FC2ブログ

プロフィール

鈴音

Author:鈴音
モンハンにハマっています。
MH3Gでも引き続きへビィを担いで
頑張っていきますっ!

ドラゴンクエストⅩのベータテスト
にも参加しています♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
お世話になっている方・お気に入りサイト
最近のコメント
最近のトラックバック

私のマイセット その12

大分ご無沙汰になってしまいましたけれど、マイセットの紹介もまだまだ続けていきますよ。^^

 

今日紹介するマイセットは、今までの物とは違って専用装備になっています。

今までのシリーズでも、基本的には「この武器向けかな?」という所までで、専用の装備という

のはほぼ作ったことがありませんでした。

でも、今回は専用の装備を揃えてしまったほうがよりプレイしやすいかな、と思い、作成して

います。

 

どんな装備かというと・・・

 

頭:レウスSヘルム (砲術珠【1】)

胴:どんぐりSメイル (砲術珠【1】)

腕インゴットSアーム (速集珠【1】×2)

腰:レウスSフォールド (砲術珠【1】×2)

脚:シルバーソルグリーヴ (速集珠【1】×3)

護石:龍の護石 (攻撃10 風圧2)

 

発動スキル:砲術王 攻撃力UP【中】 高速収集 砥石使用高速化

 

R0014467

 

発動するスキルを見てお解りになりましたか?

はい、3rdの超大型モンスター、ジエン・モーラン用に作成してあります。

バリスタ・大砲用の“砲術王”と、バリスタの弾を回収するための“高速収集”、それに、武器

でのダメージを増やすために“攻撃力UP【中】”を付けてみました。

 

今回のカラーリングはレウス装備に合わせて赤に。

どんぐり装備は色を変えて他の装備と組み合わせても、結構マッチすると思うのですが

どうでしょうか?(私だけかな?)

 

集会浴場上位のジエン・モーランも、この装備で問題無く討伐できています。

一人の時には・・・ハンマーを使うことが多いかな?

砲術王はやっぱり効果てきめんで、牙や腕なども全部部位破壊できますね。

平均すると、大体決戦ステージで船の前に来て少しした位で討伐できる感じでしょうか。

みんなで挑戦するなら、折角の砲術王を生かすために、ガンランスを使ってみても良いと

思いますよ。^^

 

 

そうそう、いつもなら、なるべく見て下さっている方でも似た装備を作成できるようにと、護石は

“王の護石”までにしているのですけれど、今回は“龍の護石”を使用してしまっています。

それでも、護石が無い状態で“攻撃”のポイントが6までありますから、4ポイントあれば

“攻撃力UP【小】”までは発動できると思います。

実は、まだ紹介していないマイセットで、もう一つ龍の護石を組み合わせて作成した物が

あるのですけれど・・・。(汗)

 

たまには良いですよ・・・ね?^^;

スポンサーサイト

PSPo2i ステータスあれこれ

今日も引き続きPSPo2iのお話です。

(飽きてしまった方、ごめんなさい><)

 

今日は能力値などの“ゲーム中の数値”について書いてみたいと思います。

といっても、ごく一般的なRPGをご存じであれば、特別理解しにくい箇所も無いとは思います。

ただ、「攻撃力→物理攻撃に影響する」というだけでなく、武器やタイプなど色々な事柄を

紹介・説明していく中で、色々影響してくる内容ですので、ちょっとだけくわしく書いておこう

というのが理由になります。

 

 

・LV

これは説明するまでもありませんよね。

RPGでキャラクターの強さを知る指針としておなじみです。

PSPo2iでは上限が200まで、となっていて、転生(転生についてもまた改めて記事にします)

するとキャラクターを強化後、また1からスタートするようになっています。

 

・HP

こちらも、LV以上に広く使われている能力値ですね。

キャラクターの体力を示していて、0になってしまうとやられてしまいます。

 

・PP

PSPo2i独自の能力値ですけれど、ドラクエで言うMPと思ってもらって大丈夫だと思います。

テクニックや、各武器で使える必殺技のようなものを使用する時に消費します。

それに加えて、遠距離武器での攻撃、回避行動、防御時などにも一定の数値を消費します

ので、戦闘中に気にしておかないといけない重要な数値ですね。

PPを消費する行動をしていない時には自然に回復していきますので、使い切ってしまわない

ようにするのがベストです。

 

もう一つ重要なのが、この数値と回復速度は種族や性別によって固定されているという所です。

レベルアップで増加しませんので、種族選びでの重要なポイントになると思います。

 

・攻撃力

近接武器を使った攻撃に大きく影響する数値です。

様々な種類がある武器のうち、近接武器を使う場合は気にしておきたいですね。

戦闘タイプでは、ハンターにすると他のタイプよりも大きく上昇します。

 

・防御力

敵からの物理攻撃で受けるダメージに影響します。

種族ではニューマンやデューマン、戦闘タイプではフォースが特に数値が低くなりますので、

そういう場合はなるべく攻撃を受けないようにしたいですね。

 

・命中力

テクニックは必ず攻撃が当たるのですけれど、その他の武器で攻撃する場合は、遠近共に

命中力が足らないと敵に攻撃が当たらない、という状態になってしまいます。

その場合も敵の後方から攻撃すれば違うのですが、できれば普通に戦っても攻撃が当たる

ような状態が望ましいです。

自分と相手のレベル差が大きくなる、高レベルになると特に影響が大きくなる数値だと思います。

 

遠距離武器の攻撃は、ごく一部を除いて命中力がダメージ量に影響します。

命中力が高い種族であるキャストは遠距離武器が得意だ、というのはこのためです。

 

・回避力

この数値が高いと、相手の正面からの攻撃を自動的に防げる(数値が高いので相手の攻撃を

回避できた、という事ですね)ようになります。

モンスターとの戦闘がとても快適になるのですけれど、一つ問題が。

回避できるかどうかは、命中力と同じく相手とのレベル差(ステータスの差)が影響してきます。

ですので、自分よりも格下の相手であれば攻撃を防げますが、格上の相手であった場合には

ほとんど効果が発揮できません。

あんまり過信はしない方が良いかもしれませんね。

 

そうそう、攻撃力の項で“テクニックは必ず当たる”と書いた通り、敵が使用するテクニックも、

キャラを移動させて避けない限り必ず当たりますので、回避力は効果がありません。

 

・法撃力

テクニックでの攻撃と、一部の武器での攻撃に影響する数値です。

近接武器は攻撃力に加えて命中力も影響する中、テクニックは法撃力さえ高ければ大きな

ダメージを期待できますので、「命中力が低くて中々ダメージが与えられない><」という場合

は、テクニックで攻撃してみるのもいいかもしれません。

もちろん、テクニックはどんな物でもPPを消費しますから、連続して攻撃し放題、という訳には

いきませんけどね。^^;

 

・精神力

防御力と対になっていて、こちらは敵のテクニック攻撃で受けるダメージに影響してきます。

避けられなかったり、不意に攻撃されたりと、どうしても敵のテクニックを受けてしまう場合も

多いですから、数値が高ければそれだけ安心なステータスです。

 

・持久力

数値が高ければ、毒や麻痺など、状態異常への耐性が高まります。

ただ、実際には数値が増えて効果が上がる場合がほとんどありませんので、他のステータス

ほど気にする必要は無いかもしれませんね。

 

 

色々と書きましたけれど、特に気にしておきたいのはPP、攻撃力、命中率、法撃力といった

所でしょうか?

種族と戦闘タイプの組み合わせ次第で、これらの数値が大きく変わってきますからね。

もちろん、あんまりこれらのステータスに気をとられて好きに遊べない、なんてことになって

しまったら本末転倒ですから、実際には自分の好みに合わせて組み合わせるのが一番

だと思いますよ。^^

オススメのスキル 片手剣編

今日2つめの記事です。

2つの記事を1日にアップするのは、ブログ開始以来初めてですね。

この記事は、先週予告していた3rdの下書きしていた分です。

平常通りに更新していきたいとおもいますので、ほぼ以前書いたままの状態でアップしています。

 

------------------------------------------------------------------------

 

今日は片手剣のオススメスキルです。

取り上げるのは・・・、ヘビィと同様にメインで使用している方は少数派なのかな?

それでも、私は結構好んで使用している武器ですね。

2ndGの個人演習、VSティガレックス戦で使用する武器の一つですが・・・お解りになりましたか?

 

正解は、片手剣です。

軽快な移動、連続攻撃、ガード、武器を出したままのアイテム使用などなど、出来ることが

多彩な武器ですね。

ほとんどのハンターさんが、ゲーム開始時にお世話になる武器だと思いますが、その後も

継続して使用なさっている方は少ない気がします。

初心者向けな紹介+印象なのですけれど、実際は他の武器で色々な戦い方を行ってから

手に取ってみると、片手剣の良さを十二分に発揮出来るような気がしています。

上手なハンターさんが使う片手剣は、流れるようにスムーズで、思わず見とれてしまうほど

ですから。^^

 

オススメのスキル 片手剣編

 

・攻撃系スキル

業物 KO術 スタミナ奪取 砥石使用高速化

 

一撃の重さがない片手剣は、手数で勝負することになります。

ですので、切れ味周りをフォローするととても効果があるともいます。

“業物”と“砥石使用高速化”は、片手剣を使用するならどちらかは発動させておきたいスキル

ですね。

 

方向キー+○ボタンで出せる盾攻撃は、スタンとスタミナ減少効果があります。

マルチプレイの場合、味方を吹き飛ばしてしまうため多用は出来ないとは思いますが、

スキがあれば盾攻撃を相手モンスターの頭部に当てられると良いですね。

“KO術”“スタミナ奪取”で効果をアップさせれば、攻撃チャンスの増加に貢献できますよ。

ソロプレイなら、1回の戦闘で2回位スタンさせられると思います。^^

(実際に、私も2つのスキルを付けたマイセットを製作しています)

 

・防御系スキル

回避性能+1~2 耐震 耳栓・高級耳栓

 

防御系のスキルは、どの武器も似た感じになってしまいがちなので、少し状況を限定して

お話ししたいと思います。

モンスターの発生させる風圧については、ガード+飛び込み攻撃で気にせず戦えるのですが、

振動はそうはいきません。

ですので、軽快さを損なうことなく攻撃し続けられるように、耐震を発動させるのも1つの手

だと思います。

また、この後紹介するスキルのも関連しますが、耳栓や高級耳栓を付けて、咆吼中も動ける

状態にしておくことは、片手剣でマルチプレイに挑む場合に大きなポイントになってきます。

 

・その他のスキル

状態異常攻撃+1~2 心眼 罠師 ボマー 広域化+1~2 早食い+1~2

 

“出来ること”が多彩な片手剣の本領は、その他のスキルを上手に活用する、という所では

ないでしょうか?

 

状態異常攻撃→状態異常効果のある武器で連続攻撃する

心眼→切れ味や相手の肉質を気にせず状態異常効果を発生させる

罠師→相手の咆吼中に武器を出したまま足下に罠を張る

ボマー→低い攻撃力を爆弾で補う

広域化→回復薬や解毒剤などで味方をフォロー

早食い→アイテム使用を早めて味方の危険を素早くフォローする

 

ほんの一例ずつしか書いていませんけれど、挙げたスキルや防御系のスキルを複数組み

合わせて使用すると、攻撃・回復・サポートが自由自在にこなせます。

同じ片手剣を使用していても、その時その時でやれること、やりたいことを変更しながら

戦えるのが一番の強みですね。

その分、前述したように慣れていないと攻撃中断のタイミングすら解りかねる、ということに

なってしまいますので、上手な方のプレイを拝見して練習してみる、といった方法もアリ

なのではと思います。

 

 

使えば使うほど、“出来ること”の範囲が広がっていく武器ですね。^^

最初は“器用貧乏”かもしれませんけれど、上達すれば“千変万化”な動きが出来る可能性

がありますので、「攻撃だけじゃつまらない!」という何でもやりたい派な方に、特に向いている

武器だと思います。

スキルの組み合わせ方は多数考えられますから、自分なりの片手剣のスキルを見つけて

挑戦して頂ければと思っています。^^

やっぱり“魔法使い”です

昨日に引き続き、PSPo2iのお話をしていきたいと思います。

 

このゲームは、他とは違ったネーミング、言い回しが多数ありますから、普通にプレイ中のお話

を書いて行くにも前提の説明が必要になります。

もちろん、“ゲームの話題を取り上げているブログ”を見ている方なら、中身全てを知っている

とまでは言わなくとも、意味・機能・効果などは大体お解りになるだろうと思っています。

でも、そんな方達ばかりではありませんからね。

昨日の記事でも言いましたけれど、モンハン記事と同様によく知らない方でも理解して頂ける

ように、記事を書いていくつもりでいます。

 

昨日は、「5つの種族がいる」とだけ書きました。

そして書き終えて、アップした後ふと大前提を言っていないことに気がつきました。

聡い方なら昨日の内容だけで把握していらっしゃるとは思いますが、PSPo2iではモンハンの

ように“キャラクターメイキング”が出来るゲームです。

ですので、開始する前にはゲームの舞台に住む5種族から自分が操作する種族を選ぶ必要が

あります。

 

メイキングでは、種族、性別はもちろん、選択後は目・顔つき・眉・肌の色・身長・髪型などなど、

本当に細かな部分まで自分の好みに変更できるのが、大きなポイントでしょうか。

“自分だけのキャラクター”を作れますので、この部分に強く惹かれる方でしたら、ゲームにも

ハマれるのでは、と思いますよ。^^

 

 

この前提があって(他にも色々設定するのですが)、最後に自分のキャラクターの“戦闘タイプ”

を選びます。

昨日書いた記事で「フォース」というのは、この戦闘タイプの事です。

戦闘タイプは、ドラクエをはじめとしたゲームの“職業”ととらえてもらって大丈夫です。

種類は4種類あって、

 

・ハンター

接近戦に優れた戦士。

高い攻撃力と防御力を誇り、攻守のバランスが良い。

打撃系武器の扱いが得意な、初心者向けの戦闘タイプ。

近接戦闘が得意なタイプです。

HP、攻撃力が高いので、戦闘ではとても活躍できると思います。

ただ、命中率や回避率がやや低いですから、あんまりゴリ押ししていると痛い目をみるかも・・・。

 

・レンジャー

遠距離から敵を狙い、仲間の援護にも適した狙撃手。

高い命中力を誇り、射撃系武器の扱いに秀でている。

中級者向けの戦闘タイプ。

遠距離武器が得意で、4つのタイプ中命中率が一番高くなります。

相手から距離を置いて、一方的に攻撃できることも多いですが、その分他の能力がハンター

よりも低いものが多くなっています。

 

・フォース

優れた法撃やサポートで大活躍するテクニッカー。

高い法撃力と精神力を誇り、法撃系武器の扱いが得意。

上級者向け戦闘タイプ。

私の好きな“魔法使い”ポジションのタイプですね。^^

テクニック(魔法のことをPSPo2iではこう呼びます)を扱うのに重要な“法撃力”がアップします

ので、テクニック中心で行くなら是非選びたいタイプです。

 

・ブレイバー

戦闘のスタイルが多彩で、パーティーで様々な役割を担うことができる。

軽量な武器の扱いが得意な、万能型の戦闘タイプ。

種族でいうと“ヒューマン”なタイプ、と言えば良いでしょうか。

攻撃・法撃問わず、オールマイティに戦えるため、敵や一緒にプレイする仲間に合わせて

役割を変えながら臨機応変にプレイできますね。

 

(紹介部分は、キャラクター作成時の説明から引用させて頂きました)

 

 

種族に関しては、ゲーム開始後変更は出来ませんけれど、タイプは自由に変更可能です。

5つの種族×4つのタイプでできあがった自分だけのキャラクター達が集まって、マルチプレイを

する訳ですから、プレイヤーと一緒で千差万別なキャラに出会えるはずです。

 

 

説明中にも“命中率・法撃力・遠距離武器”など、説明しておかなければ解らない事柄が

まだまだ沢山あります。^^;

さしあたっては、次に能力値について説明したほうが、以降のお話もスムーズにいきそう

ですから、明日はその辺を書いて行こうかな、と思っています。

 

(色々と説明ばかり続きますので、私は楽しくプレイしている、という事が伝わりにくいかも

しれませんね・・・。^^;)

こんな記事も書いていきます

まだ日常生活の至る所に、震災の影響がありますけれど、ブログだけでも今日から通常モード

で頑張っていきたいと思います。

 

まずは3rdの進捗について。

11日以降、狩り友さんともほとんど連絡がとれない状態ですので、実の所さっぱり進行して

いません。

一応一通りのクエストはクリアしていることもあって、素材集めなども狩り友さんと楽しく進めて

行きたいという思いもあって、この後どうしようかな?と思案している所です。

kaiでのマルチプレイ、ブログ、ツイッターなどなど、せっかく広がった狩り友さんの輪が、

震災で途絶えてしまうことのないようにしたい、とは思っているのですけれど・・・。

こればっかりは、まだまだ時間がかかりそうです。

 

 

代わりに、と言うわけでは無いのですが、「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」を

少しずつ進めています。

以前もちょっとだけ書きましたけれど、今後はこちらについても本格的に記事にしていこうかな、

と思っています。

モンハンのように、アイテムの収集やマルチプレイが楽しいゲームですけれど、レベル制で

あったり、種族や職業も選べますから、また違った面白さがあると思いますよ。

マルチプレイは、専用の“インターネットマルチモード”を利用できますので、アドパやkaiなどを

介せずに複数人で遊べます。

 

モンハン好きな読者様の中には、もしかしたら購入された方もいらっしゃるかもしれませんね。

まだマルチプレイはやってみたことがないのですけれど、これから始めてみようと思って

いますので、もしプレイされているorこれから購入してみるという方がいらっしゃいましたら、

是非ご一緒できればと思っています。^^

 

 

前回書いた時には“続き”で折りたたんでしまっていましたから、改めて私のキャラクターを

紹介してみようと思います。

 

20110328221411

 

名前は3rdと同様に、漢字で「鈴音」です。

5つの種族からは「ニューマン」を選びました。

職業はプレイ中も自由に変更出来るのですけれど、今のところ「フォース」で頑張ってみよう

かな?と思っています。

ゲーム内の設定も詳細にありますので、そのあたりはまた徐々に別々の記事で書いて

いく予定でいますが、まずは簡単に種族だけでも紹介してみますね。

 

5つある種族は以下の通りです。

(説明文は公式サイトから引用しています)

・ヒューマン

グラール太陽系に存在する多種族の根源となった種族。

全体的な能力バランスに優れ、あらゆる戦闘タイプをこなす。

惑星パルムには特に多くのヒューマンが住んでいる。

どんなゲームでも登場する事が多い、いわゆる普通の“人間”ですね。

ここがスゴイ!という特徴があるわけではなく、どんなことでもそつなくこなす種族です。

初心者の方でもプレイしやすいのではないでしょうか。

 

・ニューマン

惑星ニューデイズで優勢種として生み出された新種族。

肉体的にはヒューマンに劣るが、回避力、法撃力、精神力が非常に高い。

戦いではテクニックを得意とする。

ヒューマンと比べて、より精神面を強化したタイプ、と言えば解りやすいでしょうか?

PSPo2iでは“テクニック”と呼ばれる、魔法を得意としている種族です。

一方体力は少ないですので、打たれ弱い分気をつけて戦わないといけません。

 

・キャスト

惑星パルムに多く居住している人工生命体。

精密な操作による高い命中力は驚異的。

特に銃器の扱いに秀でている。

機械の体を持った種族で、精密な攻撃を得意としています。

レベル制であるPSPo2iでは、攻撃の“命中率”というものが存在しますので、そのステータスが

高いキャストは「攻撃が当たらない!><」という事では苦労しないと思います。

 

・ビースト

惑星モトゥブでの肉体労働のために、遺伝子改良で生み出された種族。

過酷な環境でも生き抜ける強靱な身体機能を持ち、戦いでは接近戦を好む。

体力が高く、身のこなしも軽やかな種族ですね。

どちらも敵からの攻撃に対して重要な要素(HPと回避のステータスですね)ですから、打たれ

強さはピカイチなのがポイントです。

 

・デューマン

生気のない白い肌と眼帯が特徴的な、新たに誕生した種族。

強大な闇の力を瞳に秘め、攻撃性は他種族を圧倒する。

誕生には、謎の生命体“SEED”が、何らかの関わりを持っていると考えられている。

PSPo2iから新しく登場した種族で、攻撃面に特化した種族です。

その代償として、非常に打たれ弱いのが玉にキズでしょうか。

敵の攻撃を受けない戦い方も要求される、上級者向けな種族かもしれませんね。

 

 

簡単な紹介だけですが書いてみました。

モンハンとは様々な部分が違いますから一概には言えませんけれど、面白さのベクトルは似て

いますので、少しでも興味を持たれた方がいらっしゃれば、と思います。

武器、防具の収集や、キャラクターの装飾などは共通していますから、きっと楽しめると

思いますよ。^^

 

PSPo2iに関連したブログなどもちょこちょこと拝見していますが、基本的な事柄を扱ったブログ

はほとんど見かけません。

ですので、これまでの3rdの記事と同様に、基本的なことや知っておきたいことなど、初心者

から中級者向けの記事として書いていけたらな、と考えています。

 

PSPo2iでも、モンハンと同様に“輪”を広げられたら嬉しいですね。^^

“できる”こと

本当は、今日の更新は書きためてあった物を、と思っていたのですけれど、今紹介しておこう

と思いながら書いています。

 

私がよく拝見しているブログ等を、右記のリンク一覧に並べてあることは以前にもお話しました。

その中の一つ、「PECOの狩人絵日記」の管理人様が、震災後の復興支援等で頑張って

いらっしゃるであろう職業の方達を題材に、応援のイラストを掲載されています。

以前からこっそりと拝見させて頂いているのですが、震災後少し落ち着いた後に初めてお邪魔

したときに目にして、とても感銘を受けました。

 

きっかけは、モンハンのイラストや初心者から熟練者まで参考になる記事・動画でした。

今は、「ブログを知ることが出来て良かったな」と、改めて感じています。

そして、私は絵心がありませんから、とてもうらやましくも思っています。

 

 

震災後、目に見える形の義援金をはじめとして、世界中から色々な支援・応援の輪が広がって

いるのは、皆さんもすでにご存じだと思います。

そんな支援・応援の中には、自分のスキルを生かして音楽・絵・役立つツールなどを作成し、

提供している方も大勢いますよね。

とてもすてきなことだと思うと同時に、自分がなんて無力なのだろう、とも思えてしまいます。

 

もちろん、大多数の方は私と同じ思いを抱きつつも、一日も早く以前のような日常生活を

送ることが支援になると考え、行動していると思います。

それでも、やっぱり“できる”ことを考えてしまいますよね。

 

 

来週からまた通常通り再開しようとしているこのブログですが、今感じているそんな気持ちを

忘れずに更新していけたら良いな、と改めて思っている所です。

 

例えば、このブログを通じて「PECOの狩人絵日記」様のイラストを見て、優しい気持ちに

なれたり。

例えば、ブログで知り合えた方との繋がりでさらに別の方と知り合え、今まで自分が知らな

かった物事を知ったり。

例えば、モンハンを一緒にプレイして楽しい時間を過ごし、少しでも笑顔になれたなら。

 

広く、多くの方に“できる”ことは持ち合わせていませんけれど、このブログをご覧下さった方に、

ほんの少しでも「楽しい・嬉しい・面白い・良かった」と感じて頂ければ、それが私の“できる”

ことになるのかな、と思っています。

近況報告です

こんばんは。

 

震災以前と同じようにここをご覧になられている方ばかりなら良いのですが、皆さんの中にも

大小問わず被害に遭われた方はいらっしゃるのでしょうか。

私の所では、震災の影響をそれほどは受けませんでしたから、徐々にですが以前の状況を

取り戻しつつあります。

もちろん、計画停電で停電していたり、ガソリンが不足していたり、水や食べ物への放射能の

影響など問題は山積みです。

さらに、今後も長期に渡って色々な問題が出てくるのでしょうね。

 

それでも、いつまでも落ち込んでばかりはいられません。

まだまだ、以前のような気持ち・感覚ではありませんけれど、幸いにも私の場合は日常を

取り戻せる状況にあるわけですから。

とてもありがたいことに、更新停止中のこんなブログでも毎日誰かしらの方にご覧頂けている

ようですので、3月いっぱいは・・・と当初は考えていたのですが、また再開していこうと

考えています。

 

再開するにあたって、考えていることがいくつかあります。

まずは、更新のお知らせについて。

以前は、更新後にツイッターでも3rdのタグを付けて更新の告知をしていたのですが、こちらに

ついてはしばらくの間停止しようと思います。

(この記事も告知していません)

 

次に、ブログの内容について。

基本的に平日は毎日更新して、週末はお休みというスタイルで書いて来たのですが、そろそろ

3rdに関連した話題も徐々に無くなりつつあるのが現状です。

震災後は、マルチプレイはもちろんソロでのプレイもままなりませんでしたから、休止していた

期間があってもその間の出来事というのは全くないです。

(明日については震災当日にアップしようと下書きしていたものをアップします)

シリーズで書いているものやマイセット記事を全て書き終えた後の事を、「どうしようかな?」と

悩んでいます。

 

候補としては・・・、まずは“プレイ日記”風に、プレイの近況報告をしてみたり。

攻略記事は書けないといいつつ、説明っぽい記事ばかり書いてきましたから、このスタイルは

案外(私的に)目新しい感じもします。

 

次に、“他の記事も混ぜて更新していく”場合。

3rdやモンハンに関する記事を書きつつ、他のゲームについても書いてみようかな、とも

思っています。

今はすっかりモンハン一色になってしまっていますが、元々自分のプレイしているゲームに

ついて書いていこうと思って始めたブログですからね。

ただ、今ご覧頂いている方は少なくとも「モンハンに関する記事を見たい、読みたい」と思って

いらっしゃる方がほとんどだと思いますので・・・。

 

 

ブログの内容については、今すぐという話ではありませんから、何か皆さんからご意見等

あれば伺いたいと思っています。

3rdの話題ついても、配信やイベントなど今後も色々とありますから、まだまだ書いていく

つもりです。

近況と再開のご報告だけ、と考えていたのにまた色々と書いてしまいましたが(苦笑)、

これからもまたよろしくお願いします。

 

 

追伸

更新時間についてですが、計画停電の事もあり、当面の間PCをネットに繋げる時間が

22時以降になると思います。

(計画停電で、最後のグループが終了する時刻が22時になるためです。それまでは節電の

ため、私の住んでいる地域が最終グループ以外の日でも、極力繋がないようにしていこう

と考えています。)

また、コメントへのお返事、マルチプレイなどについても同様に22時以降になると思います

のでご了承下さい。

そんな感じが続いてしまいますので大変恐縮なのですが、それでもよろしければ狩り友さん

の皆様、以前と変わらずお誘い&ご一緒頂ければと思っています。^^

今後について

こんばんは。

先日の大地震で、東北地方をはじめとして多くの方々が被害を受けました。
私は、幸いにして家の中がぐちゃぐちゃになってしまった程度で済みましたが、
他の地域での被害は甚大です。
今後、一刻も早い救助・復旧が望まれますが、明確な目処は今だ立ちません。

そんな中、娯楽に関連したブログの更新を続けるのはどうなのかと考え、
しばらく停止させて頂こうと考えております。
もちろん、甚大な被害をこうむった訳ではありませんので、早く通常の生活
リズムを取り戻し、経済活動を行い、以前の状況に戻すことが、直接的では
ありませんが被害を受けた方への支援にも繋がります。
そうは思うのですが、やはり私の良心やモラルのような部分で、一旦自粛する
べきだという考えが強いです。

少なくとも、今月いっぱいは更新を停止し、4月以降、また再開できればと
思っています。
ご覧頂いている方も少ないですので何の影響もないブログではありますが、
以上の点を考慮していただけますと幸いです。

被災された方、そうでない方、共に再び笑い合える日が、1日でも早く
訪れるよう祈ると共に、私もこれから頑張っていきたいと思います。

オススメのスキル 大剣編

ちょっと間隔が空いてしまいましたけれど、今日はオススメスキルシリーズです。

取り上げるのは大剣なのですが、正直なところ、大剣を使い始めたのは3rdに入ってから

といっても過言ではないほどです。

なので、「そんなスキルは使わない!」「このスキルの方がオススメだよ♪」といったご指摘を

頂くかも知れませんね。^^;

 

それでは、今回も攻撃系・防御系・その他の3つに分けて紹介していきたいと思います。

 

 

オススメのスキル 大剣編

 

・攻撃系スキル

抜刀術【技】 抜刀術【力】 破壊王 心眼

 

抜刀術は、武器出し攻撃が要の大剣ではすっかり定番になった気がしますね。

2ndGでも、武器出し攻撃が必ず会心になるため、会心率がマイナスの武器をはじめとして、

重宝されていたのではないでしょうか?

(私はその頃ほとんど使用していませんでしたので推測になります^^;)

3rdからは、“技”と“力”の2種類になり、技は会心率が100%分増加(会心率が-20%の武器

なら会心率80%になる、といった感じです)、力は武器出し攻撃時のみ、スタンとスタミナ減少

の効果を発揮できるようになります。

 

高い位置を攻撃しやすく攻撃力もある大剣を使用する場合、必然的に尻尾の切断を担当

することも多いですよね。

破壊王や心眼を付けて、素早く部位破壊をする、というスキル構成もオススメです。

 

・防御系スキル

体術+1~2 回避距離UP ガード性能+1~2

 

切れ味を消費してしまいますが、ガードもできるのは大剣の利点です。

ただ、ランスやガンランスのような強固なガードは出来ません。

そこで、体術でガード時に消費するスタミナを軽減する、ガード性能でのけぞりを少なくする、

というのも、ガードをよく使用する方にはオススメですね。

 

抜刀攻撃→回避→納刀が大剣の基本ですから、回転回避を多用します。

回避時の移動距離を伸ばしてみると、相手の股下をくぐり抜けたり、横から攻撃して

反対側に移動といった際、相手の攻撃を避けられる(当たらない位置に移動できる)事が

増えます。

発動できるポイントが3rdから15ポイントに増えてしまいましたので、気軽さはなくなりましたが、

ハンターさんによっては回避距離UPも付ける候補に上がると思います。

 

・その他のスキル

集中 納刀術 スタミナ急速回復

 

溜め時間が短縮される集中は、付ければ普段溜め3攻撃を当てられないようなスキに

当てられるようになりますね。

付けていない場合と比べて、溜め3までのスピードが大分速く感じられると思いますから、

何度も練習して感覚を掴むと良いと思います。

 

ヒットアンドアウェイが多い大剣ですから、攻撃→回避→攻撃の感覚を短くするのが重要です。

納刀術で素早く武器を収め、走り回って消費したスタミナをスタミナ急速回復で素早く取り

戻せば、その一連の行動がよりスムーズになりますよ。

 

 

初めて大剣を使用した時に、なんとなく“使いにくいなぁ”と思ってしまって以降、3rdで使い

始めるまではほとんど使用していませんでした。

ですけど、シンプルな動作にモンハンの基本がいっぱい詰まっていますから、初心者から

熟練者まで、どんなハンターさんでも使っていける武器なのだと改めて感じました。

溜め攻撃で部位破壊出来た時などは、とても爽快に感じるとおもいますので、私のように

“食わず嫌い”している方も、一度手に取ってみて下さい。^^

私のマイセット その11

皆さんは、モンスターの部位破壊って積極的に行っていらっしゃいますか?

今作では、部位破壊までのダメージ蓄積が以前よりも大変になりましたので、「できたら、で

いいかな?」と思われている方も多いのかもしれませんね。

 

それでも、部位破壊をしたほうが出る可能性がアップするレア素材も沢山ありますから、

いつの間にやら苦労しつつも部位破壊を目指していた、なんてことも。^^;

そんな場合のために、今回このようなマイセットを用意してみました。

こちらを使用すれば、少しは時間も短縮できるのではないでしょうか。

 

構成とスキルの詳細は以下の通りです。

 

頭:剣聖のピアス

胴:ドーベルメイル (重撃珠【1】 研磨珠【1】)

腕:ドボルSアーム (重撃珠【1】×2)

腰:スカラーSスカート (重撃珠【3】)

脚:マギュルSライース (研磨珠【1】×2)

護石:王の護石 (回避性能5 速射-1 研磨珠【1】×2)

 

発動スキル:心眼 破壊王 回避性能+1 砥石使用高速化

 

R0014437

 

はい、“破壊王”のスキルを組み込んでみました。

そして、硬い部位や硬化している場所などでも気にせず攻撃出来るよう、“心眼”もセット

にしています。

特に、レウス・レイア希少種(頭)、アグナコトル・アグナコトル亜種(纏っている溶岩・氷)、

ギギネブラ・ギギネブラ亜種(硬化時の頭・尻尾)ウラガンキン・ウラガンキン亜種(顎)

といったモンスターの部位破壊で、効果を発揮出来るのではないかと思っています。

 

今回のカラーリングは、ドボルSアームの緑色に合わせてみました。

私のマイセットではおなじみのスカラーSスカートに加えて、マギュルSライースもほぼ全体を

色変更出来ますから、統一感を出したい場合にとっても使いやすいですね。^^

 

使用する武器は・・・、特にコレ!というものは決めていません。

強いて言うなら、ハンマーや大剣が良いのかも?

特に、頭部の破壊が大変なモンスターが多いですから、スタンも一緒に狙える打撃武器の

ハンマーはオススメかもしれないですね。^^

砥石使用高速化を笛吹き名人に変えれば、狩猟笛でも利用できそうです。

ユクモ村の髪結い事情

本当は、3rd開始直後に書きたかった内容なのですが、スタート時には村クエストの進捗を

ずっと書いていましたので、今になってしまいました。

皆さんはスムーズに選択できましたでしょうか?

 

 

ゲーム開始時に、自分のキャラクターを作成する必要がありますが、その際ヘアスタイルも

選択しますよね。

3rdでは合計14種類の中から選べるのですが、開始当初はかなり悩んでいました。^^;

まず、2ndGで使用していた髪型が無くなってしまっていたこと。

“ウインドボブ”という髪型にしていたのですけれど、残念ながら無くなってしまいましたね。

他にも無くなってしまった髪型がありますので、ここで「どうしよう・・・?」と悩まれた方は

私以外にもいるのではないでしょうか?

 

無くなってしまったものは仕方がありませんから、代わりに他の候補から選んだのですけれど、

やっぱり何となくしっくりこない時期が長かったような気がします。

(こんなことで悩んでいるのはバカみたいなのですけどね。^^;)

そうそう、ヘアカラーはどんなゲームでも好んで黒系にすることがほとんどです。

 

最終候補に残ったのは以下の4種類でした。

 

・ケルビテール

R0014434

 

こちらは2ndGにもありましたね。

ごく普通のポニーテールですから、万人受けはするんじゃないかと思います。

ただ、2ndGの頃、ポニーテールにする場合は似た感じでよりアクセントの付いた“ガウシカ

テール”を使用していましたので、何となくしっくりこなかったです。^^;

 

・ワイルドファンゴ

R0014430

 

太めのヘアバンドが印象的ですね。

確か、MH3ではこの髪型にしていたように記憶しています。

(村クエ途中までしか進めていませんのでちょっと記憶が曖昧です><)

その関係もあって、今利用している髪型に次いで使っていた髪型なので、愛着もあります。

頭防具がピアス装備の際、ヘアバンドが特に際立つのでは、と思います。^^

 

・ブナハブレイヤー

R0014433

 

プレイヤーが“ハンター”という職業であるため、ショートや、セミロングの場合でも束ねていたり

と機能的な髪型が多いですよね。

そんな中でもこの“ブナハブレイヤー”は、選択出来る髪型の中でもおしゃれな部類では

ないでしょうか。

ショートながら、襟足部分の髪が揺れたりするのもポイントです。

 

・ココット結び

R0014435

 

モンハンは2ndから始めましたので、それ以前のシリーズは詳しくないのですが、この髪型

は“ココット村”が舞台の初代モンスターハンターの頃からある・・・という事で大丈夫

なのでしょうか?

(違っていたらご指摘頂けると助かります^^;)

後ろだけでなく両脇でも髪を束ねているのが他にない特徴ですよね。

上記の3種類と合わせて色々悩みつつ、現在はこの髪型に落ち着きました。^^

 

 

よくご覧頂いている方なら、もうすっかり私の性格をお解りになっていると思いますけれど、

見た目やコーディネート最重視な私は、こんな感じで開始直後からあれでもない、これでも

ないと悩んでいたのでした。

現実では、頻繁にショート←→ロングの変更なんて出来ませんから、ゲームで気軽に色々

変更出来るのは嬉しい事ではあるのですけどね。^^;

 

皆さんは自分のキャラクターをどんな髪型にしていらっしゃいますか?

私は基本的に決めた髪型ばかりなのですが、中には頻繁に髪型を変更している方なども

いるのでしょうか・・・?

 

 

追伸

ちなみに、2ndGの頃の私はこんな感じでした。

R0014418

 

次回作でウインドボブ、復活して欲しいな・・・。

あ、このお部屋もちょっと懐かしいですね。^^

色々ピックアップ!

3rd発売から3ヶ月、あっという間でしたね。

新しい武器・攻撃方法・モンスター・舞台など、“新しいものづくし”のモンハンでしたけれど、

すっかり慣れた方がほとんどではないでしょうか?

まだ最後に登場するクエストまで到達していない方も、今後さらに驚きのモンスターが登場

しますので、頑張って進めていって欲しいです。

 

丁度節目としていいかな?と思いましたので、この辺で色々な事をピックアップして、“現在の

まとめ”をしてみます。

・・・自分自身の備忘録も兼ねていますので(笑)、とりとめもなくなると思いますが、その点は

ご了承下さいね。^^;

 

 

・全体的な感想について

その時々で部分的には書いていましたが、まとめて書いたことはありませんでしたから、

ここで少しだけ。

全体としては、“より遊びやすく、より間口を広げた”モンハンだと思いました。

2nd→2ndGのような引き継ぎもなく、全ハンターさんが同じ位置からのスタートでしたので、

武器の使い方やモンスターの討伐方法など、みんなで情報交換しつつ楽しめましたね。

操作性も格段に向上していて、今までストレスを感じていた多くの部分が解消されたのも、

好印象です。

 

ただ、やっぱりどうしても2ndGを経験していると、ボリュームを比較してしまいますね。^^;

一般的なゲームよりも接する時間は圧倒的に多いのですが、それでも「物足りない!」と感じる

ハンターさんは多そうです。

新規要素が盛りだくさんですので今回は難しかったかも知れませんが、次回作では是非2ndG

を超える(!)ものを目指して製作して頂けたらな、と思っています。^^

 

・武器・防具について

まずはデザインから。

収集が目的の一つでもあるゲームですから、素材が集まった時・武器や防具を製作した時・

武器を強化してランクアップさせた時の達成感は重要ですよね。

せっかく色々なデザインの武器、防具で、ハンターさんごとの個性を出せるような部分である

のですから、やっぱりもう少しデザインのバリエーションはあると良かったです。

やはりこちらも、他の要素とのトレードオフになったのだと思いますので、次回作に期待!です。

 

・武器の使用頻度について

日頃からヘビィガンナーであると言っていますので(笑)、もちろんヘビィを一番使用しています。

ギルドガードを見てみると、今のところ使用回数は307回のようです。

2ndGの頃は、次点の武器はガンランスだったのですけれど、今回は双剣を使っていますね。

次いで、弓、スラッシュアックス、大剣、ガンランス・・・の順番です。

 

こちらも、何度もブログで書いている通り、「せっかく用意されているのだから色々使用して

みないともったいない!」と思っていますので、新規追加のスラッシュアックスはもちろん、双剣、

大剣などを使ってみるようになりました。

双剣・大剣については、2ndGまでは数えるほどしか使っていません。

”使い続けると解る面白さ”って、どの武器にもあると思いますから、皆さんにもあまり触れた

事のない武器を手にとってもらいたいですね。^^

 

今後は、ガンランス・スラッシュアックスをもっと練習していきたいと思っています。

特に、ご一緒して頂ける方、練習にお付き合い頂ければとても嬉しいです。^^

 

・素材について

少し前、「紅玉が出ない」と嘆いていましたが、その後少しずづですが集まり始めてきました。

もちろん、まだまだ必要な数には達していないのですけれど。><

2ndGの頃の印象が薄れつつあるからかもしれませんが、今回は紅玉のような“レアな素材”を

使った武器・防具がやや多めな気がするのですが、私だけでしょうか?

プレイ時間や達成感との兼ね合いが非常に難しい要素ですけれど、もうほんのちょっとだけでも

緩和されていれば嬉しいなぁ、なんて思ってしまったりもしています。^^;

 

さしあたって、当面の目標は紅玉をはじめとしたレア素材収集になりそうです。

あとは、最終盤に登場するモンスターの素材もまだまだ全然揃っていませんので、こちらも

合わせて集めていかないといけませんね。

 

・マイセットについて

今までに10個、マイセットを紹介してきましたが、製作の方は一段落したかな?という感じです。

私の場合は、気に入った防具・スキルを主に使用していますから、重複している防具も多い

ですから。^^;

あとは、レア素材+最終盤のモンスター素材を使用した防具が無いと、といった所でしょうか。

といっても、主要なものは揃っていますから、製作するかどうかは解りません。

 

マイセット紹介は、今後も継続していこうと思っています。

防具の組み合わせはもちろん、スキルの組み合わせは各ハンターさんの個性が出る部分だと

思っていますから、他人が作成したマイセットでも、多少なりとも役に立つでしょうからね。^^

 

・今後やりたいことについて

武器の使用頻度の項で、ガンランスやスラッシュアックスをもっと使えるようになりたいと

書きましたが、他の武器についてもどんどん挑戦していきたいですね。

打撃攻撃がメインのハンマー・狩猟笛も、スタミナ要素がある3rdでは重要ですから、

もうちょっとまともに使えるようになるといいな、と思いますね。^^;

 

マルチプレイに関連して、やっぱりいつかはここで募集して、読者の方と一緒にマルチプレイ!と

いうのは実現したいですね。

2ndGよりもピークが過ぎる速度が速い事がやや心配ですけれど、次回の節目ヒット時に無事

開催できればと思っています。^^

(もっと新しい狩り友さんに出会いたいですからね^^)

 

そうそう、素材の項で書いた通り、まだまだ必要な素材はたくさんありますので、狩り友の

皆様、引き続きよろしくお願いいたします。

あまりお役にたたないヘビィガンナーかもしれませんが、今後もご一緒頂ければ嬉しいです。^^

迷惑な咆吼?

切れ味レベル+1について書いていたら、「そういえばこっちのスキルも気になるなぁ」と思った

スキルがありました。

結論から書いてしまうと、やっぱり2ndGと比べて使わなくなってしまったスキルの一つです。

付いていれば、相手モンスターのいや~な咆吼が防げるのですけれど・・・。

 

 

もうお解りですよね。

皆さんは、“耳栓”、使っていらっしゃいますか?

私は・・・、やっぱり切れ味レベル+1と同様に、ほとんど使っていないです。

一番の理由は、やっぱり“見た目”に尽きるのですが(そればっかりですみません^^:)耳栓

の場合はそれだけでも無い感じです。

ファルメルシリーズやレックスシリーズなど、発動させるにはやっぱり選択できる装備の幅が

狭くなりがちなのも理由なのですが、3rdでのモンスターの咆吼がそれほど脅威では無くなった

事が大きいですね。

 

2ndGまでは、咆吼ですくんでしまった後、たたみかけるようにモンスターの追い打ちを受けて

しまう場合がとても多かったです。

そのため、必須、とまではいかないにしろ、初心者~中級者にはとても役に立つスキルでした。

でも、3rdでは(オトモを連れて行かずに)一人でプレイしている場合を除き、そういった状況には

なりにくくなりました。

気をつけるとすれば、リオレウスくらいでしょうか。

(咆吼後、後方に飛び退きつつブレスを吐いてきますから、正面付近で咆吼を受けると危険です)

それでも、正面以外なら問題なかったりしますからね。

 

「他に付けたいスキルを付けられるようになった」と思えば嬉しいことなのかも知れません。

ですが、“モンスターの脅威”が薄れてしまったような気もして、寂しく(?)も思えてしまったりも。

もちろん、あんまりにも恐怖感を感じる相手はお断りしたいですけれど、そういった部分も

モンハンの魅力・醍醐味だと思いますからね。

“苦手な人はスキルで補える”という所が、“スキルがあっても無くてもあんまり変わらない”

となると、各ハンターさんの個性や傾向も差のないものになってしまいます。

 

 

人によって感じ方が違いますので、バランス調整はとても難しいのだと思いますけれど、

やっぱりもう少しだけ、耳栓の効果的な相手・場面が欲しかったかなぁ?と思いました。

 


続きはちょっとだけ別のゲームについて・・・

続きを読む

私のマイセット その10

皆さんは、訓練所を無事にクリアして、2種類のピアスはゲットされましたでしょうか?

今回の訓練所は、あまり面白味もなく装備やスキルもさほど参考にはできない感じでは

ありますが、“剣聖のピアス”“増弾のピアス”はそれだけでスキルが発動する便利な防具

ですので、まだ取れていない方には是非頑張って頂きたいです。^^

 

冒頭でなぜそんなことを書いているかというと、今日紹介するマイセットは剣聖のピアスを

使用しているからです。

発動する“心眼”は、攻撃がはじかれてしまう状態でもはじかれたモーションをとらずに済み

ますので、便利ですよね。

ボルボロスやウラガンキンを振り向きざまに攻撃してしまった時や、アグナコトルの固まった

溶岩を攻撃している時など、ストレスを感じることがなくなると思います。

 

今回は、そんな心眼に加えて、いやな攻撃を無効化できるスキルを合わせたストレスフリー

なマイセットに仕上げてみました。

 

頭:剣聖のピアス

胴:インゴットSメイル (抗震珠【1】)

腕:ドーベルアーム (抗震珠【1】 研磨珠【1】×2)

腰:インゴットSコイル (回避珠【1】)

脚:アシラSグリーヴ

護石:王の護石 (回避性能5 速射-1 回避珠【2】)

 

発動スキル:心眼 砥石使用高速化 回避性能+1 風圧無効 耐震

 

R0014397

 

色々な鉱石を使用して製作する“アロイSシリーズ”や“インゴットSシリーズ”は、一式で装備

すると砥石使用高速化や風圧無効が発動しますから、初心者から熟練のハンターさんまで

とても重宝する装備ですよね。

そんなインゴットSをベースにして、風圧や振動を気にせず戦える装備にしてみました。

 

ピアス装備は、他の頭防具よりも防御力が低いのが難点ですけれど、隙が出来る状態を

防いでくれるスキルで上手くカバーできるのでは、と思っています。

 

ただ、今回のマイセットは、実用性を重視してみた関係で、見た目はあんまり気に入って

いなかったりします。^^;

見た目のメインとなる胴装備と腰装備がインゴットSなため、茶色がとても目立ってしまう

のですよね。

アロイSの青ならまだ良いのですけれど、そうすると今度は武器のスロットを使用しないと

いけなくなってしまって・・・。

せめてもう少しオレンジっぽい感じだと、インゴットシリーズもコーディネートしやすかったのに

なぁ、と思っています。

(全体的にカラーを変更出来る、ブナハやスカラーシリーズみたいだと良かったです)

 

 

そうそう、アロイSやインゴットSの頭だけピアスにして、“心眼+風圧無効+砥石使用高速化

+護石スキル”なんていうのも、お手軽ですがとても便利な装備になると思いますよ。

上位クエストの攻略にも役立ちますから、よろしければ試してみて下さいね。^^

白ゲージの魅力

昨夜は、2ndGからの狩り友さんであるSophi☆さんと、久しぶりにkaiで遊びました。

なんと言えばいいのでしょうか、お互いの戦い方や傾向をよく解っていますから、のびのびと

プレイ出来るのがとても嬉しいですね。^^

普段は積極的にやらない乱入クエも素材を狙ってやってみたりもしました。

(結果は散々でしたけどね><)

中々時間の都合がつきにくいのですが、近いうちにまたご一緒できればと思っています。^^

 

 

連日各武器のオススメスキルについて書いていますが、ちょっと今回は1つのスキルを

ピックアップしてみようかな、と思います。

何のスキルかというと、攻撃系のスキルの代表である“切れ味レベル+1”です。

皆さんはよく使っていらっしゃいますか?それとも使っていませんか?

 

武器の切れ味ゲージをアップさせる切れ味レベル+1は、与えるダメージの増加、砥石を使う

頻度を抑える、通常でははじかれてしまう武器をはじかれないゲージ色にするなど、ゲージの

短い武器しかない頃から様々な面で効果を発揮します。

このスキルが付いているだけで、(必ず、とは言えないですが)狩りがグンと楽になるのです

けれど、実際には色々な問題があったりします。

 

1つめは、「発動するポイントが10→15ポイントに変更された」こと。

2ndGまでは、10ポイントでスキルが付いたのですが、3rdからは合計15ポイントにならないと

付かなくなってしまいました。

これは、その他に付けるスキルの数にも影響してきますので、とても悩ましいですね。^^;

 

2つめは、「切れ味レベル+1を付けると業物のポイントがマイナスになる防具が多い」こと。

防具に付くポイントが、一方がプラスである場合もう一方がマイナスになってしまうように

付いていますから、一式装備を揃えると、ごく一部を除いてマイナススキル“なまくら”が

発動してしまったり。

どちらも両立することは可能ですが、ほぼ固定されてしまう防具の部位が出てきて、

2ndGの頃よりも更にコーディネートの幅が狭いです。

 

最後に、「ポイントの割り振られた防具が限られてしまう」こと。

下位でしたらジエン・モーランの防具にしかポイントが付いていなかったりと、いざ付けよう

と思っても、実際には限られた防具で揃えなければ発動が大変です。

(後半登場する防具は、まだ到達していない方も多くいらっしゃると思いますので伏せて

おきたいと思います)

こちらも、切れ味レベル+1以外に付けるスキルの幅を狭めてしまう一因に。

 

 

もちろん、無いと困るスキルではありませんから、無理をして付ける必要もないのですが、

あの白いゲージは、多くのハンターさんが魅力的に感じているのではないでしょうか。

上記の通り、ポイントが付く防具が限られるため、切れ味レベル+1の付いたマイセットを

作ろうと思うと、見た目がものすごい組み合わせにしかならなかったり・・・。

正直なところ、私としてはここが一番の悩み所であったりします。><

 

一応、まだ紹介していないですがマイセットも作ってあります。

付けにくくなったとはいえ、発動していればやっぱり頼もしいスキルであるのは確かですから。

ですが、見た目にはいまいち納得していないですね。

他の方には“なぜ?”と思われると思いますが、ここが私には一番重要で、魅力はあっても

積極的に使うかと言われたら、ノーと答えてしまいます。

いっそ、切れ味レベル+1は使用しなくてもいいかな?と思ってしまっているくらいです。

見た目の気に入った防具でプレイする方が、モチベーションもアップすると思いませんか?^^

(実際、3rdでは無くてもそれほど大変ではありませんからね)

 

 

結論としては、私にとってはさほど魅力のあるスキルでは無くなった感じですね。

見た目を気にしてほとんど使わないなんて、私くらいのものでしょうけれど・・・。^^;

(共感して下さる方は果たしていらっしゃるのでしょうか?)

オススメのスキル ランス・ガンランス編

3rdの発売から3ヶ月がたち、シリーズを継続してプレイしていらっしゃる熟練のハンターさん

の中には、すでに隅々まで楽しんでしまった、と言う方も多いのでしょうか?

私は、まだまだ全然武器、防具も揃っておらず、もっと練習して上達したいと思っている武器

も沢山あります。

kaiやアドパを使ったマルチプレイも落ち着いてきたみたいですが、今後も頑張ってプレイ

していきたいと思っていますので、ご一緒頂ける方、今後もよろしくお願いしますね。^^

 

 

オススメのスキル3回目の今回は、強力なガードが売りのランス、ガンランスをまとめて紹介

していきたいと思います。

 

回避行動がステップ移動になっていますから、シリーズを多く経験していらっしゃるハンター

さんでも、「ランス・ガンランスは使わない、使いにくい」という方もいるかもしれませんね。

私も、実際にガンランスを使い始めたのは2ndGの後半からですし、それまでは「移動や回避

が他と違っていて難しい><」と思っていました。^^;

でも、どんな武器にも言えますが、“まず使ってみないと良さが解らない”という所は共通して

いますからね。

私の感想が、その良さを発見するきっかけになれば、と思います。

 

 

オススメのスキル ランス・ガンランス編

 

前回と同様に、攻撃系、防御系、その他の3つに分けた方が解りやすいかな?と思います

ので、今回もそれに則って紹介していきますね。

 

・攻撃系スキル

業物 心眼 砥石使用高速化 破壊王

 

近接武器で、攻撃系のオススメスキルを紹介していくと、どうしても同じ物になってしまいがち

ですので、「より大きなダメージを与えられる」という観点ではなく、その武器とマッチするのでは

と感じる物を紹介してみます。

強力なガード性能があるからでしょうか、その反面武器をしまう速度が遅い武器ですので、

遠く離れたモンスターを追いかける時以外は、なるべくそのまま戦いたいですよね。

切れ味の消費を和らげる“業物”、はじかれてガード出来ない事態を防ぐ“心眼”などは、

攻撃+ガードに専念するのに便利だと思います。

 

他の武器よりも高い位置を攻撃出来たり、砲撃を使えば硬い部位を気にする必要がありません

から、破壊王のスキルを付けて率先して部位破壊を狙うのもアリだと思います。

 

・防御系スキル

ガード性能+1~2 ガード強化 回避性能+1~2 回避距離UP 風圧無効

 

防御系は、言わずもがなでしょうか?

ガード時のノックバックやダメージをより軽減してくれるガード性能と、ガスなど通常はガード

でも防げない攻撃も防げるようになるガード強化は、ランス・ガンランスの基本スキルとも

言えますね。

 

2ndGからは、ガードではなく回避性能や回避距離UPを付けたステップ回避を主に置くタイプ

のハンターさんも多く見られました。

こちらに慣れると、ガード後の硬直する時間も無いですから、よりアグレッシブに攻撃できる

と思います。

特に、3rdではガード性能+2でもノックバックしてしまう攻撃が多いですから、(動きの遅い

武器なりの)軽快さを求めるのなら、回避を主体にしてみると良いかも知れません。

 

・サポート系スキル

体術+1~2 スタミナ急速回復 納刀術 砲術王(砲術師) 装填数UP

 

ガードを主体にするランス・ガンランスは、回避に加えてガードでも大きくスタミナを消費する

ことになります。

回避とガード、どちらの場合でも消費を軽減してくれる体術はオススメしたいスキルですね。

スタミナ急速回復を付ければ、ガード性能が無く大きく消費してしまったスタミナも、素早く

回復できますので、回避系スキルと併用するとより効果があると思います。

武器を出したまま相手モンスターを追いかけるのは苦手ですから、納刀術で時間短縮する

と攻撃→回避(ガード)→納刀→移動→攻撃の一連の動作が快適になりますね。

 

砲術王と装填数UPは、攻撃スキルの項でも良いかと思いましたが、ガンランスにのみ影響

するスキルになりますから、こちらに持ってきてみました。

 

 

紹介した中で、3rdからの新スキルである“スタミナ急速回復”と“納刀術”は、ランス・ガンランス

の弱点を補えるとても便利なスキルだと思います。

「連続攻撃をガードしてどんどんスタミナが無くなってしまう」「動きが遅いのに加えて武器を

しまうのまで遅いなんて」と、マイナスイメージが強く敬遠していた方には、是非使って頂き

たいスキルですね。

そして、ガードと回避、どちらを主体にするかでも、がらりと印象が変わると思いますので、

色々なスキルを使ってみて、自分に最適なものを見つけてみてください。^^

ツイッター
ブログパーツあれこれ
ご覧になって下さった方々
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード