FC2ブログ

プロフィール

鈴音

Author:鈴音
モンハンにハマっています。
MH3Gでも引き続きへビィを担いで
頑張っていきますっ!

ドラゴンクエストⅩのベータテスト
にも参加しています♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
お世話になっている方・お気に入りサイト
最近のコメント
最近のトラックバック

オススメのスキル 双剣編

週末はマルチプレイを企画していたのですが、残念ながら人数が集まりませんでした。

まだ圧倒的にご覧になって下さっている方が少ないですし、ちょっと無理がありましたね。^^;

そして、発売後3ヶ月経過したため、熱心なハンターさんはやりたいことがほとんど無くなって

しまっているのかもしれません。

 

それでも、ブログで告知してマルチプレイを開催する夢(?)はまだ諦めていませんよ。

次回は、5000ヒットの頃に再度呼びかけさせて頂こうかと考えています。

武器・防具の作成や色々な武器の練習など、やりたいことはまだまだ沢山ありますからね。^^

今後も、一人でも多くの方に読んで頂ける記事を書いて行けたらと思っています。

 

 

そんな訳で、“反応があれば”という前提で以前書いた、オススメのスキルについてですが、

「読者も少ないのに反応を気にしていても仕方ない!」と思いますので、続きをどんどんと書いて

いこうかと考えています。

ヘビィに続き今回2回目になりますが、3rdでの近接武器メインになりつつある、“双剣”を

取り上げてみます。

 

・オススメのスキル 双剣編

 

何度も何度も連続して攻撃し続けられる“手数”が売りの武器、それが双剣ですね。

相手モンスターにつかず離れずの位置をキープしつつ、隙あらば連続攻撃をお見舞いする

のは、爽快に感じていらっしゃる方も多いと思います。

一方で、「鬼人ゲージ」による強化を出来るだけ維持して戦うのがベターであるため、チャンス

には鬼人化してゲージを溜める&回復させる必要も。

ダッシュ移動・回避だけでなく、攻撃面でもスタミナを気にしながら戦う必要がありますので、

不慣れな方はその辺を上手くスキルでサポートしたい所です。

 

そうそう、双剣の切れ味消費は少し特殊だったりします。

“確率で切れ味を消費する”という他にない性能を持っているのですよね。

ですので、感覚としては最初から業物スキルが付いている、と考えて頂くと解りやすい

かもしれません。

 

以上を踏まえた上で、私のオススメするスキルはこんな感じになっています。

 

攻撃系オススメ

砥石使用高速化 切れ味レベル+1 業物 見切り+1~3 弱点特効 各種属性強化スキル

 

連続攻撃が売りの双剣は、何はなくても“砥石使用高速化”があると良いと思います。

場合によっては、モンスターとの戦闘中にたびたび切れ味が落ちると思いますので、少しの

スキでゲージを回復できるのはとても重要ですね。

個人的な意見としては、これ以外はお好みで、と言ってしまってもOKではないかと思って

いたりします。(笑

あ、ただ一つだけ注意を。

挙げた中で“弱点特効”だけは、ほとんどの攻撃が低い位置であることを考慮して、

ナルガクルガやリオレイアなど、弱点部位を双剣の通常攻撃で攻撃出来る相手に対して

使うようにすると良いかも知れません。

 

防御系スキル

回避性能+1~2 回避距離UP 体術+1~2 耐震

 

挙げた中で最もオススメなのは、“体術”スキルですね。

鬼人化状態で鬼人ゲージを最高まで溜めると鬼人強化状態になり、移行鬼人化していなくても

回避行動がステップ移動に変化します。

このステップ回避は、回避行動だけでなく相手モンスターとの距離を詰めるためにも使える

くらい、素早く連続で使用できます。

使用するにはもちろんスタミナを消費しますから、+1でも付けているだけで快適さが段違い

になるはずですよ。

あと、冒頭で書いたように、つかず離れずな位置で戦いたい双剣の性質上、初めのうちは

どうしても振動を起こす攻撃、モンスターの振動を受けてしまうと思います。

耐震スキルがあれば、気にせず近付けますのであればとても便利ですね。

 

サポート系スキル

ランナー スタミナ急速回復 アイテム使用強化 集中 心眼 罠師 風圧無効

 

鬼人化している間は、どんどんスタミナゲージを消費していくのですが、ランナーで減る速度を、

スタミナ急速回復で減ったゲージの回復速度をそれぞれダウン・アップしてあげると「鬼人化

したままスタミナを使い切って回避できない><」といった事態も防ぎやすきですね。

もちろん、“強走薬・強走薬グレート”を飲んで戦っても構わないと思います。

強走薬を多用するなら、鬼人化中の“薬が切れるまでの時間が短縮される”状態を緩和する

ため、効果時間事態を伸ばす“アイテム使用強化”を付けると便利です。

(ちなみに、私は強走薬はほぼ使わないで戦っていますね)

 

“集中”は鬼人ゲージの溜まる速度がアップ、“心眼”は切れ味が落ちてはじかれやすくなった

時でも安全に戦える、“罠師”で罠を多用+乱舞を弱点に当てるなど、自分の苦手な部分を

これらのスキルで補うのも、これから双剣を使ってみたいと思われる方にはアリではないで

しょうか。

最後の“風圧無効”は、耐震でお話しした事と重なりますが、モンスターのすぐ側で戦う→

風圧の影響を受けやすい、という悩みを気にする必要がなくなりますから、場合によって

使ってみると良いですね。

(ちなみに、鬼人化中は風圧が効かなくなりますので、通常状態と鬼人化状態を上手に使い

分け出来る方なら無用かもしれません)

 

 

色々と挙げてみましたけれど、極論してしまえば“砥石使用高速化+ランナー”さえ付いて

いれば、双剣を使用する上で十分ではないかと思っています。

まずはこの2つを基本に装備を揃えるとやりやすいのではないでしょうか。

何度も使用していくうちに、ランナーなどのスタミナサポートスキルが無くても、必要に応じて

鬼人化・鬼人強化状態を使い分け出来てくると思いますので、その後は攻撃系のスキルを

充実させるのも良いですね。

最初はとにかく使いにくい印象を受ける武器かもしれませんが、自分に足りない部分を

上手くスキルで補えば、弱点に乱舞を当てることも夢ではないと思いますよ。^^

スポンサーサイト

私のマイセット その9

皆様こんばんは。^^

 

好評かどうかはさておき(苦笑)、マイセットの紹介第9回目をお送りしたいと思います。

何度か書いているとは思いますが、今回の装備は所持している護石に寄るところが大きい

ですので、参考にするのは防具やスキルの組み合わせまでにしておき、そこから足したり

引いたりして頂ければと思います。

 

「護石に寄る~」と言いつつマイセット紹介を続けているのはなぜかと言えば。

私が、参考になる指針を欲しいと思っている所が大きいでしょうね。

他のハンターさん達のブログ等、よく拝見させて頂いているのですが、マイセットの紹介や

スキルの組み合わせ、ハンターさんごとの装備に対する考え方はいつも参考になっています。

ですので私も、私に似た思いを持っていらっしゃるであろうどなたかの参考になれば、と思って

紹介しています。^^

 

さて、9回目に紹介する装備は・・・

 

頭:ジンオウSヘルム (斬鉄珠【1】×2)

胴:ベリオUメイル

腕:ベリオUアーム (研磨珠【1】)

腰:ベリオUフォールド (斬鉄珠【3】)

脚:ベリオUグリーヴ (斬鉄珠【3】)

護石:王の護石 (体術1 研ぎ師8)

 

発動スキル:回避距離UP 体術+1 砥石使用高速化 業物

 

R0014368

 

こんな感じになりました。

前回の“ほぼベリオS装備”に続いて、“ほぼベリオU装備”になっています。(笑

どれだけベリオ装備が好きなんでしょうね。^^;

 

ベースとなるベリオUシリーズには、回避距離UPと体術のポイントが割り振られています。

そこに業物と砥石使用高速化を加えて、主にスラッシュアックスで使用するマイセットに

まとめてみました。

回避距離UPを付ける事で、“相手に接近しやすく離れやすい”状態になりますね。

斧モードでも移動が遅く、剣モードでは大剣と同じ程度のスピードになってしまうスラッシュ

アックスですが、格段に動きやすくなると思いますよ。

また、横ステップでの回避も距離が伸びますから、より安全な位置へ回避しやすくなります。

 

注意点としては、回避移動の距離感をちゃんとつかんでおかないと、相手モンスターに上手く

攻撃出来なかったりするかもしれません。

スラッシュアックスを例に出すなら、剣モード時に回転移動して距離をつめ、切り上げ攻撃を

する際、いつも通りの感覚のままですと、頭を狙いたくて攻撃したつもりが首や胴体に当たって

しまった、という事も起こり得ると思います。

もちろん、相手から距離を離しやすくなるのが利点であるスキルですから、こういった事に

関しては練習して慣れていけば問題は無いですね。^^

(武器の扱いと同じですね)

 

ちょっと悩んでいるのはカラーリングですね。

ジンオウSヘルムは全体を色変えできますので、他の部位との統一感は出しやすい部類の

防具だと思うのですが、装備するとちょっときつめの印象を受けませんか?

それに加えて、他の部位はオレンジ色がベースのベリオUシリーズですから、中々納得のいく

色が思い浮かびません。

オレンジに合わせても何だか違和感があるし、髪と同じ黒や紺も何だかいまいちな気が・・・。

何か良い色の組み合わせがあれば、教えて頂きたいと思っています。^^

魔法使いでも盾が持てる!?

今日は、“ヘビィの+α”について書いてみたいと思います。

魔法使いなポジションであるヘビィに、少しでも興味を持って頂きたい&好きになって貰えれば、

とても嬉しく思います。^^

 

 

ヘビィを1つでも製作したことがある方なら既にご存じでしょうけれど、鍛冶屋では、製作・強化に

加えて“オプションパーツ”を貸し出してもらえます。

貸し出して貰えるパーツは2種類。

「パワーバレル」と「シールド」です。

 

「パワーバレル」は、“パワー”と付くことからお解りかと思いますが、ヘビィの攻撃力を底上げ

する効果があります。

純粋に攻撃力アップに繋がりますので、一見するとより早く討伐出来るようになりそうだと

思いがちですよね。

でも、ヘビィに不慣れだと、相手モンスターの攻撃を受けてしまい、回避・回復行動で逆に時間

をとられてしまうこともあるかと思います。

 

そんなときに便利なのが、もう一つのオプションパーツ、“シールド”です。

シールドを付けると、攻撃やリロードをしていない時に自動的に相手の攻撃をガードして

くれますので、突進が避けられない等、急な攻撃を防御してやり過ごすことができます。

また、モンスターの咆吼もガードできますので、耳栓スキルが無くても安心ですね。

ただ、いずれの場合も、攻撃によって若干のダメージやノックバック(後ずさり)が発生します

から、その点だけは気にとめて使用してくださいね。

 

遠距離武器で“ガードが出来る”のはヘビィの大きなアドバンテージだと思います。

防具の防御力が、剣士のそれより低いため、場合によっては2,3度ダメージを受けだけで

瀕死に追い込まれてしまう事も考えられますよね。

シールドを使うことで、攻撃で飛ばされたり、咆吼ですくんだりすることなく狩りが出来たなら、

これから遠距離武器に挑戦しようと考えていらっしゃる方もスムーズに入っていけるのでは

ないかと思っています。

 

高い攻撃力に加えて、ある程度の防御能力も併せ持っていますから、一般的な“魔法使い”像

よりも強い印象を受けられるのではないでしょうか?

少しでもそう思って頂けたのなら、是非一度手に取ってみて貰えればと思います。

武器の出し入れ・武器を構えている時の移動速度が遅い、弾丸の変更やリロードが面倒など、

とにかくハードルが高いイメージが定着してしまっているヘビィですが、「使ってみたら案外

自分に合っていた」と思って頂ける方も必ず居ると思うのですよね。

 

 

ちなみに、私はといえば・・・サポートが出来るヘビィにはシールドを付けて使っていますね。

特に、麻痺弾、睡眠弾を撃てるヘビィを使う場合には、きちんと弾丸を当て続ける必要が

ありますので、シールドは重宝すると思いますよ。

こんな記事を書いておきながらちょっとアレなのですが、その他のヘビィに関しては実の所

パワーバレル派だったりするのですよね。^^;

 

それならなぜ?とお思いかもしれませんが、やっぱり一人でも多くの方にヘビィを使って欲しい、

魅力に気づいて欲しいという思いからなんです。

パワーバレル+攻撃・回避系のスキルなんて、最初から使いこなす必要なんて全くないです。

攻撃、回避、防御、リロードの一連の動作をしっかりと覚えてからで十分だからです。

自分なりのヘビィの使い方が掴めてから、さらに色々な事へ挑戦していくのが、一番の近道

だと思っています。

初心者演習や闘技場での訓練と一緒ですね。^^

 

 

少しでも多くの方が興味を持って下さり、いつかヘビィガンナー4人でマルチプレイができれば

嬉しいと思いつつ・・・。

“スロット5つ”の使い道

マイセットを紹介していて、「○○は装飾珠だけで付けているので他のスキルと付け替え可能

ですよ」と記載している時があります。

(これまでに2,3度は書いていると思います)

これは、“装飾珠5つで発動できるスキル”があるからなのですが、皆さんどのようなスキルが

スロット5つで付けられるか、ご存じですか?

今日は、そんなスロット5つの使い道についてのお話です。

 

 

まずは最もメジャーなスキルからいきましょう。

多くのハンターさんがお世話になっているスキルは、この3つだと思います。

 

・砥石使用高速化 (研磨珠)

・罠師 (罠師珠)

・笛吹き名人 (鼓笛珠)

 

ハンターさんによっては、もはや必須になっている方も多いでと思われる砥石使用高速化は、

誰もが1度はお世話になり、その後もマイセットに組み込んでいらっしゃるのではないでしょうか?

それに加えて、罠の調合が100%成功+罠・爆弾の設置が早くなる罠師は、“とりあえず5つ

スロットが空いていたら付けておくスキル”の定番ですね。

そして、狩猟笛を使うなら是非付けておきたいのが笛吹き名人です。

旋律の効果時間が延びるだけでなく、各種笛アイテムが壊れにくくなる効果も。

 

基本的に、どんな装備に合わせても十二分に効果を発揮するスキルですので、迷ったらコレ!

という感覚で選んでしまっても全然問題無いと思います。

 

 

続いては、状況に応じて使い分けると効果的なスキルです。

 

・捕獲の見極め (観察珠)

・抗菌 (抗菌珠)

・耐震 (抗震珠)

・高速収集 (速集珠)

・アイテム使用強化 (持続珠)

・精霊の加護 (神護珠)

・隠密 (忍脚珠)

・ボマー (爆師珠)

・ブレ抑制+1 (点射珠)

・最大数生産 (弾製珠)

 

捕獲できる体力になったら教えてくれる捕獲の見極めも、定番かもしれませんね。

でも、どのクエストにも、という訳でも無いと思いましたのでこちらに分類してみました。

 

抗菌、耐震、高速収集は、それぞれラングロトラ、イビルジョー、ジエン・モーランなどの

モンスターに有効ですね。

(他にも居ますが代表的な相手だけ挙げています)

出現するモンスターに応じて交換すれば、お気に入りのマイセットのまま狩りに行きたい!と

いう欲求も満たせます。

 

アイテム使用強化は、特に「強走薬・強走薬グレート」を使う場合に力を発揮しますね。

双剣の鬼人化、スラッシュアックスで振り回し、ハンマーや弓の溜め、ランス、ガンランスの

ガードなど、スタミナが減らなくなると格段に楽になる行動は多いですので、そうした状況で

狩りをしたいのなら、セットで発動させておくと効果的です。

 

よくダメージを受けてしまう、防御力が不安だ、という場合には精霊の加護や隠密を。

ダメージの軽減、モンスターから狙われにくくなるのは、一見地味ではありますが効果は

期待以上ですよ。

 

 

さらに、こんなスキルを付ければ、“狩り中のストレス”を軽減できますね。

 

・暑さ無効 (耐暑珠)

・寒さ無効 (耐寒珠)

・こやし玉名人 (肥師珠)

・腹減り半減 (無食珠)

・まんぷく (食漢珠)

・調合成功率+20% (博士珠)

 

何をストレスに感じるかは各ハンターさんによって千差万別ですから、一概に言えない所も

あるのですけれど、“あれば余計な行動、時間、アイテムを省ける”のが、上記に挙げたスキル

だと思います。

面倒くさがりな方(笑)には特オススメなスキルだと思います。

 

他にも、採取系のクエストで役立つ「ハンター生活 (狩人珠)」「運搬の達人 (運搬珠)」

「採取+1 (採取珠)」「精霊の気まぐれ (祝福珠)」や、各種弾丸・ビンが使えるようになる珠、

アイルーの盗みを防止する「盗み無効 (防盗珠)」、モンスターにやられても体力の上限が

スキル分だけアップしたままにできる「体力+20 (体力珠)」などなど、スロット5つで付けられる

スキルはたくさんあります。

 

 

どうですか?迷ってしまいましたか?(笑

もちろん、防具のスキルポイントや護石によって、5つでは付けられない場合もありますが、

それを除けばこれだけたくさんのバリエーションがある訳です。

何も考えず、「とりあえず砥石高速でいいや」でも構わないとは思いますが、自分の苦手な

攻撃を防げたり、ちょっとしたストレス・面倒くささが解消される場合も多いですので、一度

自分のスキル、マイセットを見直してみるのもアリかもしれませんね。^^

私のマイセット その8

気がついたら、マイセット紹介も8回目になります。

3rdでは、マイセットが45個まで登録できるようになりましたから、コーディネート大好きな私は

日々防具の組み合わせを試して楽しんでいます。^^

見た目、スキル、スロットの割り振りをどのようにするかは、各ハンターさんの腕次第ですが、

自分の気に入ったマイセットに仕上がった時はとても嬉しくなってしまいます。

何だか、組み合わせや達成感がパズルゲームに似ている気がしませんか?

 

さて、今回紹介するマイセットは、目下絶賛練習中の双剣で使用しているセットになります。

シリーズを通して、本格的に使い始めたのは今回からですので、まだまだ上手に使えて

いませんが、使っていて楽しいですね。^^

見知った方とのマルチプレイでは積極的に使わせて頂いて、何度も練習していきたいです。

 

防具や装飾珠は、こんな感じになっています。

 

頭:ベリオSヘルム (強走珠【1】×2)

胴:ベリオSメイル (研磨珠【1】×2)

腕:ベリオSアーム (研磨珠【1】×1)

腰:ベリオUフォールド (強走珠【3】)

脚:ベリオSグリーヴ (強走珠【1】)

護石:王の護石 (回避性能5 速射-1 研磨珠【1】×2)

 

発動スキル:体術+2 ランナー 回避性能+1 砥石使用高速化

 

R0014359

 

はい、見た目はまるっきりベリオ一式ですね。^^;

2ndGまでの“キリン”装備に似たベリオシリーズは、見た目もかわいらしくてお気に入り装備

の一つです。

腰装備だけ、同じベリオですが亜種の“U”シリーズを使用しています。

色だけしか違いはありませんから、違和感もほとんど無いのが良い感じです。

 

今回は、ベリオUのオレンジ色を他の部位にも合わせて使用しました。

腰部分だけだとちょっと浮いてしまうところを、上手くマッチさせられたのでは無いでしょうか?

 

砥石使用高速化は今回もスロットだけで付けましたので、装飾珠5個で付けられる他のスキル

を選んでみてもOKですね。

(この護石じゃないと出来ない、という訳でもないと思いますが)「護石が無くて同じ装備が

作成できない><」という場合は、体術を+1にしてみても良いと思いますよ。

“一式装備のススメ”記事でも書いたとおり、本当に必要なスキルから考えて、残りはおまけ

位に考えておくと、お気に入りのマイセットを作りやすいですね。

 

 

そうそう、マイセットに関連して、ちょっと皆さんにお聞きしてみたいことが。

「マイセットで使えないかな?」と考えている防具があるのですが、どんな風に活用すれば

良いかと思い、ちょっと悩んでいるのですよね。^^;

問題の防具はというと・・・。

 

R0014363

これと

 

R0014362

これになります。

 

お解りでしょうか?

ガンナー用のレイア、レイア希少種防具「レイアSコート」と「ゴールドルナコート」です。

腰の脇には予備の弾丸がぶら下がっていて、見た目がとても気に入っています。

(2ndGの“バトルSシリーズがお気に入りでしたので、こういった意匠の防具はとても好みです)

片側は太ももの見える作りなのも、カッコイイ+カワイイがモットーな私には大きなポイントかも。^^

 

問題なのは、スキルとの兼ね合いです。

それぞれのスキルポイントがどうなっているかといえば、

・レイアSコート(スロット1)

体力2 回復速度3 加護3 水属性攻撃-3

 

・ゴールドルナコート(スロット3)

加護1 雷耐性-2 運気3 重撃1

 

と、中々悩ましい感じなのですよね。^^;

 

ゴールドルナは、破壊王(重撃)を付けた装備に使えそうかな?とも思いますけれど、どちらかと

言えば本命のレイアSが、スロット数も少なく活用しにくい感じです。

何か良い活用方法があれば、是非お教え頂けると嬉しいです。^^

 

個人演習の意義って?

昨日、思わずツイッターで再度(以前も同じ内容でつぶやいたことがありました)つぶやいて

しまったのですが。

やっぱり、全体的な声としては少数派になってしまうのかなぁ・・・?

 

何のことかというと、“個人演習”についてです。

きっかけはこちらの記事です。

 

 

・もはや国民的ゲームとなった「モンスターハンターポータブル 3rd」が目指した境地とは

プロデューサーの辻本良三氏とディレクターの一瀬泰範氏へのインタビュー

 

http://www.4gamer.net/games/107/G010746/20110218083/

 

このインタビュー記事で、個人演習が無くなった経緯をディレクターの方がお話して

いらっしゃいます。

読んでみると、やり込んだプレイヤーの方から「演習を増やして欲しい」というリクエストが届く

ということ、でも他の要素との兼ね合いで演習の数には上限が出来てしまうこと、要望への

回答として、クエストの報酬画面にクリアタイムを表示するようにしたことが理由であるようです。

 

でも、これってちょっと理由としておかしいと思いませんか?

 

3rdは、2ndGの頃よりも格段にプレイヤーへの配慮が増したと思います。

ハンター人口が増えて、普段ゲームで遊ばないような方までもプレイするようになりましたから、

より遊びやすいように、理不尽な負け方をしないように、何度も挑戦して達成感を味わえるように、

幅広いユーザーに遊んで貰えるように作られていると感じています。

それなのに、武器の使い方・スキルの合わせ方・アイテムの使い方・防具の組み合わせ方

などが学べる個人演習が無くなってしまったのはとても残念に思うのですよね。

 

本当に仰りたいことは、記事を読んだだけでは分りませんので、ここからは私の推測です。

要望を寄せる多くのハンターさんからは「演習を増やして欲しい」という意見が出ている

ことから、演習自体はあったほうが良いと思っている方は多そうです。

でも、演習を増やして欲しいその理由が、“タイムアタック”という遊び方のため、結果として

通常のクエストにクリアタイムを表示させて、個人演習は無くしてしまうということに。

恐らく、要望を送る熱心なハンターさんにとっては、個人演習がタイムアタックをする場でしか

なかったのでしょうね。

それに加えて、不慣れな初心者~中級者には「個人演習は面倒くさいだけ」と受け取られて

しまっていたのも影響していそうです。

 

 

私は、個人演習は自身のスキルアップに最適な場であると考えています。

予め用意された装備やアイテム、1エリアだけの限られたスペースで、他に邪魔されずじっくり

とモンスターに挑戦できる環境は、繰り返して挑戦すればするほど“どうすればより良く討伐

できるのか”を知るのにピッタリです。

もちろん、私も最初は「この武器は使ったことがないし、アイテムも少ないし、クリア出来ない

んじゃないのかな?><」と何度も思いました。

合わせて、「面倒くさいなぁ」とも。

2ndGでも、報酬のピアスを中々ゲット出来ずにとても苦労しましたし。^^;

 

でも、モンハンをプレイすればするほど、個人演習の大切さが解ってきました。

ただ単に、“この武器でこのモンスターを討伐する”だけでは無いのですよね。

武器の扱い方はもちろん、その武器やモンスターにはどんなスキル・属性が有効なのか、

このスキルはどんな効果があるのか、このアイテムはどんな時に使用すると効果的なのか、

などなど、実際のクエストでも大切な事を沢山身につけられるんです。

これは、初心者演習だけでは得られない経験ですよね。

 

それに、そもそもハンターさんの多くは、タイムアタックをほとんどしたことがない、あるいは

全然しないのではないでしょうか?

私もタイムアタックはしたことがありませんし、今のところやってみようとも思ってはいません。

それなのに、“個人演習でなく通常のクエでタイムアタックできるように”という理由で無くなって

しまったのなら、何か違うのではないか?と思いますし、とても残念でなりません。

遊び方の“幅”であっても、“主”ではありませんからね。

 

結果として、発売前に“3rdでも訓練所がある♪”と喜んだのもつかの間、実際には集団演習

だけになってしまい、内容もあまり面白味のない、得る物も少ないものになってしまったなぁ、

というのが私の正直な感想です。

これでは、訓練所が面倒だと感じていたハンターさん達に、より敬遠されて(実際敬遠

されている方、意見が多いですね)しまいますよね。

また推測になってしまいますが、新規に増えた要素などを多く盛り込んだ結果、あまり人気

のない個人演習をカットしたのではないのかな?とも思っています。

(実際、そう言って頂いた方が理由として納得できます)

それでもやっぱり、個人演習はあった方が絶対いい!と思うのですけどね。^^;

やっぱりごく少数派の意見になってしまうのでしょうか。

皆さんはどうお考えですか?

 

3rdGになるかどうかは解りませんが、次回作では2ndGまでの“自身のスキルアップ”に繋がる

充実した個人演習が復活して欲しいと願っています。^^

 

 

追伸その1

毎回の記事でお断りしていますので改めて書く必要もないかと思いますが、あくまでも私の

思ったこと・感じたことですので、そこを考慮して頂けますと幸いです。

 

追伸その2

週末、ブログのヘッダーを3rdの素材を使って変更してみました。

ちょっとはモンハンブログっぽくなったと思いますがいかがでしょうか?^^;

(やっつけっぽい感じなのは見逃してくださいね><)

オススメのスキル ヘビィボウガン編

これまでの記事で、マイセットをいくつか紹介してきました。

今日のお話は、それに少し関連するのですが、各武器に合わせるスキルのうち、私が

気に入っている、オススメできる物を紹介していこうかな、と思っています。

マイセットだけでなく、スキルをどんな風に選んでいるかを紹介できれば、より参考になる

のではないかと考えましたので。

「そうやって組み合わせているんだ」と、記事から少しでもヒントが得られたなら幸いです。^^

 

 

まずは、いつも通り(笑)ヘビィから紹介していきましょうか。

たぶん、同じヘビィガンナーでも、攻撃面を重視するタイプ、機動性をアップさせるタイプ、

武器自体の使いやすさを上げるタイプと、大きく3パターンいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそれぞれ分けてオススメスキルを挙げていこうと思っています。

 

①攻撃重視の場合

オススメスキル

・攻撃力UP系 ・見切り+1~3 ・通常弾(貫通弾・散弾)UP ・弱点特効 ・装填数UP

 

ヘビィの長所である“遠距離からのダメージの大きな攻撃”をより伸ばすタイプなら、ダメージ

量のアップに直結するスキルを付けるのが良いと思います。

一番お手軽なのは、弱点部位(弾丸属性ダメージがよく通る部分)を攻撃すると会心率が

アップする“弱点特効”でしょうか。

狙い撃ちが得意なヘビィなら、弱点を集中して攻撃できますから特にオススメですね。

 

あとは、訓練所をクリアする必要がありますが(増弾のピアス以外でも付けられますが、他の

スキルを合わせるとなるとちょっと現実的ではないですよね)、装填数UPも便利です。

1発多く装填できるだけ、と思いがちですが、その1発で相手モンスターを怯ませることが

できたとしたらどうでしょうか?

より安全にリロード→攻撃に移行できますよね?

リロードの回数が減ってより早く弾丸を撃ちきれるだけでなく、そういった面からもオススメ

できると思います。

 

②機動性重視の場合

オススメスキル

・回避距離UP ・回避性能+1~2 ・体術+1~2 ・スタミナ急速回復 ・納刀術

 

元々動きの遅いヘビィを、少しでも軽快に使いたい場合は、上記のスキルを組み合わせると

見違えるように使いやすくなるはずです。

どちらかと言えば、使ったことのない&使用回数の少ない方にオススメしたいかな?

ヘビィの使い方、動き方が分るまでは、短所を補った方がその後も使い続けられる(スキル

が無くても使えるようになる)と思います。

苦手意識を持ちにくくなる、と言ってもいいかもしれませんね。

 

一番のオススメは“体術”でしょうか。

回転回避での移動がメインのヘビィでは、スタミナの残量が命綱になります。

「いつも、移動+回避でスタミナが持たない><」という方には、特にオススメします。

体術とは逆に、スタミナの回復速度を上げる“スタミナ急速回復”を付けてみても良いですね。

移動や回避後に1,2歩歩き移動を入れるだけでも、スタミナが一気に回復しますから、

大分余裕が生まれると思います。

 

私も好んで使用しているドーベルシリーズには、スタミナ急速回復に加えて回避性能のポイント

も割り振られていますから、機動性重視なら是非マイセットに組み込んでみてください。

 

③操作性重視の場合

オススメスキル

・装填速度+1~3 ・反動軽減+1~3 ・ブレ抑制+1~2 ・隠密 ・ガード性能+1~2

 

主に、ヘビィを使用した際の“スキ”を無くすタイプがこちらの場合です。

リロードのスキ、撃った後の反動、弾丸がブレてしまうのでしっかり狙いを合わせている時間

など、攻撃開始から終了後までの色々なスキを無くしていけば、攻撃を受けてしまう可能性

も少なくできます。

「移動が遅いので回避行動をなるべく抑えたい!」という場合は、(ソロだと意味がありませんが)

相手モンスターから狙われにくくなる“隠密”も効果があると思います。

 

そうそう、攻撃や機動性の項でも挙げましたが、装填数UPや納刀術も操作性に影響しますね。

この項で挙げたスキルと組み合わせればさらに効果が出るとおもいますよ。

 

 

私の場合は機動性に+αするパターンが最も多いですね。

3rdでは、護石のポイントを含めて3~4つスキルが付くのが標準的だと思いますので、

機動性から2つ、残りを攻撃または操作性から選ぶと使いやすいマイセットを作成できる

かもしれません。

 

マイセットを作成する時は、いつも言っているとおり見た目最優先ですので、見た目→

その防具に付いているポイントを伸ばす→不足している要素を追加、の流れです。

そうすると、私の好みとスキル傾向から、ベリオS、Uシリーズ、ドーベルシリーズなどを使った

マイセットが多くなってくる、という訳ですね。^^;

 

オススメスキルの紹介で、少しはマイセット製作の流れが伝わりましたでしょうか?

“装填数UP+体術+1”とかでも十分な、見た目重視の私の場合ですのであまり参考には

ならないかもしれませんが、スキル選択&マイセット製作の一助になればとても嬉しいです。^^

 

 

追伸

今回のオススメスキル紹介は、一応「ヘビィ編」としておきました。

もし好評なようでしたら、他の武器でも紹介してみようかな、と思っています。

 

2月19日追記

※記事の内容が一部実際のゲーム内での仕様と異なる部分がありましたので修正しました。

ご指摘くださいました方、ありがとうございました。

どんな印象を持っていますか?

3rdが発売して2ヶ月半が過ぎました。

今までと比べものにならないくらい、一度に多くのハンターさん達が3rdをプレイして、武器や

スキル、モンスターの評判・評価も大分出そろってきています。

「心機一転で楽しめる」「今までと動きが違って使い辛い」「~は攻撃チャンスが減って戦い

にくくなった」等々、ちょっと見渡してみるだけでも色々な意見がありますよね。

 

そんな訳で、今日は私が3rdをプレイして感じた各武器の印象についてのお話です。

ちなみに、ここからは私の印象・意見ですので、各ハンターさんによって考え方は異なると

思います。

“「そんなことないよ!」と思われる方がいらっしゃることを念頭に置いて書いている”、という

前提でお読み頂ければ幸いです。

 

まずは、私のメイン武器であるヘビィについて。

ヘビィガンナーって、ドラクエに例えれば“魔法使い”だと思っています。

高い攻撃力、攻撃手段の豊富さ、戦闘の補助も可能と、役割としては“縁の下の力持ち”。

(実際にはソロの時くらいしか無い可能性だと思いますが、弾丸(MP)が無くなるとどうしよう

もない所も同じですよね)

攻撃一辺倒では無く、相手によって魔法(弾丸)を使い分け、場合によっては補助(状態異常

や回復)も織り交ぜつつ戦うスタイルがとても似ていると思います。

 

ですので、“攻撃手段を使い分けたい”、“戦闘から一歩引いてじっくり戦いたい”タイプの方

はヘビィガンナーに向いているのではないでしょうか?

以前にも少しお話ししましたが、僧侶や魔法使いなどのサポートができるタイプが好みな

私には、ぴったりな武器だと思っています。

 

ちなみに、他の武器はどんな印象を持っているかというと・・・。

 

・大剣 ハンマー ランス ガンランス

文句なく“戦士”ですよね。

一撃のダメージが大きい攻撃、頑丈な守りなどが戦士を連想させます。

攻撃は最大の防御!という考えが好きな方は、上記の武器をよく使用なさっているのでは

ないでしょうか?

 

・双剣 太刀 スラッシュアックス 弓

ちょっと迷ったのですが、全部まとめて“盗賊”としてみました。

テクニカルな武器であったり、各種ゲージやスタミナを気にする必要があったり、相手モンスター

との位置取りが重要だったりという部分が共通する気がしています。

いかに攻撃を受けずに立ち回れるか、という点が重要な武器であるのも、盗賊っぽい印象

を受けた要素でもありますね。

 

・片手剣 狩猟笛

モンハンの武器の中で、比較的サポートがしやすい片手剣・狩猟笛は“僧侶”です。

攻撃中でもサポート行動が出来るので、スキルなどで特化するととても頼もしいですよね。

攻撃力は戦士には劣ってしまう、という部分も似ているでしょうか。

 

・ライトボウガン

3rdでは一番忙しい武器だと思っているライトボウガンは、“賢者”ですね。

攻撃とサポートを、状況を見ながら切り替えて戦うのはとても難しいと思います。

でも、逆に考えれば出来ないことが無い武器ですから、自由に色々な事をしたいと思っている

方にはマッチするのかもしれません。

 

※最近のドラクエだと職業がもっと細分化されていますが、ドラクエを知らない・ほとんどプレイ

したことがない方には余計解り辛くなるだけだと思いましたので、代表的な職業だけで

紹介してみました。

 

 

皆さんの感じているイメージと似通っている部分はありましたでしょうか?

シリーズを重ねて、何となく各武器の印象も固まってきてしまっているかな?と思い、今回

ちょっと違った観点から私なりのイメージを紹介してみました。

3rdでは、ほとんどの場合攻撃一辺倒でも問題無い感じですので、あまり必要性を感じない

かもしれませんが、マルチプレイでは“協力”が前提ですから、こうして役割や立ち位置を

考えてみるのも実際のプレイに役立つのではないでしょうか。

 

今回は、ドラクエの職業に当てはめて考えてみましたが、他のゲームの職業・登場人物など

で考えてみても面白いかもしれません。

各武器について、今までとは違った印象を受けたり、「この武器も使ってみよう!」と思う

きっかけに繋がって、さらにモンハンを楽しめるかもしれませんよ。^^

素材がないっ!?><

下位で紹介して以降、ヘビィボウガンのオススメ記事を書けずにいます。

攻略的な記事は書けませんので、使ってみた感想やオススメなポイントなどは上位の武器でも

書きたいのですが・・・。

 

未だに書けない一番の理由は・・・“素材が足りない”事。

いくつかのヘビィが最終強化まで進んでいないのですよね。><

2ndGの頃も、相変わらずレアな素材は出にくかったですけれど、今回はそれに輪をかけて

素材が集まりにくいような印象を受けています。

 

 

狙っていると出ない、“物欲センサー”なんて言葉も、モンハンでは当然のように使われて

いますよね。

まさに今、どのレア素材も全然出てこない、センサーに引っかかってしまっている状態です。

中でも、一番欲しいリオレウスとリオレイアの紅玉が、まったく出る気配がありません。

 

今は、1日1回はリオレウス、リオレイアを相手に頑張っているのですけれど、成果はまったく

上がっていません。

「山菜引換券を使うといいんじゃない?」とおっしゃる方も居るかも知れませんが、紅玉などの

上位で出るレア素材と引き替えできる“金”の引換券は、ついこの間ようやく1枚出たばかり。

そうそう簡単に使ってしまうのはためらってしまいます。

 

それにしても、3rdではレウス、レイアの素材を使った武器・防具で、レアな素材を要求する

物がかなり多い気がするのは私だけなのでしょうか?

今のままだと、一向に集められる気がしないです。><

ヘビィを含めて、これから製作したいと思っている武器を挙げてみると・・・

・飛竜刀【銀】

・ゴールドマロウ

・ゴルトリコーダー

・妃竜砲【神撃】

と、強化に紅玉が必要な武器が沢山残っています。

これに、防具や装飾珠でも必要になるわけですから、揃えるには相当な時間がかかって

しまいそうです。(泣

 

そうそう、同じく不足しているジンオウガの“雷狼竜の碧玉”、ドボルベルクの“尾槌竜の仙骨”

ももう少し出てきて欲しいですね。

雷狼竜の碧玉は2つ位しか出たことが無く、尾槌竜の仙骨に至ってはつい先日初めて入手

出来たくらいです。^^;

(思わずツイッターに書き込んでしまいました)

今のところ、尾槌竜の仙骨を使う武器、防具は製作を急いでいませんので別に構わない

のですけど(実際今まで必要だと感じていませんでした)、雷狼竜の碧玉はどの武器でも

必要になりますから、もうちょっと出てもいいと切実に思います・・・。

 

将来的には、ダウンロードクエストで通常のクエストよりは若干レアな素材が出やすいものが

登場する可能性は高そうですよね。

ただ、それがいつになるかは分りませんから期待もしにくいです。

もっとも、レア素材の事ばっかり考えていてはせっかくの面白いゲームが味気ないものになって

しまいますので、色々な武器を使ってみたり、新しいマイセットを考えたりしながら、気長に

待ってみようと思っています。^^

 

 

今日はちょっと愚痴っぽくなってしまいましたね。^^;

皆さんの中にも、レア素材に悩まされている方が多いと思いますが、私ものんびり構えて

頑張ろうと思っていますので、お互いめげずにプレイしていきましょうね!

私のマイセット その7

今日は恒例(?)になってきましたマイセットの紹介7回目です。

 

今までは、~向け、~用など、やや用途を絞った感じのマイセットを紹介してきました。

3rdでは、今までよりもたくさんマイセットを登録できるようになりましたので、武器や用途で

使い分けるのも苦ではなくなりましたけれど、やっぱり“いちいち着替えるのが面倒くさい!”と

思われる方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 

どちらかというと、私は着せ替え大好き派(笑)ですから、今後も色々なセットを作ろうと思って

いるのですが、今日紹介するマイセットは「でも1つくらいはどんな武器でも使える(使いやすい)

マイセットがあってもいいかな?」と思って作った汎用性のあるものになっています。

 

防具の詳細と発動するスキルは以下のようになっています。

 

頭:アロイSヘルム (罠師珠【1】×2)

胴:ドーベルメイル (防風珠【2】)

腕:アロイSアーム (研磨珠【1】)

腰:スカラーSスカート (罠師珠【1】×3)

脚:アロイSグリーヴ (研磨珠【1】)

護石:王の護石 (回避性能5 速射-1 回避珠【2】)

 

発動スキル:砥石使用高速化 見切り+1 罠師 回避性能+1 風圧無効

 

R0014334

 

あると便利なスキルを集めてセットにしてみましたがいかがでしょうか?

コンセプトは“戦うお姫様”です。

「ファイアーエムブレム」(大好きなんです♪)シリーズに登場する女性キャラクターをイメージして

揃えてみました。^^

少しは雰囲気が出ているでしょうか・・・?

 

アロイSシリーズ(インゴットSシリーズも似た感じですね)は、砥石使用高速化や風圧無効

が発動するのでとても便利ですよね。

そんなアロイSをベースに、お姫様っぽくなるようにスカラーSスカートを。

胴まで鎧だとがっちりしすぎてしまいますから、回避性能を付けるために毎回お世話になって

いるドーベル装備を組み合わせています。

 

カラーリングは、アロイSヘルムのブルーに合わせてあります。

本音を言うと、アロイSヘルムの色変更が、青い部分であったら良かったのですけどね。^^;

そうすれば他の色でも統一感が出ますし、また違ったイメージの装備になるのに、と少しだけ

残念に思っていたりします。

(青に統一した装備は、以前紹介した見切り装備で使っていますからね)

 

そうそう、罠師は珠だけで発動させていますので、他の装飾珠5つで発動できるスキルに

交換可能です。

どんな武器で使用しても大丈夫な、汎用装備になったのではないかな?と思っています。

皆さんの、自分なりの“汎用マイセット”を作成するヒントになれば幸いです。^^

 

 

本当は、近接武器のマイセットばかりではなく、ヘビィのマイセットも紹介したいと思っている

のですけれど、今製作しているヘビィのマイセットに必要な防具が、素材が足りないために

作れず途中になってしまっているんですよね。><

製作済みのセットもあるのですが、そちらはあんまりカワイイ感じではなかったりしますので、

紹介するのをためらってしまっていたりして・・・。

そんな訳で、ヘビィのマイセットは紹介がもうちょっと先になってしまいそうです。

ハンター的持ち物事情

週末は3連休でしたけれど、皆さんどうお過ごしになりましたか?

生憎前半は雪の降る天気で、あんまり遠出は出来なかったかも知れませんね。

私も、昨日以外は家でのんびりと過ごしていました。

 

土曜日は、すっかり狩り友さん(って言っても大丈夫ですよね?)になったElenaさんが開催する

kaiでのマルチプレイへお邪魔してみました。

途中参加者のうちお一人の接続状況が悪くなってしまったりと色々ありましたけれど、とても

楽しくプレイできました。

昨日は実況動画をアップされている“ニコニコ動画”で、Elenaさんが初めての生放送を。

とてもアグレッシブに活動なさっている所は、私も見習っていきたいと思っています。

今回は時間の都合が合わずに参加は出来ませんでしたが、次回があれば参加させて頂き、

新しい体験をしてみるのも良いのかな?と考えていたりもします。

(生放送は拝見していませんが、無事に終えられましたでしょうか?)

以前記事にしたことがありましたが、私もそろそろこのブログでkaiを使ったマルチプレイの

参加者さんを募集してみようかな?と思い始めていたりも・・・。

(参加してくださる方が居ないと・・・ですけどね^^;)

将来的に、ブログの○○人ヒット記念、なんていうのも面白いかもしれないですね。^^

 

 

今日の本題ですが、ハンター生活での必需品である道具・持ち物について書いていきたい

と思っています。

具体的には、クエストに持っていくアイテムについてですね。

使う武器や、発動させるスキルと同様に、各ハンターさん達によって千差万別な違いのある

要素ではないでしょうか?

「~は必ず持っていく」「~が無いと不安になる」「いつも使うわけではないけど~は常に

持っている」などなど、それぞれの個性が出る部分ですよね。

 

 

まずは参考までに、私の持っていくアイテムを紹介していってみます。

 

・回復薬×10 回復薬グレート×10 秘薬×2

 

一番の基本、回復アイテムですね。これはどなたでも同じだと思います。

薬草+アオキノコ(調合で回復薬に)、ハチミツ(回復薬と調合で回復薬グレートに)は、基本的

に調合書を持っていかない私は、調合書と同様に持っていかないですね。

メインがヘビィガンナーという事も(ポーチが弾丸でいっぱいになりますからね)影響している

かもしれません。

 

・力の護符 力の爪 守りの護符 守りの爪

 

所持しているだけで攻撃力、防御力がアップするアイテムです。

護符や爪は、各ハンターさんによって考え方に違いが出るアイテムではないでしょうか?

“誤差の範囲だからそもそも持たない”方、“攻撃が上がる力の~だけ持っていく”方など、

自分のプレイスタイルも大きく影響してきそうです。

私は、特にそういった細かな数値やポーチの空きなどを考慮してプレイしている訳では

ありませんので、一般的なハンターさん達と同様に、全部所持してクエストに行っています。

 

・こんがり肉or元気ドリンコ

 

回復アイテムと同じくらい重要な、スタミナ回復アイテムですね。

私の場合、プレイ状況によって使い分けている感じでしょうか。

ソロプレイや、大連続狩猟など、周りの状況をあまり気にする必要が無かったり、余裕のある

時間がある事が予め分っている場合は、こんがり肉を使って回復しています。

マルチプレイで他の方とご一緒する場合は、すぐに回復できる元気ドリンコを使う場合が多い

かもしれません。

ここも個人の好みが分かれるかもしれませんね。

 

・ペイントボール こやし玉 グレートピッケル 砥石

 

モンスターの位置がわかるペイントボールは必須アイテムですよね。

ちなみに、ソロでプレイしている時はエリア移動を2回行ったら再度ペイントボールを投げるように

しています。

こやし玉は、上位に上がって以降は必携になると思います。

複数討伐時はもちろん、単体討伐でも対象外の大型モンスターが登場するクエストがかなりの

数を占めていますので、同時に戦闘するのを避けるならとても役に立ちますよね。

そういえば、このこやし玉は、同時に戦闘する状態になった際“今戦っているモンスター”と

“後から来たモンスター”、どちらに投げた方が効果的なんでしょう?

マルチプレイでは後から来たモンスターに投げるのが通例みたいですが、最初に戦っていた

モンスターとある程度戦っていたのならエリア移動が近いでしょうから、戦っている相手に投げて

エリア移動を促すのもアリなのかな?と思ったりも。

グレートピッケルは、今回登場する“ダウン中ピッケルを使えるモンスター”対策兼、クエスト

終了後に採掘するために持っていきます。

といっても、実際の所ピッケルと使う相手はドボルベルクとジエン・モーラン位で、クエスト後の

採掘もほぼしないのですけどね。^^;

 

剣士装備の時は、これに砥石を持つのが私の“標準”になると思います。

 

・クーラードリンク ホットドリンク (クーラーミート ホットミート)

 

クエストで向かう場所と時間によって必要になるアイテムですね。

モンハン各シリーズで、持っていくのを忘れる、逆のドリンクを持って行ってしまうという

ケアレスミスが最も多いアイテムではないでしょうか?^^;

私も結構な回数忘れてしまったり、間違ったりしていますね。><

 

・捕獲用麻酔玉 落とし罠 シビレ罠

 

ここからは状況に応じて持っていくアイテムになります。

罠2種類は、基本的に最初から捕獲すると決めている場合以外は持たない事が多いです。

これも、メインがヘビィであることが影響大かもしれません。

ただ、弾切れしそうだな、と思う場合や素材目当てでスムーズに部位破壊したい時など(こちら

はそれでも希です)には、持っていきますね。

そうそう、“罠師”スキルを付けている時の素早い設置は好きなので、罠師を付けたマイセット

で行く際は調合分も含めて持っていきます。^^

 

・大タル爆弾G 大タル爆弾 小タル爆弾 打ち上げタル爆弾

 

マルチプレイで、最初から相手モンスターを眠らせる事を申し合わせている場合は用意

していきます。

あとは、一人でプレイしている時に、オトモが相手を眠らせた時に使う時もありますね。

睡眠属性スキルを付けたオトモは結構役に立つと思いますのでオススメです。

(今度オトモについても書いてみようかな?)

 

 

私が持っていくアイテムとしては、大体こんな感じでしょうか。

(ガンナーで使用する弾丸、ビンなどは省いています)

他にも持っていく可能性のあるアイテムとしては、閃光玉、音爆弾、鬼人薬(硬化薬)、

各種罠肉、各種角笛、ウチケシの実などがあります。

でも、基本的には上記のアイテムが主になると思います。

 

閃光玉は2ndGでは常備していました。

ですけど、今回は使うごとに効果時間が減少したり、相手の状況によって左右されたり

するため、ソロでは使わなくなりました。

音爆弾も、以前は下位で支給品BOX分を溜めつつ上位、G級で使っていたのですが、今回

支給品BOX分は支給専用になってしまったため、なんとなくもったいない気がして使用回数

は減ってしまっています。

 

鬼人薬、硬化薬(各グレートも含みます)は、初めて戦う相手には持っていっても、回数を

重ねて以降は持たないことがほとんどです。

タイムアタックをされるハンターさんなどは、種なども併用して時間短縮するみたいですけれど、

そもそも私はタイムアタックなんてやりませんからね。^^;

 

属性やられ効果を回復するウチケシの実も、3rd開始当初はきちんと使って回復して

いたのですが、今は使っていないです。

あっという間に体力が減っていく火属性やられがちょっと大変ですが、回転回避で消す方が

早く感じてしまって、使う場面も無くなってしまいました。

 

 

色々書いてきましたが、あくまでも私という1ハンターの例です。

皆さんそれぞれのプレイスタイルで大きく変わりますので、あくまでも参考程度にして頂ければ

と思っています。^^

 

皆さんは、どんなアイテムを持って狩りに出かけていらっしゃいますか?

使い分けアレコレ 上位編

武器の使い分けについて、下位で登場するモンスターを対象に2回ほど記事を書いてみました。

ですが、あんまり反応がありませんでしたね。^^;

多くのハンターさんが、1つ、または近接武器と遠距離武器それぞれ1つの2つ位の武器で狩り

している感じなのでしょうか?

 

私は、2ndの頃からプレイしているせいでしょうか、メインで使う武器以外にも色々挑戦しようと

思い始めてきました。(それでも最近の事ですけどね)

ですので、ヘビィ以外にも自分が使いやすい武器、相手モンスターと相性の良い(と思われる)

武器問わず、挑戦しています。

 

もちろん、はじめは武器の操作にすら慣れていませんから、討伐時間も使い慣れた武器より

多くかかってしまうこともしばしばあります。

でも、使ってみたから解る事や、その武器を使っている人と一緒にマルチプレイした時の事を

考えてみる機会も生まれますから、絶対に(というと押しつけに聞こえてしまうかもしれませんが)

色々な武器に挑戦する価値はあると思うんです。

せっかくこんなに沢山の武器を用意して頂いているのだから、1つでも多くの武器を使って

楽しまないと損ですよね。^^

 

 

そんな訳で、めげずに3回目の使い分け記事を書いてみます。^^;

前回までは、“私が使っている武器の紹介”程度でしたので、今回は使ってみての感想や

オススメポイントも合わせて書いていければと思っています。

 

・クルペッコ亜種

使用する武器:大剣 ランス

 

いきなり脇道にそれますが、クルペッコ亜種って皆さんよく戦っていますか?

キークエストでもなく、武器や防具もあんまり作っていませんので実はほとんど戦ったことが

なかったりします。^^;

ランスで行った時は、丁度以前紹介した風圧無効の付いたランス装備で行きましたので、

回転攻撃にも風圧効果がある亜種でも楽に対応できましたね。

近接武器でいくなら、武器を問わず風圧無効を付けていくと便利だと思いますよ。

 

・ボルボロス亜種

使用する武器:片手剣 ランス ハンマー

 

体験版で登場しましたので、戦い慣れているハンターさんもいるかも知れません。

体格に似合わず素早い動きの相手ですから、片手剣がやりやすいですね。

通常種と同じく、打撃攻撃で頭部を破壊できますから、たまにハンマーを使うこともあるのですが、

以前使った際、サイズが大きいせいでほとんど頭を攻撃できなかった時は、ちょっと大変でした。

 

・アグナコトル亜種

使用する武器:大剣 片手剣 双剣

 

通常のアグナコトルと違って、最初は硬く、時間が経つと氷が溶けて柔らかくなるのが特徴です。

ですので、心眼を付けた火属性の片手剣、双剣でよく戦っていますね。

最初の1撃もはじかれず、すぐに氷を溶かせますので、“得意武器+心眼”は効果的だと思います。

尻尾を切る時はやっぱり大剣が一番多い感じでしょうか。

 

・ベリオロス亜種

使用する武器:ランス ガンランス 双剣

 

ベリオロスより飛び跳ね、動き回る相手で、最初は「こんな相手倒せるのかな?><」と思った

方は多いのではないでしょうか?(私も思いました)

ランス、ガンランスを使った“待つ”戦法はちょっと時間は多めにかかるかも知れませんが、安全

に討伐できますよね。

最近練習し始めた双剣でも戦ってみたのですが、結構やりやすいような気も。

全部位破壊+尻尾切断も出来ましたから、そんなに相性も悪くないのかもしれません。

 

・ティガレックス亜種

使用する武器:大剣 片手剣 弓

 

大咆吼が得意なティガレックス亜種は、実のところあんまり近接武器では行きたくないです。^^;

それでも、大剣や片手剣なら少しは何とかなっている、という感じですね。

一応、大咆吼も前足より後方にいれば当たらないっぽいのは解ってはいるのですが、自分を

めがけて来た時に、中々上手く避けられない事が多いです。

私個人的には、弓が他の武器よりは安定するかな・・・?

 

・リオレイア希少種 リオレウス希少種

使用する武器:スラッシュアックス 弓

 

通常種では弱点だった頭が、切れ味ゲージが白でもはじかれるほど硬くなっていますね。

いつも弓を使ってばかりですが、部位破壊、尻尾の切断をする際は、スラッシュアックスを

装備していきます。

剣モードだとはじかれ無効ですので、頭を狙う時は剣で攻撃し、尻尾を切断す時は、斧モード

の切り上げを使うと楽な気がします。

あまり挙げた武器以外では挑戦したことがないのですが、皆さんはどんな感じで戦って

いらっしゃいますか?

 

・イビルジョー

使用する武器:大剣 弓

 

MH3からは弱体化した、との声も多いようですが、私にとってはとても恐ろしい相手です。><

自分一人で戦ったのは数えるほどですので、使用する武器やオススメを挙げるのもちょっと

難しいですね。

下位、上位合わせて一番聞いてみたいのは、実はこのイビルジョーだったりします。

皆さんどんな武器、方法で戦っているのでしょうか?

オススメや効果的な戦い方などあれば、ぜひ教えて頂けると嬉しいです。^^

 

 

下位で登場する通常種と使用する武器、戦い方がほとんど変わらない相手は省きました。

それでも、上位に入ると今まで以上に強力、トリッキーな相手が増えますから中々大変ですね。

私はこんな感じで戦っていますが、皆さんはいかがでしょうか?

派生の行方

モンハンの面白い部分というのは、各ハンターさんそれぞれ違ってくると思いますが、“武器を

作成・強化する”瞬間がドキドキ、ワクワクするという方は多いのではないでしょうか?

徐々に強化されていく中お気に入りの武器を見つけられたなら、愛着もわいてきて「どのクエでも

この武器を使って攻略するぞっ!」という気にさえなりますよね。

また、以前は討伐するのに苦戦していた相手に対して、有効な武器を作成すればより楽に戦える

ようになったりしますから、攻略の上でも欠かせない要素です。

 

今日は、そんな武器の“派生”について。

皆さんの中にも色々頭を悩まされている方、いらっしゃいませんか?

私も、現在進行形で「どう派生・強化させよう?><」と悩みながらプレイしています。

 

武器の派生は、基本的にそれまで使用していたモンスター素材と別の物を使える時発生します。

最も解りやすいのは、亜種モンスターが登場した時ですよね。

場合によっては、それまで付いていた武器の属性が変わってしまう場合もありますから、先を

見据えて強化していく必要があります。

 

もちろん、「どちらも作成すればいいんじゃないの?」という意見があるのは承知しています。

でも、たとえ一通りのクエストをクリアしていたとしても、全ての派生先の武器を作成するには

素材もお金も足りませんよね?

ですので、ゲームの進行に合わせて、その場その場で「どうしよう?」という場面に遭遇し派生

に悩まされる時が、多かれ少なかれあると思うんです。

作成した武器で、その後攻略するクエの順番なども変わる可能性もありますし(多かれ少なかれ

相性はありますからね)初心者~中級者には重要な問題だと思います。

 

それでも、派生先の武器が同じ属性だったり、まったく違う属性に変わる場合はちょっとは

選びやすいですよね。

自分が今必要な属性や、攻撃力、切れ味ゲージなど、判断材料は多いですから。

では、一体今私が何で悩んでいるのかといえば、“無属性で派生する武器”なんです。

 

代表例を挙げると、ナルガクルガの素材を使った武器と、ナルガクルガ亜種の素材を使った武器

などは、どちらにしようかとっても悩んでしまっています。

一応、ナルガクルガの武器は“会心率が高い”、ナルガクルガ亜種は“攻撃力・切れ味に優れる”

というそれぞれの特徴はあるのですが・・・。

普段、攻撃力が~、会心率が~、モンスター与えるダメージが~、など効率を考えてプレイ

している訳ではありませんから、好きな方を選んで構わなさそうではあるんですけどね。^^;

 

上記の例の場合、双剣、太刀、ハンマーなどが該当しますね。

他にも、ティガとティガ亜種(笛など)、ディアとディア亜種(ランスなど)で、似たような感じの派生

になっていて、同じくどちらにしようと悩んでいます。

防具のように、スキルが違っていれば楽なのですけど。^^;

私のマイセット その6

今日紹介するマイセットは、今まで紹介してきたセットと違い、広域化を付けたサポート向け

の装備になります。

今までは、見た目はもちろん重視していましたけれど、どちらかと言えばスキルもちゃんと

揃えたマイセットでしたからね。

 

ただ、広域化を+2にしてしまうと、他に付けられるスキルがほとんど限られてしまう+見た目も

選べない感じでしたので、+1で作成してみました。

ですので、最初にサポート向けと書きましたが、おまけ程度だと思ってご覧になって頂ければ

と思います。^^;

 

今回は“ある防具”を使ってマイセットを作りたい、というのが目的でした。

初めて見た時から、「この防具を使ったマイセットはいつか絶対に作ろう♪」と思っていたので、

ようやく念願が叶いました。

その“ある防具”は何かというと・・・。

 

 

頭:スカラーSベレー (捕獲珠【1】)

胴:スカラーSスーツ (捕獲珠【1】)

腕:ナルガUアーム (研磨珠【1】×2)

腰:スカラーSスカート (研磨珠【1】×3)

脚:ドーベルグリーヴ (回避珠【2】 回避珠【1】)

護石:王の護石 (気力回復5 回避珠【2】)

 

発動スキル:スタミナ急速回復 捕獲達人 回避性能+1 広域化+1 砥石使用高速化

 

R0014286

 

はい、お解りになりましたか?

広域化を付けやすい装備は結構限られますので、やりこんでいる方ならすぐ解ったと思います。

いつか作りたいと思っていたスカラーSシリーズを使ったマイセットです。

スキルは、まずスカラーSに付いている広域化と捕獲達人が発動するように。

そのあとは、回避性能も付けたいと思い、いつもお世話になっている(本当に優秀な装備です

よね!)ドーベルシリーズを。

ドーベルシリーズを使った回避装備ではいつもセットで付ける、スタミナ急速回復も合わせて、

という感じで決めていきました。

 

全体のカラーは、ドーベルグリーヴの脛当てと合わせて薄紫色に統一してあります。

スカラーSスカートがほぼ全面色変更出来るのも、お気に入りな点ですね。

その日の気分で色を変えたりしてみても、面白いかも知れません。^^

一緒に使用する武器は何でもOKだと思いますが、スキルを考えると片手剣がベターでしょうか。

 

砥石使用高速化は珠だけで付けていますので、珠5つで付けられるスキルならどれでも交換

できます。

(珠5つで付けられるオススメスキルは、こちらの記事でも少し触れていますので、よかったら

参考にしてみてください)

私は、広域化を生かせるようにこんな感じに付け替えて、もう一つセットにしてみました。

 

発動スキル:スタミナ急速回復 笛吹き名人 捕獲達人 回避性能+1 広域化+1

 

R0014288

 

笛吹き名人を付けた笛装備ですね。(リコーダー系は2ndGからお気に入りです♪)

双剣と同じで、目下練習中の狩猟笛ですが、例えばマルチプレイで4人いて誰も狩猟笛を使って

いない時や、ヘビィを使っている方がいらっしゃった時(こちらは本当に希ですね^^;)などに

練習もかねて使用しています。

相手モンスターに合わせて効果的な旋律を吹きつつ、頭部を狙ってスタンさせたりと、出来ること

が多い分使いこなすのがとても大変です。

私としては、ヘビィよりも遙かに難しく思うのですけれど、逆の立場の方には「ヘビィの方が難しい

よ!」と思われているのかも知れませんね。^^;

 

 

広域化装備は、いずれ+2の物も作成したいと思っています。

その場合は他に合わせるスキルって何がいいのでしょうか?

早食いや状態異常強化など、サポートに徹しやすいスキルと組み合わせるのが効果的なのか

とも思いますが・・・。

皆さんは、使っている広域化装備や合わせているオススメスキルなどありますか?

使い分けアレコレ 下位編その2

まずはじめにちょっとご報告を。

週末に、こっそりとリンクの一覧を更新してみました。

最近私がよく拝見させて頂いているサイトを追加してあります。

 

一つの武器にこだわっていたり、見た目重視の防具セットを作成していたりと、皆さん個性豊か

なので見ていてとても面白いですね。

今日もまた前回に続いて“使い分け”のお話をするつもりなのですが、モンハンに関するサイトを

見て回っているのも他のハンターさん達がどんな“使い分け”をしているか知りたいからという所

が大きいです。

 

※追加したリンクは、基本的にリンクフリーの方のサイトですが、万一不都合がございましたら

ご連絡いただけますと幸いです。

 

 

では、前回の続き、モンスターごとの武器の使い分けについてです。

引き続き皆さんのご意見をお待ちしておりますので、よろしければお聞かせ頂ければと思います。

前回は下位で登場するモンスターに対する使い分けについて、私の場合を書いてみました。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

では、今日は残りの下位登場モンスターについて書いていきたいと思います。

 

・VSナルガクルガ

使用する武器:太刀 双剣

 

ナルガクルガは、2ndGで登場して以降、一番多く戦ったモンスターだと思います。

参考になる動画などもとても多くアップされていました。

当初はヘビィでばかり戦っていたのですが、当時拝見した太刀を使った動画がすごくきれいに

見えた(攻撃、回避の一連の動作が流れるようにきれいでした)のがきっかけで、太刀を使い

始めたのを覚えています。

 

・VSベリオロス

使用する武器:片手剣 双剣 弓

 

どちらかというと、追いかけ回す時間が多くなる相手ですから、必然的にこちらも動きの軽快な

武器を使うことが多いですね。

マルチプレイの場合は別の武器も使ったりしますが、追いかけていったあげく1回しか攻撃

出来なかったりすることも多いので、最初に挙げた武器がやっぱり安定している感じです。

 

・VSジンオウガ

使用する武器:片手剣 スラッシュアックス ランス

 

3rdの看板モンスターですから、一通りの武器で挑戦してみました。

その中でも動きやすい片手剣、頭部を狙いやすいスラッシュアックス・ランスが、私の場合相性が

良いみたいですね。

狩猟笛の縦攻撃も相性がよさそうですので、いずれもっと練習してみたいと思っています。

 

・VSウラガンキン

使用する武器:大剣 弓

 

ウラガンキンは、「色々な武器で行こう」とはあまり思えない相手ですよね。^^;

尻尾を切るなら大剣、それ以外は弓が多い感じでしょうか?

この記事は、メイン武器のヘビィは除外して書いているのですが、やっぱり顎の部位破壊を

しやすい属性弾が撃てるヘビィに落ち着いてしまうのが実情かもしれません。

 

・VSディアブロス

使用する武器;大剣 ガンランス

 

追いかける場合は大剣、待つ場合はガンランス、という感じで使い分けています。

特に、ガンランスの砲撃は角を壊すのには便利ですから、一人の時はほとんどガンランスを

使っていますね。

一番の問題は、新モーションの角と尻尾の振り回し攻撃で、ガードしていても後ろから攻撃を

受けてしまう所です。><

 

・VSティガレックス

使用する武器:大剣 片手剣

 

2ndGの頃は、ガードできるランス、ガンランスが多かった相手です。

でも、今回は(練習したのも大きいと思いますが)大剣や片手剣、挙げるほどではありませんが

太刀などを使うようになりましたね。

同じ相手でも、武器やモンスターの動きが変わったため、使用する武器が変わったという方も

案外多いのではないでしょうか?

 

・VSドボルベルク

使用する武器:スラッシュアックス ハンマー 弓

 

一番お手軽なのは、背中の弱点を狙いやすい弓なのだと思います。

集中型の曲射を使うと効果覿面ですよね。

近接武器なら、1撃のダメージが大きい武器がいいのでしょうか?

ドボルベルクが回転中に足下へ潜り込むなら、ハンマーがやりやすく思います。

 

・VSアグナコトル

使用する武器:大剣 弓

 

今のところ私の中で一番苦手な相手かもしれません。><

本音を言ってしまうと、一人で行きたくないです。

それでも必要な素材を集める時は、上に挙げた武器を使っていますね。

(ヒレや尻尾って、色々な武器に使うので結構足りないことが多いです)

 

 

私の場合はこんな感じで使い分けています。

皆さんの場合と似通ったパターンなどはありましたでしょうか?

引き続き「このパターンもオススメです」「この方が簡単かも?」といったご意見、情報をお待ち

していますので、よろしければお教えください。^^

使い分けアレコレ 下位編その1

最近ちょっとずつ双剣を使い出したのですが、3rdでシステムが大きく変わってとてもテクニカル

な武器になりましたよね。

攻撃の繋げ方や鬼人ゲージの上手な保ち方など、色々と考えながら戦わないといけません。

スラッシュアックスをある程度使っているからでしょうか、ステップ移動での回避には慣れました

けれど、攻撃のやめ時が中々難しく苦戦しています。

 

ヘビィなら、今回も一部を除いたほとんどのモンスターに使用してみましたが、双剣はどの相手

にも使える・・・という所まで到達できるのはまだまだ先になりそうです。

相手によって使い分けながら徐々に使える相手を広げていきたいですね。

 

今日は、この“使い分け”についてが話題です。

発売から2ヶ月以上経ちましたので、皆さんも一通りのモンスターと対峙して、一通りの武器を

触ってみた事と思います。

2ndGからがらりとシステムが変わりましたけれど、大分慣れたのではないでしょうか?

このモンスターにはこの武器を、という自分なりの使い分けルールもそろそろ決まりつつあると

思いますが、どんな風に使い分けていらっしゃいますでしょうか。

 

皆さんにも色々と聞いてみたいなぁ、と思いましたので、ちょっと私なりの使い分けを紹介

していきたいと思いますね。

「私もその武器で行きます」「これはちょっと使えないかな」といったご意見、感想があれば、

是非教えて頂けるとうれしいです。

どんな感じなのかは続きから・・・。

続きを読む

私のマイセット その5

マイセットの紹介も今回で5回目になりました。

皆さんも色々なマイセットを作っていらっしゃると思いますが、お気に入りのセットは出来ましたか?

私は、どちらかと言えば付くスキルの良さ・すごさよりも、色々な装備を組み合わせて着せ替え

するのが大好きなので、連日パリコレ状態だったりします。(笑)

カラーリングと合わせて納得できるセットが完成すると、狩りのモチベーションもアップすると

思いますよ♪(私だけかも?)

 

本当は、2ndGのように、同じモンスター素材で作成する防具でも上位、下位でデザインが違うと

より嬉しいのですけどね。

3rdG(出て欲しいですね!)では是非デザインを変えたG級防具を出して欲しいです。

 

そうそう、余談になりますが、素材をそのまま使っている感じが出ているのはいいのですが、

ドボルベルクの頭装備やベリオロスの頭(ガンナー用)装備など、「これはちょっと・・・^^;」

というものは何とかならないのでしょうか?(苦笑)

頭装備は、それだけで印象が激変してしまいますからね。

出来ればみんなカッコイイ、カワイイ物が欲しいです。

・・・ネタっぽいものはいつも色々豊富なんですけどね。^^;

 

今回のマイセットは、ちょっと用途を限定して作ってみました。

熟練ハンターさんなら、スキルをご覧いただければすぐお解りになるかもしれません。

組み合わせはこんな感じになっています。

 

頭:インゴットSヘルム (研磨珠【1】)

胴:ドーベルメイル (回避珠【2】)

腕:ナルガUアーム (達人珠【2】)

腰:アロイSコイル (回避珠【2】)

脚:アロイSグリーヴ (研磨珠【1】)

護石:王の護石 (気力回復3 攻撃-2 達人珠【3】)

 

発動スキル:見切り+3 スタミナ急速回復 回避性能+1 砥石使用高速化

 

R0014268

 

お解りになりましたか?

ポイントは“見切り”を付けている所ですね。

見切りは、+1ごとに会心率(クリティカル)が10%アップしますので、この装備だけで会心率が

+30%アップすることになります。

このセットに、ナルガ武器やベリオ武器など、元々会心率の高い武器を装備すれば、より

クリティカルの発生率が上がる訳です。

特に、ナルガ武器だと合わせて70%になりますから、かなりの確率でクリティカル攻撃が。

 

攻撃中に会心が発生すると、通常の物より大きく赤いエフェクトが出て、カッコイイですよね。

ダメージとしてはそれほど劇的にアップしている訳では無いのでしょうけれど、何となく強くなった

ように感じられるのもポイントです。

 

カラーリングは、アロイ装備に合わせてやや薄いブルーに統一してみました。

 

最近は、この装備で双剣を練習しているのですが、攻撃回数が多い武器ほど効果がありますね。

ズバズバと斬っているだけなのですが、とっても爽快ですよ。

(爽快と言っても、別にそういうアブナイ人な訳じゃないですよ?(笑))

でも、こういうちょっとしたスキル、装備の変化だけでも、また違った印象でモンハンを楽しめる

と思いますから、皆さんも機会があったら一度お試ししてみてください。

いつもは使わない武器の意外な面白さに、気づけるかもしれませんよ?

主力の弾丸

私は、ヘビィボウガンを好んで使っているのですが、いざ何かヘビィガンナーっぽい記事を書こう

とすると「何を書こうかな・・・^^;」と悩みます。

 

ヘビィガンナーさんのブログもいくつか拝見させて頂いていますが、モンスターの肉質や各弾丸

の有効性など、私なんかよりもよっぽど詳細に書かれている方がすでにいらっしゃいますからね。

攻略、戦略的な記事は先輩ガンナーさん達にお任せした方がよさそうです。

 

そんな訳で、どちらかといえばヘビィに慣れていない、使ったことにないハンターさんが「使って

みよう!」と思って貰えるような記事が、私には合っているのかなぁ?と思いました。

モンハンも、シリーズを重ねて毎作品プレイしている熱心な方も多いですが、2ndG、3rdから開始

した方もかなりの数になりましたからね。

そんな不慣れな方や女性の方に興味を持って貰える記事を書ければ、と思います。

 

 

また前置きが長くなってしまいました。(汗

今日はヘビィ(ライトもですが)では一番の重要なポイント、弾丸について。

ヘビィを使う場合、武器とセットで弾丸を用意する必要があります。

基本の通常弾、モンスターを貫通する貫通弾、複数の敵・箇所に当たる散弾、各属性ダメージを

与える属性弾など、様々な弾丸を使いこなさないといけません。

近接武器よりもやや煩雑な印象を受けてしまう一因でもありますね。^^;

でも、最初から全ての弾丸を使いこなす必要なんて、実は無いんですよ。

 

ヘビィでは、武器に寄って装填できる弾丸があらかじめ決まっています。

特に、属性弾については全て装填できるヘビィは(一部を除いて)無く、それによって近接武器

と同様に使い分けするのがセオリーです。

ですが、これも初めはあんまり気にしなくていいと私は思っています。

 

始めに気にするのは“主力の弾丸”をどうするか。

多くのヘビィで扱える弾丸を使いこなせるようになれば、必然的にヘビィに慣れてくると思います。

候補になるのは、“通常弾”と“貫通弾”の2つになるのではないでしょうか。

この2つの弾丸は、(一部例外もありますが)どのヘビィでも問題なく装填して使っていけます。

不慣れだったり、これからヘビィを使ってみようと思っている方には特にオススメしたいですね。

 

 

ここからは、私の好みや傾向が影響してきますので、合う合わないがあると思います。

ですので、それを踏まえて読んでいただければと思います。

 

私は、主力の弾丸には通常弾(Lv2)を使っています。

理由としては一番シンプルな弾丸だからでしょうか。

装填速度(弾丸のリロード動作)も早く、装填数(一度リロードして撃てる弾の数)も他の弾丸

より多いですので、とても使いやすいです。

何より、弾丸や弓に共通する、“撃ってから相手に当たるまでの距離”の要素が一番分りやすい

のが利点だと思います。

通常弾は、発射後距離が離れるにつれて威力が弱まっていくという、とてもシンプルな弾丸です。

貫通弾の場合は、発射後一定の距離進んだ位置で最も威力が高くなりますので、相手との

距離を考えながら使う必要がありますからね。

 

1発ずつしか撃てず、複数ヒットしたり、属性ダメージを与えたり、破裂したりといった特別な効果

はありませんが、慣れれば多くのモンスターを通常弾だけで討伐できたりもします。

(もちろん、貫通弾や属性弾、拡散弾などがより効果的な場合もあります)

 

最初は、ヘビィと通常弾、それだけ持ってしっかり相手モンスターを狙い撃ちできるように。

少しずつ慣れてきたら、弾丸が効果的な部位(弱点)を狙って攻撃してみてください。

今は、Wikiをはじめ詳細なデータを掲載しているサイト、ブログも多いですから、各モンスターの

弱点もすぐ分るはずです。

 

 

実際に使用する際は、威力の弱い強化前のヘビィだったりすると、通常弾だけでは討伐しきれ

なかったりしますから、他の弾丸や調合用の素材を持っていく必要があると思います。

(集団演習のアオアシラでライトを使ってみると分りやすいと思います)

ですけれど、“通常弾が主力なんだ”という意識を持って使っていけば、より早く上達出来る

でしょうし、より速くモンスターを討伐できるようになるはずです。

弾丸の選択・リロードタイミング・持っていく弾丸・調合などなど、考えることが多く敬遠されがち

なヘビィボウガンですが、ちょっとでも使ってくれる方が増えれば嬉しいと思っています。

いつか、ヘビィガンナー4人でマルチプレイが出来ればとても楽しそうだなぁと思いつつ・・・。

嬉しいサプライズ

昨日のブログ記事が思いの外長くなってしまい(いつも長いですよね・・・><)、更新後は

「kaiでマルチプレイするのはどうしようかな・・・?」と思いつつのんびりしていました。

そうしていたら、Sophi☆さんからお誘いがありましたので、準備してkaiに接続することに。

野良でプレイするときは、「よし、やるぞっ!」と思い立たないといけない感じがして、気軽に

できないことも多いので、狩り友さんの存在はやっぱり嬉しいですよね。^^

 

お部屋にお邪魔してみると、「今アドパにも繋いでいるんだよ!」とおっしゃるSophi☆さん。

どうやら、Sophi☆さんが仲介してアドパの狩り友さんと一緒にプレイするつもりだったようです。

以前、ブログでそんな話を書いていたのを拝見していましたので、その“離れ技”は知っていた

のですが、まさか今日実現するとは思ってもいませんでした。

 

最初、上手くお互いの姿が見えない状態だったのですけれど、アドパの方達が再度お部屋を

建て直した所、無事に4人揃うことが出来ました。

正直なところ、実際に体験するまでは半信半疑でした。

でも、ギルドカードも無事交換出来て、クエストにも無事行けたのは嬉しかったですね。

なにより、また新しい狩り友さんとお知り合いになれたのが一番です。^^

 

 

ただ、この離れ技は大変な点もいくつかありますね。

まずは、Sophi☆さんのように“kaiとアドパの両方に接続する”人がいないと出来ないこと。

これはやっぱり気軽には出来ないという点で一番のネックです。

それに関連してですが、今回は念のためSophi☆さんは集会浴場に入ったまま(他の場所に

移動しないまま)プレイしたのですが、仲介役の方が移動してしまうと切断されてしまうと

したら、とても不便ですよね。

 

次に、相互でチャットが出来ないこと。

せっかくお会いできたお二方に(Sophi☆さんの狩り友さんお二人とご一緒しました、許可を

頂いていませんのでお名前は伏せておきます)直接ご挨拶、お礼も出来ません。

その都度仲介してもらっていては大変なことになりますから、メッセンジャーソフトなりSkypeなり

を使ってプレイするのが良いのかもしれませんね。

そうする場合でも、アドパでプレイする方達がPS3の側にPCがあって使用できる環境かどうか、

という事も影響しますから、中々ハードルは高いのかも・・・?

 

 

いくつか問題点も書きましたが、“kaiとアドパを仲介すれば一緒に遊べる”ことが実際に分った

のはとても大きいですね。

また新しい“狩り友さんの輪”が広がったのがとても嬉しいです。

本当に、Sophi☆さんにはお世話になりっぱなしです。

(いつもありがとうございます^^)

そして、昨晩ご一緒くださったお二方、「初めまして」も「ありがとうございました」も直接お伝え

できませんでしたが、とても楽しい時間を過ごせました。

また一緒に遊んで頂けるととても嬉しいです。^^

ツイッター
ブログパーツあれこれ
ご覧になって下さった方々
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード