼ねて、あえて多めに倒すのもアリかもしれません。

 

ギギネブラに有効な属性は火属性です。

あとは、前回のアグナコトルと同様に、硬い部位への攻撃用に“心眼”などを発動させておくと、

効果的ですね。

私の場合は、腕を狙って転倒させつつ、部位破壊も狙っていく形が、一番多い戦闘パターン

かもしれません。

 

討伐に成功すると、報酬に「ネギま!仮契約書」が。

今回は大剣“ホウマノツルギ”が作成できるようになります。

見た目も中々かっこいいと思います。^^

 

R0014545

切れ味鋭そうな見た目ですね、大剣にしてはずいぶんとスリムな部類だと思います

 

この武器、実は私大分お世話になりましたね。

切れ味も長く、高い雷属性や会心率の上昇、おまけに防御力も若干ですがアップしますから、

下位~上位前半ではとても役立ちました。

さらに強化して“テンマノツルギ”にすれば、そのまま最後まで使える武器だと思いますよ。

 

3rdで雷武器といえば、真っ先にジンオウガの装備が挙がると思います。

ですけれど、ジンオウガの武器には、どうしてもレアな素材を使用しなければならず、運が

悪いと作成すら中々できないこともありますよね。

ホウマノツルギは、そんな雷武器の中でも、かなり良い武器だと思いますから、まだ作成

していらっしゃらない方は、是非手にとってみてください。^^

私と一緒に戦ってくれますか?

昨夜は、また大きな余震が連続で発生しましたね。

それに加えて雷を伴った大雨も降り、一月経った今でもまだまだ予断を許さない状況なのを

改めて感じました。

そんな自然の脅威にもめげず、綺麗に咲いた桜も、昨夜の雨で大分散り始めてしまいました。

 

 

今日は、PSPo2iで自分が操作するキャラクターと、一緒に冒険を手伝ってくれる、ソロプレイの

時の頼れるキャラクター達についてお話ししてみようと思います。

 

3rdと同様、マルチプレイのできるゲームなのですけれど、同じくソロプレイ用のモードもきちんと

用意されています。

その際、自分を含めた最大4人でパーティを組んでミッションに挑戦できます。

この時に、自分のキャラクターを手助けしてくれるキャラクター達には、いくつか種類分けが

されているのです。

順を追って紹介していきますね。

 

「パートナーキャラクター」

ソロプレイで楽しむ、“ストーリーモード”を進めていくと、作中に登場するキャラクターから、

ストーリー以外でも一緒に戦えるようにパートナーカード(これを使用して呼び出す、という

設定です)を貰えます。

これらのキャラクターは、パートナーキャラクターと呼ばれています。

普通のRPGでも登場する、NPCキャラと基本的に一緒ですね。

一緒に戦う際のレベルはキャラクターごとに違っていて、自分のキャラと同じレベル~最大で

10レベル上まで、様々です。

パートナーカードを貰えるタイミングはまちまちなのですが、かなりの人数から貰えますので、

パートナーキャラクターとだけでも十分に楽しめると思いますよ。^^

 

「サポートキャラクター」

先日も1つ記事にしましたけれど、PSPo2iでは別のプレイヤーさんが育てたキャラクターを頂く

ことができます。

黒玉サキさんの開いた、サポートキャラクターの交換会に参加してみた際の記事も、参照して

みてくださいね。^^)

自分で育てたキャラクター、自分で集めた装備のまま、相手に渡せますので、プレイヤーさん

の数だけ個性的なキャラクターに出会えると思います。

ただ、一つだけ制限がありまして、保存しておけるサポートキャラクターの人数が、合計32人

までとなっています。

見知った方との交換だけでなく、ブログやマルチモードのお部屋でも交換の募集をして

いらっしゃる方も多いですね。

私も、いつかこのブログで交換の告知をしてみたいな、と思っていたりします。^^

 

そうそう、サポートキャラクターのレベルは、常に自分のキャラクターと同じになり、所持していた

武器の使用レベルに到達していない場合は、同じカテゴリー(ソードなど、ですね)のうち、装備

できる下位の物に自動的に変更されます。

装備可能なレベルに達したら(例えばレベル80以上の装備を所持していた場合、自分のキャラ

がレベル80以上になったら)、装備していたものにちゃんと切り替わります。

 

「マイキャラクター」

PSPo2iでは、最大で8人まで自身のキャラクターを作成、保存しておけます。

マイキャラクターというのは、文字通り自分が育てたキャラクターの事になりますね。

8名までの制限がありますから、全部の枠を使用すれば7名のマイキャラクターから選択

できるように。

マイキャラクターの利点は、“レベルがそのキャラクターのレベルそのまま”で連れ歩ける所

でしょうか。

自分が操作するキャラクターが50、連れて行くキャラクターが80だった場合、マイキャラクター

はレベル80のままですから、より強いモンスターが登場するミッションでも、マイキャラクターに

頑張ってもらう事もできる訳です。

装備も、サポートキャラクターとは違って装備している物がそのまま反映されていますので、

しっかりと育て上げたキャラクターなら、とても心強い味方になりますね。^^

 

 

もちろん、自分のキャラクター一人だけでプレイすることもできます。

ですけれど、お友達から頂いたキャラや、自分が育てた別のキャラと一緒に挑戦すれば、

楽しさはより増すと思いますよ。

常にお友達・知人と一緒にプレイしている感覚を味わえるのは、このゲームのとてもすばらしい

点だと思っています。^^

体験! ダウンロードクエスト その2

ダウンロードクエスト第2回目は、「JUMP・赤熱の双腕」です。

こちらは、毎シリーズ恒例となっています、“週刊少年ジャンプ”とのコラボレーションクエスト

ですね。

少年ジャンプのロゴマークとかけた、“海賊シリーズ”が作成できるようになります。

気になる今回のお相手は・・・。

 

 

モンハンの看板モンスターであるリオレウスと、溶岩をまとったアグナコトルがお相手です。

どちらのモンスターもやっかいな動き、攻撃をしてくる上に、2匹が相手だと中々大変です。

でも、どうやらこのクエストでは、火山マップの上半分がアグナコトル、下半分がリオレウス

という感じで、基本的に棲み分け(?)している感じです。

どちらか一方を倒してから、もう一方を討伐すれば、通常の1匹クエストと同じ感覚でクリア

していけると思います。

 

使用する武器は・・・、共通している有効な属性は、龍属性になるのでしょうか?

でも、無属性でも切れ味さえ十分なら問題はありません。

しいていうなら、アグナコトルの溶岩対策として、火や水の武器、心眼のスキルを付ける、

などの対策をしておくと、スムーズな討伐ができるかもしれません。

素早い動きと硬い溶岩は非常にやっかいですからね。><

 

無事に討伐できれば、報酬として“財宝Jチケット”がゲットできます。

今回のチケットでは、双剣「海賊Jエッジ」が作成可能に。

属性はありませんけれど、そこそこの切れ味と3つのスロットと、拡張性は高いですね。

 

R0014542

 

 

そうそう、今後のダウンロードクエストでも同様なのですが、作成するためにチケットが5枚、

強化するのに6枚も必要になるのは何とかならなかったのでしょうか。

運が作用しますが、多くの場合報酬で得られるチケットの枚数が1枚だけですから、どうしても

“やらされている”感じを受けてしまいます。

もちろん、素材集めも兼ねられますから、作業的な所ばかりでは無いのですけれど、1度に

最低でも2枚は出る、くらいにしても問題は無い気がするのは私だけでしょうか?^^;

一喜一憂の種!?

最近のゲームでは、「属性」というキーワードを良く聞くことが多いのではないでしょうか。

多くの場合、相反する属性がいくつか登場し、攻撃威力の増減などに影響していますね。

PSPO2iでも、そんな属性が登場します。

・・・これが重要かつくせ者なのですよね。^^;

 

 

PSPo2iに登場する属性は全部で6つ。

炎、氷、雷、土、光、闇の6種類ですね。

それぞれ、炎⇔氷、雷⇔土、光⇔闇が反属性となっています。

敵味方問わず影響があって、敵モンスター自体、武器、防具など攻撃に関する事全てに

関係してきます。

敵モンスターの場合は、それぞれ6つの属性が割り振られているだけですので話は簡単です。

問題なのは、防具と、特に武器の属性ですね。

 

武器や防具の場合も、1つ1つに属性が付加されているという点は同じです。

ただ、その数値が全て同じという訳では無く、全てばらばらになっているのです。

一部例外はあるのですけれど、それを除けば属性値はそれぞれの属性ごとに0%~60%の

間で変動する可能性があります。

いくつか例を出してみますね。

 

・Aという武器を購入→炎属性が20%だった

・Aという武器を、ミッションを1つクリアした後購入→炎属性13%だった

・Aという武器を、倒したモンスターが落とした→炎属性60%だった

・Aという武器を、倒したモンスターが落とした→氷属性46%だった

 

武器や防具を取得する際には、上記に出した全てのパターンに該当する可能性がある、

と言えばお解りになりますでしょうか?

同じAという武器でも、違う属性、違う数値の武器が存在する訳です。

 

前回、レアアイテムを手に入れただけでは喜べない、という意味合いのお話をしましたけれど、

ゲットした後も、この“属性”に悩まされることが多いためです。

属性の値はより大きいほど効果が高まりますから、Bというレアな武器を落とす敵を倒し、

運良くゲットしたとしても、属性値が3%しかついていなかった・・・、となると・・・。^^;

モンハンの場合はレアな素材を手に入れれば、半分以上目的は達成できるのですが、

PSPo2iの場合は、この要素のためにより一喜一憂しながらプレイしている方が多いですね。

 

20110411213431

左下の枠内、命中力の下に属性マーク(この場合“炎”ですね)と%が記されています

 

ちなみに、どの属性も付いていない“無属性”(属性が0%ということですね)のアイテムを

げっとする(この場合してしまう、と言った方が適当かも?^^;)場合も。

どんな属性の相手でも続映の影響を受けず、威力の増減がありませんから、相手を選ばず

使える点は良いのですけれど、やっぱり属性のある武器の方がより強いですから・・・。

アイコンの色が緑色なこと、多くのゲームで緑色が“風”などのイメージで使用されている

ことから、“風属性”なんていわれているみたいですね。^^;

 

 

例外的に、固定属性の武器があったり、アイテムとの交換や企業コラボレーションで登場する

武器などは、付加される属性が固定されていたり、属性の値が決まっている(50%などの高い

数値や、特別に最大値の60%以上の値になっている物などもあります)こともあります。

そういった場合を除いて、プレイヤーは目的の武器+目的の属性+より高い(60%やそれに近い)

属性の武器をゲットするために頑張っている、という訳ですね。

 

PSPo2からの変更として、こうやって繰り返しゲットした同じ武器同士を合成して、属性の数値を

アップさせる“武器合成”の要素が追加され、合成を利用すれば50%(50%が合成での上限

です)までは努力次第で手に入れることができるようになりました。

お気に入りの武器をそのままの属性で使うか、合成するか、はたまた60%を目指して何度も

挑戦するのか。

PSPo2iのプレイヤーは、悩みの種に一喜一憂しつつも、より良い物を目指して頑張っている

というお話でした。

 

モンハンとはちょっと違った“何度も繰り返す”ゲームですが、この要素が苦にならないなら

きっと大好きになると思いますよ。^^

私のマイセット その13

今日2つめの記事です。

 

震災以降、マルチプレイが全然できていない状態で、ひとりでこつこつ足りない素材を集めて

いるのが現状です。

ですので、プレイ自体については、実の所あんまり書くことが無かったりするのですよね。^^;

でも、どうやら計画停電も(とりあえず当面は)実施予定自体が無くなるみたいですから、

省エネには配慮しつつ、またマルチプレイができれば嬉しいな、と思います。

 

前回のマイセット紹介で、「龍の護石を使用したマイセットが他にもある」と書きました。

そのあとちょっとマイセットを見返してみたのですけれど、実はあと1つではなく3つくらい

あったような気がしていたり・・・。(汗)

ともあれ、ハンターさんみんなが同じ装備をしている訳ではなく、それぞれ持っている装備で

色々なコーディネートを組めるのが醍醐味ですからね。

真似のしにくいマイセットでも、「こんな装備も作れる・使っているんだ!」という感じでご覧

頂ければ、と思います。^^

 

先日他にもある、と言っていた時の装備は、こんな感じのマイセットです。

 

頭:ボロスUヘルム (KO珠【2】)

胴:ボーンSメイル (奪気珠【1】)

腕:ボロスUアーム (特攻珠【2】 研磨珠【1】)

腰:スカラーSスカート (研磨珠【1】×3)

脚:ボロスUグリーヴ (特攻珠【2】 研磨珠【1】)

護石:龍の護石 (減気攻撃6 特殊攻撃4)

 

発動スキル:状態異常攻撃+1 スタミナ奪取 KO術 防御力UP【小】 砥石使用高速化

 

R0014472

 

どちらかというと、防御面を重視した装備になっています。

一応、私は片手剣で使おうと思ってコーディネートしてみました。

状態異常武器を使い、盾での減気・スタン攻撃も積極的に取り入れて戦える装備に仕上がって

いると思いますが、いかがでしょうか?

 

スタミナ奪取、KO術を付けていますから、盾攻撃(コンボ中の攻撃ではなく、方向キー+○ボタン

での攻撃です)を積極的に当てていくのですが、1回の狩りで2回はスタン、スタミナ切れに

できると思います。

マルチプレイでも、他に打撃攻撃をする方が居ないのなら、狙ってみるのも面白いと思いますよ。

 

カラーリングは、3カ所に使用しているボロスSシリーズに合わせてエメラルドグリーンっぽい

色合いにしてみました。

欲を言えば、頭装備がもうちょっと可愛らしい感じだと、もっと良かったのですけど・・・。

もっとも、素材元のボルボロスが、“可愛らしい”からはかけ離れていますからね。^^;

 

 

この装備でレイア武器の「~レイピア」シリーズを使ってみたかったですね。

好きな武器だったので、是非次回作では復活して欲しいな・・・。

レアアイテムを求めて

昨日は、夜遅くに久しぶりの大きな余震がきて、とても不安な夜を過ごしました。

もちろん、震源地に近い方々に比べたら本当にたいしたことはないのかも知れません。

でも、折角少しは落ち着いてきた所でしたので、まだまだ予断を許さない感じであることを、

改めて実感しています。

 

こうしていつまでも落ち込んでいても仕方ありませんよね。^^;

頑張って通常通りのペースをまた取り戻していきたいと思います。

 

今日は、いよいよPSPo2iの本題というか、醍醐味というか、一番の目的になる部分のお話です。

3rdでも、討伐したモンスターから中々はぎ取れない、希少価値のある素材に悩まされている

方は多いと思います。

それでも、出た瞬間の嬉しさが病みつきになってしまっている、という答えも返ってきそうですね。

そんな、一般に“レアアイテム”と呼ばれる物を見つけるのが、PSPo2iの大きな目標の一つに

なっています。

 

PSPo2iに登場するアイテムには、種類を問わず☆マークでランク付けをされています。

星の数が増えるほどレアリティが上がっていき、価値が高いものになる、と言うわけです。

武器や防具なら、より強力な物ほどレアですから、キャラクターのレベルアップと同時に、

そういったレアアイテムを収集していくことが目標になりますね。

(もちろん、レアな物ほど扱えるレベルも上がりますので、見つけてすぐ装備できる、とは

限らないのですけどね^^;)

 

一部の武器・アイテムは、お店でも購入できますが、レアアイテムも含め多くの物は、ミッション

で討伐したモンスターからゲットしていきます。

モンスターを倒すと、菱形のアイテムコンテナを落とす場合があり(お金の場合や、全然

落とさないこともあります)、それぞれ色によって区別されています。

 

緑色は、回復薬やスキルディスクなどの“消費アイテム”、

オレンジ色は、28種類ある“武器”、

青色は、“防具”、

紫色は、マイルームに設置できる“ルームグッズ”(別記事で詳細を説明する予定です)

 

そして、レアアイテムには別の色が割り振られていますので一目瞭然です。

星の数はそれほどでなくても、特別な効果や見た目の物は“赤色”、赤色のアイテムよりも

更に希少価値の高いものは“虹色”のコンテナとして敵が落としていきます。

 

20110408200546

レアアイテムの入ったコンテナです、通称は“赤箱”、“虹箱”みたいですね

 

敵を倒してアイテムコンテナが出る瞬間、赤色や虹色のコンテナだった場合はそれぞれ特別な

効果音も鳴りますから、「レアアイテムゲット!」の喜びもひとしおだと思います。

コンテナに近づいて中身を確認する瞬間は、いつもドキドキしてしまいますね。^^

 

☆マークの数は、16個までアップしていき、16個のアイテムなどは、ものすご~くレアなアイテム

で、1つ見つけるだけでもとても大変だったりします。

大変なのですけれど、そんなアイテムを手に入れる日を夢見ながら、みんなでワイワイ楽しむ

のが面白いから、こういったゲームが流行しているのでしょうね。^^

 

 

そうして何度も何度もミッションに挑戦し、ようやく見つけたレアアイテム。

本来なら諸手を挙げて喜ぶ場面なのですけれど、実はPSPo2iの場合、その後も一喜一憂が

あったりするのですよね。^^;

どんな詳細なのかは・・・、次のお話で取り上げる内容を含んでいますので、また次回にしたい

と思います。

フォトンアーツで一網打尽!?

武器の紹介に続き、戦闘タイプごとの得手不得手まで紹介してきました。

今日は、それに続いて「フォトンアーツ」についてお話ししてみようと思います。

 

一般的には(といってもゲーム好きな方ですけれどね^^;)どう言ったら解りやすいでしょうか。

必殺技・魔法・特技・特殊攻撃といった言い方が近いかな?

PSPo2iでは、ただ武器で攻撃するだけでなく、上記のような効果の“フォトンアーツ”を扱って

敵を倒していきます。

 

フォトンアーツには近接武器にセットする“スキル”、遠距離武器にセットする“バレット”、

法撃武器にセットする“テクニック”の3種類が存在します。

 

スキルは、まさに必殺技のような感じで、それぞれ違ったモーションで高威力の攻撃を

放ちます。

武器ごとに大体4~5個くらいスキルがあって、何度も連続で攻撃するものや、1撃なのですが

高威力なものなど、から1つ選んでセットし、使用します。

 

遠距離武器用のバレットは、武器の性能を特化させる感じのものです。

攻撃力や命中率をアップさせるものや、弾の飛距離を伸ばすもの、攻撃した相手を確率で転倒

させてしまえるものなどがあります。

スキル以上に、状況に応じて付け替えると使い勝手が大きく変わると言えますね。

 

テクニックについては、以前から“魔法”のようなものだと書いていますからもうお解りかと

思います。

炎や氷などの属性攻撃、味方の攻撃力や防御力のアップ、回復、状態異常の治療など、

使えるテクニックは多岐にわたります。

そして、スキルやバレットとは違い、テクニックについては複数セットできるのも大きなポイント

の一つですね。

両手法撃武器の“ロッド”には4つ、片手法撃武器の“ウォンド”“マドゥーグ”には2つ、テクニック

をセットして使い分けができます。

 

戦闘をより有利にするためには欠かせないフォトンアーツですけれど、重要な約束事も

存在します。

まず1つめは、フォトンアーツを身につけるためには“スキルディスク”をゲットしないといけない

ということ。

それぞれのフォトンアーツにはレベルが設定されていて、最大値が30となっています。

ゲーム開始直後はほとんど覚えていませんので、お店で購入したり、ミッションで敵がドロップ

したものを使用して、フォトンアーツ自体を習得しなければなりません。

その際使用するスキルディスクには、1~30までレベルが設定されていて、より高いレベルの

ディスクを使用すれば、そのフォトンアーツのレベルを上書きして強化できるという仕組みです。

 

2つめは、戦闘タイプごとに使用できるフォトンアーツの最大レベルが違うということ。

それぞれの戦闘タイプごとに、以下のように設定されています。

 

・ハンター:スキル30 バレット15 テクニック15

・:レンジャー:スキル15 バレット30 テクニック15

・フォース:スキル15 バレット15 テクニック30

・ブレイバー:スキル20 バレット20 テクニック20

(例外として、バレットのうちロングボウとカードはレンジャーが15まで、フォースが30まで

となっています)

 

前回紹介した武器の得手不得手が、フォトンアーツにも反映されているのがお解りになります

でしょうか?

全てのフォトンアーツについて、レベル自体は30まで上げられますが、現在就いているタイプ

によって、上限が制限される、という仕組みになっています。

より強力なフォトンアーツを使いたいのなら、それぞれ得意なタイプになって使用する必要が

あるという訳ですね。

 

 

文章ばかりで書いていると、何だか色々と難しいのかな?と思ってしまいますよね。^^;

実際にプレイしてみれば解るのですけれど、特別試行錯誤する必要なく進められますので、

今している基本的な説明は「そうなんだ?」程度の理解で大丈夫ですよ。^^

体験! ダウンロードクエスト その1

そういえば、まだ1度も取り上げたことがなかったかな?と思いましたので、こちらもシリーズ

(というほど大層な内容にはならないと思いますけれど^^;)で書いてみようかと思います。

 

ダウンロードクエストは、発売したその週から、基本的に毎週金曜日に配信しています。

総数は解りませんけれど、前作(2ndG)以上に充実させるという開発者様のお話と、保存できる

クエスト数がどうやら100個までという点から、少なくとも1年くらい継続して配信していくのでは

ないでしょうか?

 

震災の影響で「ハンターズフェスタ」がすべて中止になってしまい、昨年末からの勢いがやや

削がれてしまった感じですが、毎週配信されるダウンロードクエストはまだまだ続きますし、

もっと沢山のハンターさんにプレイしてもらいたい&ご一緒したいと思っています。^^

 

 

まずは、一番最初に配信されたクエスト「名探偵コナン・連続狩猟事件!」についてです。

 

私はなんとなく、「ダウンロードクエストは半月後くらいからかな?」と思っていました。

それが、発売した週からいきなり始まりましたのでちょっと驚きましたね。

もちろん、まだ村クエストを進めている最中でしたから、(下位クエストですけれど)配信して

すぐにはプレイしませんでした。

 

狩りの舞台は“小闘技場”です。

とても狭くて逃げ場がないですけれど、岩の柱に隠れて攻撃をやりすごしたり、安全に回復

したりもできますから、難易度はそれほどでもないと思いますよ。

相手となるモンスターは、アオアシラ・ウルクスス・ラングロトラの3兄弟(笑)です。

村クエストを一通り攻略できたなら強敵ではありませんね。

 

そういえば、ティガなどは登場する場所によって遠くから岩石を飛ばしてくる攻撃で、雪玉

や火の玉(?)に変化するのに、どうしてウルクススは全部雪玉なのでしょうか?

あの体毛の中に雪を隠し持っている・・・のかな?^^;

 

・・・ちょっと話がそれましたね。(汗

3番目に登場するラングロトラですが、他の2匹よりも大きな個体が登場します。

(固定みたいですね)

普段は避けられていた攻撃が、サイズの違いで避けられなかったりしますから、このクエスト

ではその点だけ注意しておくと良いかも知れません。

 

無事狩猟成功すると、報酬として“”が手に入ります。

こちらは、オトモ防具「」それぞれの作成に必要です。

ただ、肝心の見た目がちょっと・・・。

クエストをクリアした方はご覧になったと思いますが、私的にはちょっと“無い”かな、という

状態だったりするのですよね。^^;

 

R0014469

これはちょっとどうかと思ってしまうのです・・・。^^;

 

思わず、「どうしてコナンとコラボすることになったの?」というのが本音です。

あんまり相乗効果のなさそうな組み合わせだと思うのですけれど、もしかしたら「すごくいい!」

というハンターさんもいらっしゃるかと思いますので、私の感想はこの辺にしておきます。(苦笑)

得手不得手

前回は、武器の種類についてざっとですけれど説明しました。

今日はそれに続き、戦闘タイプごとの得意な物、苦手な物についてお話していきたいと

思います。

 

職業などの役割が分かれているゲームでは、できることが限られている物が多いですよね。

PSPo2iでも、4つある戦闘タイプでそれぞれ得手不得手があります。

これは扱える武器についても一緒で、それぞれ得意な物、普通、苦手な物の3種類あります。

以前、“ポイントを割り振って使える武器を増やしていく”ということはお話したと思いますが、

そのポイントを使用する量が違ってくる訳です。

 

そのポイント(エクステンドポイントと言います)は、戦闘タイプがレベルアップするごとに、

徐々に増えていきます。

最終的には多くのポイントを使用できるようになりますから、得手不得手もあまり問題に

ならないのですけれど、レベルの低いうちは限られたポイントを上手にやりくりしなくては

なりません。

 

では実際に、それぞれの戦闘タイプはどの武器が得意、不得意なのでしょうか。

下記にそれぞれまとめてみました。

 

・ハンター

得意:ソード ナックル スピア ダブルセイバー アックス ツインセイバー

ツインダガー ツインクロー セイバー ダガー クロー シールド

普通:ウィップ スライサー ツインハンドガン ハンドガン マシンガン シャドゥーグ

苦手:ライフル ショットガン ロングボウ グレネード レーザーカノン クロスボウ

カード ロッド ウォンド マドゥーグ

 

近接武器、特に両手で扱うものが得意ですね。

逆に、遠距離武器や法撃武器は苦手なようです。

最初からテクニックも使っていこうとすると、選べる武器が限られてしまいます。

 

・レンジャー

得意:ツインダガー セイバー ライフル ショットガン グレネード レーザーカノン

ツインハンドガン ハンドガン クロスボウ マシンガン シャドゥーグ

普通:ダブルセイバー アックス ツインクロー ダガー スライサー ロングボウ

カード マドゥーグ

苦手:ソード ナックル スピア ツインセイバー クロー ウィップ ロッド

ウォンド シールド

 

遠距離武器に特化した戦闘タイプですので、全ての遠距離武器が得意です。

ハンターの得意なソードなどは苦手ですが、ダブルセイバーやアックスを使えば近接戦闘にも

十分対応できそうです。

 

・フォース

得意:ツインダガー セイバー ダガー ウィップ ロングボウ ハンドガン カード

シャドゥーグ ロッド ウォンド マドゥーグ

普通:スピア ダブルセイバー ツインセイバー スライサー ツインハンドガン

クロスボウ マシンガン シールド

苦手:ソード ナックル アックス ツインクロー クロー ライフル ショットガン

グレネード レーザーカノン

 

法撃武器は全て得意ですね、さすが魔法使いです。

あまり頻繁には行わないと思いますが、近接戦闘をする場合でも、ツインダガーが得意

ですのでそれほどポイントを割かずに済ませられるのは便利ですね。

 

・ブレイバー

得意:セイバー ダガー クロー ウィップ スライサー ハンドガン クロスボウ

カード マシンガン シャドゥーグ ウォンド マドゥーグ シールド

普通:ツインセイバー ツインダガー ツインクロー ツインハンドガン

苦手:ソード ナックル スピア ダブルセイバー アックス ライフル ショットガン

ロングボウ グレネード レーザーカノン ロッド

 

片手で扱う武器を得意としているのがブレイバーの特徴ですね。

ただ、それだけだと攻撃力もやや乏しくなりますから、ツインセイバーやツインクローなど

の普通の武器を扱えるようにポイントを割り振ると、戦いやすいのではないでしょうか。

 

 

上でも書きましたけれど、戦闘タイプによって扱えない武器がある訳ではありません。

ただ、より得意な武器を使っていけばポイントを節約できますから、序盤から中盤は気にとめて

おくと良いかもしれませんね。^^

そして、この得手不得手が重要な要素がもう一つありますが・・・。

そちらについてはまた次回、にしてみたいと思います。

オススメのスキル 狩猟笛編

今日も連続で2つめの記事をアップしてみます。

最近は気候も暖かくなってきましたから、計画停電の実施は回避されていますね。

でも、以前書いた通り、計画停電の予定が出ているうちは、当日の実施有無に限らず最終の

実施時間が終わる夜10時以降に記事やお返事をアップしていくつもりです。

 

なぜ2つめの記事と計画停電が関係あるのかというと、それまでの時間がちょっと空いて

しまっているんですよね。^^;

以前は、お世話になっている方のブログをはじめとしたサイトやニュースチェックなどに充てて

いた時間に、この記事を書いているという訳です。

(その日他に予定ややることが無ければ、ですけどね。)

 

 

そんな訳で、こちらもちょっと間が空いてしまっていたオススメのスキルについてです。

今回は狩猟笛・・・なんですけれど・・・。

正直な所、オススメできるほど狩猟笛についての知識も、プレイした時間も多くありません。

ですから、「そんなスキル付けないよ!」といったご意見もあるかと思いますが、大目に見て

頂けますと幸いです。^^;

では、早速攻撃系スキルから紹介していきますね。

 

オススメのスキル 狩猟笛編

 

・攻撃系スキル

業物 弱点特効 破壊王 スタミナ奪取

 

攻撃もサポートも、区別無く両立できる狩猟笛使いの方ならあんまり問題もないのかも

知れませんけれど、私の場合は自分自身のスキルを補うように“サポートに繋がる”スキルを

選んでいます。

はじかれ無効の旋律に加えて、“業物”で研ぐ間隔を延ばしたり、“スタミナ奪取”で相手

モンスターの疲労までの時間を短縮したり。

比較的高いい位置を攻撃できる長所を生かして、“弱点特効”や“破壊王”を付けてみたり。

攻撃までサポートにできる狩猟笛の利点を生かすと良いかもしれませんね。

 

・防御系スキル

回避性能+1~2 隠密 耳栓(高級耳栓)

 

実際の狩りでは、旋律効果で色々な状態異常、効果を防げるのが狩猟笛の良い所です。

ですので、その旋律を吹いている間、相手モンスターから狙われにくくするように“隠密”を、

旋律を吹く前に咆吼を受けてしまっては元も子もありませんので“耳栓”を、それぞれチョイス

してみました。

 

・その他のスキル

笛吹き名人 広域化+1~2 罠師

 

まず、狩猟笛を使うなら何よりも優先して付けたいのが“笛吹き名人”ですよね。

効果時間の延長で、より攻撃やその他の事に充てる時間が増えます。

サポートの得意な狩猟笛+広域化は、組み合わせとしては良いのかも知れませんけれど、

まだまだ練習の足りない私には、アイテムでのサポートまでは手が回らないかも。^^;

それでも、付ければ更に参加しているパーティーの皆さんへできることが増えますから、

サポート好きな方にはもってこいなのかもしれませんね。

 

 

年度が替わっただけではそう簡単に一区切りできないかもしれません。

でも、こうして日常を過ごすことで、活力が生まれるといいな、と思います。

狩り友さんとのマルチプレイで、また楽しい時間が過ごせる日が1日でも早く来ることを、

切に願っています。

私のキャラはお役に立ちますか?

PSPo2iのプレイ状況について色々と紹介する前に、書いておきたいことが色々とあるのです

けれど、今日はちょっとだけ前回からは続いていないお話をさせて頂こうと思います。

 

モンハンでも、3rdからの新要素として、ギルドカードを交換した相手のキャラクターが集会浴場

に遊びに来る「ふらっとハンター」というシステムが登場しました。

ソロプレイの時でも現れて、話すとアイテムを貰えることもあり、私個人的にもとても気に入って

いるシステムです。

PSPO2iにも、そんな“自分のキャラクターが別の方の所へお邪魔する”システムがあり、さらに

すごいことに自分のキャラクターと共に戦って貰えます。

 

自分の育てたキャラクター・装備・スキル・テクニックなどをそのままに、相手の方へ配布できる

“サポートキャラクター”ですが、まだマルチプレイに挑戦できていない私はどなたのキャラクター

も頂いたことがありませんでした。

そんな中、PSPo2i関係で拝見しているサイトの一つで、「スフィアサイト」の管理人様が「サポートキャラクターの交換会をする」という告知を拝見しました。

・・・ここまで書けば勘の鋭い方ならもうお解りでしょうか?

そう、思い切って勇気を出し、その交換会に参加させて頂きました。^^

 

※まだ細かい部分まで記事に書けていませんので、以降の内容について解らない単語、

用語があるかと思います。

今後詳しく書いて行くつもりですので今回はその点をご容赦下さい。

キャラクターの“交換”会ですから、もちろん私の育てているキャラクターもお渡しする訳です。

装備している武器に始まり、アビリティ、スキル、テクニック、オートワード等々、どういう風に

しておけば、お渡しした後役に立つキャラクターになるだろう?とアレコレ悩んでしまいました。

 

今のところ、魔法使いである“フォース”がメインですから、基本となる武器の“ロッド”は

まず欠かせません。

そこに、こちらも法撃武器である片手武器の“ウォンド”“マドゥーグ”でサポート向けの

テクニックを合わせてみました。

近接武器には個人的にお気に入りな“ツインクロー”をチョイス。

その他は色々と悩みながら、交換会の開催時間まで「どうしよう?><」とあたふたして

しまっていました。^^;

 

20110404220144

交換するとこんな感じでキャラクター情報も見られるようになります

 

開催時間も半分くらい過ぎてしまって、慌ててインターネットマルチモードに接続し、交換会

を開催しているお部屋を探します。

が、ここでもまた問題が。

指定されていた通りに検索してお部屋を探してみても、目当てのお部屋が中々見つかり

ません。

今思えば、満員の状態になっていて検索しても見つけられなかったのかな?と思いますが、

その時は大分焦ってしまっていましたね。^^;

その後、ラスト10~15分くらいでようやくお部屋が見つかり、何とか目的のキャラクター交換を

終えることができました。

 

頂いた管理人様のキャラクターは、「ドラクエ」に登場するキャラクター名で、ドラクエ好きな

私にはとっても親近感の持てるキャラです。^^

早速自分のキャラクターと一緒にミッションに出かけてみましたが、いつもと違ってとても

新鮮な上、的確にサポートして頂けるのでとても快適でした。

逆に、私のキャラはまだまだ全然育っていませんでしたから、お役に立っているのかどうか

心配なのが本当の所ですね。^^;

(次回の開催でもできればまたお邪魔させて頂き、もっと成長させたマイキャラクターを交換

させて頂ければと思っています。)

 

 

今回は参加させて頂いた形ですけれど、いずれは私も自分で交換会(マルチプレイも!)を

開いてみたいな、と改めて思いました。

もっとも、それについてはモンハンと同様に参加して頂ける方がいらっしゃらないと成り立ち

ませんよね。

狩り友さんでも興味のある方、いらっしゃいましたら是非ご一緒できればと思っています。

(もちろん、別のゲームですから無理強いはできませんけれど・・・)

 

今回お邪魔させて頂いた「スフィアサイト」管理人の黒玉サキ様、先日は交換会で大変

お世話になりました。

頂いたキャラクターは末永く連れ歩かせて頂きたいと思っています。^^

 

 

追伸

次回以降もサポートキャラの交換会を開く予定でいらっしゃるようですので、もしここを見て

興味を持たれた方は、黒玉さんのブログを是非ご覧になって下さい。

特に、キャラクターの成長について参考になる記事を沢山アップしていらっしゃいます。

(私も参考にさせていただいています。^^)

何を使うか迷います

シリーズによって違いはありますが、今ではモンハンも最大で12種類の武器が登場します。

それだけでも、多い・全部使い切れない、と思われる方がいらっしゃると思います。

では、PSPo2iはどのくらい種類があると思いますか?

 

今日は、PSPo2iに登場する武器についてです。

大きく分けると“両手で扱う武器”と“片手(右手or左手)で扱う武器”の2種類に、そしてさらに

“打撃武器”“射撃武器”“法撃武器”の3種類に分かれています。

武器は、最初から全ての種類を扱えるわけではなく、使えるようにするには色々と準備が

必要だったりします。

 

まず、戦闘タイプのレベルを上げないといけません。

タイプ紹介の際に書きそびれてしまいましたけれど、キャラ自身のレベルとは別に、戦闘タイプ

にもレベルが存在しています。

レベルを上げていくと、使用できる武器を増やすための“ポイント”が増えていき、それを任意で

割り振ることで、色々な武器を使用できるようになっていきます。

ポイントは何度も再振り分けできますから、「○○はやめて△△を使えるようにしよう」といった

ことも、いつでも可能です。

 

次に、それぞれの武器には“グレード”と“使用可能レベル”が設定されています。

C、B、A、Sとグレードが上がるごとにより強力な武器になっていき、使用できるようになる

レベルが高くなっていきます。

(例:Cグレードの武器はレベル1から使用できる物が多いですが、Aでは40以上から、

といった感じです)

戦闘タイプのレベルを上げて得たポイントを、同じ武器により多く割り振っていくと、C~Sの順で

徐々に扱えるグレードが増えますから、より強い武器を扱いたいなら、自身のレベルとタイプの

レベルを共に上げていく必要があるわけですね。

・・・、文字での説明ばかりで解り辛いですね。><

 

20110401220612

 

画面をお見せするとこんな感じになっています。

ポイントの範囲内で、使いたい武器を取捨選択していきますので、2つのレベルを上げていく

ことで、より沢山の種類の強い武器を使えるようになる訳です。

 

画面で少し見えていますけれど、ここからは登場する武器の種類を紹介していきます。

 

打撃武器(両手)

・ソード

モンハンで言う大剣ですね。

ただ武器を振るスピードは速いですので、ちょっと使ってみた感覚は違うかも?

 

・ナックル

ボクシンググローブをイメージしてもらえれば大丈夫です。

素早い連続攻撃がポイントです。

 

・スピア

戦国時代の足軽・・・と言えば解りますか?

両手で構えて前方の敵を突く感じですので、攻撃範囲は狭いです。

 

・アックス

感覚としては、こちらの方がモンハンの大剣を振っている感じですね。

両手で扱う斧ですから、攻撃力はバツグンです。

 

・ダブルセイバー

体操で使うバトンの両端に剣が付いた感じです。(解りにくい・・・かな?^^;

回転させながら攻撃しますので、広範囲の敵を攻撃できます。

 

・ツインセイバー

こちらは名前の通り、二刀流ですね。

片手剣を2振り持っている感じですけれど、モンハンの双剣とはちょっと違うかな?

 

・ツインダガー

こちらは二刀流の短剣を扱います。

ツインセイバーと似た感じですが、こちらの方がより軽快かもしれません。

 

・ツインクロー

ドラクエの“鉄の爪”(解るかな?^^;)を両手に付けて戦う感じです。

わたし個人的には、1対1で戦う時には特に強い武器だと思っています。^^

 

打撃武器(片手)

・セイバー

オーソドックスな片手剣です。

想像通りの癖のない武器ですから、初心者でも使いやすい武器ですね。

 

・ダガー

ツインダガーの片手版です。

私はあんまり使ったことがなかったりします・・・。^^;

 

・クロー

ツインクローの片手版です。

片手武器の中でも威力はかなり高い部類ではないでしょうか。

 

・ウィップ

鞭が登場するゲームって意外と少ないですよね。

ただ、こちらもまだあんまり使ったことがありません。^^;

 

・スライサー

ブーメラン、と例えると語弊があるのですが、似た感覚で扱うPSPo2i独特の武器ですね。

持っている武器から衝撃波のようなものを飛ばして、遠隔攻撃できるのが特徴です。

 

射撃武器(両手)

・ライフル

射撃武器は、実際にある武器のイメージでOKですね。

こちらはライフル銃で、遠くの敵まで届くのが利点です。

 

・ショットガン

前方に扇状に弾を飛ばして攻撃できます。

複数の敵を相手にする際に力を発揮します。

 

・ロングボウ

ライフルと双璧をなしている遠距離まで届く武器ですね。

ただし、矢をつがえるモーションがあるので、連射速度はライフルには劣ります。

 

・グレネード

飛距離は短いですけれど、着弾したあと爆発する弾を発射できます。

敵をダウンさせられるのがとても便利ですね。

 

・レーザーカノン

ライフルよりも大型の形状で、レーザーを発射します。

1発の威力もライフルより大きいですね。

 

・ツインハンドガン

二丁拳銃、で解りますよね?

1回の攻撃で2発撃てる上に、連射速度も速いです。

 

射撃武器(片手)

・ハンドガン

普通の拳銃ですね。

片手の射撃武器は、同じく片手の打撃・法撃武器とセットで装備できるのもポイントです。

 

・クロスボウ

片手用のショットガンです。

連射速度はショットガンよりは速いですね。

 

・カード

武器という感覚ではありませんけれど、これも武器です。^^;

どういう原理かはわかりませんが、敵を追尾する弾(っぽいもの)を発射できます。

 

・マシンガン

1回の攻撃でハンドガンを高速連射する感じでしょうか。

その分PPの消費も多くなりますので、あんまり攻撃し続けるのも問題ですね。

 

・シャドゥーグ

装備していると、自動的に敵を狙って射撃してくれる武器です。

マスコットっぽい見た目の武器が多く、身につける“オトモアイルー”っぽいです。^^

 

法撃武器

・ロッド

両手で装備する魔法使いの杖ですね。

テクニックを同時に4つ扱いながら戦えます。

 

・ウォンド

片手用の魔法の杖です。

こちらはロッドとは違い、テクニックを同時に2つまでしか扱えません。

 

・マドゥーグ

片手の射撃武器と同じ位置づけの、法撃武器です。

テクニックを2つ同時に扱え、同時にセイバーやウォンドなどの武器を装備できます。

 

番外

・シールド

片手武器と一緒に装備すると、敵からの攻撃をガードできます。

ガード自体は両手武器でもできますが、シールドの方がよりダメージを軽減できます。

 

 

コメントを2行だけにしても、大分長くなってしまいましたね。^^;

最初に書いた種類の回答ですが、合計28種類の武器が登場します!(ビックリしましたか?)

 

そうそう、片手武器についてはもう少し補足をしておきますね。

片手で(正確に言えば右手で)装備する武器“セイバー・ダガー・クロー・ウィップ・スライサー・

ウォンド”は、同じく片手(こちらは左手で装備します)で装備できる“ハンドガン・クロスボウ・

カード・マシンガン・シャドゥーグ・マドゥーグ・シールド”と自由に組み合わせて装備できます。

戦闘中は、武器を持ち替えながら戦えるのですけれど、上記の組み合わの場合は、いちいち

持ち替えることなくボタンひとつで切り替えながら戦えるのが利点です。

 

武器については種類の紹介だけでなく、もう少し補足しておきたいことがあったりします。

ですけれど、今回はここまでにしておきますね。^^;

個々の武器ごとの特徴や感想なども、また別々の記事にしてアップしていきたいと

思っています。

ツイッター
ブログパーツあれこれ
ご覧になって下さった方々
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。